爆乳牝3P願望 黒木アリサ

超絶美乳で、でかいパイオツの持ち主黒木アリサちゃん。まずは乳首いじりで様子を見ますがすでにオマンコからはトロトロの愛液が・・・可哀想なので 指マンして 、クンニをしてあげると悶えまくりで感じまくります!なんてエロいオマンコだ。フェラチオではチュパチュパ音をたててチンコを欲しがります!もう男優もチンコがギンギンで剃り立つ!ぶっといチンポでエロすぎるおまんこを徹底陵辱! 騎乗位と 駅弁で激しくピストン。お口が空いてるのでそこにもチンポをぶち込みイキまくります!最後はお掃除フェラまでしてくれる最高の天使アリサちゃん!アリサちゃんのビラがめくれまくる動画が見れるのはココだけ!
動画:爆乳牝3P願望 黒木アリサ

「どうぞ。八重さん、とりあえず、何か出して上げて」
はいはい、旦那様、お顔が、赤くなってますよ。これなら、美代は、旦那様のお隣にすらせていただいた方がいいかしら?
「ちょ、ちょっと、八重さん、そんな」
「さ、美代、こちらにお座りなさい旦那様も、こう言ってくださるんだし」
「すごい。旦那様、失礼します」
「あ、い、いえ、は、はい」
西洋の作法、などというモノを知らない分だけ、美代ちゃんは素直に私の隣に座ります。
またもやフワリと、ミルクにも似た甘い香りを嗅いでしまい、またもやドキマギ。
それを知ってか知らずか、八重さんは、台所に行ってしまいます。
一方で、美代ちゃんときたら、ここに来るのは二度目だというのに、少女の無邪気さで、キョロキョロしています。
「他人の家であちこち見るのは礼儀がない」という前に、美代ちゃんにとっては、洋館というだけで浅草の凌雲閣にでも来たのと同じなのでしょう。
失礼なという感じよりも、若い女の子らしい華やいだ感じがして、私に好もしい感情を生み
出していました。
それに、自分でこさえたらしい洋装の胸元は、どうかすると、その隙間からチラリとシュミーズとその下の白い肌が覗けて、何とも目を奪うのですもちろん、「美代ちゃんは、叉え。
キョロキョロに夢中で私のイヤらしい視線に気付く気配はありません。
この家、気に入ってくれたみたいだね」
本当に男爵様のお家ですもの。
なんだか西洋のお家に来たみたいで、すっごいです
少女の目を奪っているこの家は、先の大いくさの後に起きた不況で没落した金満家から、父が買い取ったものでした。
だから、いろいろと一人暮らしには不都合なほど広かったり、贅沢だったり、不思議な仕掛けがあっちこっちにあります。
まだ珍しい、瓦斯ガスで沸かす風呂もその一つで、綺麗なタイル張りの洗い場も広く、窓からは庭の木立が見えて、明るい日差しが入り込む所など、ちょっとした温泉以上の豪華さです美代ちゃんからしても、銭湯に行くよりも、数段、嬉しい体験だったはず。
今日もずいぶんとウキウキと楽しそうにしているのはよく分かります。
こんなに楽しみにしてくれるなら、かえって、こっちが嬉しいくらいでしたし、たとえ、実際に目にすることなどなくても、女の子が家の中で裸になっているのだと思うとドキドキしてしまったのも確かでした。

だから、と言うわけではないのですが、前回、とりたてて用もないのに、わざわざ用を見つけては風呂場の前を行ったり来たりしてしまったのを中から見つけられて、八重さんにクスリと笑われたりしていました。
「ね、美代、ほら、ね、言ったでしょ?旦那様はお優しいし、こうやっていつだって大歓迎してくださるから」
「旦那様、本当に、ありがとうございます」
甘やかな声は、本当に男の心をくすぐります。
おまけに、それがミルクホールの女給達のように計算して出した声ではない分だけ、胸の奥がふわふわさせられてしまうのです。
こうやって、すぐそばで嬉しそうに見上げられると、女になりかけの甘やかな匂いを吸い込んでしまって、ドキドキがさらに高鳴ってしまいました。
風呂に入る前の女の子の甘い香りは、いつまでも嗅いでいたくなるのはオトコの本能なのか
もしれません。
では、まずは、旦那様にお入りいただかないと
八重の言葉に、ウンウンと真面目に頷く美代ちゃんの胸元から、わずかな風が起きて、甘い匂いさえ感じてしまいます。
うん、でも、今日は、面倒だから、まだ良いかなって。こっちは気にしなくて良いから、入っちゃつて
胸の先にいつもの土曜なら、一風呂浴びた後、そのまま悪友達と出かけるのですが、今日に限っては約束も別になく、何となくおっくうになっていたのです。

セナが気持ちよくしてあげる

かわいいお顔の小悪魔ギャル、ナイスボディーのセナちゃんが、バニーガール姿で登場!!網タイツを破られ、アナルバイブと電マで攻められる。綺麗なおっぱいとおマンコを露出して、気持ち良さそうによがっちゃいます。露出したおマンコで、ディルドオナニー、いやらしく腰をフリフリ!全裸に剥かれバックで、ドーン!!と突かれ、おマンコから大量のザーメンがあふれ出す。エロい喘ぎ声で悶えまくりの極エロセナちゃんマジ可愛いです!!
動画:セナが気持ちよくしてあげる

そうは参りません。先に女が入ってしまっては
もう太正の世になったんだよ。いつまでも古いことを言わなくてもいいじゃないの「そうは参りません。先に、しかも女がいただくなんて」
後でいいと言い出した私に美代ちゃんも困惑顔です。
そこで八重さんは、ふっと、いたずら顔になったと思うと、美代ちゃんの背中をポンと叩きます。
「あ、そうだ、一人じゃ広すぎるっておっしゃってるし、みんなで入っちまおうかい?ね、美代?良い思いつきだろ?せめて旦那様のお背中でも、二人でお流ししようじゃないの八重さんは、したえさらっと、じゃあ、一緒だよと言い放って、美代ちゃんの背中をポンと叩きま:い、一緒?
美代ちゃんも?
ちょっと顔を赤らめてはいましたが、ドギマギして、思わず美代ちゃんの反応をうかがうと、私の視線に気付くと、ニッコリと笑って頭を下げます。
ねえ、旦那様も、それなら、よろしいですよね?
K-.あ、いいけど、あの…」
お年頃の女の子とはいえ、温泉などでは、まだまだ混浴も当たり前ですから、ひょっとしたら、私の気にしすぎで、実はそれほど抵抗のないことなのかもしれません。
少なくとも一緒のお風呂
を嫌がっているようにはとても見えませんでした。
「じゃ、風呂の支度をしますので、少々お待ちくださいね。
ほら、美代、お前は待たせてもらう間、旦那様のお相手して差し上げるんだよ」
お相手って
再来月に働くことになっているとは言え、一回りも下の女の子相手に、何を話せば良いのかも分かりませんし、目の前の無邪気な笑顔を見たら、かえって緊張が高まってしまいます。
まして、この子と、かびません。しかも、に見てしまうのかと、この後、混浴をするのかと思えば、ドキマギばかりして話すことなど浮そのくせ、男心というヤツか、この後、この洋装の下の胸の膨らみも直視線がついつい胸に向かってしまって、中身を想像してしまうのです。
自分がそんなに助平な人間だったんだと、初めて知った気がします。
しかし、それを美代ちゃんに気取られるのは、恥ずかし過ぎます。

かといって、気の利いた会話ができるわけもない私ですから、えば、1つしかありません。
そうだ、風花堂のゴーフレットがある、食べてみるかい?
そうなれば、できることと言ちょっと垂れた目に愛嬌があるといっても、決して美少女とは言いません。
むしろどこにでもいそうな普通の女の子です。
けれども、少女の華やかな気配も、その笑顔も男心をくすぐりますし、心をザワザワとかき立てるのは止まりません。
この子の裸を見られる声も、匂いも、私の頭の中には、早くも、この後の「混浴」
で、頭がいっぱいになっていました。
こうなるとあらぬ事をロにする前に、少女の喜びそうなお菓子を片端から出してやり、珈琲を入れてやりで、忙しく動き回るしかありませんでした。
つまりは「お世話」
をしたのはこっちの方のような気もしましたが、でも、少女がニコニコしてくれるのを見るだけでも良い時間でした。
とりわけ、お菓子には心から嬉しそうにしてくれて、目を輝かせて味わっているのを見ていると、あれもこれも、と言いたくなって、結局、前回同様、洗いざらい出してしまいます。
母が無理に押しつけてくる菓子は、金にあかせた、庶民には手の入らないものもあります。
そっちに食べてもらう方が良いに決まっていました。
という企みが風呂に置いてあっだから、こうやって、喜んでくれるなら、それに、今回はとっておきの物で

普通なお姉さんとラブホハメ撮り企画…09

赤塚 大河
動画:普通なお姉さんとラブホハメ撮り企画…09

「もっと喜ばせてみたい」
たのです。
「じゃ、そろそろ良い湯加減ですから」
ひとわたりのお菓子をつまんだ頃、ニコニコしていた白い頬に、風呂ができたと呼ばれて、緊張したのは私だけではありません。
サツと朱がさして、さっきまでの笑顔が緊張に引きつり
ます。
そんな緊張など知らぬフリの八重さんは、さあ、こっちイタズラな表情で、囁きました。
「それじゃ、美代、一緒に旦那様をお脱がせしましょうか」
「そんな、と、とんでもない」
と美代ちゃんをせき立てながら八重さんが近寄るのを手で制して、一気に脱いで風呂場に飛び込みます。
本当は、美代ちゃんの脱ぐところを楽しみにしていたのですが、それどころではありませんでした。
キャアキャアとはしゃぐ声がしながら二人が脱いでいくのを、奥を向いて風呂椅子に座りながら待っていると、間もなく、カラリと引き戸が開く音。
思わず、背筋を伸ばしてしまいます。
「お待たせしました」
二人の気配が、スッと背中に近づくとすぐ後ろに、張が私の心臓を破けそうなほどに打ち鳴らしています。
旦那様、湯加減は、こちらでよろしいですか?
「はぁ!
裸の美代ちゃんがいるんだ」
という緊我ながら間抜けな返事です。
振り向けば、そこに美代ちゃんの裸があるのかと思うと、もし、見てしまえばスケベな男だと嫌がられやしないかと、動くに動けません。
一方で、美代ちゃんも、さすがに恥ずかしいのか私の後ろでモジモジとしている気配が濃厚で、一人、八重さんだけが堂々と私の目の前にやってきます。
「あらあら、旦那様、早く、お背中、お流ししないとですね」
「あ、う、うん、いや、あえっと」
「いやですよ。私なんて見慣れているじゃございませんか」
屈託なく笑う八重さんの身体は、確かに、何度もお世話になってはいますが、こうやって改めて目の前にすると、ドキドキしないわけもなく、まして、後ろには美代ちゃんです。

もちろん、八重さんも、それを知って、楽しんでいるに決まっています。
結局、お地蔵さんのごとく、石化してしまった私を楽しげに見つめる八重さんが、美代ちゃんを喜ばせる企てを代わってくれたのです。
「ほら、美代、これをごらんよ、新しいシャボンに、ほら、こっちは髪洗い粉だよ」
目の端に美代ちゃんの身体が映って、なぜか目を閉じてしまう臆病者。
どきにせず、その瓶を受け取った美代ちゃんは一転して大興奮。
わぁ良い匂い。スゴイです、旦那様、これ、舶来物ですよね?
しかし、私の視線な恐る恐る目を開けると、美代ちゃんの嬉しそうな目と、目が合います。
「あ、うん、それ、シャンプーとか言うんだそうだけど。偶然手に入ったから」
「ウソですよぉ。それ、美代がまた来た時のためにって、この間、購っていらっしゃったんだもの。なんでも、お仏蘭西製だとかだもの。おろそかにしたら罰が当たるわよ」
「え旦那様!ありがとうございます。私、舶来品の髪洗い粉なんて、初めて見ますすごい良い匂い!あああ、なんて贅沢なんだろう」
さっきまで、恥ずかしがってモジモジしていたはずなのに、一気に、うれしさが噴き上がって、そんなことは吹っ飛んでしまったのでしょう。
あっと思ったときには、しゃがみ込んだ美代ちゃんが、可愛らしい手で二の腕に抱きついてきましたから、膨らみかけの乳房も、ブルンとくっついて弾力を味わってしまいます。
私は、引きつって笑うことしかできず、楽しそうに上目遣いで覗き込んできます。
娘らしい、その衝撃的な感触に、美代ちゃんは逆に、私の顔を見て、「あら」
と肩をすくめて、いかにも、
ほらほら、「抱きついてなんてません。
私の反応を楽しむ、いたずらっぽい心でした。
美代、抱きつくのは後だよ」
ねえ?
旦那様ぁ
ワザとくっつけているとしか思えない力で、ブルンとした乳房を二の腕に押しつけながら甘い声が耳元でいたずらっぽく囁きます。
明らかに、恥ずかしさがあったハズですが、少女の心は、裸になる羞恥よりも、私の困惑を楽しむ方にばかり働いているようでした。
ひょっとして、美代ちゃんは、私への好意みたいなものがあるから、見られても平気になったんだろうか。いや、もともと、羞恥心ってのは風呂になると働かないものなのかも温泉でも、かえって、男よりも、若い娘の方が平気だと聞いたことがあります。
私と違って美代ちゃんには、いやらしい気持ちなどカケラもないのかもしれません。