農Gal 第一話

激カワギャルの尾上ライナちゃんのカントリーライフ。仕事終りに納屋でジュポジュポフェラたっぷり咥えられて我慢できずに大量発射それをおいしそうにまた口に含むライナちゃんこの後も野外露出で開放的でどんどんエッチになっていくライナちゃん!この後も69や顔騎など盛り沢山!これからは農Galっしょ!?
動画:農Gal 第一話

「え?え?責任て」
頼むから、妊娠とか、大きな声で言わないで欲しい…誠はこころの底からそう思う。愛香ちゃんパジャマ姿なんだから、と。ここは病院の食堂なんだから、と。この病院には産科だってあるんだし、と。
ほら、あのおばさん。愛香ちゃんのお腹のあたりをちらちら見てる…しかし愛香は平然としている。
「ばかね、たとえばの話よ。た、と、え·ば」
誠の困った顔が見たかっただけのようだ。すぐに話題を変えようとする愛香。
「それより、あのさ、誠…」
何?また、はい、あ-ん?
「う…うん、そう。早くして!わたし、腕の力が弱って、もうお箸もうまく持てないんだから。さあ。ん」
さっきの縄跳びは何。
「あ、あのさ、VIP病室のベッドに戻った愛香が、誠…」
またおずおずと話しかけてきた。
わたしが元気なうちに…もう少し思い出つくらない2どうやらさっきから言いたかったのはそれらしい。
しかしはっこう(愛香ちゃん…まだなんちゃって薄幸の美少女をつづけるつもり?
っさんだって、それにぼくだって、もうとっくに気づいてるのに…)梅先生だって、なきっぱりと言ってあげた方がいいかもしれない。
みんなのためにもそれがいいだろう。
真相を知っている関係者全員が、呆れてものも言えなくなっているはずなのだから。

「あのね、愛香ちゃん」
「なあに?」
誠の真剣さがつたわったのか、三か月だけ年上のおさななじみは素直に耳を傾けてくれる「ぼく、梅先生から聞いたんだけど…ええと、なんだっけそう!愛香ちゃんは、蟹ってわけじゃあないんだよ!」
えきょとんとした顔をされた。
あれ、違ったか…なんだったかな。ええと、エビ、じゃなくて…ざりがに、てえぇと。ええと一
誠…わたしのことが心配で、とうとう頭がおかしくなっちゃった?
でもなく愛香は重病人を前にしたような顔になって、誠の額に手のひらを当ててきた。
熱はないみたい…ねえ、誠。蟹とかエビとか、そんなこといいよ。ピラフでもパエリアでも、食べたいんなら今度つくってあげる。わたしは誠と、もっと思い出をつくりたいって言ってる「う、うん…」
説得失敗肝心の病名が憶い出せないんじゃあどうしようもない。
ていうか入院中なのに、どこでピラフをつくるつもりなんだろう…などと考えていると「ねえ誠。
だからさ。
誠が試してみたいことがあったら、なんでも言っていいよ」
愛香はうつむき、舌でくちびるを舐めながらそう言った。
誠は咄嗟にはことばを返せない。
試してみたいことがあったら、なんでも言っていいよ過去二回よりもさらに一歩踏みこんだ発言だった。いや、具体的に何がどう踏みこんでいるのかは、例によつて誠にもうまく説明はできないのだけれど。
とにかくこうやってなんちゃって入院をつづけているということは、ない、ということなのだろう。
まだ気が済んでいもっと踏みこんだ関係になりたいというのだろうか。
「えええと…じゃあ」
セックスまでしちゃつたのに。
相手のいやがることなんてやっぱりしたくない、という思いはもちろんあったけれど、かく本人がそこまで言ってくれているのだから、何か言わないと悪いだろう。
せっそれも本音を口にした方がいいんだろう。
愛香は何気に鋭い時があるから、ごまかしは通用しないだろう。
うん。何?どうしたい?
愛香ちゃんの身体を、ぺろぺろ舐めてみたい…思いきって言ってみた。
ちょっと、何それ!
そういうのは、きのうのお風呂の時に言ってくれないと!
おさななじみはそう文句をつけるが。
いや、それは違うんだ、と誠は内心でつぶやいた。
わかってないな、愛香ちゃん。
「あのさ、そうじゃなくて。
知りたいんだよ…」
洗って流す前の、愛香ちゃんの素肌の匂いとか、汗の味を、ぼくは
何こいつ実は変態?
誠のことばを耳にしたとたん、とでも言いたそうな顔になった。

童貞狩り

なんともいやらしい大きなおっぱいが、たまらないレイちゃん!!フェラで彼氏を起こして、ガンガンファックしてもらうつもりが、レイちゃんのフェラテクにあえなく昇天、おあずけ状態のレイちゃんは、オナニーでムラムラを解消しようとするも、全然満足できない。そんな所へ彼氏の弟が訪ねてきた、女を知らない弟を欲求不満のレイちゃんはいやらしく誘惑してガチンコファック!!そこへ彼氏が帰ってきて、びっくりするが、仲良く3Pしちゃいます。
動画:童貞狩り

愛香は目を丸くし、柳眉を逆立ててわなわなと震えながらくちびるが開いて、実際に何か文句を言いかけて
また愛香は口を閉じた。
もともと自分が言い出したのだと気づいたのだろう。
それとも、少しくらいの変態なら許してくれるということだろうか。
誠はここぞとばかりにたたみかけてみた。
愛香ちゃんが縄跳びできるくらい元気なうちに、「そ…そう、よねうん。誠の言う通りかもるんなら、させてあげないと、ね…」
思い出をつくっておきたい
しれない。
今のうちに誠がしたいことがあパジャマ姿の恋人は、こめかみのあたりを少し引き攣らせながらも、わかってくれたみたいだうなずいた。
それで、誠は、どこを舐めたいのかなあ「え、えぇと、じゃあむ、胸とか」

っ愛香は「何こいつ悪質な痴漢?」と言いたそうな顔で誠を睨んだ。
が、それもまた一瞬のことだった。
「ま、誠が、顔を伏せると、ブラジャーはつけていなかった。
おさななじみは目を閉じた。瑞々しく実ったFカップおっぱいは、そう言うんなら…そうさせてあげる」
パジャマの前ボタンを一つ一つ外し始める。
恥じらいの色を滲ませつ薄く汗を浮かべてねっとつも、誠の欲望をそそっている。熟した果実のようにかたちがよく、りと光るその表面は、呼吸に合わせてゆっくりと動いていた。
じゃ、じゃあ、舐めるよ、ぼく「う、うん」
おさななじみは目をつぶったままなんだか、きのうの初体験と同じくらいに緊張しているみたいだった。
それは誠も同じだ。
(1回エッチしたら、もう二回目からはどんどん自然にできるのかと思ってたけど、だな、現実はぼくもう、心臓が爆発しそう…)全然違うんきのうのお風呂場同様、愛香は身体を固くさせてうつむいている。
そっとくちびるで胸元-おっぱいのふくらみの始まるあたりに触れる。
あん..きのうより熱い?

非処女初日-二日目というべきか-の恋人がびくっと反応するのと、が、ほとんど同時だった。
誠がそう思うのとと舌で舐める血管を透かせた白いおっぱいの表面をれろちゅ、やわらか…カ!
縄跳びでかいた汗が退ききっていなかったのか、人が多くて空調の効きの悪かった食堂でかいた汗なのか、塩辛さの中にほんのりと甘さを含んだ味が舌の上に広がる「愛香ちゃんの、おっぱいの汗の味おいしい…」
「ば、ばか」
「ほんとだよ…」
そっと舌先を乳輪に触れさせた。それだけでも愛香はびくっと腰を悶えさせる。舌を乳輪に沿って円形にねっとりと舐め回すと、愛香はくちびるを震わせてまた短くうめいた。
それから誠はいよいよ-乳首に舌を触れさせる。
ん愛香は鋭くうめいて、胴体を揺さぶった。
「ま、誠やだ…それ、わたし弱いかも」
口に含み、舌で擦り上げただけで、なるのがわかった。
つくりたてのゼリーのようだった乳首がもこもこと硬くただ、やだ、と言いながら、与える若い母親のように。
愛香の手は誠の後頭部に添えられていた。
まるでわが子に乳を口を離して、唾液に濡れ光る乳首を見ながら、誠はさらに頼んでみた。

故意のから騒ぎ

アジア ユーラシア系美少女シリーズ・スタイル抜群スレンダーボディのミーシャがセクシーなポーズで大胆に感じまくり。
動画:故意のから騒ぎ

「腕、上げてくれる?ぽく、腋の下、舐めたい」
ちょっと…いくらなんでも「愛香ちゃん」
真剣なのがわかったのか、黒髪の乙女はうなずくと、パジャマ上衣を腕から抜いた。
そして片方の腕を上げ、白い無防備な腋の下を晒す誠はさっそく顔を寄せていった。
ねろっ…と舐めると、さっきの塩辛さとはまた違ってかすかな酸味があるのがわかった。
やだ、くすぐった…愛香は身体をよじって誠の口から逃れようとする。
「ねえ、愛香ちゃん、もう少し舐めさせてよ。前から試したかったんだから。
いって、愛香ちゃん言ったよね!」
なんでも言ってい愛香が呆気に取られたような顔になった、その時「愛香ちーん。いるかなー。誠くんもいるのかなー」
寺。
VIP病室のドアがいつものように静かに開き、爆乳のナースがいつものようにさわがしく入ってきた。つづいていつものように長身の女医も颯爽と入室してくる。
きゃなっち!
「わわわわ。先生」
愛香はおっぱい丸出し状態。誠は愛香の腋の下へ顔を最接近させた状態だった。
「ふうーん。愛香ちんと誠くんって、つき合ってるわけじゃあないわりにい、そんなことまでしちやうんだぁ」
にこにこしながらナースがベッドに寄ってきた。
E半身裸の入院患者はあわてて誠を突き飛ばす。
だ、だから、これは違うんです。わたしは汗疹ができて、ら、こいつが無理やり襲ってきて!
襲う?ぼくが?無理やり?いつ?
あせもちょっとかいてもらおうとした愛香が誠の名誉にかかわるようなことを口走り始めたが、女医はそれを無視してしなやかにことばをかけてくる。
ねえ、愛香ちゃん。いっそのこと愛香ちゃんも新薬の試験に参加しない?誠くんと二人でア丿ノ麻友美は入院患者に向かってにこやかにつづける。
つらく長く厳しい闘病生活の気晴らしになると思うわ。いいえ、にお勧めしちゃいます。ね、愛香ちゃん。誠くんといっしょに、トに協力してくれない?
「え、でも、わたしは…」
担当医としてはむしろ積極的わたしたちが行う新薬のテス
何か言いかけた愛香を、今度はナースが遮った。
わあ、先生、それって名案ですね!やろうやろう、ねえ、愛香ちん!
手をたたいて喜んでいる。

それにしても、愛香ちゃん…食堂では人目も気にしないではい、あ-んまでさせるくせに、なんでなつさんや麻友美先生の前では、ぼくのことを他人扱いしたがるのかなあ…^女ごころみたいなものは今いちわからない誠であった。
しぶる愛香の腕を無理やり引っ張って、誠もその後ろからついていった。
ナースと女医は廊下を歩く「じゃあ今日はまず新薬の試験に先駆けて、チェックさせてもらうわね」
あらためて愛香ちゃんの健康状態をしっかりといつものように診療病棟五階の梅麻友美の個人診察室へは向かわなかった。
連絡通路の手前で右に折れて、階段で11階に降り、長い廊下をずんずん進んでいく。
「あれ?ぼくの時は梅先生の診察室だったけど…」
男の子の身体は単純だから、あれでよかったの誠の疑問に女医は答えた「女の子の身体は複雑だから、ちゃんとした設備のある部屋でないとね」
廊下はわりとひと気が少なかったが、それでも何人かの医師やナースとはすれ違う。
ただ、患者さんやお見舞い客らしい人の姿は見られなかった。
婦人科特別検査室という札の下のドアを麻友美は開けた。
中はブラインドを下ろした窓があり、患者さんを寝かせるためらしいベッドがある。
医師用の机やらガラス戸棚やらがあるところは麻友美のオフィスとそっくりだった。
ただ、版画やコーヒーメーカーといった私物めいたものは全然ない。逆にスチール製のがっしりとした棚には、誠には何に使うのかさっぱりわからない高価そうな機器がずらりと並んで「麻友美先生。
どうして、わたしまで、アルバイトを…」
ここまで連れられては来たものの、実り豊かな肢体をパジャマに包みこんだ女子高生は、まだ全然納得できていない様子。
「あら、別にいいのよ。じゃあ誠くんに精子を提供してもらうのは、わたしとなっちゃんにするからでも愛香ちゃんが参加してくれたら、助かるんだけどなあ」
平然と告げる白衣の女医に、愛香は真顔で尋ねる。
「あ、あのぅじゃあ、もしわたしがアルバイトに参加したら、わたしと誠の二人だけの試験にしてもらえますか、麻友美先生?
うーん、二十代前半と二十代後半のオンナのデータもやっぱり欲しいからねえ…そういうわけにもいかないけれど…」
なめらかそうな頬にひとさし指を当てて、困ったわねという顔つきになった女医の横から巨乳のナースが口を挟んだ。