アナル中毒3

アナルが、大好きなあなたに、ピッタリなこの作品!!アナルにぶっとい注射器で液体を注入し、電摩責めで、アナルから液体をプシャーと噴射しまくりの二人。カワイイ顔して、やる事が卑猥です。これでもかと言うくらいにアナルを刺激しまくります。レズプレイでも、バイブをアナルに二人同時に挿入し、激しく腰をふり、感じまくります。やっぱり生のチンコが一番いいのか、ギンギンになったチンコをマンコとアナルにぶち込まれ、高速ピストン、最後はアナルにたっぷり中出しさせられちゃいます。二人のアナルプレイは、神がかりな凄さです!!
動画:アナル中毒3

「あなたの御母様は私のことを本当に何もお話しにならなかったのね」
「…はい」
私のことは何と?
アイリス夫人と呼ばれている貴婦人が、病気療養のために一人でお暮らしになっているとだけ。本当のお名前は奥様が名乗るまで訊いてはいけないと言われましたが、母が私を預けるぐらいなので、お家のしっかりした方なのだとは思っていました「そう。あなたの御母様はとてもいい方ね」
どれを指していい方なのかわからなかったが、母への褒め言葉は素直に受け取った。
「私はもうとうに結婚して、本当の住まいはここではないのよ。ここは療養のために夫が与えてくれた館なの」
彼女は静かな声で私に説明をくれた。そうだったのか、私は勝手に誤解していただけだった「私も少しあなたと似た境遇ね。出自は伯爵家で、領地は田舎だったわ。あなたは侯爵家の娘だけれど、田舎の領地で育ったのでしょう?」
「はい。母は兄二人のことにかかりきりでしたので」
「男の子はとても手がかかるから、仕方ないわね」
私はそれを恨んでいません。むしろ、目の前で両手を兄に奪われる様を見せるのは可哀想だと、田舎の領地に優しい乳母と住まわせてくれたことは感謝しています。私は幸福で、母を占有していた兄達を恨むこともありませんでした
「賢明な御母様ね」
「はい」
それには素直に頷けた。
目の前に欲しい菓子を置かれ、他の人がそれを口にするのを見るより、違うテーブルで違う菓子をたんと与えてもらう方が気持ちは豊かになる私は田舎がとても好きだったし、乳母も召し使いも好きだった。
両親は私を忘れていたわけではなかったので、館を訪れた時には存分に愛してもらったし、淑女としての教育もきちんと受けた。
だからこそ、社交界での失敗は私の心を落ち込ませたのだ愛情に報いることができなかった、と。

「私が結婚した相手は、私よりもずっと身分の高い方だった。彼を愛していたから、周囲の言葉も耳には入らなかった。
てを知っていたわけではなかったけれど、彼のために立派なレディになれるように頑張ったわ」
「今では私のお手本です。遠く及びもつかないほどご立派な」
「ありがとう、そう言われるのはとても嬉しいわ」
あなたのように最初から全うれ彼女は本当に嬉しそうに微笑んだ。
田舎育ちの私は健康だった。
けれど、出産してから体質が変わり、少し弱くなってしまったの。
お医者様は私は血が足りないのだとおっしゃったそれで夫は私をここへ寄越して、美味しい空気とゆったりとした時間と、ではご主人とお子様は…「まだ王都にいると思うわ。…多分ね」
栄養のつく食事ができるようにしてくれたの
そう答える彼女の顔は曇ってはいない。
自分が忘れられているかもという疑いからの言葉ではなさそうだ。
ここが領地でないのなら、王都にはいないこともあるだろうから、きっとそのせいのr多分だろう。
お子様は息子さんですね?
「ええそういたずらつ子で手を焼くわ」
「奥様のお子様なら、きっと可愛らしいでしょうね」
お見舞いにカエルを取ってくるような変わった子だけれど、それはそれで優しい気持ちだとわかっているの「カエルは、やめるようにおっしゃった方が…」
「ええ、二度とさせないわ」
かわ私達は見交わして笑った。
私は夫のために勤めを果たしたいの。あなたにはその気持ちはわかるわね?
「はい」
「私は健康になって、早く夫の側に行きたい。そして私がなすべきことがしたい。この土地のお陰で随分と体調もよくなったし、はないでしょう。だからあなたの最初の質問、夫を持たずに一人で充実した人生を送る秘訣には答えられないわね」
「そうですか…」
「エレノア、あなたがこの館へ来てから結婚を話題にするのは初めてね」
「え?」
何か嫌な縁談でもあるの?それとも、恋をしているの?
その日はそう遠く私はそれに答えられなかった。
けれど答えないことが、彼女にとっての答えとなったようだ。
「そう。
恋は楽しいものだけれど、苦しいものもあるわ。
特にあなたの立場では」
この周囲に、私と釣り合う貴族の館はない。
馬丁、庭師、召し使い、時折やってくる商人。
ここにいるのは皆、私の結婚相手にはなれない身分の者ばかりだ。
だから彼女は深く追及はしな「奥様は、ご主人を愛していらっしゃるのですね?」
うなず問いかけると、彼女は誇りと自信を持って頷いた「貴族の結婚としては幸福なことにね」
貴族の結婚は家が一番互いの愛情など関係はない。
時には、自分の父親よりも年上の方に嫁ぐ者や、身持ちの悪い人だとわかってる者に嫁ぐ者さえいる。

濡れる赤襦袢の女

現役ホンモノ若妻の赤襦袢を濡らして藤野みゆきちゃんが焦らされてイキまくる!!淑やかな瞳で見つめられて、チンコをまさぐる、姿にはこっちがうっとりしちゃいます!真っ白な雪のような肌に、可愛い敏感乳首、少し弄っただけで、勃起しちゃう卑猥な乳首・・そんなみゆきさんの卑猥なフェラチオには生唾ごっくん!!ゆっくりとねっとりと、淑やかに、唾を垂れ流してのフェラチオは、みてるだけでイっちゃいます!
動画:濡れる赤襦袢の女

結婚を決めるのは父親で、娘達にはそれに反対する権利はないのだ。
私には姉が三人おり手が、一人は愛情のある結婚をしました。
不幸な結婚はせずに済むでしょう
「そう。よいお父様ね」
「はい」
一人は尊敬を抱ける夫を得たと言っています。
ですから、私も、すぐ上の姉も、父は私達の結婚相手をちゃんと吟味していた。それは父のためではなく、私達のためという意味でもだから、眉をひそめなければならないような相手を連れてくることはないだろう。ただそれがローグではないだけで…。
「…あなたは侯爵家の娘ではあるけれど、悪いようにはしないわ」
四番目の末っ子。
もしも恋をして、それが真実の愛だと思うのならば、一度私に相談をして頂戴。
きっと優しい方。
でも相談はできない。
その相手がもしもこの館の召し使いであれば、相談できただろう。
でも私の相手は泥棒で、人の前に姿を現すことのできない人なのだから。
「そうですわね。
もしも真実の恋をしてしまったら…」
だから今はそう言うしかできなかった。
たとえ今の関係が楽しいものではなかったとしても、この時間が続くことを願っている私としては、けれど、そんなささやかな願いですら、終わりになる時はやってきてしまった。
それは、父からの一通の手紙のせいだった…。
そっとしておきたかった。
近くの小川までピクニックに出て戻った夕方、召し使いは私に一通の封書を渡した。
ご自宅からのようでございますふうろう封蠟の印は父のものだった。
開けてごらんなさいな夫人に促されてその場で封を開けると、うなことが短く記されていた。
中には楽しい時を過ごしているだろうが、用事があるから領地の屋敷へすぐに戻ってきなさいというよ用事というのが何であるかは、詳しくはしたためられていない。

「何とあったの?」
用事があるので戻るようにと彼女はあからさまに落胆の表情を見せた。
それは私も一緒だ。
「お父様のご命令では仕方がないわね」
その気持ちも、私と一緒だった。
だだ彼女は私を引き留めることはできなかったし、私は残りたいと駄々をこねることはできないのだ。
「馬車の手配があるから、出立は明日ね」
「…残念です。私…、もっと、もっとここに滞在したかったのに」
まあエレノア、それは本当?
「本当です」
しゅったつ道ならぬ恋のためだけではなく、心から彼女が好きだったので、もっとここで過ごしたいという気持ちには変わりなかった。
「それなら、あなたのご用事が済んだら私にお手紙を頂戴。そうしたら私はまたあなたを招待したいと御母様にお願いしてみるから」
でも母は許してくださるかしら?
きっと大丈夫よ。あなたはここで明るくなった。ほんの少し憂いを帯びて大人にもなった。ここへ来ることが悪いことだとは決して言わないでしょうこ。
確かにそうだここへ来るまでの自分は本当に子供のようで、人に会って話をすることにも疲れていたけれど奥様に癒され、ローグに鍛えられて、私は変わった。
明日の準備があるでしょうから、「はい」
今夜は夕食を早めにしましょう
優しい夫人と別れることもとても辛かったが、それ以上に私を苦しめるのはr取引
私の身体を差し出す代わりに、彼はこの館のものに手を出さないという約束のことだった。
でも私がいなくなったら、その約束はどうなるのだろう?
ほご反故にされてしまうのだろうか?
彼はいなくなる私に怒るだろう。約束を途中で投げ出すと言われてしまうかもしれない。
でも父の命令を拒むこともできないのだ。それをわかってくれるかしら?
手紙を読んだ瞬間から、私の心は暗く沈んだ。
今夜が彼との最後の夜になるというのに、それ以外のことを彼と話し合わなければならないというのは寂しいものだ。
そして夜になると、その気持ちはさらに強くなった。
メイドに手伝ってもらって荷物を片付けてしまうと、することもなくなり、ただ彼を待つだけの時間になる。
偶然にもその夜彼はいつもより少し早く私の部屋を訪れた。
私が何も話していないのに、既に彼は不機嫌だった。

No.137 早苗

桃井早苗 21歳 専門学校生夏も終わり徐々に陽が短くなってきた。夕暮れ時、世の中の不況お構い無しに学生たちは遊びに夢中である。今回の餌食となったデザインの専門学校に通う「早苗」も平日にもかかわらず友達と遊びに行っての帰り、友達の車を降りたところを獲物を求めて街を徘徊中の鬼畜どもに見つかり拉致されてしまった。「早苗」は歳の割には大人っぽく肉感的なボディラインがエロい女である。しかし、逝かせ地獄に送り込んで初めて判ったのだが、相当のドM女であった。若い普通の女が問答無用のアクメ拷問で目を潤ませ痙攣するまでのM女に化していく様をご覧いただこう。連れ去られたままの姿で天井より吊るされる。恥ずかしいポーズで縛り上げられ、秘貝を淫手で掻き回されれば絶叫はするものの既に恍惚の表情を浮かべる。下着の中の秘貝に複数の強力電マを放り込まれれば、肢体を細かく痙攣させ早くも逝き果てる。口では抵抗を示すものの容赦なく責め立てられ顔も肢体も紅潮させ大きく逝きまくる。鬼畜どもの生淫棒を喉奥深く突き刺されれば気を遠くしていい顔で堕ち捲くる。「早苗」は本人も知り得なかった生まれ持っての「真性M女」であった。
動画:No.137 早苗

これから彼をもっと不機嫌にさせる話をしなければならないのは気が引けるでもちゃんと話さなければ。
今日は、あなたにお話があるの彼が窓を閉める背中に、私は声をかけた。
「俺に話?」
「ええ。>お願いだから、真面目に聞いてください」
「いいだろう」
彼はまだ不機嫌なようだったが、
それで?何が話したいんだ?
と言ってソファに腰を下ろした。
私はいつものように着替えていた夜着の裾を摘まんで、もう彼の隣に座ることは恐怖ではなくなっていたので。
ゆっくりと彼の隣に腰を下ろした。
「私とあなたの取引のことです」
彼の顔を見つめた。
深呼吸し、強い瞳に見つめられると息が詰まる。でも言わなければ。
「私は…、この館を去ることになりました」
「逃げ出すのか」
「違います。父に…、屋敷へ戻ってくるようにと言われたのです」
「父親か…やかたよかった。彼は父に従うしかない娘というものの立場がわかっているようだ。
私は去りたくて去るのではないのです。私はこの館に残りたい。あなたとの取引もありますし、の朝にはここから出て行かなくてはならないのです」

お前が手に入らないのなら、約束を守る必要はないな「ああ、そんなことはおっしゃらないで。私のせいで夫人に迷惑をかけたくないんです」
ではお前は俺の下に戻ってこなければならない
「私には自由に行動する権利はないの。貴族の娘とはそういうものなの」
こちらの夫人も敬愛しています。
、でも明日
「わかってる親の言いなりだ」
「どこでも子供は親のいうことをきくものだわ」
「だが俺はお前を手放したくない」
彼は私の腕を取った。
「…今、何て?」
「もう少しお前を味わっていたいんだ、エレノア」
一瞬、求められたのかと喜んだ。
彼も私に恋をしてくれたのかと。
でももう少しなのね。
「…夫人が、私の家での用事が済んだら、私をまたここへ招きたいとおっしゃってくださいました。
りです」
お前の家はどこにあるんだ?
「それは言えません」
「何故?」
泥棒を家に招くようなことは、親を裏切ることになります
私もその知らせを受けたら戻りたいというつも彼に、自分の正体を知られることも怖い。
ただの家庭教師の娘には要求や脅しは少なくても、ローグは小さく舌打ちした。
侯爵の娘となればそれが変わるかもしれないもの。
「…そうだな。
それが正しい考えだ」
彼は私を抱き寄せた。
言うなり、
お前は出来る限りここへ戻ってくる努力をすると約束しろ。
「そんな」
「今夜が最後の夜にはしたくない」
できる限り以上だ私もよ。
口にはできないけれど。
「だが暫く間が空くのなら、その分たっぷりとお前を味わうことにする」
ベッドへは行かなかった。
彼は抱き寄せたまま、私の胸に触れた。
薄い布の上から、乱暴にそこを握る。
痛みはなかったけれど、彼が私の態度に腹を立てているのはそれでわかった。