清純エンジェル

まさに天使の様な沙希ちゃん!!マングリ返しの沙希ちゃんにローターで刺激しまくると、きれいなピンク色のおまんこから、大量のラブジュースがあふれ出す。なとも可愛らしいお口で、デカすぎるチンコを一生懸命舐めてくれます。さらにはキッキッのおまんこでデカチンを咥えこみ、Gスポットを刺激しまくられ、アンアン声を出し感じまくりのイキまくり、まだまだ経験の少ない沙希ちゃんのこれからの成長ぶりに、ご期待ください!!
動画:清純エンジェル

少なくとも言い争うよ玄関のガラスに影が映らぬように気をつけながら、私は身体を庭側に滑らせます。
廊下の窓さえ気をつければ、書斎の側に回り込めるのです。
まあ、気をつければ、来た時に開いてるのは見えてるよな?

書斎を人に触られるのが嫌いな私は、書斎だけは立ち入らぬように強く言い聞かせていました。しかし、やってきたときに、ちょっと注意すれば、開いているのは見えるはずです。
14おおし、忍び込み、成功っと
我が家に忍び込むのも不思議な感じでしたが、見に来るはずもない安心感があります。
「やっぱり、こっちの部屋を使っているか」
いったん入ってしまえば、もはやこの部屋を様子をうかがうと、二人はすぐ隣の「女中部屋」
に入っている気配がします。
この家を建てた成金親父なら必要だったでしょうが、私にとっては住み込みの女中などいりません。だから、そのまま放って置いた空き部屋でしたが、八重さんは、当然のようにそこを自分の部屋だと思っています。
独り暮らしの家に来る気安さでしょうか、私の欲望を、そして女盛りの自らの欲望を満たした晩は、遅くなるとこの部屋に泊まり込むのです。
どんなに勧めても、決して、私のベッドで同衾しようとしないのは、八重さんなりのけじめだろうと解釈して、いつしか、そこは八重さんの部屋になりきっています。
しかし、実は、金持ちの建てた道楽でしょうか。
この洋館のあっちこっちには「のぞき見」
の仕掛けが仕組まれているのです。
初めてこの家を案内されたとき、父は、この仕掛けを真っ先に教えてくれたものでした。
金持ちの親父が「女中」に向ける下卑た視線。
男の邪な欲望を満たすために、知る人ぞ知る仕掛けこそが、これなのです。
書斎の壁に仕付けられた額をそっと外すと、そこには小さなのぞき穴。独逸製のレンズをはめ込んだその穴からは、女中の着替えも、こっそりとした秘め事も、全てが見えるようになっていました。
おまけに、その下の分厚い板を音が決してせぬように慎重に外すと、隣と隔てるのは、ごく薄い杉板一枚だけ。
硬く張られた薄板は隣の物音を増幅する仕掛けになっているらしく、まるで、そっちの部屋の中にいるのかと思うほど、話し声が聞こえる仕掛けでした。
もちろん、二人の声もはっきり聞こえます。
あらあら。まだシラを切るつもりかい?
「いえ、だって、あの」
女には、ちゃんと分かるんだよ、ほら、旦那様は、ら、騙されるかもしれないけれど、ね、あんたさ「やめてっ」
案外、鈍いお人だし、天性のお人好しだか掴まれた手を振り払った葵太ですが、その目には涙が浮かびそうです。
勘違いしないでおくれ。何も、あんたのことを告げ口しようっていうんじゃないよ。
あんたの味方だよ、あたしはむしろ、
「え?味方?」
「そうだよ。あんたの正体を暴くつもりもない。第一、あんたが本当は女の子だってバラしてあんたに夢中になられたら、あたしやおまんまの食い上げだからね」
夢中にって、私にですか?

あんたみたいに若くて、美人さんなら、いくらでももらい手はあるだろうけど、あたしゃ、今のままが気に入ってるのさ「そんな」
「それに知ってるよ」
「な、何をですか」
「あんた、旦那様に惚れてるだろ」
「そ、それは」
ね?でも、なんかを抱えて、そいつが、旦那様に迷惑を掛けるんじゃないかって言い出せない。違うかい?
わ、わたし、そんなこと…
まあ、良いんだよ、人それぞれ事情があるってもんさ。私だって、亭主を亡くしてから、こうやって囲われるも同然の身だ。あんた、それを非難したりしないだろ?
「だって、八重さん、優しくしてくださるし」
「ふふふ。女同士だ、助け合おうってもんさ。でもね、あんたが旦那様のことを好いてるってことだけは、はっきりさせようじゃないか。あたしに遠慮してウソは無しだよ」
どうだい?と覗き込まれて、葵太は、いえ、葵は、もはや美少女にしか見えなくなった整った顔を、コクリと頷きました。
「ちゃんと、お言い」
「す、好いてますけど、でも、私なんて」
うん、いいんだよ。私も旦那様のことが大好きだけど、あたしゃ、こういう身だから。あんたを応援してもちっとも悪かぁないでね、ちょっと、取引しないかい?
「取引ぞ。あんたにも事情があるんだろ?あんたが自分から喋るまで黙ってるって契るからさ」
ですか?
すがるような目には、既に八重が何を言っても断れないのだと語っている気がします。
「ちょっとばかし、あんたの身体を調べさせてもらいたいんだよ」
「え?調べる?」
そ、わるいけど、旦那様はああいうお方だ、あんたが逃げ出してきた場所のことは詮索しないやね。だけど、あんたが逃げてきた場所は、女たちが大勢いたね?
蒼白になった顔は、答えるまでもなく、ウソと言っているのと同じでした。
やっぱり女郎屋か。
葵は、誰かに売られた?

頭の中が真っ白になっています。
男に身体を開いている葵の姿を思い浮かべかけて、懸命にかき消します。
「だが、あんたのことを見ていると、まだ、おたなに上がっても、間もないやね?
いや、ひょっとしたら、まだ水揚げも済ませてなさそうだ」
一瞬キョトンとした表情に、八重はクスリと笑います。
ああ、まだ、そんな言葉も知らないかい?おたな、ってのはお店と書いて、お店に上がるってのは、実際に男と寝ること。水揚げってのは、初めての客を取ることさ。客が何をするかまで言った方がいいかい?

カリビアンキューティー Vol.16

キタ━(゜∀゜)━!ついに星乃せあらちゃんの限定動画!!メチャクチャ柔らかそうな美乳のまんまるお椀型のおっぱい、スレンダーなモデルで彫刻みたいに完璧なボディ!そして一回濡れたら、もう止まんない鮮度抜群の超美マンの持ち主。いかにせあらちゃんが極上極淫の女の子かというのを教えてあげましょう!拘束されたせあらちゃんはキスされただけで目がトローンとうっとりと感じ始めちゃってその反応は勃起モノ!そのヌレヌレなマンコをおっぴろげでヌチュヌチュとイジってあげたら体をびっくびく痙攣させてとっても可愛らしく喘ぐんです!こんな娘を2人して前からも後ろからもバンバンと串刺し!マン汁がが溢れまくりで、泡立ってます!しかも星乃せあらちゃんはダウンロード率がマジで半端ないっす!みんなが認める最高の動画です!
動画:カリビアンキューティー Vol.16

「いえ」
慌てて、ぶんぶんと首を振る葵です。
はっきりと聞くよ。
一度しか聞かないから、ちゃんとお答え?
緊張した葵の顔を覗き込みながら、間違えようのないほどはっきりと発音したのです。
あんた、店にでたのかい?男と何回、まぐわったことあるんだい?
ま、まぐ、わ、え、あ、ええええ!
ちゃんとお答え。女同士だ。言えるだろ?
「あ、ありません。私だって、むりやり店の主人にいわれて、何日も閉じ込められたり、ぶたれたり、ひどい目に遭って、そこから逃げてきたんです。ホントです!私、えつと、あの今からだって、巫女になれます!神掛けて誓って」
「ははは、巫女さんかい、ははは、そいつはいいや。うんうん、だけど、巫女さんになるにはまた、ちょっともったいないやね」
でも、私、ホントに
うんうん、信じるよ、でも、信じるとしても、ちょっと、そこいらを確かめさせてもらうよ。
なあに、ひどいことはしないから、ね?
「確かめる?」
「ふふふ。ひどいどころか、女が味わうべらぼうな快楽を覚えさせて上げるよ」
「え、それは、いったい」
さ、いいから、いいから。で、どうするの?妾との契りに乗るのかい?それともバラされて、この家を追い出されたいのかい?
女の子とバラされても、この家から追い出されるとは決まっていはずですが、気力など、少女にないのは明白でした。
「じゃあ、女同士、お近づきの印だい。さ、あんたも」
それに逆らう驚きの連続すぎて、いつ息をして良いのかも分かりません。
なんと、サラサラと帯をほどくと、あっという間に襦袢まで脱いでしまったのです。
「ほら、何見てんのさ、あんたも脱ぐんだよ」
何度も精を放ってきた爛熟の裸身が目の前にありました。
ポカンと放心状態の少女を見下ろして、さあ早く脱いでとせき立てます。
こうなってくると、少女が圧倒されて、何も逆らえなくなるのも当然でした。
モジモジと帯をほどき始めると、焦れったいとばかりに、一気に、はぎ取ってしまう八重さんの手は、乱暴ではなくとも、一切の容赦はありません。
まだオンナになりかけの、小さな裸身が生まれてあっという間に、しまったのです。
『葵が裸に..女盛りの裸身と、細く、それがたとえ八重さんであっても、葵を裸に剥かれてしまうのは、胸の奥が苦しくなります。
それは、あの日、与一郎に感じたジェラシーに似ています。

そのくせ、初めて明かりの下で見た少女の全裸に、これ以上ないほど勃起させてしまうのも致し方ないことでした。
「おお、おお、やっぱりまだ未通女おぼこかねえ」
その目には、しなやかなネコ科の獣の光が宿っています。全てを奪い取るような鋭い眼光に怯えるように、葵は身体を小さく丸め、膝を抱えてしまいます。
「大丈夫だよ、契っただろ?あんたがちょっとばかり大人しくしていれば、妾は、あんたの味方だ。あんたの正体は、決して明かさせやしないよ」
「そ、そんな」
女同士じゃないか。ひどいことをしないのは分かるだろ?それとも、この八重さんが信じら
れないってワケじゃないだろうねえ?
そんなことはありませんけれども、こ、こんなことを「なあに悪いようにはしない。妾は、あんたが気に入っているんだよ」
え?
「だから、大人しくおし。しばらく我慢したら、きっと、あんたにはご褒美になるようなこともしてやれるからね」
で、でも、こんなこと…
「分かるだろ?あんたが変な病気でも持ってたら、大切な旦那様に近づけるわけにはいかないからね」
私、そんなのありません!
うんうん、そうだろ、そうだろ。なら、ちょっとばかり確かめても悪いことなんてありゃしないよね?それとも、ないというのはウソなのかい?
ウソなんかつくわけ「さ、じゃあ、確かめても何の問題もないわけだ」
そりゃ、何もないですけど「さ、わかったら、こうして、大人しくするんだよ」
困惑顔の葵を、後ろから抱え込む動きを見ながら、私は独り合点していました。
八重さん、やっぱり両刀遣いなのか?
』女を好む女もいるというのは知っていました。美代ちゃんとの時のこともありますけれども、八重さんは私との交合を心から楽しんでいたはずでしたから、どうやら、男とも女とも楽しめる体質なのでしょう。
そして、葵太の正体を見抜いて、それをネタに、せん。
「さ、丸まってちゃ、始まらないよ」
あん、いや3少女の身体を楽しむつもりなのかもしれま少女の身体を後ろから抱え込んで、よいしょっと、向きを変えてしまいます。
「あ、だめっ」
いったいどんなコツなのか、小さく縮こまっていた手足はあっさりと解かれて、小さな膨らみを初めて正面から見た驚きで、目を丸くしている一瞬で、細い両脚もあっさりと伸ばされて
いました。
八重さん自身の伸ばした両脚の間で、少女はこっちを向いて抱え込まれ、そのスラリとした両脚は、外側から回した脚に絡め取られてグッと広げられてしまいます。
ほらこっちお向き、そ、ほら、隣のお部屋は、誰がいるのか分かってるだろ?
ドキン「あああ、いやあ、こっちは、旦那様の書斎です」
「そうだよ。旦那様のいらっしゃるお部屋に向かって、こうやって全てをお見せこんなに綺麗な身体ですよって、ほら、旦那様が見てるって思ってごらん」
「いやああ、ダメです、こんなこと」
ね、あなたがまさにのぞき穴の正面に来るように、少女の股間が広げられていました。

グラマーモデルの波打つボイン_One

Body Museum ボディミュージアム 2
動画:グラマーモデルの波打つボイン_One

抱えた膝の下を通って伸ばされた両腕は葵の股間に伸びてきます。
「ほら、隠すんじゃない。あっちの部屋から見えないだろう、旦那様に、お見せしないつもりかい!しっかりおし!」
ああ、いやあ、ごらんになど、なっていらっしゃいません、だって、だって、あ、こっちお部屋だけど…「そう、今は壁があるけど、ないと思って。お部屋から旦那様がご覧になってると思うんだよ。
ほら、この身を捧げるんだ。好いた男のためなら、どんな恥ずかしいコトだって女は我慢だよ」
あああ、いやああその瞬間、少女の桃割れに両側から伸びた指先は、クパアと広げてしまったのです。
おお!
それこそが、初めて見た葵のオ◯◯コの中身でした。
「だめ、やめてっ」
暴れたらダメだよ。契っただろ?あんたがどうしても逆らうなら、て、旦那様に、あんたの本当の正体をばらして上げる
契りはなかったことにし泣きそうに歪む葵の目は、見事に弱みを突かれているのだと思わせるに十分ですが、オンナだという正体は、それほどに葵にとっては弱みなのかと、逆にいぶかしく思います。
私に対してはともかくとして、葵は本来、明るい性格だけではなく、人一倍、気位が高く弱みにつけ込もうとしたら、一刀両断にする勢いで、立ち向かおうとするはず。
それなのに、私にはとっくに分かってしまった「男の子ごっこ」
を続けられなくなるだけが、それほどの弱みになるのでしょうか。
しかし、私の疑問を考えるいとまもなく。八重さんが後ろから、耳元に口を付けて何かを囁くと、ビクンと背中を伸ばして、怖々と後ろを振り返るのです。
どうして、それを
さ、どうするの?妾を味方にするかい?それとも、あくまでも逆らって、掴まれば、今度はどうなるか、わかってるんだろ?
泣きそうな目が、クッと虚空を見つめる瞬間も、八重さんの手は、葵のオ◯◯コをグッと広げたまま健康的な唇そっくりの色つやで染まった、小さなオ◯◯コは、すっかりその全てを見せつけていました。
しかし、自身の全てをパックリと広げられてしまいながらも、それに抵抗することすら思い浮かばないのか、茫然と虚空を見つめて、一呼吸、二呼吸不意に、葵の目から光が消えたのです。
「そ、それで良いんだよなぁに、少しばかり気持ちよくなれば良いだけだからね、は八重さんはあんたの味方だ。らくじょうろうになんて返しやしないよ」
やめて!言わないで!
さ、じゃあ、ホンの一時だけ、八重さんにお従い?いいね?
「ああ、そんな。お願い、言わないでそれで、後あああ、お願い」
目を閉じた葵は、急に、大人しくなります。そして、全てをあきらめた表情で、コクンと頷いたのです「よおし、じゃあ、契りに乗った。あんたが、旦那様のためになるように、よおく仕込んで上げるからね」
桃の果肉を二つに割ったような割れ目から覗いた、小さな唇を、繊細な指使いでゆっくりと撫で上げています。
その指先は、チョンと、上の部分を突いたのは、包皮に隠れたクリトリス。チョンチョンチョンと、立て続けに、突くと、細い裸身は、あっという間にヒクンと仰け反ります。
旦那様の、ため?

それでも、そうやって聞き返したのは、私のためになるという言葉が葵二ってどれほど魅力
的だったかを感じさせてくれます。
「そうだよ。あんたは、好いてるっていったじゃないか、だから、好いてる男にどうしたら良いのか、よおく教えて上げるから」
「あんつ、ダメぇ。そんなトコ、あああ、だけど、だけど、こんなの恥ずかしい」
しなやかな指は少女の桃割れの上側をさらにグッと広げると、むき出しになってしまったクリトリスに指先が、そっと当てられてしまうのです。
「あん!」
「大丈夫だよ、任せておき。まずは、女の悦びを知るんだ。旦那様は、ああ見えても、女が喜ぶところを見るのが大好きだからね」
「あん、あああ、喜ぶ、ところって」
今のあんたのように、こうやって、助平になって、たっぷりと色気のあるもだえ方ってことさ。
そいつを見るのが大好きだからね。あんたも少しは分かるんじゃないか?
ああ、と仰け反る葵は、ヒクンと身体を震わせた後、リと頷いたのです。
ほら、じゃあ、しゃべってごらん、何をしたんだい?
「あああーだめぇ!あん、だめぇー」
分かるんだね、と念を押されて、コクさ、ほら、ほら、どうだいこれ?
そこからは、まるで指先の拷問をされているようなモノです。言いよどむと、指先がコリコリと敏感な部分を弄び、素直に答えないときには、膨らみかけの胸の先端を左の指先でつまむようにして転がすのです。
いつのまにか、私に尻を叩かれて、合間に撫でられてしまうことも、そして、そのたびに感じてしまうことも、白状させられていたのです。
そうかい、あんたを膝に乗っけてるのに、旦那様は、何の反応もないのかい?
あん、ああ、そ、そんな反応って…
分かってるはずだよ。男がどうなるかくらいね、旦那様にちゃんと尽くしてるのかい?