素人のお仕事~メイドカフェ店員編~

みなさん大人気企画「素人のお仕事」の第3弾の登場です!!今回はメイドカフェ店員さん!メチャクチャ可愛いロリフェイスのゆうりちゃんの登場です!!ホテルへ移動してさっそくいつものメイド服に着替えてもらいます。着替えが終わった、ゆうりちゃんを見るとマジで萌え~メチャクチャ可愛いんです。そんな、ゆうりちゃんの身体を弄繰り回して、アイマスクで目隠しをして、手枷をして身動き出来ないようにして、またまた、身体を弄繰り回し、ローター、電マでおまんこをグチョグチョに濡らして、感じさせまくちゃいます。そして、フェラチオしてもらいギンギンになったチンコをおまんこに挿入して、ガンガン突きまくちゃいます。メイド姿のゆうりちゃんを是非ご覧ください!!
動画:素人のお仕事~メイドカフェ店員編~

もう、疲れたよう。休もうようコンビニ犯が、ひっきりなしに文句を言っているが、なだめる気力もない。排泄の欲求だけが美奈子の意識の全てだった。無事ゴールについて排泄出来たら死んでもいい、と美奈子は思った。永遠とも思われる数十分が過ぎ、美奈子とコンビニ犯は、隣町の駅にたどり着いた。正面の改札口の前で倒れ込む。携帯電話が鳴った。
「またまた、クリアだね。頑張るね、エリート刑事さん」
「ねーねぇもう、許してトイレに行かせて」
「まだ、駄目だよ。まだウンチを漏らしちゃだめだ。その前に隣の男のチンポをしゃぶってイカせるんだ」
電話が切れた。美奈子に思考能力はなく、言われるがままにコンビニ犯のズボンのチャックを開け、引っ張り出す。
「お、おい、何するんだ。刑事が容疑者をレイプしていいのかよ!
チンポを美奈子は強引に押し倒し、顔を股間に埋めた。
周りに人垣が出来コンビニ犯は、抗議して抵抗しようとしたが、見かねた駅員が止めに入る邪魔しないで!警察よ!
美奈子は、コンビニ犯のチンポをしゃぶりながら、片手で上着のポケットから手探りで警察手帳を取り出し、員に突き付けた。駅員はどうしていいか分からずオロオロするしかない。
うううっ..」
駅コンビニ犯は美奈子の口の中に射精した。遠くからその様子を見ていたかのように携帯電話が鳴る。
「男のザーメンはおいしいかい?吐き出しちゃ駄目だよ。次は普通にセックスをやって見せてよ」
美奈子はゴクリと精液を飲み下すと、射精したばかりで委縮したコンビニ犯のチンポを手で摩擦した。
「おい、もう止めてくれ。俺、強盗犯だけど、あんたを訴えるぞ」
コンビニ犯は、辛そうな声で悲鳴を上げたが、男の性には逆らえず再び勃起した。
先をオマンコの入り口に押し当てそのまま、ぐいっと腰を沈めるうっ!
美奈子は、騎乗位でチンポの子宮を突き上げられる感覚に、思わず肛門の筋肉が弛みそうになった。
美奈子は、便意と戦い、半狂乱になりながら腰を上下させ続けた。弛んだ肛門から黄金色の液体が少しずつ漏れる。駅員が、付近の交番に通報し、お巡りさんが飛んできた。ここは隣町で、八光署の管内ではないため、脅迫事件の連絡が遅れているのだった。
おい、そこの二人!離れなさい!猥褻物陳列罪で、現行犯逮捕する!

「あたしは、警察官だって言ってるでしょ!爆弾犯人に脅迫されてるのよっ!」
美奈子は背後から羽交締めにしようとする制服警官の手を荒々しく振り払った。そこへ、覆面パトカーで追跡して来ていた天下りが、見るに見かねて車から降り、所轄外の警官に事情を説明する。その時、美奈子の携帯電話が鳴った。
「まだ、イカせられないのかい?もう、僕、待てないよ」
「待って!もう少しだから!」
美奈子は腰を上下させるスピードを上げた「痛ぇ!もう止めてくれ...頼む、チンポが折れちまうよう」
コンビニ犯が泣き言を漏らした。
「お願い、早くイッて」
「ひぃっ!」
美奈子のオマンコに締め上げられ、無理矢理、精液を絞り出されるようコンビニ犯は、涙ぐみながら射精した。
な苦痛を味わった。
「イッたわよ!次は何をすればいいの?」

その場で脱糞だブリブリブ解放された余りの気持ちよさに、美奈子は放心状態になり、うっとりとそのまま爽快感に身をゆだね、うになった。
「おわっ!臭せえつ!」
刑事だってよ?本当か。駅前でウンチを垂れ流す刑事なんているかよ!
「ただの変態じゃん」
離れろ!この匂いたまらん!
地獄のような便意から気を失いそと美奈子は肛門から黄金色のドロドロとした固形物をまき散らした。
見物していた人垣は、一斉に鼻をつまみながら後ずさりした。美奈子の意識には、通りすがりの市民達の浴びせる罵声はすでに聞こえていなかった。
「次は何をすればいいの?」
「そうだなあ、そのウンチを顔に塗りたくってタコ踊りでもやってもらおうか」
タコ踊りって何よ?
「あんたエリートなんだろ。そのくらい自分で考えなよ。ようするにタコみたいな踊りさ」
美奈子は言われた通り、ウンチをコンクリートの地面から手ですくい上げ、足をクネクネとうねらせ、踊り始める。
ありえねえ!
「写メ撮っとこ」
「キャハハハ、何、この変な動き!」
美貌の顔に塗りたくった。
そして手テレビ局の中継車が少し離れた所に止まり、しっかりこの様子を全国に生中継していた。レポーターがカメラに向って必死に何か解説している。美奈子は余りの恥辱に正気を失いかけており、目がうつろで表情が死人のように蒼白になっていた。約3◯分間踊り続け、ようやくミスターニートからの次の指示が来た「コンビニ強盗の犯人から、オシッコを飲ませて貰うんだ」
コンビニ犯は美奈子と手錠で繋がれたまま、しゃがみ込んでいる。美奈子がタコ踊りを踊っている間も険しい表情でうつむいているだけで、注目している市民達の視線に耐られず、押し黙っていた。
「オシッコ飲ませて」
何だってんだよう。もう、こんなんじゃ無罪放免にしてもらわないと割が合わないぜコンビニ強盗犯は立ち上がり、口を開けて上を向いている美奈子の口腔めがけて放尿した。1時間のマラソンでたっぷりと汗をかいていたため、オシッコはいつもより濃い黄色で、味がきつそうだった。
オエッ!オエエエエエ成績優秀で日本でもトップクラスの教育を受けてきた美奈子は、人間のオシッコを飲む事など、だった。

2009年天然むすめベスト2

みなさんこの作品一本で何回もヌケる事間違いなし!!その作品は、2009年のベスト作品ばかり集めた作品のパート2です。もみじちゃんのエロすぎる、変態野外プレイや超可愛い、あおいちゃんのすっぴんでエロエロなSEXやこれまた可愛い、なつきちゃんの濃厚なSEXシーンなど盛りだくさん!!すっぴんは見れるし激しい絡みも見れるしさらには、中出しシーンも見れちゃいます。3人とも違ったSEXを見せてくれちゃいます。みなさんも是非この2009年のベスト作品をご覧ください!!満足出来る作品です!!
動画:2009年天然むすめベスト2

こんなにマズイものだとは思わず、咳き込んで半分以上こぼしてしまった。
「お願い生まれて初めて·もう許してもう、こんなゲーム終りにしましょうよ」
とうとう美奈子は泣き出した。気丈で、正義感に燃える女刑事の精神が屈服した瞬間だった。
「そうだな、もう、さすがに僕も飽きてきちゃつたし、そろそろゲームオーバあ、手錠を外して、5◯◯◯万円の入ったバッグをコンビニ強盗犯に持たせて逃がしてよ」
:いや、一旦セーブかな。
じゃ美奈子は、泣きながら預かっていた手錠の鍵を上着のポケットから取り出し、束の入ったボストンバッグをコンビニ犯の腕に押し付ける「これを持って走るのよ」
手と足と両方を外した。
そして札コンビニ犯は、しばらく戸惑っていたが、逃げるチャンスだと気付くと、返らずに全力で走り去っていった。美奈子は携帯電話に話しかけた。
「お金は渡したわ。爆弾の仕掛けてある場所を教えて」
そうだな。約束だから教えてあげるよ。爆弾を仕掛けてある場所はねいきなり人垣を押し除け、後ろも振り電話の向こうのミスターニートは小声になった。美奈子は聞き逃すまいと、み込む。これを聞き出すために数々の恥辱に耐えてきたのだ。
君が今、手に持っている、携帯電話の中さ耳に神経を集中し、ゴクリと唾を飲美奈子の手が凍りついた。
思いっきり放り投げる。
「みんな、伏せてっ!」
思考が停止した。
次の瞬間、我に返り、手に持っていた携帯電話を人のいない方角へ、耳をつんざく爆発音が響き渡った。
は地獄と化し、なったトが遠隔操作で起爆スイッチを入れたのだろう。

たちまち辺りもうもうとした爆煙と、飛び散ったコンクリートの破片で上へ下への大騒ぎにミスターニー市民達の悲鳴と、
数日後、八光署の刑事部屋では、脅迫事件の検証が行われていた。結局、5◯◯◯万円を持ち逃げしたコンビニ犯は、3日間逃げ回った挙句に再逮捕された。ミスターニートは本当にお金目当てではなかったようで、一度もコンビニ犯と接触しようとしなかったため、捜査本部は、尻尾を抑えることすらも出来なかった。これだけの大事件にもかかわらず、迷宮入りになる公算が高かった。最後の爆発現場では、7名の一般市民が爆発に巻き込まれ重軽傷を負ったが、幸いにも死者は出なかった。痴態を全国中継された古賀美奈子警部は、爆発直後に警察病院に収容され、現在は、マスコミの取材攻勢から逃げ待っている有様だった。
「とんでもない犯人ですな。我々、警察機構を愚弄するにも程があります」
天下りが、忌々しげに言った。刑事部屋の片隅では窓際刑事が、いつものように仕事をせず、読んでいる。
「政府が、りそな銀行への公的資金投入を決めたそうです。竹中大臣も、なかなかやりますなあ。
なりますかなあ」
のんびりと新聞をこれで景気も良く小野課長が、冷たい眼で窓際を見る。彼に真面目に仕事をしろと言っても無駄なのだ「そうなればいいがな。考えてみれば、ミスターニートも可哀そうな奴だ。もう少し、何年かズレて生まれていればニートになんかならなくて済んだだろうに」
メンパンが、顔を引きつらせる。連日の聞き込み捜査で機嫌が悪い。
そういう事は、犯人を捕まえてから言って下さいよ。捕まえないと、またやられるかもしれませんよ
うーん。それより、古賀警部、立ち直れないんじゃないですか?もう警察を辞めるとか言い出したりして
嫁には行けんだろうなあ小野課長は、渋い顔で言った。
2◯◯3年6月、国家公務員上級職、いわゆるキャリア組の新人女刑事、古賀美奈子23歳は、八光署での研修を続けていた。美奈子のプライドを完全に打ち砕いたミスターニート事件から1カ月が経過し、ようやく美奈子も精神的ショックから立ち直りつつあった。
「お早うございます、古賀警部」
上司である小野課長が、出勤してきた美奈子に、「お早うございます、課長」
慇懃に挨拶をした。
美奈子は、目を合わさずに抑揚のない声で答える。犯人に脅迫されていたとは言え、公衆の面前で、あらん限りの痴態を晒した美奈子は、それ以来、署内で蔭口を叩かれたり、ジロジロ見られること事が多くなっている。課長も、表情にこそ出さないが、内心では美奈子のことを嘲笑っているに違いない

極上泡姫物語 Vol.31

「今日はお越し下さり、誠にありがとうございます。」と谷間を強調しながら会釈する145cmのミクロボディに不釣合いなロリ巨乳の夕城芹ちゃんが高級ソープ嬢としてあなたをもてなします。巨乳ファン必見の張りのあるおっぱいぷるるんパイズリ映像満載!潜望鏡、ぬるぬるローションマットプレイと至れり尽くせりのサービス。肉厚たっぷりなのはおっぱいだけでなく、オマンコも!硬いチンポを肉感あるパイパンオマンコに生でズコズコ!極上快楽に酔いしれてください!
動画:極上泡姫物語 Vol.31

「先日の通り魔事件の報告書が出来上がりました」
美奈子は、封筒に入った書類を課長に手渡した。女性らしい達筆な字で書かれており、誤字脱字は、一字もない書類一枚からも、美奈子がいかに優秀なエリートであるかが伺える。
「犯人は、派遣社員の2◯代の男性です。最近、こういった事件が頻発していますわ。格差社会って言うんでしょうか。それに、高齢者による家族の殺害や、自殺、孤独死も増えています」
さすがは、キャリア。社会問題にも、お詳しいですな。私なんかは、せいぜい自分の課の検挙率ぐらいにしか、頭が回りません美奈子と小野課長が、「はい、会話をしていると、モグさんが受話機を取るええ、外線電話が鳴った。
八光署刑事課です。
えっ?古賀刑事ですかえ変わります」
引きつった顔で、モグさんが、
ボイスチェンジャーの声です。
指先をクルクルと回し逆探知の合図をした。
キャリアを指名しています。
受話機を受け取ると、聞き覚えのある口調が話しかけ刑事部屋に緊張が走った。
てきた「久し振りですね、エリート刑事さん」
「ミスターニート!」
嫌な予感を感じつつ美奈子が、美奈子は金切り声をあげた。一か月前の屈辱的な記憶が脳裏に蘇ってきて眩暈がした。
そろそろ、セーブしたゲームを再開しようかと思ってね。データロードです。また爆弾を仕掛けましたよ。
分で爆発しますあと5ガチャリと電話が切れた。
課長!-
この時間じゃ、逆探知は無理だな。管内の全パトカー、も連絡を入れよう。5分後にどこかで爆弾が爆発する!
警察官に緊急連絡。
警戒態勢を取らせろ。

念のため本庁に対策の立てようがない。また前回の事件かやがて5分が過ぎ、1◯分が過ぎたが、管それが警察に出来る精一杯の処置だった。場所が特定出来ない以上、ら、ミスターニートの脅迫が、単なるハッタリでない事も判っている。
内で爆発が起きたという連絡は,一向に入らなかった。
「おかしいな。不発弾だったのかな」
もぐもぐと不明瞭な声で呟く。
そして2◯分ぐらいした頃、ようやく電話が鳴った。
モグさんが、「課長、本庁からです」
小野課長が受話機を取り、話を聞く
えっ、爆発が起こったのは、うちの管内じゃない東京都江戸川区.·タイガースマンション5◯2号その住所を聞いて、美奈子は驚愕した。
「課長!それ、あたしの家ですっ!」
やはりミスターニートは、美奈子を執拗にストーキングしていたのだった。
美奈子が、大慌てで自宅のマンションに戻ると、そこにはすでに、所轄の警官や鑑識、本庁の捜査員までが来て、現場検証を行っていた。爆発による火災は消されていたものの、美奈子が大事にしていた、お気に入りの家具や家電製品は、見事に吹き飛ばされ粉々になっていた。
爆弾は、明らかに素人が作ったものです。ホームセンターで売っている肥料や薬品を混ぜて制作しています。それで、この破壊力とは恐れ入ります鑑識が妙に感心しながら、美奈子に言っ「冗談じゃないわ!あたしに、何の恨みがあるって言うの!」
美奈子は一人暮らしなので、家族は一緒に住んでいない。しかし近隣の部屋の住民が爆発に巻き込まれて数人が負傷し、病院に運ばれたらしい。一緒に来たモグさんが、焼けただれたタンスの引き出しを開け、消防車の放水で、ずぶ濡れになっている美奈子のパンティを引っ張り出して眺めていた
ちょっと、モグさん!ドサクサに紛れて、何やってんですか!
美奈子が、半狂乱になって叫んだ。その時、近隣の住民らしい小学校低学年くらいの男の子が