OLと上司 第1話ヒミツの遠隔バイブ

まるで、モデルの様な、長身スレンダーボディの持ち主、篠原るりちゃんがOLになって登場!!密かに思いお寄せる上司との危険な関係!会社のありとあらいる場所で、思いのままにSEXをするのである。毎日、会社でSEX三昧!!しかし、残酷にも、上司の単身赴任が決まってしまう・・・。この後の展開が気になる、そこのあなたは必ず、この作品をご覧あれ!!女の愛の深さを堪能してください!!
動画:OLと上司 第1話ヒミツの遠隔バイブ

私だって、離れたくない。
あなたの側にいたい。
契約なんかではなく、あなたが私自身を求めてくれているなら、そう言っただろう。
でも愛されてもいないのに愛しているとは言いたくなかった。
ただ、これが最後かもしれないと思うと、つい自分の方から彼の肩に手を回してしまった。
俺に触れるなその途端、拒絶の言葉と共に身体を引き離される。
「え?」
「愛し合う恋人ではないんだ。抱き合う必要はない。お前はただ俺に触られて声を上げていればいいんだ」
さわショックだった。
胸が引きちぎられるような痛みと悲しみが溢れた。
わかっていると繰り返してはいても心のどこかで彼もまた私を憎からず思っているだろう、愛とは呼べなくても好意ぐらいは抱いてくれているだろうと思っていたのに。今の彼の言葉は、私には好意のカケラも抱いていないと言ってるようなものだ。
「俺に抱かれてその気になってるのかもしれないが、お前は快楽の相手に愛情を求めるような女じゃないだろう」
その通りよ私は快楽の相手としてあなたを好きなんじゃない。
私に道を示してくれたあなたが好きなの。
でもそれを告げることができない。
「支えが必要だったのよ…」
絞り出すように、私は言った。
うそ愛情を求めていると思われたくなくて、嘘をついた。
「あなたが乱暴にするから、身体を支えたかったの」
では背もたれに身体を預けるといい
つか肩を掴まれ、ソファの背もたれに押し付けられる唇が私のそれと重なり、縫い止められるように身体が固定されるキス一つで私の動きを止めてしまう人。
その上で、ゆっくりと手を動かす「今日はそのままじっとしてるんだ。
人形のように」
ひもあらわ前を止めてある紐を引っ張って、胸を露にされるすぐには触れず、彼は本当に人形を吟味するように私を凝視した。
恥ずかしくて顔が熱くなっても、彼はゆっくりと私の服を剥いでゆくだけで、触れては来なかった。
「お願い、明かりを消して…」
涙声でそう言っても、彼は聞き入れてはくれなかった。
「よく見ておかないとな」
脱がされたのは上半身だけだった。
見つめられるだけで、自分の身体の端々にまで神経が行き渡り、緊張する身体の中でも変化はあった。
触れられてはいないのに、熱が籠もる。
ようやく彼の手が私の胸を包んだ時には、その手を待っていたかのように身体が震えた。
いいえ、ようにではないわ。待っていたのだわ。
私は彼に触れて欲しかった。
見つめられるだけではもう満足ができなかった。
私は彼の指が与える快感を覚えてしまったのだ。
先が硬くなって言いながら、胸の先が摘ままれる。
両方を一遍に弄られて、じわりと身体の奥が濡れる「もっとして欲しいか?」
きかた意地の悪い訊き方。
私の身体の反応がわかっているくせに。
だから私は答えなかった。
「や」
すると彼は手を放し、髪に触れてきた。
「お前が人形でないと困る」
なまわそして手は耳に、首に、肩に滑ってゆき、私の全身の形を確かめるかのようにゆっくりと撫で回した。
その時は、ただ撫でるだけだったが、もう一度胸に触れると、彼はもういいだろうというように私をソファに横たわらせた。

「ああ…」
さいな胸に顔を埋めた彼が、舌を使って私を苛む肌はすぐに熱くなり、彼の手を迎えた。
頼りなくて、心細くて、何かにしがみつきたい。
こぶしでも目の前にいるローグがそれを許さないから、私は必死に拳を握った。
「まだ慣れないのか」
身体の上で、「泣くな」
無慈悲な問いかけ。
手が止まり、視線が合う。
涙が零れるのは止められないわ…
そんなに俺が嫌か?
…あなたが嫌なのではなくて、どうでもいいように扱われるのが嫌なのよ…。
「敬意は払ってるつもりだ」
「私に人形になれと言ったのに?
私は人形ではないもの」
意外なことに、彼は私の言葉に困ったような顔を見せた。
暫く黙り込み、動きも止まる。
「お前とは取引だ。これはただ獣がお前になついて舐め回しているようなものと思え」
「あなたは獣じゃないわ」
「俺は獣でいい。お前も人形でいい」
なまわひど酷いことを...。
でなければ互いに困るだろう
「何故?」
この時になって、やっと私は気づいた。
彼は私の言葉に戸惑っている。困っていたのは一瞬のことではなく、冷酷で尊大だった彼が私のために、言葉を探していた。
ずっと私のために困惑している。
だからこれは獣に懐かれ
お前はやがてそれなりの男に嫁ぐつもりがあるのだろう。その時、た程度でいいのだ。俺もお前を妻にはできない。だから…他の男と寝たと思うと夫となる男に罪悪感を感じる。
彼は私に口づけた。

鬼イキトランス5

またまたやって来ました!!あの、残酷なほどに責めまくる、企画の登場です。その名も、鬼イキトランス5!!今回もイカセまくりです。そんな、残酷なプレイをするのは、かわいいお顔でスレンダーなボディー、ICHIKAちゃんです。思う存分いきまくちゃてください。その、気になる内容は、拘束されてローションまみれにされ、ありとあらいる玩具で、ガンガン、イカされちゃいます。さらに、過激なイラマチオをかわいいお顔が、悲惨な事になってしまいます。さらに、3Pでいろいろな体位で、おマンコが、壊れるぐらいに激しく突かれ、昇天しちゃいます!!
動画:鬼イキトランス5

「…だから俺も、お前に抱き着かれると困る求めに果てがなくなる」
お前を女として欲しくなりそうで。
お前が人形ならば、触れるだけで我慢できる。
だが女となれば、彼が私を欲しくて我慢できなくなる?
今そう言ったの?
今がそうではなくともそうなってしまいそうだと?
「…ローグ。私を哀れだと思うのなら、一度だけ抱き着かせて」
「だめだ」
「一瞬だけでいいの。そうしたら、私は道具のように扱われたと傷つかないで済む」
「だめだ」
あつかけれど彼は私を抱き締めた。
「お前が俺を求めてはいけない。
だが、俺がお前を抱くことは許そう」
強い力で彼が私の身体を捉える。
私はこっそりと彼のシャツを握った。
この人は私のことを考えてくれていたこ。
あかむし手はまた拳を握り、時にソファを掻き毟った。
大きな手は私を蹂躙し、堪能し、いいように操る。
胸を揉まれ、肩を舐められ、腰を抱かれる彼はシャツを脱がなかったけれど、黒い襟元からは逞しい身体が覗き、夜着の裾を捲り上げ、現れた脚を持ち上げるじゅうりんたくま私を切なくさせた。
よぎ彼に掲げられたふくらはぎに、股に、キスを繰り返される「ここになら、痕を残してもいいだろう」
そう言うと、彼はキスした場所を強く吸い上げた。
何かが刺さったような、チクリとした痛みが走る。
声を上げるほどのものではなかったけれど、再び彼が唇を放して私に見せつけたのは、はんもん白い肌に残った赤い斑紋だった「咬んだ…の…?」
幼稚な質問が彼を喜ばせたのか、
自分で考えろいつもの笑みが浮かぶ。
そしてそのまま、また私が最後を迎えるまで、ずっと私に触れ続けた。
いつもなら、私が快感に声を上げ、身を震わせると全てが終わりで、彼はすぐに部屋を後にするのだけれど、この夜は違っていた。

「不思議な女だ」
ぐったりとした私を抱き上げて、優しくベッドに運んでくれたのだ。
「謹み深いくせに、俺などに身体を許す。無知なのか、従順なのか」
つつしあなたが好きだからよ他の男の人には絶対こんなことはさせない。
「必ず戻ってこい、エレノア」
口も利けなくなった私に、彼はもう一度繰り返した。
「絶対に」
そして額にキスをくれた。
はしためせつぶんそれは決して人形や婢女にするようなものではなく、優しく紳士的な接吻だった翌朝、私は全ての荷物と共に馬車に乗り、夫人の見送りを受けてその館を旅だった。
もちろん、見送る人の中にローグの姿などない。
ただ街道へ出る前に、離れた木陰に立つ人の姿を見た気がしたが、彼が人目に触れるような場所に昼日中現れるはずはないから、恋しさが見せた幻だろう。
お父様が私を呼び出したことについて、私には1抹の不安があった。もしかして、私に縁談があるのかしら、と。
けれど上の姉がまだ嫁いでいないことを考えると、その可能性は薄いだろう。
そう。
もしかしたらお姉様の縁談が決まったのかもしれない。
だとしたらそれは姉にとっていい知らせではない。
すぐ上のベアトリクスお姉様は、幼馴染みのハードウィック子爵が好きだったのだ。
ハードウィック子爵は、私も何度かお会いしたことがある。彼は立派な厩舎を持っていて、お父様が欲しがるような馬を何頭も持っていた。

Taylor Vixen

い、いいわ。あああ、いっぱいかけて!ああ、華子さん、華子-ピストンが忙しくなり、膣が痺れを覚えるほどにえぐられる。火となった。あああ、い、いいっ!イクイク3パッパッと散っていた悦楽の火花が、間もなく大きな花目の前が真っ白になり、再び最上の随喜へといざなわれる。あああっ、華子さん!雄々しく脈打ったものが抜かれ、からだにのしかかっていた重みが消える。ドブツ、びゆるツ、ドクドクつ10温かく、香り高い牡の精を顔に受け、華子はさらなる高みへと昇りつめた。間もなく、熱いたぎりが顔に降りかかった。5あとになってふり返れば、なんて恥ずかしいことをしてしまったのかと顔が熱くなる。
動画:Taylor Vixen

けれど、家の格が違うので、お姉様は結婚は無理だと諦めていた。
誰もが好きな人と結婚できるわけではない。
もし私の考えが当たっていても、お父様はベアトリクスお姉様にも、きっと素晴らしい相手を見つけてくださるだろう。
長い馬車の旅の果て、帰り着いた屋敷では、父と母と、下の兄、そしてベアトリクスお姉様が待っていた。
きゅうしゃ「エレノア!」
お姉様は私が馬車の扉を開けるのを待てず、「聞いて頂戴。私、結婚するの」
駆け寄ると外から扉を開けた。
それではやはり私の想像は当たっていたのだわ。
「ハードウィック子爵夫人になるのよ」
けれどその相手は、私の想像と違っていた。
「本当に?」
「ええ」
「まあ、まあ…。おめでとうお姉様!」
「ああ、エレノア。あなたならそう言ってくれると思ってたわ」
私達は抱き合って、この朗報を喜び合った。
「ベア、エレノア、二人ともみっともなくてよ。
ベア、エレノアは長旅で疲れているでしょうから、まずはゆっくり休ませてあげなさい」
御母様にそう言われるまで、子猫みたいにじゃれあって。
「今夜は一緒に過ごしてはいけないかしら?私、エレノアにちゃんとお話がしたいの」
「御母様、私からもお願い。お姉様の幸せな話が聞きたいわ」
という顔をしたけれど、微笑んで願いを聞き入れてくれた。
寛大な母は、見せかけだけため息をついて仕方がないわね、
夕食の間に調えさせましょう。どちらの寝室で眠るの?
「私の部屋で。いいわね?エレノア」
「もちろん」
それから私は服と髪を整え、お父様とお兄様の前に立った。
ごめんなさい。ご挨拶が遅れて。ただ今戻りました「今のはベアトリクスが悪いな。嫁に出すまでに教育が必要だ」
あごひげ顎髭が自慢のお父様のチクチクするキス。
どうだい?

少しはダンスパーティに出たくなったかい?
心配してくれるお兄様の優しいキス。
私は家族の下に帰ってきたと実感した。
「お姉様を叱らないでね、私が喜びを伝えたかっただけなの。それに、出席したいわ」
「それはよかったこと。では新しいドレスを仕立てなくてはね」
私はもうパーティに出ても大丈夫よ。
婚約披露のパーティがまだなら、是非屋敷の中に入ると、夫人の清楚な館とは違い、父の権威を象徴するような豪華な調度品が迎えてくれた。
ここではもう、私は侯爵家の令嬢以外の何者にもなれない。
高い天井、輝くシャンデリア、美しいカーブを描く回廊には見事な彫像や珍しい陶器が飾られ、敷き詰められた絨毯が足音を消す。
夫人の館の何倍衁い屋敷には、何倍もの召し使い。
旅装を解いたら、もうボタンだけのドレスなんて着られない。
もう一度髪を結い直して、幾重ものレースとタフタのリボンのついたドレスに着替えさせられた。
優雅で裕福な暮らし。
何の不自由も不満もない。
でも、ここにはあの青い瞳はない。
日が落ちても庭の暗がりに潜む人もいない。
じゅうたん「あなた、少し大人びたわ」
夕食後、ベッドに入るとお姉様はすぐにそう言った。
枕元には、今夜だけは特別と言いおかれて用意されたビスケットとホットミルクがあった。
「そうかしら?少しは強くなりたいと思ったからかも」
「それはいいことね。まだ不安なら、私がパーティについていってあげるわ」
明るくて元気のよい姉は私への言葉を口にしながら、顔は自分の喜びで溢れていた