エロ天使降臨 羽月希

今回は最高のムレムレのムンムン動画のご紹介!雪のように白い肌に、熟成された見事なパイオツで超絶痴女、羽月希ちゃんのやりすぎ動画のご紹介まずはローターでオナニーを初めてマンコが濡れてきた所に指マンと電マで潮吹きまくり!!極太バイブでマンコをズリュっと掻きまぜる!その後もイラマチオで喉の奥にチンポをねじ込み、口内射精!後半の絡みでもまたまた潮吹き!!興奮してイキリ立った極太チンポを騎乗位、 正常位、とぶち込みまくる!!最後は中出しでおチンポミルクがとろーりと垂れる!評価の高いカリスマAV女優の乱れまくって悶えまくる姿を刮目せよ!!
動画:エロ天使降臨 羽月希

お年頃な肢体の魅力を汗といっしょに部屋中に発散させている女子高生入院患者はもじもじしながらうなずいたが、なつが、だめだよーんと言い出した。
「口に出して言いなさいねー。愛香ちん」
「欲しいです…だから、誠早く、してきて」
「う、うんっ!」
ほとんど間を置かずに誠は愛香の中に入った。ずぼんッと深いところまで一気に打ちこむ。少し動かすと、やはり体位の表裏が逆なせいか、この前は感じなかったようなひだのひっかかりがある。それをペニスのいちばん漲ったエラに感じるや、や、やばいっ。愛香ちゃんの柔肉にぼくの亀頭が揉み抜かれるでもFカップ入院患者はびっしょりと汗をかいて、誠の動きに、うん、うん、とうなるように声こそ上げるものの、麻友美やなつほどのわかりやすい反応を見せてくれそうにはなかった。まだ二回目のエッチだからだろうか…。
愛香ちゃん、どう?気分は?
最高の気分でしょう?経験したことなかったでしょう?
女医とナースが口々に訊くと、はうなずいて、うん、とは言う。
瑞々しい果実のようなおっぱいとお尻を持った女子高生患者
「なんか誠が動くたびにわたしの中で熱く響いてくる…」
そうでしょ。だから、わたしたちに浮気した誠くんを叱らないであげてくれる?
「…うん」
「えらいわ。じゃあ誠くん。スパートかけていいわよ。愛香ちゃんの中にいっぱい出してあげてあ、でも--と愛香が言い出した。
でも…こ、こんな奥で出されたら赤ちゃん、できちゃうかも…」
「あら?だって。避妊薬の試験なんだから。妊娠前提でないと」
そ…そうだけど。やっぱり、恥ずかしいし妊娠がいやなのではなくて、麻友美ゃなつの見ている前でしっかりと奥に出されるのが恥ずかしい、と言っているようだ。
まだ羞恥心が残っちゃってるのかな。いけないなあ。なっちゃん、もっともっと手伝ってあげましょう。みんなで愛香ちゃんを気持ちよくさせてあげるの

「わぁーあたしたちで愛香ちんを嬲っちゃうんですね!陵辱陵辱っ」
なつさん、それは違うと思う…いろいろ違うと思うりょうじょく誠の突っこみなど誰も聞いてくれなかった。
に、こってりと舌を遣い始めた。
「ああっ、そ、そんなあっ…!」
なつは愛香の顔や胸に、麻友美は首すじや背中ぜつぎ女二人がかりの舌戯がたちまち効果を現したのか、愛香の膣ひだが誠を受け入れつつみみずのようにのたうち、からみつき始めた。ペニスのつけ根から先端に向かって熱いものがこみ上がってくる。
どうにか意志の力でとどめたけれど、代わりに全身から熱い汗がどっと噴き出した。
瞬間と同じくらいに気持ちよく-。
ああ、愛香ちゃん!そんなにみっちりと圧迫されたら!射精の
出してしまう!
「うふーん、愛香ちんのやらしい乳首、こーんなにこっちんこっちんだしい」
そ、そこもダメなっち、激しすぎいなつは横から愛香の乳首に舌を伸ばして、ねっとりとしゃぶりまくっている。麻友美は愛香のくせのないきれいな黒髪を左右にかき分けて肩や首すじをはっきりと曝け出させ、口と指でやわやわと愛撫をつづけている。
ま、ま、麻友美先生も、もうそれ以上しないでえはああっ!
「汗びっしょりかいちゃって…入院してるのにいけない子ねえ」
さら恋人の繊細そうだった白い肌はもう全身がぼうっと朱に染まっていた。
で乳首ははちきれそうなほどに隆起している。敏感さも増しているのか、撫でごとに、あああっ、とよがり声が上がった。
ああ、み、みんな、ちょっとああ、そこはダメ!
「さあ、誠くんも、愛香ちゃんをもっと歓ばせてあげて」
「そうだよ-ん。愛香ちんの身体がそう言ってるよん」
は、は、はい!いくよ、愛香ちゃん!
なつのくちびるの間麻友美の背中のひと射精欲をこらえ、少し引き戻し、また即座に深く打ちこむと。
「あっ、はぁ、誠も、みんな手加減、してよぉ…」
背中をよじるようにして誠に顔を向け、つらそうにひそめられ、黒い宝石のような瞳は涙をいっぱいにたたえて潤んでいる。
花びらみたいなくちびるはやるせなさそうにふるふると震えている。
これが愛香ちゃんの本当に感じてる時の顔なんだ…

輪姦or放置 究極の選択

みなさんもう見ました?パーフェクトボディーに可愛い顔の桜ゆうちゃんと愛音ゆりちゃん。ゲームに勝ったらみんなに愛され乱交中出しSEX、負けたら開脚椅子に拘束され固定バイブで膣内をグチャグチャにかき混ぜ放置プレイ何回イっても放置プレイのアクメ地獄!!
動画:輪姦or放置 究極の選択

「愛香ちゃん、かわいい」
おさななじみは訴えた。
くっきりと整った細い眉はさくらのそう口に出すと--。
きゅう、と膣口のあたりがペニスを咥えこんだまま締めてきた。
と同時に汗といっしょに愛なま香の毛穴全体からふわわーもわっと生の体臭が噴き出して、あたりに立ちこめる。
こぼしそうになるのをなんとか抑えて誠は腰柔肉に包まれてエラの裏側まで絞りこまれる。
を遣った。
ま。誠が、わたしの中を掻き出してくる…や、や、すごいひとストロークごとに濃い花蜜みたいな匂いはいっそう強まった。きれいにくびれた腰がうねるのと同時に、丈夫なはずのストレッチヤーがギシッ、ミシッ、と軋んで音を上げる。
誠…うっきし恋人の背中がいっそう強張りを見せ、数秒そのままでいたかと思うと、ぷるっ、ぷるっ、と二度震え、そのまま弛緩する。そしてまた数秒後、腰から背中,首すじにかけてがピーンと突っ張り、数秒間の痙攣とうめき声の後で、くたりと力を失う。
しかんどうやら短いアクメを繰り返しているようだった。そのたびに膣ひだは誠のペニスにからみつきながら、きゅうきゅうと吸いこみにかかってくる。
ぬるぬるの愛香ちゃんのおまんこが、食いついてくるう!誠も噴き出させる一歩手前までいった。
そ、なんとか保った。
麻友美となつの中にたてつづけに出していたからこ一方愛香は麻友美のうなじ舐めと、なつの乳首しゃぶりと、誠のペニスのGスポット擦りの三か所攻撃に、またすぐに坂道を駆け上がっていく。
誠、誠、もう、もう、許してよああ、おかしくなっちゃうよ…ああ
すでに高台に達しているのか、熱い肉ひだはとろけきったようにしなやかに亀頭のエラにからみついて、キリキリと千切りとるような絞りこみを見せる。
誠もたまらなかった。

喉元に熱い胃液がこみ上げてくるみたいに亀頭の先端にまで精液がたっぷりと昇ってくるのがわかる。もう…出しちゃいそうだ!
イキそうなのね、愛香ちゃん?
「大きな声出していいんだよぉ」
「いやぁいやぁ恥ずかしい自分がどうなるかわからない…恥ずかしくなんかないのよ、でやさしく語りかけた。
何もかも忘れていいのよ。
と女医が熱そうな吐息とともに耳元ありのままの愛香ちんを見せておけば、誠くんはもっともっと愛香ちんのことを好きになってくれるよ、となつがおっぱいを舐めながら言う。
なっちーわたし、き、きらわれないかな…」
平気よん。ねっ、誠くん?
もちろんです!と言おうとしても誠ももう満足に口がきけない。かくかくとうなずくことしかできなかった。蜜まみれの膣肉に過敏な亀頭がみちみち刺激されて、誠ももうイッてしまいそう。
「誠くんも愛香ちんにイッていいよって言ってるよん」
愛香もうなずいた。腰が恥ずかしそうに、誠のものをもっともっと深く咥えこみたいとでもいうようにくねり出した。その刺激で誠のペニスは快感とともにみりみりつと膣の中でしなり、反り返った。それを受けて今度は愛香の腰の動きが止まり-。
誠わたしごめん、先に--いくつ!
がくっ、がくっ、がくっと痙攣を始めた。
膣肉全体が波打ちながらペニスを締めてくやわらかいのに強い締めつけ肉棒全体がいっそうしっかりと包まれる!
怒張の先端が熱い粘液の奔流に口を開いた時間の感覚がなくなった-。
ひいっ誠すごいわたし、の、中あううっはあううっ!
どくつーどぷっーがつたわってくるどぷん!
亀頭と膣の結合部から鼓膜に直接、地鳴りのような射精音射精を受けたせいでか、愛香は降りてこられないでいるようだ。はあう、はあう、とさけんだ後はもうことばも出せなくなったのか、ひくつ、ひくつ、と腰を痙攣させてかすれたうめき声を上げるだけになってしまった。
だが愛香の肉体の反応がそれでおさまったわけではなかった。びくっ、びくっ、血圧測定のバンドが腕を締めるように膣肉がペニスを強靭な力で締めつけてくる。

ビキニ天使と青空セックス

ごっくんする人妻たち 41 〜飲みっぷりのいい北国の女〜
動画:ビキニ天使と青空セックス

締めに後押しされてさらに、どくっどくっどくっと撒き散らされる。
びくっ、と精液はそのつい最近まで処女だった膣のキツさと激しい絶頂の締めとが相まって、麻友美ゃなつから得ることのできた快感など及びもつかないほどのものを誠は味わっていた。
あ、愛香ちゃん、すごも、も、も、燃えるように熱くてやわらか!
誠がわたしの中でわたし危険日なのに出されて、いっぱい:きゅう…悲鳴にも似た軋み音を上げて膣ひだがさらに、熱に溶けた飴玉のように粘っこくペニスにからみついてくる。たまらない刺激だった。快感を伴って若竹からさらに大量の精液が一挙に絞り出された
ゅッどどどどど…...!
精液の奔流で膣の奥を打つ。
気持ちいい愛香ちゃんの中で出すのがいちばん気持ちいい…ッ!誠は恍惚となっていた。愛香も同じだろう。ろくに声も出せなくなっているのに、喉を震わせ、唾液を飛ばし、くちびるをばくばくさせて絶頂に達していることを訴えようとする。電気ショックでも受けているみたいに全身がひっくんひっくんと痙攣を繰り返す。
そんなに気持ちいいの…?こんなに激しくイクのは初めてよね?
愛香の黒髪をやさしく梳きながら女医が耳元にささやきかける。
その息すらもが今のおさななじみにはアクメのダメ押しになってしまうようだった。
「すっご-い。
愛香ちん、乳首も破裂しそうだしい」
ナースが舐めつづけているFカップ乳は、唾液ではなく噴き出した愛香自身の汗でぬるぬると光っていた。
おまけよ、みたいな感じでなつがいたずらっぽく笑って乳首をそっと歯茎で擦るたちまち。
びくびくびく!
といつかれたまま、「いいって、るうつ伏せの愛香の背すじが誠と繋がったまま11そして麻友美となっにま背筋力の測定のように反って浮き上がった!
はううはうう!
もう無理なのにいってるう…」
びくん、びくんばくん、ぶるーぷるーぷるー十七歳の肢体が激しい絶頂の発作に何度も何度も見舞われている。
誠も同じだった。膨張しきり敏感になりきった剥き剥きの亀頭は膣ひだに容赦なく擦り上げられ、もう何度も何度も射精に追い詰められていた。どぷんーどぷんーと精液は子宮口を直撃していた。
わたしおかしくなる戻れなくなるどろどろになってくああ…ッ!
ぼくもだよう…ぼくも、なんだか、溶けてく!﹂熱い濡れ膣肉にペニス全体が包まれ、しごかれて火のついたローソクの蝋が溶けていくように腰の芯から身体が溶けていく感じ…。

誠は出しながら、後ろから覆いかぶさった。胸板と愛香の背中が密着する鼻先に汗ばんだうなじが触れた。誠の体重を背中で受けて、おさななじみの身体がイキながら右に左にと、微妙にうねる。そのうねりがさらに肉棒への絶妙な締めにつながった。肉の若竹は膣肉に埋まりきったままさらに角度をぐっと増し、さらに体積もぐぐっと増す。十七歳の健康な女子の膣ひだにぴったりと密着し、擦り、擦られる時間はあれからずっとずっと止まったまま-。
まだ!
出るどぷりっ「わたし、まだいくぅぅ」
愛香のみっちりとした腰骨がまた硬直しーがくんーカくん
ああっ!誠おーぁぁぁ「ぼく、ぼく、吸いこまれる--愛香ちゃぁぁぁん誠のが、いっぱいに、膨れてーーッ」
きょうせい嬌声に合わせてがくんがくんと揺れ動く腰と腰。覆いかぶさりながら誠はもう完全に力を抜き、気持ちよすぎる射精に身を任せきっていた。この瞬間誠は愛香という哺乳動物に胤つけする一匹の牡になって本能にその身を任せていた。
「もっと…もっと欲しい…わたしもっと誠が欲しいのツ」
きゅーきゅー痙攣に合わせて膣はきしみ音を上げながらさらに締めてくる。生まれてこの方なかったほどに勃起しきって抜き取ることもままならなくなったペニスが、膣内のひだ肉の1枚1枚にぴったりと張りつかれ吸いつかれている。亀頭の傘肉はもう愛香の膣肉と一体化したのではないかと誠には思えた。
重い精液がぞくぞくした快感といっしょに尿道口を割ってまた噴き出した。どっくんっウミガメが砂浜に卵を産みつけるみたいに、誠の亀頭は愛香の膣の中にどろりとした濃厚な精液を絞り出しつづけていた。