拘束された純情娘

今回は、制服コスの王道JKコスがめちゃ似合うあすかちゃんが登場!制服コスが似合うと言う事は、ロリ顔が確定!でも身体はスレンダーの巨乳でマシュマロおっぱいでやわらかそうで美味しそうです!プレイはJK拘束プレイで両手を拘束されちゃいます。そのまま、脚を開かされて、マンコを弄られて、マンコは濡れ濡れ!しかし、自由の利かないあすかちゃんにさらにマンコ責め!苦しそうな顔で喘ぎまくって、発狂イキしちゃいます!後半は、生ハメでチンコでマンコの中のエッチな汁を搔き雑ぜられてイキまくって、中出しまでされちゃいます!
動画:拘束された純情娘

「こんな女は知らない見たこともない。おまえたちで好きなようにしていいぞ」
わたしはみなさんに足蹴にされ、ぼこぼこに殴られて、血を流し、泣き叫びます
そして見知らぬ警備員たちに犯されまくり、警棒で穴を蹂躙され、られ、ボコボコにされて屋敷の外に放り出されるのです…。
クソ女、ここはおまえみたいな者がいられる場所じゃないんだ!
踏みつけられ、殴そして恵梨香は、裸のままホームレスとなって、あらゆる人から罵声を浴びされられ体を利用され、ボロ布のように捨てられるのです…。
「助かったわ。それはホントのことだもの妄想を中断して、やっと答えることができました。
でも、あなたは、いま、顔を赤くしている。ドスケベなお嬢様であることをみんなに知られることを想像したのでしょう。それが望みなのでしょうね」
そんなことはありません「いいんですよ。ぼくにはわかりますから。あなたは、ここに来ている。のこのこと、大学をサボって。いけませんね」
指摘されるまで、いまの自分には、講義をサボっている意識はありませんでした。
大学はそれほど大切なものに思えなくなったのだと気づいたのです。
彼に会う方が大切でした。
「すみません」
また謝ってしまいます。
「お嬢様。あなたは、すみませんとか言ってますけど、本当に謝っているのでしょうもちろんよ」
でも、それはぼくには伝わっていません。
すか?
本当に謝罪することが、あなたにはできま
たとえば、そこにひざまずいて、ぼくに向かって土下座できますか?
聞こえるほど、大きな声ではっきりと謝ることができますか?
ほかの人にもズキンと体の中から衝撃がこみあげました。
そんなこと、恵梨香にできるはずがないのですここは超有名な大学の庭周囲に学生がいっぱいいます。
彼らから十分に離れてはいますが、できるはずがありません。
でも、これは彼の言うところのマゾの血ベンチをおりて、彼の足元にひれ伏しました。
お茶の先生に習ったように、きちんと正座して手を添えて、頭を深く下げました。
「本当に申し訳ありませんでした。
ご迷惑をおかけしました」
心から謝罪をしました「ふふふ」
昭彦様が笑います。でも、許しが出るまで、頭を下げているつもりでした。
スカートを履いた美しいお嬢様が、バイトのぼくに土下座しているなんて、おかしい
ですね
でも、ピッタリと閉じた腰のあたりに、じんわりと熱いものがこみじっと耐えます。
あげているのですすごいことです。
こういう屈辱が、快感に思えるのです。
昭彦様の指摘したとおり

「ドM」
なのでしょ「立ってください」
許されて立ちました。
花柄のワンピースが少し汚れています。
それを彼は手で叩きます
これからは、そんな風に汚してはいけないな。
服が汚れると、ぼくの母が悲しむんでシズエさんが洗濯してくれています
地面に触れるのは、お嬢様の生身の体だけにしませんか。
してほしくないんですよ!
「わかったわ」
じゃ、もう一度やってみますか?
「するわ」
服とか下着とか、ムダに汚ワンピースの裾をたくしあげて、ストッキングをずりおろしました。
に当たるようにして、もう一度、土下座しました。
よし。じゃあ、立って。裾は下げないで自分の膝を地面たくしあげたまま、彼の前に立ちます。
もっと裾を上げてごらん!
その膝についた土を彼は払います腰まであげてみます
下着は白。だけど、なにか、滲んでいるように見えるけど?
彼は触りません。ただ見るだけです下着を見られてズキンとしていました。
恵梨香は、濡れているのです。ドMの証拠です。
「本気みたいだね、どうやら」
本気に決まってるでしょ!
「とりあえず、裾を直していいですよ」
ティッシュで膝を拭き、ストッキングをはいて裾を直します
どうしてほしいんですか、このぼくに?
ご主人様になって!
昭彦様が大きな声で笑います。
キャンパスに響きます
典型的じゃないか。まあ、それでもいいけどね。
て、もしそうなったら、どうしてほしいんです?

ザーメンがんばって精飲しました!

今回はエッチでハッキリとした顔立ちが印象的な素人娘このみちゃんが登場!いきなり白のスク水コスプレで登場してくれるのですが、もうスケスケで目のやり場に困ります!そのまま、水着をずらしておまんこを弄られ感じるこのみちゃん。その後はフェラチオで口内射精などしてくれ、最後は生ハメ中出しまでしちゃいます!!
動画:ザーメンがんばって精飲しました!

「命令して」
ぼくはお嬢様のご主人様になるとし
「命令?どんな?」
恥ずかしい命令よ。苦しい命令とか。
「うーん」
痛い命令とか
昭彦様はニヤニヤしています。
第三者
いいけど、本当にするの?お嬢様は気まぐれでしょう?この命令はいいけど、あの命令はイヤだとかね。結局は選り好みをされるわけで、それじゃ、ぼくはご主人様じゃないよね。いいように使われるだけだ
そんなことはない。命令はすべて実行するク「ふーん。じゃ、こうしようか。一つでも逆らったら、その場で終わりにするのです。
この遊び、ぼくにはまったくメリットがないですからね。早く終わってくれたほうがありがたい」
冗談ではありません。
これしかない、とまで思って、こうしてやってきたのです。
土下座もしたのです恥ずかしくてもワンピースの裾を腰までまくり上げ、下着をご覧いただいたのです。
早く終わってなるものですか。永遠に、昭彦様のご命令に従いたいと思っているのです「わかったわ。約束します。メリットも必要なら、あげるわよ」
「たとえば?」
「わたしにできることなら、なんでも」
「ふーん。でもお嬢様はなんにもできないよね。洗濯も料理も掃除もムリでしょ。ぼくみたいに働くことなんてできないよね」
「わたしにできることって言ったでしょ」
それが思いつかないんだからいつからはじめますか?
いますぐ…。
ま、メリットはいずれで結構ですよ。
とりあえずこの場で裸になれ、と言われたら、なる覚悟でした。
最初に言っておきますが、あなたはぼくの命令を言い訳にしたいだけなのでは?いざとなったら、ぼくに責任を押しつけて、逃げるのでは?使用人の子であるぼくを、気まぐれにオモチャとして使って捨てるつもりなのでは?
そんなことはしません「よく考えてくださいよ。ぼくの立場はとても弱い。あなたのお父さんが怒ったら、父も母も職と住む場所を奪われます。ぼくはそんな危険なことはしたくありません」
その心配はもっともかもしれません彼はわたしがどれほど、この衝動、この欲望を大切に思っているかわかっていないのですいまではこれしかないと思い詰めているのです。
ドMとして生きていきたいのです。
どうすれば、それを昭彦様にわかってもらえるのでしょうか。
「こうして会っているだけでも危険ですよ。そうでなければ、幼い頃から、会わせもしなかった理由がわかりませんからね。ぼくと恵梨香は会ってはいけないのであって、もう、それを破ってしまった。これは大変に危険です」
恵梨香と呼び捨てにされるの、思った以上にうれしいのです。
ただ、否定的なことばかり言う昭彦様に、戸惑っていました。

男性なら、女の子が裸で飛び込んでくれば、素直にうれしいのではないかと思ったからですわたしは男の子には、あまり魅力的ではないのかもしれません。だとしても、だからこそ、このチャンスはなんとかものにしたいのです。
「そうだ」と彼は思いつきました。
「あなたの電話番号を、第三者の、ぼくが知っているだれかに教えるのです。ぼくはその人を通じて、恵梨香に命令する。だれからの命令であろうと、あなたはそれをぼくからのものだと思って実行しなければなりません。断ったり、逆らえば、その場で終わりです」
その意味がよく飲み込めずにいました。
昭彦様が命令をしてくれるのなら、なんでも言うことを聞こうと思って来たのですそれが、おかしな方向になっています。
そうしなければ昭彦様が引き受けてくれないのなら…こちらに選ぶ権利はないのです。
「いいでしょう」とわたしは返事をしました。
「あなたはすぐにその手首の電話番号を消してください。
すから。話はそれからです」
「わかったわ」
ほら、そこにトイレがありま構内の女子トイレで、石鹸をつけて、ごしごしと手を洗いました。
徐々に薄れていきます。ほとんど見えなくなりました。
彼との絆が切れていくようで、ちょっと悲しいです。
「これでどう?」
手を差し出します「うん。風呂でもよく洗って痕跡を残さないでおいてほしい」
「そうしましょう電話の言うとおりにするんだよ。相手の電話番号は、ぼくもいまはわからないから知らない番号だからって拒否しちゃだめだよ」

気持ちいいお口と、オッパイと、オマンコと

Hカップの永瀬里美ちゃんが、爆乳を揺らして大暴れ!「すごーい!大好きなオチンポが大きくなってるぅ」とニコニコしながら得意のフェラテクで男のチンポをしゃぶる!ねぶる!吸い尽くす!!真っ白なマシュマロ肌にふんわり膨らんだHカップ天然爆乳でねっとりパイズリ、仕上げは何度もハメる中出しSEXでイキまくり!
動画:気持ちいいお口と、オッパイと、オマンコと

「しません」
「よし。じゃあ、帰るんだ、恵梨香。ぼくは仕事があるから」
寂しいな。
そう思いましたが、逆らってはいけません。
命令通りに、大学に戻って退屈な講義を受けて、友達とカフェで時間を潰し、それか正座をしながら今朝の昭彦様への謝罪を思い出して、らお茶の先生のところへ行き、た少しヌレヌレになって…。
ま時間ぴったりにお教室も終わって、藤木武雄の運転するクルマに乗り込みました。
その直後に、まるで見計らったように、携帯が振動したのです。
知らない番号です。
「どなた?」と出ました。
恵梨香?恵梨香なのか?
聞いたこともない声。暗く、「どなた?」
「ふん」と鼻を鳴らす音。
クルマの中か?
とても遠く感じられますわたしの行動を知っているようです。
「どうなんだ?いま、この瞬間から、すぐ返事をしなかったら、ご主人様に通報するよ」
「あっ、それは困る」
逆らったとみなして、ふと見ると、運転手の藤木が、頭を妙に動かしていますわたしが電話でだれかに謝っているのが、奇妙だと感じたのでしょうか。
こっちにかけ直せ
意味がわからず、少しためらいましたが、慌てて「わかりました」と返事しました。
ギリギリ、セーフだな。今後、おれの命令にはすぐに返事をするんだ。いいな?考「すぐにクルマをどこかに停めて、えるんじゃない。
おまえの返事は常にイエスしかないんだ」
相手はだんだん調子が出てきたようです。
「そうします」
「よし。あまりのんびりしていられないぞ」
声にも自信が見えますブツッと電話が切れました。
もしかすると、昭彦様がかけてきているのではないか、とちょっぴり思いました。
彼ならわたしの日常の行動を知っていてもおかしくはないからです。
それとも、昭彦様が電話の男にその情報を与えたのかもしれませんFMのバカなお嬢様がいるんだけど、ちょっと、厳しくやっちゃってくれない?
か言って、友達にわたしの電話番号を渡したのかもしれませんと昭彦様が背後にいる限り、わたしの日常の行動はほとんど筒抜けになってしまうでしょう。昭彦様のご両親は執事としてわたしの毎日のスケジュールをすべて把握しているからですのんびりしてはいられません。

命令に従っていないと思われては困ります
藤木さん、どこかでクルマを停められない?
「わかりました。この先に停められるところがあります」
慣れた道です。どこになにがあるか、藤木は完璧に把握していました。
一分ほど走って、ファミレスの駐車場に入ります
どうかされましたか?
電話するだけすぐに電話をかけました。
「遅いね」と相手は冷たく言い放ちます
なにか、アクシデントでもあったのか?
「別に。ちょっと手間取っただけです」
「ふん」とまた鼻を鳴らす「じゃあ、この電話を運転手の藤木に渡すんだ」
相手は、それ以上はなにも言いません。
「わかりました」と返事をし、藤木さん、「え?電話ですか?相手は?
命令はすぐ実行しなければなりませんこの電話に出てくれません?」と声をかけた。
首を横にふります。わからない、というサインです。
藤木は、よからぬ相手から、おかしな電話でもかかってきたのだろうと考えたのか大きくうなずき、藤木ですが?
白い手袋をした手で電話を受け取りました。
しばらく藤木は、黙って相手の話を聞いていました。
あまりにも低く小さな声なので、後部座席までは聞こえません。
正面を向いてしまっルームミラーに少し見えていますが、無表情ですた藤木の表情は、「なるほど」
藤木は相手の言葉に理解を示しました。
そうですね。そういうことなら…振り向くと、指先で汚いものでもつまむように、携帯を差し出しました。
これまで見たこともないような、蔑みを感じて、心底、脅えました。
その目に電話の相手はなにを藤木に告げたのでしょうか。
「お電話代わりました」
「藤木の態度が変わっただろう?
そうですね」
これから言うことをよく聞くんだ「ええ、どうぞおっしゃってください」
「おまえの屋敷は、母屋と、ガレージ、そして二つの離れがあるな」