見つけた!私の奥のSゴコロ!

メチャクチャ可愛いロリロリのお顔に綺麗なおっぱいの持ち主、橘まなみちゃんの登場です!!早速ホテルに移動して、下着を脱いでもらい素晴らしいボディーを披露してもらいます。そして、おまんこにローター、電マで刺激をガンガン与えられて、ビショビショに濡らしちゃいます。さらには、お風呂に2人で仲良く入りフェラチオしてもらちゃいます。チンコをギンギンに起たせ我慢の限界!!お風呂から上がり、早速、まなみちゃんのおまんこにチンコを挿入して、激しく突きまくちゃいます。最後は、まなみちゃんのおまんこに大量の精子を注ぎこみフィニッシュ!!
動画:見つけた!私の奥のSゴコロ!

「いや、まだだよ。いつもなら、もう着いてるはずなんだけど」
「やっぱり…」
「なに、どうしたの?」
「さっきミュウの携帯に電話したら、お母さんがでて、ミュウは電話に出られませんっていうの。
かって訊いたら、ええ、とか、まあ、とかいうばっかりで、はっきりしないの。
何かあったんですミュウがMだってことがバレたのかもしれない」
もしかしたら、「…そっかありえないことではなかった。
私、もうちょっと粘ってなんとかミュウ本人と連絡取ってみるから」
「ああ、たのむよ。なにかわかったら知らせてくれ」
「うん、じゃあね」
アキちゃんは簡潔にいって、電話を切った。
僕は仕事の続きをする気にもなれなくて、ぼんやりと窓の外を見た。
このところの出来事がなにかミュウに心境の変化をもたらし、もうここへ戻る気がなくなったとも考えられるがそこまでの深刻さを、僕はミュウに感じていなかった。
むろん、僕にミュウのすべてが分かっているわけではない。
方がありそうに思えた。
どうして、バレたんだろうだがどちらかといえば、アキちゃんの言った理由のブレイの痕を、見える場所に残して帰すようなことは絶対にしていない。
そのことはいつも、充分に注意してい剃毛については「お風呂は一人で入るから誰にも見られないし、もしみつかっても水着のためだというから大丈夫」
と、ミュウはいっていた。第一、そこからすぐにSMには結びつかないだろう。
ミュウが、不用意になにかいったのだろうかそれも考えにくかったが、可能性があるとすればそれだろうと、僕は思った。
いずれにせよ、今へたに僕が動いてはやぶへびになる。
アキちゃんからの連絡を待つしかなさそうだった。
三日後のことだった。
そのアキちゃんからの連絡が入ったのは、
やっぱりバレたんですってどうやっても直接話せないので、ミュウのお兄さんに電話してみたのだそうだ。ミュウはお兄さんとことのほか仲がよく、アキちゃんもよく知っているのだという。

「お父さんが激怒してしまって、ほとんど監禁状態だっていってたわ。私が訪ねていっても、たぶん会えないだろうって」
僕は、「そうか」としかいえなかった。
「久我さん、どうするの?ミュウをこのまま見捨てるの?」
「今は、仕方ないだろう」
僕は慎重に言葉を選んだ。
頭に血が上っている人には、「行動を起こす気はあるのね」
何をいっても無駄だよ。
なにか行動を起こすとしたら、もう少したってからだ
アキちゃんは念を押してきた。僕は、ためらわずに答えた。
「もちろんだよ。ミュウを見捨てる気はない」
このまま断ち切るつもりはなかった。
どんな形で決着するにせよ、「安心した」
ミュウとの関係を、アキちゃんは、すこし疲れたような声でいった。この三日間、できるだけ手を尽くしてくれたのだろう。僕は彼女にお礼をいった。
「ありがとう。ミュウのことは、僕が責任をもつから」
「よかった。久我さんって、どこか醒めたところがあるから、ミュウとのことも切れたらそれまでだって言うかもしれないと思っていたの主従関係は恋愛と違うから、割り切って考えやすいし」
「僕が手を引いたら、ミュウには別のを捜してやるつもりだったんだろ?」
と、僕が笑ってやると、アキちゃんも笑って
そうね。でも、久我さん以上の人を見つけるのは難しいなと、密かに思っていたのよ。
いるみたいだったしね。責任を持ってくれるって聞いて、ホッとしているところミュウも、かなりハマッてそして、「お兄さんにまた電話して、様子を聞いておくから」とアキちゃんは付け加えた。
僕は、「たのむよ」といって、電話を切った。
ミュウを永遠に失うか、それともそのすべてを手に入れるか。
選択肢は、たぶんその二つのみだ。
にわかに突きつけられることになったその問題に、僕はいくらか虚無的になった。ミュウの父親の怒りが馬鹿げたものであるのはわかりきっていたが、異端者である自分を、下手に出ながら回りくどく説明しなければならないことを考えると、すべての良識というヤツが嫌になってしまうのだ。
時期が来れば、だが、を迎えに行くつもりだった。
親の怒りに一人で耐えているであろうミュウを思うと、そうもいっていられないミュウだとすれば、この問題にこれ以上悩んでいる必要はない。
僕はリア王の翻訳にもどった。
それから、一ヶ月がすぎた。
すでにリア王の翻訳は完成し、僕は次の推理ものに取りかかっていた。
ミュウが、食器&便器として使っていた赤いサラダ·ボールは、相変わらず机の下にあった。
いつでも責めてやれるよう手の届くところにおいてあったクリップや、バスルームに置きっぱなしにしたプラグやローションも、ときおり僕の視界を無遠慮に通り過ぎた。
アキちゃんはほとんど毎日のように電話をくれて、何度かは直接会って話を聞いたりもした。
ミュウは相変わらず、外へ出られないような状態が続いているが、僕の言葉はお兄さんを通じて伝わっているはずだということだった。
ここまで長く続く怒りは相当なものだと、僕は思った。
そこにはもしかしたらミュウ自身の意志も入っているの
ではないかと、勘ぐりたくもなった。
(ミュウがまだ美鈴の事にこだわっているとしたら…今回はこれですんでも、と、ミュウが思ったのだとしたら)またいつ同じ事があるか分からないいいかげん参ってきていた僕は、ミュウがもう僕には会いたくなくて、いかとさえ思うようになっていた。

女体測定からはじめます!

今回は京都からわざわざAVを撮られにやってきた、現役女子大生、なおちゃんの紹介です。何をされるかわかってるくせに、脱ぐんですか!?「え~うそ~」などと言ってみたりしてます。早速ボディチェックです。おっぱいを見せてもらえば、中々の美乳です。これで、終わりかと思いきや、ここからが本当の面接ですよ!後半では、マンコを濡らして感じる、なおちゃんは自分の目で確認して下さいね!
動画:女体測定からはじめます!

お父さんの怒りを利用しているのではな僕は、大学院をやめたときの事を思い出した。
あの時は今よりずっと分かりやすい状況で、その気になれば修復することもできたのに,ほとんど迷うことなくやめてしまった今は、僕に会わないことがミュウの意志かもしれないと思っても、ミュウは、もうそんな単純な存在ではなくなっていたのだ。
あきらめる気にはなれなかった。
僕にとって
これ以上は待てないと思った夜、「久我さん…」
「どうしたんだ、元気ないね」
「,”ュウがね、ミュウがね…」
アキちゃんから携帯に電話が入った。
といったきり、言葉が途切れる。次の瞬間、アキちゃんは泣き出した。
どうした?アキちゃん?
「ミュウが…久我さんに会いたがっているの。会ってやって」
わけが分からなくて、お父さんの怒りはとけたってこと?
僕は、アキちゃんを問いただした。
もう、いつも冷静なアキちゃんにはめずらしく、まだ泣いたまま切れ切れに話し出した。
お父さんは、怒っているわけじゃなかったの。帰らなかったのは、ミュウの意志なの
どういうことだ。もっと、詳しく話して!
「ミュウね…ミュウは、もう長く生きられないの!」
最後は叫ぶように、アキちゃんは言葉をしぼりだした。
生きられないって…なんだよ、それ!
「もう、東京に出てくるときから分かっていたんだって。
だから、ご両親も許したんだって」
僕と出会ったときから、ミュウの命の時間は決まっていたということなのか。
では、僕は、
久我さん?

絶句した。
聞いてる?
アキちゃんの声に返事をしないでいると
おい、久我!!
と、佐久間の声が聞こえてきた。
十分で迎えにいく。それまでにシャンとして、待ってろよ!
そういって、電話は乱暴に切れた。
ミュウが入院しているのは、都内の病院だった。彼女の兄が、そこで内科医をしているということだった。
佐久間の運転する車で病院へ向かう間、同じ車で葉山へ行ったのは、ついこの間のことだったのだと、ふいに思騒がしい都会の夜気にも秋の匂いが混じりはじめていた。
すぐにミュウの病室へ向かった。
い出す。
バカみたいに暑かった夏もようやく過ぎ、それは、真っ白な箱を想像させる、夜間の面会時間ギリギリに到着した僕らは、清潔すぎるほどの個室だった。
ックして入ると、白衣の男性がいた。彼は、「美笛の兄です」と名乗った。
そう言えば耳の形が似ていると、僕はらちもないことを思う。
僕らが挨拶を済ませると、彼は「どうぞ」といって、道をあけてくれた。
白い部屋の白いベッドに、ミュウは寝ていた。
「さっき、目を覚ましたところなんです。
少しなら話せますから」
兄という人は、そういって病室を出て行った。
僕は、ゆっくりとミュウに近づいた。
「,,ユウ」
呼びかけると、ミュウは…この一ヶ月で、ずいぶん細っそりしてしまったミュウは、重く目を開けた。
「…久我さん」
僕を認めて、かすかに笑う。
僕は床に膝をついて、シーツの下のミュウの手をとった。
うれしい
僕の胸に突き刺さった。
どうしたのかと思った
ミュウの力のない声が、
急にいなくなるから、どうして、こんな間抜けな言葉しか出てこないのかと思いながら、僕はミュウの手をぎゅっとにぎった。
なんとでもなる。
君も、馬鹿なことは止めて真面目に生きていれば「それは、君、逆恨みだぞ。人間努力すれば、いつか、いい事もあるぞ」
「奇麗ごとは、たくさんだ!」
鋭い悲鳴を上げた。
男は、ナイフを振り回し、人質の女店員の太腿を切り付け、
課長代理!このままでは、人質が危険です女店員は、美奈子が険しい口調で言った。中原は困った顔をする。
SATに出動を要請したが、到着までには、まだ、しばらくかかる。
で事件は解決するのだが「あたしが代わりに人質になります」
「待て、君。それは危険だ」
犯人の姿は丸見えだから、狙撃すれば、それ一人で前に進み出た。
犯人は、動揺した。
美奈子は、課長代理が止めるのを無視し、「止まれ!止まらないと人質を殺すぞ!」
両手を上げて、美奈子は犯人を刺激しないように、ピタリとその場所に立ち止った。
怪我をした人質を解放しなさい。あたしが身代わりになるわ
「待て!お前、刑事だろ。拳銃とか、持ってるだろ?信用できない。そこで、裸になれ」
しかし、冷静な美奈子はすぐに、平常心を取り戻す思いがけない犯人の要求に、「わかったわ」
美奈子は一瞬たじろいだ。
人質、そして包囲している警察官全員がその様子を、息を美奈子は、その場で服を一枚一枚脱ぎ始めた。

運動の秋はヤリマン市民ランナー出没注意

Jカップ110cm天然美爆乳の二葉しずくちゃんがゆっさゆっさ大きいおっぱいを揺らしながらマラソン!足をひねらせ、しゃがんでいると男性ランナー2人が心配そうに話しかけてきた。家が近いから休んでマッサージでもしましょうかと2人に誘われ、そのままアパートへ…。自ら上着を脱いたしずくちゃんの巨乳がすごいったらない!白いタンクトップから乳首スケスケ!しずくちゃんのエッチなアピールに男たちはチンポギンギン!そうです、実はしずくちゃんの方が欲求不満だったんです!巨乳マニア必見!美爆乳を好きなだけ揉んで舐めて仲良く3Pいや、いつの間にか一人増え4P連続中出しセックス!3発中出しされたしずくちゃんのどろどろのオマンコと波打つ爆乳に勃起止まりません!
動画:運動の秋はヤリマン市民ランナー出没注意

呑んで見守っている。
これでいいかしら犯人、下着だけの姿になった美奈子は、「駄目だ、下着も脱げ!」
冷たい口調で言った。
美奈子は仕方なく、ブラジャーとパンティも脱ぎ去った。
これでいいかしら「まだ、駄目だ。こっち向きに穴を広げて見せろ。女刑事が、マをこの前、見たんだ!」
オマンコに小型拳銃を隠し持っているっていうVシネ仕方なく、美奈子は言われた通りにした。恐るべき自制心で、の命を救うために警察官としての任務を全うしているのだから。
「よし、こっちへ来い」
羞恥心は感じない。
正義感の強い美奈子は、人質犯人は、ようやく安心したようだった。美奈子は、歩きながら、ほくそ笑んだ。犯人の傍にさえ近寄る事が出来れば、例え素手でも、男一人を取り押さえる自信があった。美奈子が、コンビニに入り、両手を上げたまま、カウンターの影でナイフを構えている犯人の傍に立つと、犯人は女店員を離した。
「行けよ」
太腿から出血している女店員は、片足を引きずるように駐車場に走り出て、警官隊に保護された。
は右手にナイフを持った犯人に、左手で全身を触られ、ボディチェックを受ける。
「いいオッパイしてるじゃねえか。実は俺、まだ童貞なんだ」
「気安く触らないでよ。あなた、これから刑務所に入るから、この先もずっと、童貞ね」
一方、美奈子美奈子は、嘲笑うように言った。その言葉に犯人は激晃した。
なんだと!てめえ、ちょっと、可愛い顔してるからって、調子に乗りやがって!
犯人は、腹いせにナイフで美奈子の白い体を切り裂こうとした。
ろ側にひねり上げ、同時にひざ蹴りを犯人の鳩尾に叩き込む。
うつ.しかし、美奈子はその右手首を抑え込むと、後ナイフは床に落ち、「他愛もないわね」
犯人はうめき声をあげた。
さらに首筋に手刀を打ち込むと、頸動脈が打撃を受け、犯人の体は力を失って、お菓子の陳列棚に倒れ込んだ。
その様子を見ていた警官隊がコンビニに突入してくるその他の人質になっていた客たちも恐怖の表情から安堵の表情へと変わり、美奈子の活躍を心から感謝した。
コンビニ立て篭もり事件から3日後、八光署の刑事課では逮捕された犯人の取り調べが続いていた。美奈子は小野課長にやんわりと注意を受けた。
危険なマネはしないで下さい。

古賀警部はキャリアなのですよ。万が一の事があったらどうするのです?危険な仕事は他の人間に任せるようにして下さい
「はい、以後気をつけます」
デスクの上の電話が鳴り、モグさんが受話美奈子は素直に謝った。課長と言い争ってもしょうがない。その時、器をとった。
「キャリアにお電話です」
「え?あたし?」
「名前は名乗りませんが、ボイスチャンジャーを使っています」
美奈子が、顔をこわば課内に緊張が走った。ボスが、右手の人差し指をクルクルと回して逆探知の合図を出す。
らせながら電話に出た。
もしもし、古賀ですが!
「はじめまして。突然ですが、町に爆弾をいくつか仕掛けました」
声は、男女の区別すらもつかない。耳に障る電子音だった。
どういうこと?あなた誰?
「僕は、ただのニートです。本名は名乗れないので、ミスターニートとでも呼んでください。
分ほどで爆発します」
一つめの爆弾はあと5ガチャリと電話が切れた。美奈子は、課長の方を見る。
逆探知は無理だ。通話時間が短すぎる!
課長は首を横に振った。
恐ろしい緊張の中、5分が過ぎた。管内の全派出所、交番、パトカーに警戒するよう指示が出されるが、どこで爆発するか判らない以上、対策の立てようがない1◯分後、予想していた通報の電話がかかってきた。
「八光駅のコインロッカーで爆発がありました。現場に居合わせた一般市民十数人が巻き込まれたようです!」
なんだと!すぐに鑑識を現場に向かわせろ。天下りと窓際も現場に行ってくれ
あたしも行きます!
美奈子が名乗り出た。課長がそれを止める「キャリアとモグさんは、署に残ってくれ。また犯人から電話がかかってくるかもしれん」
1時間後、再び犯人から電話がかかってきた。
「また、キャリアを指名しています」
「出るわ」
美奈子が出ると、さっきと同じ、ボイスチェンジャーの声だった。
「僕が本気だって、信じてくれたかい?」
「要求は、何なの?」
5◯◯◯万円、明日の12時までに用意しろ。あんたが一人で持って来るんだ。場所は、後で指定する
「待って!なぜ、あたしの事、知ってるの?」
3日前、僕はあのコンビニにいたんだよ。あなたの裸、きれいでカッコ良かったなあ。あなたが、あんまり美しいんで、ちょっとからかってみたくなったんですよ。それだけですガチャリと一方的に電話が切れた。今回も逆探知は無理だった。
愉快犯か。モグさん、あの日のコンビニの監視カメラに写っていた人間を全員洗ってくれ。
乗っている。断定は出来んが、おそらく2◯代から3◯代前半の男性だろう
「了解です」
犯人はニートだと名もぐもぐとモグさんが答え、刑事部屋を出て行った。
ヌンパンは、取り調べ中のコンビニ事件の犯人の交友関係を洗ってくれメンバンというニックネームで呼ばれているのは、子は、嫌な予感を感じて鳥肌が立った。