おんな友達といっしょ!

友達といっしょに3Pする企画物で「おんな友達といっしょ!」の登場です!今回出演してくれる女の子は二人共綺麗系の今どき娘でたまらんです!名前はひめかちゃんとあやちゃん。2人とも常に一緒にいるので相当仲良しです!早速ホテルについて2人のオマンコをチェックします。しかし、恥ずかしがって見せてくれないひめかちゃん!しかし、あやちゃんはじゃあ私がと見せてくれます!3Pでは中良く二人でチンポをフェラチオしてくれます。しかし、男優の鬼チンポに引いちゃってます!しかし、先にあやかちゃんに生ハメしちゃうのですが、親友の前では恥ずかしくて、我慢しちゃってます。しかし、結局2人とも中良く中だしされちゃうんですけどね!
動画:おんな友達といっしょ!

単なるバカな娘だったのか、と父はガッカリし丸木戸家の恥ということです。
わたしを追放してしまうでしょう。
「たっぷり楽しんだんですね」
聞き慣れない声でした。
父ではない。もっと若い男です。
「だれなの?」
自分の格好を忘れ、いつものように強気の言葉を発していました。
「安心してください。牧野昭彦です」
牧野家は、昔から執事としてこのガレージの向こうの家に住んでいます。そこにはわたしの一つ下の男の子がいました。ですが、幼い頃から、近いようで遠い存在で、まったく別々に育てられていました。
外で顔を合わせても気づかないでしょう。
したから。
いまのいままで、その存在さえ忘れていまわたしは泥の中から立ち上がりました。威厳もなにもありません「見ていたんですか」
「いいんですよ。なにも言わないでください。だれにも言いませんから」
雨の中で、あたりに明かりはなく、彼がどのような表情かもわかりません。
それよりも、どうやって部屋に戻るんですか?
「なんですって?」
「あなたは、バルコニーの横の雨樋を伝って降りてきました。でも、あそこを登るのはムリです」
まったく考えていないことでした。
ちょっとお待ちください!
彼はわたしに傘を預けました。そしてガレージの裏口から中に入っていきました。
やがて、折りたたみ式のアルミのハシゴを持ってきました。
そういうものがそこにあることさえ知りませんでした。
「びしょ濡れのあなたが傘をさしているんですね」
彼は楽しそうにそう言うのです。
生まれてはじめて、男の人のために、傘を差し出しました。
自分はもう濡れて泥だらけなのですから。
「ありがとう」
わたしは慌てて、ついていきました。
彼に傘を差しか彼はさっさと庭を横切ります。
けながら。
ハシゴを組み立て、ストッパーをカチッと音を立ててセットし、立てかけました。

「いいですか。一つだけ、約束してください」
「なんでしょう」
これからは、一人だけで危ないことをしないでください「気をつけます」
「手が足りないなら、ぼくに言ってください」
あら。呼べば来ていただけるの?
ぼくの携帯に電話してください「存じませんので」
それをバルコニーに屋敷の常夜灯にぼんやりと照らされる昭彦は、なかなかハンサムで背の高い男性でし「わかりました」
彼はポケットからペンを取り出し、わたしの手をつかむと、そこに携帯電話の番号を書きました。尖ったペン先が皮膚に突き刺さるようで、全身に電流が走りました。
「さ、早く」
ハシゴを伝ってバルコニーに戻りました。
彼が傘を肩にのせて、ハシゴを畳み、ガレージの方へ行くのが見えましたが、その先は闇で、よくわかりません。
そのうち、物音もしなくなり、雨はさらに激しくなってきました。
自然に手が股間に伸びていました。
昭彦様わたしのご主人様。
昭彦様のご命令には、どんなことでも、恵梨香はいたします…。
つぶやきながら、アクメに浸るのでした。
ご命令を昭彦のことを、昭彦様と呼んでみるのです。
彼の父親を呼びつけてあれこれ仕事を頼んでいるわたしが、その息子の命令に従う奴その妄想はさらに舞い上がらせるのです。
左手の手首の内側に、暗闇の中で、乱暴に書かれた+1ケタの数字を眺めているとなんだか体の底からうれしくなります

中でだすまでキレイに撮って!

今回はデートで外に出るより、家の中でおマンコを弄られるのが大好きな麻衣ちゃんが登場!セフレにカメラ撮影されてる事にきずいた麻衣ちゃんは見せつけるようにマンコに指入れてオナニーをしてくれます!準備OKの濡れマンにバイブなどの玩具でさらに弄ります。後半は生姦で中出しまでさせてくれる麻衣ちゃんはエロすぎです!!
動画:中でだすまでキレイに撮って!

「なんだ、うれしそうだな」
朝食のときに、父に言われてしまいました。
なにかあったのか?
父が立ち上がって、わたしの左手を取り、そこに番号を見つけて「なんだ、これは!」と怒り出す、という恐怖の瞬間もあり得るかもしれない、とまた妄想するのです。
ですが、父との間には大きなテーブルがあり、そこには毎日、わたしが生けるフラワーアレンジメントがどんと置かれています昭彦様の父である当家の執事·牧野知男が父の面倒を見ています。
あり、昭彦様の母でもある牧野シズエがいます横には料理人でもいつもの朝。
特別なことが起きる予兆などはありません
大学はおもしろいのか?
「まあまあ」
少しは人の心が読めるようになったのか?
「それはムリ」
心理学に夢中になっていたからか、父はそんな風にからかうのです。
人の心を知りたいと思っていたときがあったのは事実ですが、学問そのものにそれほど興味が持てず、ほとんど放り出してあります父の言葉はある意味、天啓のようなものでした。
そうだ、心理少しは興味があったのに、放り出していたもの。
いまこんな妄想を抱き、自分を抑えられないほどの衝動にかられているのも、心の動きがあるからですわたしだって人間で、心もあるのですから、自身の心理を学ぶ必要がありそうですあとで調べてみよう、と思うのでした。
父より先に席を立ってはいけないので、食べ終わってもしばらく外を眺めていました。
雨があがって、いい天気になっていました。
雨の夜ここからは死角で見えませんが、その先のところで全裸で泥にまみれてオナニーしていたのです
その姿が見えるようです。浅ましいメス豚昭彦様を探しても、そこには見えませんそもそも、生まれてからまったく別々に育って、お互いの存在を意識さえしていなかったのです。
どうしてそこまでキッパリ分けてしまったのか、ちょっと不思議ですが、父の方針なのでしょう。
ガタっと音がして父が立ち上がりました。
「ごちそうさま。シズエさんのクレープはすばらしいね」
そう言いながら立ち去りますわたしも席を立ち、「まあまあだったわ」
と言います部屋に戻るときに、シズエさんに「今日は九時には大学へ行きます。午後はお茶の稽吉夕飯は家で食べますから」と予定を伝えます。もちろん、シズエさんは承知のことです

「お支度は?」
「自分でやるわ」
部屋に戻ります。
どういうわけか、自分の部屋から昭彦様に電話をするのは恥ずかしく、急いで支度をしました。
早く家から出たかったのですいつもはギリギリになってシズエさんが心配してやってくるのですが、それよりも早く玄関に降りていきました。
父はとっくに会社の差し回しのクルマで出かけています。
「じゃ、あとはよろしく」
髪をポニーテールにし、花柄のワンピースにショールをかけていました。
「お気をつけて」
運転手の藤木さんが待っています。ずっと父の運転手でしたが、父は会社で契約しているハイヤーを使うことにし、いまはわたしの送り迎えに対応してくれていますもう六十歳を過ぎているのではと思いますが、病気ひとつしませんがっしりした体つきで、いつも元気で大学に着くと「お茶の先生のところに五時に」と迎えに来てくれるように頼みますキャンパスに入れば、自由です。
これまでは、この解放感はすばらしいと思ってきましたが、昨夜の解放感のほうがそれを何倍も上回りますドジなことに、戻る方法もないままバルコニーを降りてしまい、しているところを昭彦様に見られてしまいました。
どろんこオナニーをそれでも、あれは、とても自由な気持ちがしました。
さっそく手に書かれた文字を見ながら携帯で電話をしました。
昭彦様が出ました。
「わたしです。恵梨香」
「ああ」とぶっきらぼうです。
なんですか?
いま、ちょっといいですか?
「ええ」
わたしのこと、どう思います?
「どうって?」
バカなことをしていたので…「うーん、まあ、お嬢様はバカでもつとまるし…。ストレスもあるんだろうな、と」
「すみません」となぜか、謝っていました。

ビールの売り子をハメ倒せ!

今、球場のビール売り子・翼みさきちゃんが熱い!選手たちは、みさきちゃん見たさに売り子専用の部屋に連日押し寄せる。そんなある日ベテランの補欠選手が、売り子専用の部屋で腹筋をしながらみさきちゃんを待っていると、売れっ子のみさきちゃんが忙しそうにビールを補給しに戻ってきた!スポーツ馬鹿一徹の補欠選手は自慢の筋肉をみさきちゃんに見せつけて「噂で聞いたんだんけどさ〜、俺のこと好きでしょ」と言い強引にみさきちゃんの胸を鷲づかみ。やめて〜と叫ぶ、みさきちゃんの口にディープキス。「今日こそは必ず見せ場つくるからさ〜」とみさきちゃんの洋服をグィグィ脱がしちゃいます!
動画:ビールの売り子をハメ倒せ!

めったに人に謝ったりしないのですが…。
いま、わたし、大学にいます。会えませんか?
「こっちに来られるなら」
よく名の知られたトップクラスの大学名を彼は告げました。
と感心します。
「すぐ行くから待ってて」
すごい、頭がいいんだ、めったに乗りませんが、地下鉄を使って、三十分ほどかけて彼の大学へ行きました。
彼は木々に囲まれたカフェテリアで待っていました。
「ここじゃ、人目に付きすぎるから、あっちへ行こうか」
レンガ造りの古い建物と、最近できたガラス張りの校舎が混在しています。その古い建物の裏に、ちょっとした公園のようなところがありました。そのベンチに座ります「すごいんですね。この大学だなんて」
「勘違いしないでください。ぼくはここで働いているんです。学生じゃない」
「え!」
「大学には行ってません」
「どうして?」
いろいろな仕事を経験しておきたいからです。ぼくにとって大切なのは経験です。学問ではありません。まあ、うちが貧乏だから、こういうところで勉強をする費用も時間も、もったいないんですよきっぱりと昭彦様は言い切りました。
明るい日差しの中で見ると、父親譲りの濃い眉も凛々しく、です「どんな仕事を?」
「清掃に、皿洗い、売店とかいろいろです」
学生よりも学生らしいのそうした仕事がどういうものか、あまりピンときません「楽しいの?」
「楽しい?まあ、どうでしょうね。それなりですよ」
彼は皮肉そうに微笑むのですともかく、夕べはありがとうございました
「いえ。別に」

わたし、どうしても衝動的にあんなことがしたくなって…「マゾなんですね。たぶん」
Mですよ、あなたはお嬢様、そういうことになるの?
ええ!
少しショックでした。
だれかから強制されたわけじゃないし、自分で好きでやっていることが、テゴリーに入るとは思えません「ぼくにわざわざ会いに来るなんて、ドMなんじゃないですか」
お嬢様はやめてください。恵梨香と呼んで「ぼくの父の勤め先のお嬢様を呼び捨てにはできません」
「してほしいの」
そういうカ昭彦様は目を細め、薄笑いを浮かべます。
「間違えてはいけませんよ。ぼくがあなたをお嬢様と呼ぶのは、あなたがお嬢様だからというだけではない。そこには一種の皮肉をこめています。夕べからは、なおさらね」
「軽蔑してる?」
「もちろんですよ。あなたがしたことを、申し上げましょうか?あなたは裸になって、オッパイとおまんこをヒモで縛り、大雨の中、庭に出て、泥の中でもだえながら、オナニーしていたのです」

息が詰まりそうでした。
自分がしでかしたことを、そのように冷静に言い放たれるとは思いもよりません。
恥ずかしすぎますいつもなら、「帰る」と叫び、歩き出していたでしょう。
でも、そうはしませんでした。
恵梨香の、いやらしいところを見たんでしょう?
ええ。たっぷり。おまけに、バルコニーに戻ることを考えてもいなかった。バカですよね?大変に危険なことです。ぼくがいなかったら、どうしていたんです?
それは、想像もつきません。
二階のセキュリティは甘いのですが、1階は厳重です。
どこの窓に触れても、すぐに警備員が飛んでくるでしょう。
防犯カメラもあり、夜間でも雨でも鮮明に映像として残るのです。
わたしが焦って窓やドアに触りでもすれば、てきたに違いありません。
なにを想像しているんです?もしかしたら、ですか?ぼくは余計なことをしました?
父や執事である昭彦様のお父さんもやっ無事に部屋に戻れないほうがよかった父、執事の牧野、その奥さんのシズエさん、そして屈強な警備員11人。それが裸で泥だらけのわたしを見下ろします。そして父が叫ぶのです。

カテゴリー: 処女射精