清純派新妻のイケナイ火遊び

みなさんメチャクチャ可愛い女の子の登場です!往年の東○シンデレラガール沢○靖子ちゃん似の可愛いひろちゃんが、エッチな事をたくさんしてくれます。しかも、ひろちゃん結婚してまだ3ヶ月しかたってない、新婚さんなんです。早くも欲求不満?まっ!理由はさておき、早速ホテルに移動して、服を脱ぎ捨ていやらしいオナニーを披露してもらいます。ローターを使い感じまくる、ひろちゃんのおまんこはビショビショに濡れちゃいます。そして、ひろちゃんにフェラチオしてもらいチンコをギンギンに起たせて、おまんこに挿入してガンガン突きまくちゃいます。最後は、可愛いお顔にザーメンをぶっかけフィニッシュ!!とってもエッチが大好きな、ひろちゃんをご覧あれ!!
動画:清純派新妻のイケナイ火遊び

「惚れ直したか」
と、二枚目を気取ってみせた。
ミュウは僕のそばへ来て背伸びをし、耳元へ口を寄せて、ミュウのご主人様の方が素敵
ささやいた。
でも、と、僕は小さく笑うと、ミュウの頭をなで、「可愛いメイドさんになったね。
じゃあ今夜は、皆さんによくご奉仕しないとね」
といった。
僕はまず、ミュウに酒の用意を命じた。
「皆さんのお好みを伺って、用意しなさい」
ミュウは「はい」と素直にうなずくと、アキちゃんに場所を聞いて、慣れない手つきでウィスキーやらブランデーやらを運んできた。
ブランデーとバーボンは間違える、だが、グラスの氷はまばらだし、ブルは悲惨な状況になった。
炭酸水はあふれさせるで、リビングのテ僕は、おもむろに館の主に質問した。
アキちゃん、こういう失敗ばかりするメイドにはどんなお仕置きが必要かな?
今はSの顔になっているアキちゃんは、
そうね…やっぱりムチがいいんじゃないかしら。
「ということだ、うちでも、百年ぐらい前はそうしてたみたいだし」
ミュウテーブルに手をついて、お尻を出しなさい
と返事をした。
テーブルに手をつい僕がいうと、ミュウは泣きそうな顔をして「はい」
てメイド服のギャザースカートをまくり上げる。
そして言われたとおり、太ももまである白いストッキングの、凝ったフリルの靴下留めが見え、その上に形のいいミュウのお尻が現れた。
では、ミュウが粗相をしたお客様みんなにぶっていただくから、お願いしますといいなさい
こういうストーリー·ブレイは、二人の間で時々やるものだった。だが、ただのお遊びだと思ってしまってはSMにならない想像力の豊かなミュウは、いつも本気でそのストーリーの中に入り込み、僕の仕置きを受けた。

「粗相をして申し訳ありません。どうかいけないミュウを、ぶってください」
僕はアキちゃんが渡してくれたバラ鞭を持つと、「ああ!っ!」
痣の消える間がないミュウのお尻を思い切りぶった。
いつもと違う刺激に、ミュウの花びらはもう中からあふれてきたもので光っている。
僕のあとは、アキちゃんがムチをふるった。さすがに手慣れたものだ。ちょうど気持のいい痛さになるよう振り下ろし、また、その振るう姿も美しかった。
ミュウも初めてだというのに、安心してまかせきっているように見え問題は、佐久間だった。
俺もやっていいのか?
と訊くので「いつものとおり、やってみろよ」
といってやる。
ミュウも、「どうかお仕置きしてください可愛いMの顔で振り返っていった。
と、では、僭越ながら」
と、真面目腐った顔でいった佐久間は、「ああっ!」
ひと呼吸おいて、ムチを振り下ろした。
ミュウが、キャンディーのような悲鳴をあげた。なかなかイイらしい。
佐久間からも次第にためらいが消え、彼本来の物怖じしない大胆さでsの役を演じ始めた。
複数プレイは、ミュウにとって初めての経験だった。ゆうべは、アキちゃんとのからみはあったものの、同時に何人もの相手をしたわけではない。
ひととおりムチが済むと、ソファーの上で足を開くよう、「すっかり、お尻が熱くなってしまったね、ミュウ」
僕はミュウに命じた。
青かった痣が、また微妙に赤くなってしまったのを撫でてやると、「明日困らないように、少し冷やしておいてやろう」
ミュウはぅン
といって、眉をひそめた。
僕の言葉を聞くと、ミュウは「ああ…」といって、小さく震えた。これから何をされるのかが分かったのだ。
僕はバーボンのソーダ割りがあふれたグラスから、11センチくらいの氷を取り出し、ミュウのヴァギナに押し込んだ。
「ああああ!
いや、冷たい!」
熱くなっているミュウの体内は、あっという間に氷をとかし、入り口から流しだした。
「今夜のお客様は、みんな親切な方ばかりだから、ミュウもたくさんお願いするといい」
ああ、う…どうか、ミュウの熱くなったところを、冷やしてください。お願いしますじっと見守っていたアキちゃんは、「ミュウは、本当にいろいろ出来るようになったのね」
と、感慨深気にいって、グラスから小さな氷をとりだした。
「ご主人様が、とっても好きなのね」
アキちゃんの入れた氷もすぐに溶け出し、佐久間も「こんなにすぐ溶けるなんて、よっぽどミュウちゃん、感じてるんだね」
といって入れる「あぁあぁぁもう、ダメえー」

オフィスに戻って興奮エッチ!

今回は現役OLの彼女を紹介します!実はあかりちゃんとはセフレなんです!待ち合わせして、会社に戻ってSEXしようと誘い、迷いながらもOKしてくれます。まだ、残業で残ってる人もいるのですが、会議室に忍びこんでドキドキ職場プレイの始まり~始まり~。体を弄り、おマンコに玩具を挿入!ハプニングあり、スリルありの中出し、生姦ありの濃い内容になってるので、ドキドキしながら楽しんでください!
動画:オフィスに戻って興奮エッチ!

ミュウは、たまらない様子で叫んだ。
場合によっては死に至る。
だが、ミュウはそれに弱かった。
氷プレイも冷やしすぎると凍傷になるし、小さなかけら三粒程度ではどうということもない。
ただ、冷えてくると痛みを感じるようになり、僕はミュウをうつぶせにし、膝の上に横抱きにすると、赤くなったお尻に大きめの氷を乗せ、指ですべらせた。
ミュウはからだをビクリとふるわせ、「ううン」と頭をそらす。冷えすぎて痛くなってくると、「もう痛い、いやぁ」
といって、頭をふった。
僕は痛がるミュウのお尻から氷をはずすと、平手で二、三度ぶった。そして、また氷をすべらせる。
か繰り返してやると、ミュウはようやく氷の痛みを受け入れ、からだの奥から反応を見せ始めた。
これを何度少し大きな氷をアヌスに押し込んでやると、あっけなくイッてしまった。
そこで仕上げに、
早いな、”,ュウ!
僕がたしなめるように言うと、アキちゃんも「ホント。
許可を与える暇もなかったわね」
と笑う。そして立って来て、僕の膝でぐったりしているミュウの頬をなで、「可愛いのね、ミュウ。私も、うんといじめたくなっちゃつた」
といった。
佐久間も「俺もわかるな、その気持」

と同意する今夜は皆さんで、ミュウにお仕置きをしてくださるそうだから、そのつもりでちゃんと「ミュウ、聞いたとおりだ。
お応えしなさい。いいね」
ミュウは苦しげにうめいたが
…はい。
どうぞミュウに、たくさんお仕置きしてくださいと、僕のひざからほんのり染まった顔を上げていった。

ドレスを脱ぎ捨てたアキちゃんが、まだタキシード姿の佐久間のものを、ていたベッドでペニス·バンドを付け、ミュウをバックから貫いている。ミュウは、バックから突き上げられる衝撃に負けまいと、かなり苦労しながらしゃぶっ白いストッキングとレースのカチューシャはそのままだ。
それがかえってエロメイドの服は脱いでいたが、ティックだった。
僕は、何もしていなかった。天蓋付きのベッドの傍らにあるソファーで、三人の様子を眺めていた。
ミュウには、自分でイッてはダメだと言ってあった。だが佐久間をイカせろと命じてある佐久間はイクまいとして、時々ミュウから自分のコックを取り上げる。ミュウは、えぐるように犯すアキちゃんの巧みな責めに耐えながら、逃げる佐久間を追って舌をのばした。
ミュウの口のまわりは、自分の唾液でベトベト僕はソファーの肘掛けを、指で小刻みにたたいた。
時々足を組み替えては、次第に動きの鈍くなるミュウを見つめるだが、やがて立って行って、佐久間を泣きそうな顔で追いかけるミュウの髪をつかんだ。
ミュウ、なかなか言うとおりにできないようだね。もっと、きついお仕置きをしてほしいのかな?
ミュウは、目を閉じたまま首をふった。
いやぁゆる…して「どうやら、して欲しいらしいな」
そういって髪を離すと、ミュウの首ががっくりと落ち、荒い息を継ぎながら前にのめっていった。
かけられた縄の間から、横たわったミュウの豊かな乳房が窮屈そうにはみだしている。
白いストッキングの足もそろえて縛られていたが、それは足の間にあるアナル·プラグが抜けないようにするためだった。
額に汗を浮かべながら時折短いうめき声をもらした。
彼女の腸内には、今111人分の尿が入っミュウは目を閉じ、ているのだ「おしっこ浣腸」は、ミュウの定番のお仕置きの一つだった。今夜は三人分だと僕が告げると、ミュウは泣きなが愛液をしたたらせた。
僕は、決してこぼさないようにミュウにいって、1リットル以上あった黄金の液体をすべて注入した。
「ミュウ、足を縛っただけじゃ心配だから、ロウで封をしてやろう」
その言葉に、ミュウの瞳が見開かれる。
「いや、いやぁ!ロウソクはイヤ、怖い!」
ミュウはずっとロウソクを怖がったままで、僕は調教のタイミングを待っていた。
と思ったのだ。
「ダメだよ。ミュウはこらえ性がないから、このくらいしておかないと心配だろう?」
「イヤー、イヤーッ!」
今夜は、ちょうどいい機会だむやみに叫んで首をふる。
ミュウは僕の言葉を聞く余裕などなくして、アキちゃんが

壊れてゆく未亡人

溢れ出した哀しみと性欲はもう止まらない!「輝くん何で先に逝っちゃったの?」と言い旦那の写真を見つめる宮崎愛莉。一年前、旦那に先立たれてからというものぽっかり空いた穴を埋めるため、写真を見つめながらオナニーをする日々。そんなある日、旦那の一周忌を終えた愛莉がいつものように2本の指をオマンコにブッ挿して気が狂ったように連続イキしていると、旦那の親友が尋ねてきた!
動画:壊れてゆく未亡人

「聞き分けのない子の口は、閉じてしまった方がいいわね」
といって、ミュウの口に絹のハンカチをつめ、上からタオルで覆ってしまった。
僕は佐久間に、床に横たわったミュウのからだを起こしてもらった。ロウをたらされるところを、ミュウが自分でもよく見られるようにという配慮だ。
すべらかな恥丘にベビーローションをぬるとそれから、あとでロウがきれいにはがせるように、「ほら、ミュウ赤くてきれいだろ?」
そういって、血のように赤い熱ロウを落とした。
うぅぅう!
覚悟を決める間もなく落とされたロウの熱さに、ミュウがタオルの奥から叫ぶ。
はいっそう力を強め、アキちゃんは汗で張り付いたミュウの額の髪をかきあげた。
彼女の肩をつかんでいる佐久間ミュウのデルタは次第に赤でうずまり、ミュウのくぐもった叫びも絶え間のないも僕はまた、のとなった。
ロウを落とした。
やがて字の渓谷がすっかり見えなくなると、そこに血の池が出現した。まわりに飛び散った赤い飛沫が、しい想像をかきたてる。白いストッキングとの対比も、なかなか美しかった。
生々僕は、ミュウの股間を罰しただけでは飽き足らず、さらに胸へもローションをぬった。

ミュウは、見開いた目に涙を浮かべて嫌がったが、僕は許さなかった。
ひしゃげて飛び出した乳房の先が、みるみるうちに熱い色に染まっていった。
んんんんうん…ん!
激しく頭を振るせいで、はずれそうになった白いレースのカチューシャを、アキちゃんが取ってくれた。
柔らかな乳房は、いくらもたたないうちに赤い鎧に覆われた。しかも、灼熱の鎧だった。
僕はその様子に満足すると、次のターゲットへ移った。
「ミュウ、次はお尻だ。
こここそ、よぉく封をしておかないとな」
ミュウは泣き続け、口を覆ったタオルにまで、涙が染みとおっていた。
僕は佐久間と二人で、ミュウをひっくりかえした。
ううん
うめく力も、もはや弱くなっている。
僕は、さっき111人に鞭打たれた可哀想なミュウのお尻に、容赦なくロウをたらした。
休まず、次々と、痣を覆うようにたらしていった。
もしからだが自由に動いたら、とは、受ける苦痛を倍増する。
ミュウはのたうち回っていたことだろう。
恐怖の去らないまま責め続けられるこお尻にたらすところがなくなると、僕はその上の部分をじわじわと血の色に染めていった。
腰が、背中が火傷を負ったような色になってゆく。
背中で縛られた手も熱ロウの洗礼を受け、アキちゃんが髪をかきあげてくれたうなじまで、皮膚を剥がされたかのように真っ赤になった。
ミュウは、ているもう動く力も残っていないようだった。
ぐったりと目を閉じ、肩だけが、呼吸のたびにかすかに揺れ僕は、そこでようやくミュウを許してやる気になり、口を覆っていたタオルをはずしてやった。
ミュウがずっと想像してたっていう”拷問される囚われの美女“の気分、少しは味わえたかな?
そういってやると、ミュウは大粒の涙をこぼした。
怖かっもう、いや熱い背中のロウをはがしていたアキちゃんが「ミュウは、本当に甘えん坊ね」
と笑いSM用のロウソクは温度が低いから、上手にたらせば火傷しないわ。
慣れると、もっとよくなるわよ
「アキは好きだもんな」
と、佐久間がからかえば、アキちゃんは「しらないっ」と横を向く。
佐久間は、そんなアキちゃんのアゴをとらえて自分の方を向かせ
じゃあ、好きですというまで、ここにたらそうか?
といって、