姫系の中でダラダラ

ロリロリフェイスで、スレンダーなボディーの持ち主、りさちゃんの登場です!!早速、りさちゃんに服を脱いでもらい、電マ、クンニでおまんこをガンガン責めまくり、グショグショに濡らしちゃいます。さらには、フェラチオから69へと移行してお互いに舐めあい準備OK!! グチョグチョに濡れた、りさちゃんのおまんこにギンギンになったチンコを挿入して、次々に体位を変えながら激しく突きまくちゃいます。最後は大量の精子をりさちゃんのおまんこに注ぎ込みフィニッシュ!!りさちゃんのイキっぷりは必見です。
動画:姫系の中でダラダラ

もっともっと、いやらしくて素敵な写真を撮ろうね乳首を指で転がしながら、私は喜んでそれに返信しました。
”はいもっとたくさん、いやらしい命令をしてください.信也さん”ベッドの上には、巻かれた黄色いローブが置かれています。屋外作業に使うもので、あります。信也さんに言われて百円ショップで買ってきたものでした。
結構太く、長さもたっぷりそれをとりあげて二つ折りにすると、折った丸い部分を首の後ろに掛け、残りはだらりと体の前に垂らしました。
言われたとおり、全裸にショーツ一枚だけという姿で,その日私はその格好で、信也さんからの指示を待っていま彼から届いたメールは、過激な要求でした。
”前に垂らしたロープで、そのいやらしいおっぱいを絞り出すように、ぎゅっと縛ってごらん“子宮がずきんと疼きました。なんて刺激的な命令......。でも正しい縛りかたなどは知らないので、とりあえず太ーブを乳房の下に這わせ、それで全体を持ち上げるようにぎゅっと締め付けます「あん」
姿見の中で、たぶんと大きな二つの小山が、めり込んだ太い紐で無理やり持ち上げられていますああ、私のおっぱい、こんなに歪まされてかわいそうでもこの姿を、あの人は喜んでくれるんだわ......。
案の定、それを見た彼は大喜びで、すぐに次の指示を送ってきました。
今度は左右の乳首の上をロープが横断するようにして、ぎゅっと締め付けて乳首を両方とも潰してごらん”はい,わかりましたぎゅっ。ケバだった紐の下で、ぷっくりした乳首が二つとも押し潰されます。
背中に回した紐をぎゅうう、と引っ張りながら、「痛い、痛いい」と呻きつつ、立ったまま自分の大きな乳房を虐める私。
辛くてたまらないのに、ジンジンと子宮が疼いてしかたありませんああ、痛いのに、ううん痛いのが、どうしてこんなに気持ちいいのその後もさらに続く、彼の厳しい指示。
今度はショーツの股間にロープを渡して、それでショーツを何度もこすりあげて“それを実行すると、私の腰はガクガクと崩れそうになりました。深く布が食い込んだ亀裂にローブがめり込みそれが上下にこすれるたびに、得も言われぬ快感がぞくぞくと全身にほとばしるのです。
いいです、これ、気持ちいい.それはよかった。あきさんは本当に変態のマゾだね撮った画像には、がに股で腰を落とし、ショーツに食い込ませた紐を狂ったようにこすりあげる女が映っています。
乳房はぶるんと重そうで、紅潮した顔の唇は半開き。
いまにも涎を垂らしそうです。
いっぱい感じて。
私がオマ○コをこすこすしてるように、ああ信也さん、このいやらしい姿を見て、おチ◯ポをこすって。私で興奮してぇ…。
信也さんも「ああっ、ダメっ、イクっ!」
画像を送信した後、私は立ったまま紐オナニーで達してしまい、姿見の前にがっくりと崩れ落ちました。
はぁ
はあと余韻に浸っていると、彼からの愛しい着信が届きます。
”ありがとう、あきさん。

あの画像でたまんなくなって、僕、イっちやったよ“その返事がうれしくて、うれしくて思わず涙がにじんでしまいました。
絶頂の後の余韻に全身を浸しながら、私はいつまでも、送られたメールをうっとりと見つめていました。
あの公園に来るように言われたとき、特に驚きはありませんでした。すべてはあそこから始まったのだし、この危険な遊技が次のステップに進むために、そこはきっと必要な舞台なのだと、どこかで悟っていたのだと思います。
今夜あの公園を散歩してごらん。服の下に何も着けずに“その文章を目にしたとき、目もくらむような電流がびりりっと子宮を貫きました。
蜜壷からはまるで滝のように、たらたらと蜜液があふれてきます。
その夜私は、ちょっと買い忘れた物があるからと夫に言い訳をして、外に出ました。
家庭を持ってから初めての、家族に言えない秘密の行動。それだけでもう心臓がはちきれそうに高鳴っています。
下着を着けずにニットとスカートだけで歩く夜の公園は、めまいがするほど興奮しました。いまにも植え込みから信也さんが現れて私の口を押さえ、暗がりに連れ込んでくれるんじゃないか…そう思うだけで、股間から、たらりと熱い蜜液が太股を伝います遮る物のないでも結局何も起こらず、短い時間で私は家に帰りました。
を上回る失望感に、どっと襲われます。
間違いを起こさなくてよかったという安堵感と、それもやもやを抱えながらその夜鏡台に向かった私は、彼からのメールに思わず声を上げそうになりました。
”実は僕、離れたところからあきさんを見てたんだよ。薄いベージュのニットと短いスカートを履いてたよね?
暗かったけど、貴女の横顔は想像していた以上にきれいだった。
すごく興奮したよあの豊満な服の下に何も着てないんだと思うと熱い情動が胸にあふれ、私は泣いてしまいました。愛しくて切なくて、もう狂ってしまいそうです。
”お願い、今度は姿を現して。私また、あの公園に行くから。貴方を待ってるから。好きなように私を犯して、信也さん”しばらくすると、それに対する彼の答えが返ってきました。
そしていま、私はあの公園の個室にいます。
ショーツを膝まで下ろして。
夜の男子トイレ。
壁に落墡きがいっぱいある個室の便座に座ってスマホのアドレスには、ほとんど二、三分ごとに、近づいてくる彼からのメールが入ってきますいま着いたよ。もうすぐあきさんをめちゃくちゃに犯せるんだね“”ああ、犯してめちゃくちゃにして“いま公衆トイレが見えた。すごくどきどきしてるよ。あそこにあきさんがいるんだ”早く来て。私もう、狂っちゃいそう。ああ、自分でさわりたいけど我慢する。あなたの指でぐちゃぐちゃにかき回して”わかった。ええと、いちばん奥の個室でいいんだよね?
”ううん。早く開けて。私、もうこの中にいるのか…ねぇ、鍵は掛けてるの?“私、もう狂いそうなの。
貴方に身も心も、めちゃくちゃにされたくて。
ぎぎぎ。
個室のドアが開きました。
「はじめまして、あきさん」
初めて聞く彼の声。顔はシルエットになって、よく見えません。
ふっ、と頭が真っ白になりました。全身がひくひくして、股間がジーンと熱くなります。
気がつくと私は、愛液ではなく、おしっこをたらたらと太ももに垂らしていました。

彼氏にはバレないから大丈夫だよ!~ガチンコ本番交渉~

今回登場してくれる、素人娘は大人しそうな感じの雰囲気を持っており、本当にこの子なのか?と疑問が出そうなぐらい清楚な感じの女の子です。彼氏に内緒で、きた彼女は少し不安げ。彼氏にはバレないから大丈夫だよ~と安心させてホテルまでいっちゃいます。ホテルに着いて、プレイが進んでいくと、彼女の変態性が明らかになり、男優もびっくりの痴態を披露してくれます。大人しそうなのに、やる事はやる!破天荒素人を是非ご覧あれ!
動画:彼氏にはバレないから大丈夫だよ!~ガチンコ本番交渉~

狭い個室に入って後ろ手に鍵を掛ける彼に、私はうっとりと微笑みました。
卑劣な密室十一月が始まったばかりだというのにシベリアからの強烈な寒波が押し寄せ、地面を、そして、木々にもうっすらとだが雪が積もり始めた東京は珍しく雪が舞い始めている。
富樫幸一は窓辺に寄り、降り出した雪を暫し観察していた。
漠たる世界へと引き込まれそうになる規則正しく空から舞い降りる雪を目で追っていると意識が虚ろになりかけた富樫の耳に薬罐の湯が沸騰したシュンシュンという音が聞こえ、
これは相当積もりそうだなあ…。
現実へと引き戻された。
寒いし、もう一杯お茶を淹れよう富樫は独りごちるように呟くと、寒さに凍りつきそうな窓辺から、簡単にしつらえられたキッチンへ移動し、薬罐から熱湯をティーポットへと注ぐ「あの…先生、すいません。お手を煩わせてしまって…でも、先生の淹れて下さる紅茶は本当に美味しいです先生の紅茶は私たちの間であんなに美味しい紅茶はないって噂になっているんです。どうやったらあんなに美味しく淹れられるのかなって」
「ははは。お世辞がうまいね。でも、企業秘密だよ」
ガラス製のティーポットの中で茶葉がジャンピングし、花のように開き、生き物のようにゆらめく。茶葉を蒸らす時間が長過ぎると渋みが増し、短か過ぎると香りを損なう。新鮮な水をよく沸騰させ、蒸らすタイミングのコツさえ掴めば美味しい紅茶は誰にでも淹れることが出来る。
「よしっOKだ」
馥郁たる香りが部屋中に充満し、あらかじめ温めておいたティーカップに琥珀色の液体が注がれる。
足そうに盆に乗せたカップをふたつ載せて、自分のゼミの生徒である大西みのりの方へと歩み寄った。
富樫は、満冨樫が教鞭をとっているs大学は都心のど真ん中にキャンパスがある大学の知名度も偏差値も六大学に比べるまでもなく低いが、個性的な教授が揃い、独自のカリキュラムで進める授業が評判を呼び、入学するための競争率はどの学部も思った以上に高い。特に富樫が受け持っている哲学科は人気がある。

それは、富樫自身に憧れて入学を希望する生徒が後を絶たないからだ富樫は専門譜以外の著者本も多く執筆している。また演するため、世間では文化人枠の著名人と言えよう。
数年はテレビのコメンテーターとしてもしばしば出百八十センチの長身、メタボとは無縁なしなやかな体躯、やや垂れ目の柔和な眼差しに鋭利な銀縁の眼鏡がよく似合う。要するにテレビ映えのするルックスなのだ。マスコミには「ダンディ哲学教授」などと持て囃されているが、けして天狗にはならず謙虚な姿勢を貫いている。その雰囲気が電波を通してお茶の間にも伝わるのだろうか。
また、新たなファンを増やし、富樫の元へと教えを請う若者が増える一方だ大酉みのりも富樫に憧れを抱き、難関を突破して入学を果たしたひとりである。まだあどけなさの残る丸顔の頬には赤みが少し差し、野暮ったい紺色のブレザーが実によく似合う。今どきの娘のように染めることもしないおかっぱの黒髪は、田舎くささを増長させている。また、見ようによっては童女を思わせる
先日、ディスカッションした時のあのレポートはよかったね。でも、核心を掴み損なっている点が惜しいと思ったんだ。そのへんを私なりに赤を入れたからもう一度書き直してみないか?
富樫の惹きつける魅力のひとつが、このヴァリトンボイスである。耳に心地よい低音は全ての言葉に深みと重みを加味させる。歌うように滑らかに富樫はスラスラと大酉みのりのレポートの及第点を指摘した。
「はい。実は私も表層しか掴めていないかなって不安に思いながら書き上げたんです。今の先生のご指摘でだいぶ理解出来た点が増えました」
素直に頷きながら大西みのりは返却されたレポート用紙をまるで神からの贈り物のように目を皿のように凝らし一枚一枚を丁寧に捲る。びっしりと書き込まれた富樫直筆の赤ペンの文字が踊っているようだ。
こんなにきめ細やかにありがとうございます大酉みのりはいつも目を潤ませて感謝の意を表す。
「大西くんには期待しているよ」
真っ白な前歯を見せながら微笑む。
そろそろ…だな大酉みのりは、元から紅色の頬をさらに赤らめ俯く。
富樫の裡なる声が突き上げるように囁き出した。
大西みのりが座っている足元へ、つと視線を配る。
ブレザー同様に野暮ったい膝丈のフレアスカート。

レッドホットフェティッシュコレクション 109 パート 1

一見可憐な綾瀬ゆいちゃんですが、ロリからおねぇサマ、レズ、MからSまでこなす金玉大好きスポーツ系女子です。「CA乱交パーティ 〜快適な性交空間〜」で初登場していた 綾瀬ゆいちゃんが、今回は初の単体でカリビアンコムに登場ですっ!ブログプロフによると、誕生日:10月30日・血液型: A型・出身地: 海寄り ・職業:フリーター 職業・詳細: AV女優となっています。フリーターでAV女優。・・・出演料が、趣味の出費に消えてそうな気配です。まずは、ピンク色のおもちゃを使ってオナニー。ゆいちゃんに淫語で誘惑されながらの相互オナニー。極太ピンクディルドーで絶頂!更に、赤紐拘束アナルセックス。両手両足を拘束され玩具3点責め!マンコ、アナルにチンポが交互にぶっささる!ブログやツイッター、コスプレ系全開で読み物としても興味深く、大きなお友達ファンに愛されてるゆいちゃんですが、19歳でアナル初体験した話では、「良い子のみんなはしっかりほぐしてからしようね!!」とのアドバイスされてます。そんなこんなでぐっちょりと巨根を飲み込むまでに開発されたゆいちゃんのアナルセックスを是非皆様ごらんくださ〜い!
動画:レッドホットフェティッシュコレクション 109 パート 1

そのス
カートから伸びる足は先ほどよりやや内股気味になっていることを見止めた。
はないにしろ、少し膝頭が震えている。
「あ、あの…先生、お話の途中ですいません。お手洗いに行かせて下さい」
「そこのトイレを使っていいよ」
さらに観察すると貧乏揺すりほどでハンカチを持ちながら立とうとする大西みのりに、研究室のトイレを使うようにと促す「あ、いいえ。外の方に出ますから。ちょっと…」
ごめんね。実は予定の時間が差し迫っているんだ。君が外の女子トイレまで行くとなると時間が掛かるよね?
富樫の研究室からキャンパスにあるトイレまでは距離がある。そのことを指摘しているのだ。畳み掛けるように言葉を継ぐ何を気にしているんだ。私が聞き耳でも立てるとでも思っているのかい?そんな下品な人間に見えるかな?私はあっちの端にあるパソコンのところに移動するからさあ、気にしないでとどめに蕩けるようなスマイルを大酉みのりへ向ける。
「…下品だなんて。そんな…そうですね。あっちのトイレまで行って戻ってくると時間が掛かりますもんね。
れに、先生のご予定に差し障るなら…」
そ大西みのりはあっさりと移動する「陥落」
し、研究室のトイレを使うことになった。
富樫は約束を守り、パソコン前へとギシギシ、ギシギギシギシ、ギシギシ椅子を不規則に揺らしながらパソコンのモニタを見つめる。
耳にはヘッドフォン。
そして、モニタの画面に写っているのは、トイレ内の大西みのりであった。
もぞもぞとスカートをたくし上げ、ショーツをタイツごと下ろす。一瞬むっちりとした太ももが露わになった。
しかし、すぐさま洋式トイレの便座にそそくさと座る。座った途端「ジャー」という大きな放尿音がヘッドフォン越しに轟く。もちろん、洋式なので秘部も、また、放たれているしぶきも見られるわけではない。しかし、富樫の仄暗い欲望はこれで充分満たされる。女性が密室の中で恥ずかしい姿を晒している。素の状態を見せている。それだけで心は打ち震え、黒い血がふつふつと沸騰し出す。
卑猥である下品である。下衆である。
何より犯罪であるそんなことは百も承知だ。
こんな覗き行為がばれたら、富樫の社会的な信用が地に墜ちることは火を見るよりもしか塀の中へと送り込まれるリスクさえ伴っている。
明らかだ。大学からも社会からも石持て追われるばかりか、し、やめられないや、やめたくない。
トイレには小型のCCDカメラを四台も仕掛けている。

また、丹精込めて手ずから淹れた大西みのりへの紅茶には利尿剤というエッセンスが特別に仕込んであった。激しい尿意を催すのも当然の成り行きだ。
画面が四つに区切られたパソコンのモニタ映像は、まるでコンビニかスニタ越しに大酉みのりを凝視する富樫の目玉は、精巧なカメラのレンズのように煌めいている。
の防犯ビデオの画面のようだ。
モ放尿を終えた大西みのりは、まるで膀胱内の尿を絞りきったかのようにノロと右手側にあるトイレットぺーパーへと手を伸ばす。
「ほおーっ」
と太いため息を吐き、ノロ富樫は身を乗り出し、さらに食い入るようにモニタを見つめ出した。結構な量のトイレットぺーパーを引き出し乱暴に丸め、ゴシゴシと擦るように己の秘部を拭く。その時間は驚くほど短かっ富樫はほくそ笑む。魔的な喜びに打ち震えている。覗きに心底、欲し、淫している。
そんな拭き方だと拭き取れていないだろう。おしっこがショーツの股布につくぞには出さない心の中で会話する大西みのりは、憧れの先生に覗かれているとは露ほども思っていないだろう。
全裸で練り歩くよりも恐らく羞恥にまみれた行為だ富樫の動悸が早くなり、股間が痛いほど熱くなっているのを感じ出した。
何故か密室のトイレ内では気が緩むのか、女性は不思議な行動をしがちである。
富樫の今までの覗きの経験がそれを告げる。
大酉みのりも例外ではない。
秘部を拭いたトイレットペーパーを便器内に放ると、水を流すでもなく、何故かしげしげと膝元に掛かったショーツの股布部分を眺めているのだ。そして、おもむろにショーツの真ん中にある染みを人差し指で掬い、鼻の下へと移動させるおりものだろうか?
そのにおいを目を瞑り、熱心に嗅いでいる…ように見える。
このような出来はまさに福音だ。また、こういう不意打ちな行為こそ、求めている姿とも言える。
性の無防備さ。それは、富樫の中では反転して神々しささえ感じる瞬間なのだ。

カテゴリー: お尻痴女