渚を好きにしてください

なんと渚ちゃん。みんなが見たいプレイをユーザー投票で決定し、人気の高かったプレイだけを渚ちゃんに楽しんでもらいます。たくさんの男たちに揉みくちゃにされたり、一気に三本のチンコをペロペロ舐め回したり、渚ちゃんが、過激なプレイでイキまくりの感じまくり!!中でも、ギロチン台でのドリルバイブ挿入はヤバすぎる!!渚ちゃんのマンコが崩壊しちゃうよう~!!この作品で、渚ちゃんのいろいろなプレイが見れまくります。渚ちゃんのファンの方は必見です!!必ず見てください!!
動画:渚を好きにしてください

なんて柔らかいんだむき出しになったしなやかなお腹は、その感触だけでなく、無垢な少女の身体に怒張をこすりつける嗜虐の悦びを生み出しています。
打擲の合間に、白い尻を撫で回しながら、私はついつい、腰を微妙に動かして、腹肉の感触を味わおうとしていました。
掌に味わうひんやりとした弾力、怒張をこすりつける温かでしなやかな刺激。
そのどちらもが男を蕩かしてくるのです。
頭の後ろが焼け付いてしまうかのような快楽に、や愛撫そのものになっています。
「あああ」
私の手の動きは、いつの間にやら、またも痛みに耐えかねたようなため息も、尻の割れ目に沿って、微妙な力加減で撫で上げている精です。
谷間の底にある後孔の感触触れるか触れないかの感覚で、指先に、後孔の周囲の微妙な凹凸すら味わっていました。
あっ、そ、そこはっ、ん3
はそれ以上、後孔探られまいと、慌てて、キュッと尻肉を引き締めた瞬間、さっと指を動かして尾てい骨に沿って撫で上げます。ゾクリと身体を震わせてしまうのが、何とも正直な反応でした「あんっ」
もはや、すみれ色のすぼまりは、触れてはならぬ部分ではなくなっていました。
少女が白い身体を震わせた後、力が抜けると、またもや指先は、そこへ向かいます。
後孔の粘膜を刷毛で掃くかのような微妙さで、サッと撫でてしまうと、女の子そのものの声が出てしまうのですから、興奮するなと言うのが無理なこと。
数度、それを繰り返すと、今度は、クリンと丸い尻タボを、掌で優しく丸めるように撫で回すと、はぁああ、と熱いため息を噴きこぼすのは、完全に、感じているオンナのそれでした。
少女の股間の奥まで差し込む光は、トロトロとこぼれしまった秘蜜を銀色に反射しています。
そう、これ以上ないほど、少女もまた、感じていたのです。
あああ、たまらない。いっそ、このまま、いや、しかし、この子が自分から名乗るまでは、このままで…ん?なんだ、これは?このまほ少女を押さえつけて、この花びらの奥に、怒張を入れてしまいたいという狂乱の感情を抑えていたその刹那、私は、少女自身の動きを発見したのです。
単に、後孔の玩弄から逃れるためでも、快感のあまりに蠢いてしまうためでもなく、少女は明らかに、腹をこすりつけていました。
ハアハアと息も荒く、少女の羞恥は、顔を両手塞いだまま。
指先が後孔を弄ったとき以外は抗うそぶりすらない少女は、いつの間にか、そのむき出しになっているお腹を、そそり立つ怒張にこすりつけていたのです。

欲望を見抜かれてしまった羞恥でした。
その瞬間、この子は、ことを見抜いて、感じたのは、ワザとお腹を出させたのを知ってる。
それも、こいつを腹に押し当てたがっているワザと、腹をくっつけてくるんだ
浅ましい男の欲望を、こんな年端もいかない少女に見抜かれてしまったのだと思うと、その羞恥たるや、並のものではありません。
いや、待てよ、そもそも、こうやって尻を打つように仕向けたのだって、ひょっとしてワザとか?私が喜ぶから?
思わず、目の前の白い尻タボをキュッと掴んでいました。
掴ほれた尻をできる限り動かさぬようにしながら、少女は私の怒張を、少しずつこすりつけています。
その少女の健気さに、私は急速に高まってしまいます。
そして、健気さに心を振るわせて感動しているクセに、もっと強い刺激を欲して、その丸い尻をピシャリと叩いてしまいます。
ピシャン!
白い皮膚が赤みを持つような強い打ち方ではありません。
掌全体で、尻肉の弾力を味わう打ち方です。
そのくせ、少女は打たれた瞬間、全身をビクンとさせることで、腹をキュッと怒張に強く押しつけて、私もまた、どさくさに紛れるようにして、強く、怒張を突き上げるのでした。
痛みにも似た快感と、全体を包んでもらえぬまどろっこしさ、その中途半端な快楽を生み出す少女のお腹時折、太ももに触れる、まだ見ぬ、少女のプリンとした胸の膨らみも、めて、背中を甘やかな射精の印が駆け上ってきます。

クリトリスあつぅいっ

オナニーシーンで、小麦色の綺麗なスレンダーボディーと、とってもいやらしい匂いたつ様なおマンコを存分に魅せつけてくれる、美咲ちゃん。マンコを自ら両手でパックリ開いて魅せつける。2本のデカチンコを交互にジュポジュポフェラします。チンポをすんなり受け入れられそうなおおぶりなアナルが卑猥です!!電マでびちょびちょになったマンコを舐められ、感じまくり、次々に体位を変えながらの本番!最後はもちろん中出しで、どろ~りとザーメンが、流れ出す!!
動画:クリトリスあつぅいっ

許してくれるんだ私の欲望を急速に高私が触ることも、怒張を突き上げることも、全てを少女は許してくれるのだと勝手に思い込んでしまった私の指先は、これ以上ないほど露骨に後孔に触れていました。
股間の桃割れに触れられぬ以上、そこだけが少女の中に入るべき場所に思えて、キュッと締め付ける尻タボの動きをかいくぐって、その中心にある窪みを狙ってしまったのです。
わずかに指先が、孔を感じます。
そ、そこは、旦那様、それ以上は慌てたように、身体を震わせる瞬間には、ホンの爪先の部分だけとはいえ、確実に少女のすぼまった粘膜をかいくぐっていました。
しかし、必要以上に侵入して、指先を汚せば、少女を傷つけてしまうに違いありません。
瞬間的に、パッと指先を離してしまいます。
「あっ」
フッと息を吐いて安心するその瞬間を狙って、また、チョンとくっつけて、あっという間に離す。
チョン、チョン、チョン、チョンと、まるでキツツキが幹を叩くかのように、くっつけては離すやり方を繰り返したのです。
んっ、んっ、んつ、だ、だんなさんっ、ま、そこはすぼまりに指先に感じるそのすぼまりは、ひんやりとすべすべする白い皮膚とは違い、ほんのりとした湿り気と、粘膜の微妙な粘着性を持っています。
いつか、美代ちゃんの処女地を愛撫したやり方をまねたのですが、その効果は驚くほどでしたチョン、チョン、チョン、チョン
あああん、んん3とうとう、上げてしまった声に、自分で驚いてしまったように、手で口をグッと押さえましその声が「オンナ」
そのものであったことを何よりも少女自身が知っていた証拠に、ギュッと目を閉じて、私に何を言われるか、怯えた表情で目を閉じています。
しかし、少女の身体は正直でした。
差し込む光に浮かび上がる白い桃割れからは、溢れる秘蜜が溢れてきたのです。
キュキュと反射的に脚を締め付けてしまったせいで、太ももの方まで掌ほどの広さで濡らしてしまっていました。
明かしてはいけない「女」の秘密と、オンナとして反応してしまった少女の羞恥。
今、私にできることは、これしかありません。
かけ声も勇ましく、私は手を振りかざします。
よし、こ、これで、どうだ!
ピシャン!
六回目の打擲既に私自身も高まりきつていました。
まるで全てを見通しているかのようにこすりつけられる少女の腹がこすりつける動きを見せて、オトコの暴発を呼び起こします。

「あうっ!」
射精を受け止めたかのような少女のひっつめた悲鳴は、ドクドクと射精する私の快楽を数倍にもしていたかもしれません。
は打ち下ろした手で白い尻をギュッと押さえつけたまま、白い腹に長々とした射精を続けていたのでした。
ハア、ハア、ハア、二人の荒い息が、部屋の中に聞こえる全てです。
不思議なのは、射精してしまった私だけでなく、少女もまた、なにかを達成したような奇妙な満足感を漂わせたことでした。
恐らく、腹肉に押しつけられた怒張が、射精してしまったことは、少女も分かっているはずです。いくら幼くても、この年頃ともなれば、犬猫でも見て、オトコがどうなるかくらいは知っているはずなのです。
柔らかな腹にくっついていた怒張の感触に、少女は明らかに気付いていたはず。
そしていま布地をじっとりと濡らして、さっきまでカチカチだったモノから力が抜けてしまったことも。
たった一枚しかない布地では、男の汁をとどめておくことなどできません。
少女の肌は、しみ出した精液に直に触れ、そのぬるっとした感触を知ってしまったはずなのです。
むしろ、その感触について何も言わないのが、逆に、全てに気付いている証拠でした。

マンコ図鑑

純コス☆ コスプレの王道!身近な衣装で妄想開始!
動画:マンコ図鑑

「帯をして良いよ」
膝の上でうつぶせのまま、着物をあわせようと手を入れた少女は、わってから、何事もなかったように、帯を身体に回します。
確かめた?
一瞬だけ、手の角度が変それは己の腹を濡らしたものの正体を確かめるように指先で触れたのに間違いありません。
触れれば、雨水も面腰にしみ出したスペルマの感触がヌルヌルとしてはずですしかし、裾を下ろし終わった少女は、一言も、ヌルヌルについては触れません。
ただ、膝から降りるときに、その目は、確かにビショビショになったド履きを見ただけです。
それは「女」
の色香を含んだ視線だと感じたのは、私の思い上がりだったかもしれませんその分、私は裾を直さぬまま、少女が、きちんと座るのを待ちます。
「お手前、ありがとうございました」
丁寧に辞儀をする刹那、その目は、確かに下履き一つ丸出しで、その中央をドロドロに濡らしたままの股間を見たのは確かです。
そして、少女が下がる時に、私も見たのです。
それは、さっき腹を拭ったはずの右手を大事
そうに丸めている姿でした。

風呂場にて「旦那様、珈琲を淹れてみました」
「お、ありがとう」
カフェーパウリスタで買っておいた豆を、朝からミルで挽いていたのは知っていました。お茶を淹れるのは天才的に上手い葵太でしたが、珈琲は、我が家に来てから、私が淹れるのを見て、覚える気になったようです。
「美味い」
豆の蒸らし加減も、湯の注ぎ方も、きちんと教えた通りにやっているのがよく分かります。
「ほら、一緒に飲もう。
とっても、美味く入ってるよ」
ちょっとうつむいて、ハイと返事をしたのは、やはり、男性と一緒に食べたり飲んだりする習慣がなかったと言うことでしょう。しかし、テーブルを挟んで座る、この時間を少女が喜んでいるのは、何も一緒に出している泉屋のクッキーのおかげ、というわけではないようです。
「あ、旦那様は、お砂糖をお入れにならないのですよね」
ふと手にした砂糖壺のフタを持ち上げかけて、またフタをしようとする指は、知性を表すように、繊細な動きです「ははは。葵太は、ちゃんと甘くしないとダメだろ。好きなだけ入れると良い。さ、三杯で良いかい?もっと?」

「あ、そ、そんな、自分で入れますから」
いいから、いいからさ、どうだい?ミルクもたっぷりお入れつまりは、甘いミルクコーヒーにしてしまって、クルクルと匙でかき回してから、女に差し出すと、その表情は、困惑と悦び、相半ばという感じです「ありがとうございます」
そっと少小さな肩をすくめるようにして、頭を下げる姿は、やはり、小さい頃からの古い躾の良さを感じさせます。おそらく、男が、そのような世話を焼くこと自体、少女の育ちからは珍しく、戸惑うに違いありません。
「珈琲は、香りが命だからね」
「はい」
「苦みも良いんだけどね」
チラッと上目遣いでこちらを見て、コクッと頷く顔は、私の言葉に同意しつつも、みが良いとは思えない味覚を正直に告白しています。
まだ、この苦みはダメみたいだけど、香りは、気に入ったみたいだねまだ、苫なによりも、まったりと過ごす、珈琲の香気を挟んで流れる静かな二人の時間が嬉しいのだと、ちゃんと顔に書いてありました。
最初は、何か気の利いた話でも、と思ったのですが、少女が好んだのは、何か物を言うよりも、ただ静かに私を見つめているだけなのだ、丸善で求めた新着のリーダース·ダイジェストにゆったりと目を通している私。
そして、ということに気付いたのです。
それを飽きもせずに眺めているのを、少女は何よりも好むのだということを納得したのもつい最近でした。
横文字はちっとも頭に入ってきませんが、コトコトと音を立てるダルマストーブのヤカンの音と、時折、吹き抜けていく風の音だけが聞こえる静かな時間。
私がチラリと目を向けると、必ず、目が合うのも、そして、そんな時に、その目に浮かんでいる深い光が、少女の愛情の証なのだと、言葉を交わさずとも伝わってくるのです。
ひょっとして、わかってるのか?葵太は、いえ、葵太を名乗る少女は、自分の正体がばれていることなど半ば気が付いているのかもしれません。
しかし、時に愁いに満ちた視線で見上げることはあっても「実は」
と話し出してくれることは金輪際ないのです。
私が出かけているときには隣家の少年、与一郎と「男同士」の交流があるようですが、それ以外の時間は、まるで子犬のような素直な目をして、私の横で控えていることを好んだのです。
しかも、いつの間にやらその目に、はっきりと伝わる愛情が込められているのが、生まれついての朴念仁である私でも容易に理解できるほどです。
熱烈な恋人というものがそうであろうとするように、何から何まで、私の意を汲んで動こうとしますし、励ましにポンと肩を叩いたときも、何かの加減でふと指先が触れたときも、実に嬉しそうに微笑みます。
おそらく、少女はれっきとした年齢の男同士が、そうやって指先が触れて喜んだりはしないのだということに気が付かないのです。
そして、なによりも、二人の間にある特別な時間が
お仕置きでした。
布地一枚越しの射精を腹で受け止めた少女は、相変わらず、そのことについて触れることはありません。