電マで大はしゃぎ!生姦娘(生姦・中出し)

以前も出演してくれた平成生まれ、さえちゃんの第2弾の登場!美肌で色白な美味しいあの身体をしゃぶりまわして、電マで攻めて、でっかいチンポでハメまくります。可愛らしい色素の薄いビラビラとクリトリスを電マで直撃されて絶頂しちゃいます!!その後は、ご奉仕フェラでチンポをやさしく時には激しく緩急つけてなめてくれます。最後は生ハメで色んな体制からチンポをぶち込まれ、イキまくって果てるさえちゃん。最後はびくびくマンコに大量中出しです。
動画:電マで大はしゃぎ!生姦娘(生姦・中出し)

想像を超えています。あらゆる男性がそんなに大きなものを持って、毎日、歩いているのだとすれば、この世の中は、なんと怖ろしぃことでしょうか。
などと想像ができません。
きっとわたしなら股間が裂けてしあれが女性の中に入る、まうでしょう。

おれたちが終わるまで、出すんじゃないぜ赤目はそう言いながら、自身もズボンとパンツを脱いで全裸になりました。細く、ひ弱な体です。筋肉質というのとも違い、不摂生で、崩れた贅肉があります。どちらかといえば、生白い、女性のような体です。
そのせいか、赤目の男性器は、藤木とは比べものにならないほど小さく、親指ぐらいしかありません。藤木がバゲットなら、赤目はミニクロワッサンといったところでしょ初めて間近で見た男性器。
せんでした。
それが、これほどにも大きさに差があるものとは知りまきっとわたしは両極端を見ているのだ、たいがいの人はその間のどこかなのだと思うのですが、とにかく想像を絶した男性器に圧倒されていました。
ほら、舐めろよ赤目は座っている藤木にお尻を突き出しますええ驚きました。この二人、どういう関係なの…。
藤木が、赤目のお尻に顔をくっつけます。赤目は両手で自分の尻を開いています。
藤木は鼻をつけ、舌をのばしています「おもしろいだろ。普通、犯す側と犯される側ってあるじゃん。そういうとき、犯す側が支配者で、犯される側が奴隷って感じだと思うよな?だけど違うのさ。藤木は、若い男のケツにしか興味がない。それでいて、支配者にはなれないんだ。奴隷なんだよ」
さんざん赤目の尻を舐めまわした藤木は、「今度はおれの番だな」
とろんとした目をしています赤目は見せつけるように、藤木の巨大なものを手にすると、舌で舐めるのです。
だらんとした、骨のない物体。赤目は大きく口を開いて、その先端を頬張りました。

それだけで、藤木は反応し、男根に力が満ちてくるのがわかります
こうやってやると、こいつは反応するんだぜしゃぶりながら、赤目は解説します。そして、唾液を垂れ流しがら、て、顎が外れそうなのに、尖った先端部分を口にします大きな口をあけ矢印のような格好をしているのではないかと想像していた男性器ですが、藤木の場合は、まさにフランスパンで、そのままズドンと幹の部分につながっています。
むさぼるように、赤目は、喉の奥まで飲み込んでいくのです。
それを吸い上げました。
何度か頭を激しく動かして、赤目は藤木のものを飲み込み、するとそれは、ピンと硬くなって屹立したのです。
「へへへ」
笑いながら赤目はお尻を藤木に向けて、両手でお尻を開きながら、その上に腰を下ろしていきほす笑いながら、目をつむり、あれだけ大きなものを、赤目は受け入れていくのでした。
あれがすべて赤目の中にやがて、座っている藤木の上に、入ったのでしょうか。
「とんだ親戚だろ」
ぴったりと重なりました。
ゆっくりと赤目は上下しはじめほす。あれだけ太く長いものをやすやすと受け入れているのです。赤目のお尻から藤木のものが出てきて、また入っていくのが見えます藤木は、おれみたいなやつをカネで買っているんだよ。

仕事のミスは会長のお相手!

仕事で失敗して上司に呼び出されるあかねちゃん。仕事のミスを取り戻すべく、会長へのエロ接待開始。裸になれと要求されて赤面しながら服を脱ぐ、あかねちゃん。そして、テーブルの上でM字開脚でおまんこ見せびらかし状態で、オナニーを要求され、クリトリスを指でクチュクチュイヤらしい音を立てながらいじくりまわします。愛液まみれのまんこに指マンされ、ネチャネチャになったところに会長のデカチンをズブっと生で差し込まれ、最後は中出しまでされちゃいます!放尿、足コキ、フェラチオとまだまだ見所たくさんありますので、どうぞみて下さい!
動画:仕事のミスは会長のお相手!

そういうサイトで知り合って脂汗を流しわたしは、激痛と少し緩やかなになる間があって、ながら、お尻の穴をギュッと締めていました。
そのサイクルの中で、二人の異常な行為を見ていて、熱いしたたりが股間にあふれてくるのも感じていましもし手が自由だったら、きっとオナニーしていたのではないかと思いますいまでは、もじもじしているのは、排泄をガマンしているだけではなくて、あそこが熱くなって耐えられなくなっていたからですとはいえ、赤目の話は少しおかしいと思うのです。そもそもは、昭彦さんがわたしのために知り合いに電話番号を渡したはずです。つまり、赤目と昭彦さんは知り合いなはずなのですその赤目が偶然にも藤木にカネで買われていた^そんな偶然はあり得ないと思います。昭彦さんは、この離れのすぐ隣で生まれ育っているのです。
藤木さんのことはずいぶん前から知っていたはずです。
これは偶然ではありません。
ということは、昭彦さんは、お願い、もしかして…。
うううう、もう限界です,激しい便意が襲ってきて、体が痺れきます。
「だめだ。まだ藤木はイッてないよ」
排泄が許されないとしてもゆっくりと上下している赤目。もし藤木が達するまで、それは赤目の動きしだいということではないでしょうか。
お願いです。早く…「ダメだ」
笑いながら赤目は藤木の上でゆっくり体を動かします「ここで漏らしてしまいます」
そんなことをするのかな?できないだろう?
「助けてください、お願いです」
キャーキャーと騒いでいました。
それが、藤木の耳に届き、彼もこちらを冷たい目で見ながら、楽しんでいるようでし
排泄「おお」
藤木がうめく声が大きくなっていきます赤目がぐいぐいと体を動かします。二人は徐々に夢中になっているようで、わたしのことなどどうでもいいようです。
とうとう、赤目は抜き刺ししながら、器用に体の向きを変えていき、藤木と向き合って、激しくお互いに口を吸いあい、体をまさぐりあいながら、お尻をなおいっそう激しく動かしていきます太い腕のようなものが二人を結びつけているのがはっきり見えます。
光っています。赤目はお尻から愛液が出るのでしょうか。

「出ます、お願いです」
それは濡れてサイクルが徐々に短くなって、とうとう、尻の穴からぴゅっと少し薬液が漏れました。
「じゃあ、そのバケツにしろよ」
緩やかになる谷間はなくなってしまい、限界です。
お激しく愛し合う赤目と藤木は、わたしを見もしません切羽詰まっていました。ゆっくりと体を起こすと、慎重にバケツに腰を下ろします「向こうを向いてケツを見せろ」
藤木と振り返った赤目の目があります反対側を向きます。台所の流し台を見ながら、赤目と藤木の視線を背中に感じて、お尻を突き出します。
「おおお!」
バケツの中にちゃんと入れなくては…。
藤木のあえぎ声は、す熊のうなりのようです。
パンパンと肉と肉がぶつかる音が響きまもう出る、と思ったのですが、緊張しているせいか、それとも、お尻に力を入れすぎたせいか、今度はなかなか排泄できません「いつ出すんだよ。出すときは出すって言えよ」
出してはいけないと赤目の声はまだ冷静そのものです藤木のうめき声が一段と大きくなります。
「出ほす!」
恥ずかしい音を立てました。
最初のちょっとした液体が、「出ちやう!」
バケツの底を叩き、あとは、堰を切ったように、お尻の穴が勝手に大きく開いて、隊たちをどどっと吐き出していくのです。
腸内を荒らし回った兵それは通常のトイレとはまったく違いました。
中から、勝手にどんどん出ていくので腸まで一緒に出てしまうのではないかと思うほど激しいものでした。

まりの好きなオジサマはとってもドS

スーツが似合うダンディなオジサマが、ドMな小泉まりを優しく苛めちゃいますッ!まりのカラダを赤いロープで縛ばり口には猿轡。オジサマの2本指でまりの小さなオマンコを穿ると、フガぁーフガぁーと叫びながら連続イキ!2人で楽しんでいるところに、突然見知らぬ男たちがゾロゾロ登場。何だかオジサマが友達を誘ったみたい・・。それを聞いたドMなまりはフガぁーフガぁーと大興奮!
動画:まりの好きなオジサマはとってもドS

「はぁー、気持ちいいい」
思わずそう叫んでいました。
途中から、牛の乳でも搾るかのように、ジャーと出ては止まり、またジャーと出る繰り返し恵梨香のお尻は壊れていくようです「うおおお」
藤木がうめいて果てているのと重なります長い長い排泄が続き、バケツに液体だけではなく臭い固形物が大量に落ちていきまし「おいおい、本当に汚いゴキだぜ」
赤目が笑っています。
もうなにがなんだかわからず、呆然としながら、お腹の中の暴れん坊たちをすべて押し流してしまおうと懸命にいきんでいました。
少しでも楽になりたいのです。
しばらく時間がかかったと思肩で息をしながら、います。
それが終わったことに気づくまで、へたり込んでお尻を拭くこともできないので、いました。
気持ちよかったんだな。え?
そのまま床に倒れるようにぺたんと、赤目がすぐ横にいました。
「ほら、おまえも、おれのケツを舐めろよ」
彼の痩せた尻が、朦朧としているわたしの顔に押しつけられほす男性の精液の臭いをはじめて嗅ぎました。
藤木のものが、べったりと赤目のお尻目をそむけてしまいます。
舐めるんだ。
きれいになそんなこと、できません逃げようとしたところを、後頭部にがっちりとした指を感じました。
藤木!彼がわたしの頭を両手で押さえつけているのです。
「きゃー」
叫んでも、赤目のお尻が口を塞ぐのです。
「きれいになるまで、何時間でもこうしてやるぞ」
お尻を舐めるなんて…。
それも精液の味のするお尻なんです…。
失神してしまいたい。でも、できません。
目をつぶり、もしそれが、最高においしいケーキだったら、と思い込むようにして、舌を伸ばします。
どろっとしたものが舌に触れます。
口に入れると、たとえようのない感触に吐きそうになります
あたりまえですが、これはケーキではありません苦いと感じました。うつとなるような、普通の食べ物では感じない苦み…。
少ししょっぱい精液。そのほかに赤目の腸から出てきた粘液のようなものが混ざっていますそれは排泄物かもしれません赤目のお尻は、ぷっくりと盛り上がって、南国の花が咲き誇るように、腸がはみ出ていました。タテに割れた女性器のように見えます。それを、すっかり舐め取るのです。
人のお尻の感触を舌で味わうのは、気味の悪いものです。
そこは汚いものを出すとここれは自分のお尻の穴ではないか、自分で舐めるのだ…。
と錯覚します。
そうだ、汚いものをそう思うと、出すところを、ドMのゴキなのですから、汚いものが大好きなのです。
覚悟をして鼻を埋め、舌を伸ばします飲み込んでも飲み込んでも精が、まだたっぷりと口の中に入ってきます赤目は、お尻の中で受けた藤木の精を、排泄しているのです。わたしに飲ませるつもりなのですうなりながら、必死で舐めとりました。
あっ、これは…。
今夜の夕食の味に似ているのは?
わたしの料理にだけ、シズエさんは特別のまずい味に仕上げていました。
それは、怖ろしいことですが、お尻の味であり、精液の味も入っていたようです。
これから毎日、この味に馴らされていくのかもしれません「よおし、今度はこっちだ」
赤目は自分のミニクロワッサンをわたしの口に押しつけます。
になっていました。
そこも精液でべとべと藤木とはちがい、とても小さいだけではなく、すっかり皮に包まれているのですがその中に舌を入れて、きれいに掃除するように命じられました。

うぐううう!
苦しく、つらい作業です。
苦み、少し甘み、そしてこちらはおしっこの臭いまでして、もう、わたしはパニックですグルメレポーターなら「お下劣の宝石箱や」
りません。お便所そのものですと言うのでしょうか。
いえ、宝石ではあもしかしたら、わたしはこれから、もしれません。だったら、やっぱり、「いいだろう」
生きていけなくなるのかこういう味なくしてはそれは宝石なのかも。
赤目はようやく納得してくれたようです「まったく臭いものを出しやがって」
藤木がバケツの中を見て言うのです。
これが明日、おまえの口に入るんだぜそんな臭いを出すために換気扇をかけたらしく、冷たい夜の風が部屋に流れ込んできました。
自分の排泄物を朝食の味付けに使うというのでしょうか。シズエさんならやりかねませんなんという怖ろしいことでしょう。
「おまえは、残念だと思ってるだろうな。処女をおれたちみたいな男が踏みにじってくれると期待していたのにさ。だけどな、生憎、おれも藤木も女には興味がないんだ。いや、正確にいえば女の生殖器には興奮しないんだよ。はっきり言っておくが、おれたちから見ると、おまえのおまんこは、ただ汚いだけなんだ。毎月のように血を垂れ流しているじゃないか。そもそもそこに男性器を入れることは正しいことになっちまうよな自然の摂理のままで、おもしろくもなんともないよ。脳ミソが小さじ一杯ぐらいしかない下等な動物だってやっていることだ」
藤木は自分のグラスに酒をついで飲み干しています藤木はおまえのケツ穴には興味があるかもしれない
驚いたのは藤木です「だめだよ、壊れてしまう」
「ははは、おまえがそんな心配をする男だとはな。おれとやるとき、そんなことをこれっぽっちも心配したりしなかったくせに」
いや、あれは、あのときは
いいんだよ。たしかにおれも、おまえに抱かれることに興味があったんだからな。それだけのでかいものを入れたらどうなるかってさ
もしかして、今夜、やろうっていうのか?
「そうだな。このゴキは昨日、おれが処女膜を焼き切ってやったんだが、セックスを一度もしたことがないのさ。その最初のセックスが、おまえみたいな巨根で、しかもアナルセックスだったら、最高かもしれない」
「できないよ」
「できるさ。いや、やるんだ。これは命令だよ」
壊れてしまったら…
こいつは金持ちなんだぞ。