ピチピチティーン生解禁!

ロリフェイスの可愛い女の子、ピチピチの18歳、吉田亜由美ちゃんの登場です!!公園で待ち合わせして、早速、お部屋に移動して、服を脱ぎ捨ていやらしいオナニーを披露してもらいます。おまんこをグチョグチョに濡らし感じまくる、亜由美ちゃんのおまんこに電マとバイブでガンガン刺激して、お返しのフェラチオから69でお互いに舐め合い、ギンギンになったチンコを亜由美ちゃんのキツキツおまんこに挿入して、激しく突きまくちゃいます。最後は、中出しフィニッシュ!!亜由美ちゃんのおまんこからあふれ出す精子がたまらなくエロイです。
動画:ピチピチティーン生解禁!

「おまえ、本当にアキちゃんと暮らしてるんだな」
と、あらためて佐久間にいった。
「ああ。やっと、くどき落とした」
華族のお姫様だって、知ってたのか?
いや俺もさあ、今回初めて聞いてびっくりよ。
ちょっとビビったそれから、正直、真面目な顔でいう佐久間に、「だろうな」とうなずいてやる。
それで、そのおプレイはしてるのか?
一応な。ま、俺のできる範囲でだけど
…そっか気になっていることを訊ねた。
それ以上、深くは訊くまいと思った。
しかし久我、おまえこそ本物のだったなんてなぁそうと知ってれば、JUNCTIONへ、もっとはやく連れてくんだった
人にはいろいろ秘密があるのさ佐久間は笑った。
僕が茶化すと、管理人夫婦が帰っていったあと、佐久間を留守番に残し、道路沿いの市場まで三人で買い出しに出かけた。
バーベキューをやりたいというミュウのたってのリクエストで、肉も魚もこれでもかというほど買い込む。
女王様が、佐久間の好きな酒を買うのを見て、「へえ」
と思った。
けっこう二人でうまくやっているようだ。
もどると、佐久間がセッティングしてくれたプライベート·ビーチのテーブルまで材料を運び、さっそく焼き始めた。
下ごしらえは、ほとんど店でやってもらってきたのだ。
水平線に、溶け落ちそうなオレンジの夕陽が沈んでゆく。
夏の開放感も気心の知れた同士でいる楽しさも、僕らの気分を盛り上げてくれた。
佐久間が、四人で乾杯をしようといった。
まずは言い出した佐久間が「恋に」
と、シンプルに言うと、アキ女王様が「友情に」
と、無難にながす。
「夕陽に」
僕はと、斜に構え、ミュウは「出逢えた奇蹟に」
と、僕の顔を見ながらいった。
そして、四人で缶ビールをぶつけ合った。
バーベキューの香ばしい匂いが食欲をそまだ昼の暑さは残っていたが、暮れ始めた砂浜は潮風が気持ちいい。
そって、みんないつになく食べた。
あれだけ用意した材料もほとんど食べ尽くし、酒もあらかた飲み尽くしたが、まだ家のなかへ入る気にはなれなくて、とりあえず簡単に片付ける。それからミネラルウォーターやウーロン茶だけ残したテーブルで、みんなふと無口になった。
すっかり暗くなったビーチには、波の音だけが響いていた。
「,,ユウ」
僕は、椅子にもたれて夜の海をながめているミュウに声をかけた。
ん?
ミュウは振り返った。
「裸になりなさい」
小さく息をのむ音が、テーブルにいる全員からあがった。
だが、すぐにミュウは、「はい」といって立ち上がった。
そして、水玉とストライプを組み合わせたタンクトップを脱ぎ、ブラジャーをはずし、ネイビーブルーのミニスカートを脱ぐと、生まれたままの姿で砂浜に立った。
僕の命令を待つ顔は、はずかしさと嬉さが入り青白い常夜灯が、交じっていた。

ミュウのきめ細やかな肌を月のように照らす。
佐久間が短いため息をもらした。
「アキ、おまえも脱ぎなさい」
「えっ!」
それから軽く咳払いをすると、こういった。
驚いて彼を見ている。
僕は不覚にも声を出して、佐久間を振り返っていた。ミュウもその微妙な空気の中、アキ女王様…ではなくアキちゃんは「はい、ご主人様」
といって、立ち上がった。
黒のホルダーネックを脱ぎ始めた彼女を見ながら、僕は佐久間に、「なるほどね」
といってやった。
「だったら、二人で暮らしているのもわかる」
「俺が、奴隷になっていると思ったんだろう」
ニヤニヤと人の悪い笑いを浮かべる佐久間に、僕は「ふん」と鼻をならしてやった。
「真性のお前には言うまでもないだろうが、彼女バイなんだ。でも、どっちかっていうと、Mのほうが好きらしい。
本当に心を寄せられるような主がみつからなかったんで、とりあえず女王様として自分の欲求を満たしていたんだとさ」
「だけどお前、sの経験なんてないだろう?」
「だから、彼女に毎日教えてもらってる。いってみれば、奴隷がご主人様を育ててるってことだな」
脱ぎ終わって、すらりと見事な肢体をさらしたアキちゃんの瞳からは、いつもの凛とした風情が消え、とろけるようなMの色が浮かんでいた。
「アキ、ここへ乗って、みなさんに俺の奴隷である印をお見せしなさい」
佐久間はそういいながら、テーブルの上の飲み物を砂の上におろす。
アキちゃんは、「はい」といってテーブルに乗った。そして足を大きく広げると、クリトリスを貫くリングを見せた。
ヘアはきれいに剃られている。
もちろん、僕はニヤリと笑って、「やるな」と佐久間を肘でつついてやった。佐久間も、「まあな」と笑い返してきた。
主の所有の印をいれることは、M女の側が納得していないと、なかなかできるものではない。
自己破壊願望の強いM女だと、ためらいもなく体中にピアスをいれたり入れ墨をしたりするが、アキちゃんはそういうタイプではなかった。

義理の姉妹と3Pできるか?姉妹3P編

今回は背徳乱交プレイをお送り致します。出演してくれるのは、日野ゆずきちゃんと松島裕美ちゃんが出演してくれるのですが、なんとこの二人義理の姉妹なんです!義理の姉妹の3Pが見たいので、ギャラアップをしちゃいます。OKという事で、早速マンコを2つ並べて、マンコチェック。そのままマンコを弄り、玩具でマンコを弄りまくってもうマンコはグチャグチャ!最後は4P姉妹乱交でもうめちゃくちゃです!
動画:義理の姉妹と3Pできるか?姉妹3P編

自分を高く保つ彼女が、一生消えない傷をその体につけたということは、それだけ佐久間を真剣に受け入れたということだ。おそらく、佐久間が言い出したことではなく、アキちゃんが自ら望んでつけたのだろう。僕が「やるな」と言ったのは、アキちゃんをそこまでの気持にさせた、彼の誠実さに対する賞賛だった。
僕は、ミュウを呼んだ。
「ミュウ、アキちゃんのとなりに上がりなさい」
ミュウがテーブルにあがると、言うとおりにしたミュウのお尻にはスパンキングによる青い痣ができ、僕は、後ろを向いて腰を高く上げるよう命じた。
アヌスにはプラグがはめ込まれていた。
「おお」と感心した佐久間が「ミュウちゃんは、お尻が好きなんだな」
と、どこかのんびりした声で言った。
僕は自分で答える代わりに、ミュウに振った。
「,”ユウ、お答えしなさい」
「はい。ミュウは、お尻を苛めていただくのが大好きです」
「ぶたれるのも、好きなんだよな」
と、僕がいうと、「はい。痣が消えないように、毎日ご主人様にぶっていただいています」
その他には、何が好きなんだっけ?
恥ずかしがって、もじもじし始めたミュウのアヌスから、僕はプラグを抜き取る。
IAンとため息をついたミュウに、僕はもう一度訊ねた。
「プラグを抜いた後は、どうするんだ?
いつもおねだりしている事をいってみなさい」
か…かん…
そこまで言って止まってしまったミュウに、再びプラグを押し込む「あああ…」
「ちゃんといわないと、今日はこれ以上の責めはナシだ」
ミュウは切なげな細いため息をつき、「浣腸をしていただきます」
思い切るようにいった。
ミュウの全身が、ほんのり薄紅色に染まった。
育ちの良さを示していて好ましい。
いつまでたっても残る排泄行為へのかたくなな羞恥は、ミュウの僕は
後でご褒美をあげようといって、プラグをいっそう深くねじ込んだ。
よろこびに身をうねらせるミュウを見ながら、佐久間が

「おまえ、ホンっとにSだな」
と、ぼそっとつぶやき、気を取り直したようにアキちゃんの股間へ手を伸ばした。
「アキは、ここが一番感じるんだよな」
佐久間はそういって、クリトリスのリングを少々乱暴に引っ張った。
た声をあげた。
「ミュウ、アキちゃんのクリトリスにご奉仕してあげなさい」
アキちゃんは眉を寄せ、「うん」
とくぐもっミュウは「はい」
といいながら、嬉しそうにアキちゃんのそこに顔を埋めた。
僕の命令に、佐久間も「アキ、ミュウちゃんのアナルをきれいしてやるんだ」
と命じ、少し上気したアキちゃんは、「はい」
とハスキーな返事をして長い舌を伸ばした。
テーブルの上で、きれいな女の子達のラブ·ブレーが始まり、僕と佐久間は、また呑みたい気分になった。
アキちゃん、アナル·プラグを出したり入れたりしてみてくれるかな。クリトリスをつまみながらがいいな「ミュウちゃん、アキのアソコに指を二、三本入れてやってくれ…そう、リングを引っ張りながら」
「次はミュウの乳首をかんでやって。そこ、大好きだから」
アキ、お尻にミュウちゃんのプラグをもらいなさい。入れるところが、良くみえるようにな僕たちはあれこれ注文をだしながら、ビーチの夜を大いに楽しんだ。
そして仕上げは、首輪をつけての海中散歩
僕と佐久間も裸になって、それぞれの奴隷の鎖を引き、四つん這いで歩かせながら海へ入った。
僕は、波がミュウのおなかをかすめる程度の深さで遊ぶことにした。
まずは四つん這いでおしっこをさせて羞恥をさそい、寄せてくる波ごとお尻をぶつ。

鬼イキトランス14

木下寧々はいったいどこが感じるんだい?!まずは自己申告で指差し確認。でもやっぱり舐められたりするほうが気持ちいらしい。まだイカせてあげませんよ。しっかり寧々ボディを探査してから一気に鬼イカセ!あんなに気持ちよくなりたがってたのに、痙攣しまくりでもう苦しいってとこまで連続トリップさせてあげる。可愛らしい顔が歪み、せっかくの前髪も汗でべっちょり。焦点が定まらずに目もイっちゃったね。何度も潮を吹かせてしまったので脱水症状にならないように水分補給は忘れずに!
動画:鬼イキトランス14

もちろん、痣になっているところをめがけてだ。
次は波に向かって大きく足をひらかせ、それが打ち寄せる瞬間にアナル·プラグをはずして、海水を少しだけ腸の中へ入れてやった。ミュウはこれが気に入ったようで、潤んだ瞳で僕を見上げ、何度もせがんできた。
それから、僕の腰が隠れるくらいのところまで連れて行って、海中でフェラチオをさせた。
時々息継ぎを許してやりながら、最後は頭を沈めたまま押さえつけ、射精した。
上手に飲めたご褒美に、ミュウのからだを引き上げ、立ったまま僕をあたえた。浮力があるから、からだの重みはたいしたことはない。
ミュウは、思い切り声をあげてからだを反らせた。
見れば佐久間も、海中セックスを楽しんでいた。
四つん這いになったアキちゃんのからだが、波が打ち寄せるたびに沈むような位置で、佐久間は彼女の頭を押さ波の引いた時にだけ聞苦しみともよろこびともつかぬ彼女の高い声が、えつけながらバックから突き上げていた。
こえてきた。
翌日は、二人の奴隷に一切下着をつけさせないまま、ワンピース一枚でドライブに連れ出した。
まずは駐車場に車を止め、誰が見ているか分からないところで二人並んでおしっこをさせた。
車の陰で全裸にさせ、それを写真にとったり、昼食のためにはいったレストランでは、太ももの上までワンピスをめくりあげさせ、アキちゃんは前に、ミュウは後ろに入れたローターのスイッチを入れっぱなしにした。
さすがにウェイトレスはヘンな顔をしていたが、ミュウもアキちゃんもワンピースを元通りにしようとはしなカ-·帰りによった土産物屋で、僕は小さな銅の鈴を二つ買い、ミュウのラビアにクリップでとめた。
銅製だから重さも結構ある。これで、歩くたびに涼しげな音が、もっとも淫らな場所から聞こえることになりミュウはその恥ずかしさと鈴の重さに耐えなければならなくなった。
アキちゃんも佐久間に何か買ってもらったらしく、来た市場で夕飯の買い物をした。
僕たちは悩ましげに歩くおいしそうな奴隷をつれて、昨日もたぶん、四人だということが、僕たちをより大胆にしていたのだろう。ミュウにしてもアキちゃんにしても、人じゃないということが、ためらいをずっと少なくしているように見えた。
一別荘へ戻る車の中でミュウの股間をむき出しにさせると、鈴どころか膝の辺りまで、蜜が流れてびしょびしょ僕はワンピースを脱がせると、乳首とクリトリスに、旅行前に買ったひまわりのクリップを止めてやった。
て途中で佐久間と運転を代わると、クリップしかまとっていないミュウを助手席に乗せ、走り出した。
そし別荘について助手席のドアを開けてやると、

「ドライブは楽しかったようだね」
ミュウは歩くのが困難なほど感じていた。
といってやると「ミュウは、もう恥ずかしくて、恥ずかしくて…」
その恥ずかしい姿を、対向車の男どもに見せてやりたかったんだろう?
僕はそう言って笑い、ミュウを抱き上げると玄関まで連れて行ってやった。
アキちゃんを抱いておりてくる。
つまり本体は、後から佐久間も、裸の彼女の足の間からは、空気で膨らますビニール製のクジラのシッポがのぞいていた。
アキちゃんの体内にあるということだ。
二人の奴隷にとって、今日のドライブはとても充実したものになったらしい。
主である僕と佐久間にとっても、今までにない楽しいドライブだった。
夕食は、新鮮な野菜と魚介類を使ったイタリアンにした。
シャワーを浴びて、いつもの様子をとりもどしたアキちゃんと僕で手早く準備し、佐久間が地下のワインセラから出してきたシチリア産のワインを開けた。
そうして、今夜の趣向を話し合う。
僕らはすっかり、このSM休暇にはまりこんでいた。
その夜は、九条家の別荘に常備されている客用の衣装で、コスチュームプレイをすることになった。
僕と佐久間はタキシードを身につけこれは、奴隷達からのたっての希望だった、アキちゃんは真っ赤なイブニングドレス、ミュウはメイド用のエプロン姿になった。
身なりというのは不思議なもので、人はどうしてもそれに合った振る舞いをしようとする。いつもはがさつな体育会系にしか見えない佐久間も、タキシードを着て髪をセットすれば、どこかの御曹司に見えなくもなかった。
それはミュウも同感だったらしく、「すごい!佐久間さん、かっこいい!
意外い!」
と、無邪気に驚いている。
アキちゃんは、「サイズがあってよかったわ」
と憎まれ口をいって、それでもちょっとうれしそうに唇をとがらせた。
佐久間は、そんなアキちゃんの照れ隠しに慣れているのか、アゴを指先でクイッと起こし、

カテゴリー: 亀頭熟女