遂に来た!平成生まれ素人に生姦っ!

キターーーー(*^_^*)平成生まれの素人がついに無修正に登場!!18歳のゆみちゃんと鈴音ちゃんがやってきたのですが、今回はゆみちゃんのプレイを満喫しちゃいましょう!!早速ホテルに向かい、ハメ撮り開始!しかし、緊張してるみたいで、とにかくはずかしそうです!身体を軽く愛撫したら、すぐにマンコが濡れる柔軟なマンコです!マングリ返しされて、バイブ責めやクンニされて最後は生ハメされちゃいます。猫顔のゆみちゃんが顔を歪めて感じる姿は必見!
動画:遂に来た!平成生まれ素人に生姦っ!

「そ、そうなのか…」
この島の男のここまでしっくりくるのは長年の研鑽の結果というわけか、納得
あれ?ひょっとして私に見とれちゃいました?
そ、そんなことは神に誓って決して!
じゃ童貞だって認めたら、パンツ見せてあげてもいいですよ?
なっ
どうせ、スカートの中身がどうなってるか知らないままここまで来ちゃつたんですよね?
んまりにも哀れだから私がみせてあげますけどあ何を考えているんだ俺は!
でも、確かにこれはこれであり…いや、「おい、響、これが船の鍵じゃ」
「あ、持ってきてくれたんだ、ありがと」
ふう違う!
唐突に戻ってきた鉄五郎さんのおかげで、俺は一線を踏みとどまることができた。
危なかったなあ…さっきのあんな格好で迫られたら、本気でどうにかなりそうだった。
「クス…本気で考えこむなんて、やっぱり先輩って変態ですね」
Eからあざ笑いながら、船の方に歩いていった。
くっ…完全に弄ばれた。
「どうかしましたかいのう」
いやなんでも!なんでもないです!
まさか男の娘に篭絡されかけたなんて、言えるわけがない。
た目に騙されないように、重々気をつけなければ俺はノーマルなんだ…響の見そんなこんなでいよいよ最終目的地、隠津島に向けて出発する「響よ、お前ばかりに押し付けてすまんの…」
謝らなくてもいいわよ。あの時連絡くれたの鉄爺だけだったし、「ちゃんと戻ってくるんじゃぞ。決して無理はせんようにな」
「うん」
そこは感謝してるから
その時の響は、歳相応の素直な女の子のように微笑んでいた。
そうして再び俺たちは海へ、波をけって漁船が海の上をひた走る。
でおよそ二時間ぐらいだそうだ。
天気が心配だったけど大丈夫みたいだな
「鉄爺の話だと、暫く晴れが続くらしいですよ」
「ていうか、お前船の運転なんてできたんだな」
ここから隠津島まで、船慣れているのか、響の漁船の操縦方法はなかなか堂に入っている。
それって、蛙にお前泳ぎ上手いなって言ってるのと同じですよ。船を動かせないとここらへんじゃ生活できないんで

「はあ…そんなもんか」
抜けるような青空の下、ボートが一隻。すでに中津島を出て遠くになっている。
の蒼に挟まれて、まるで世界に孤立しているかのような極上の天気空の青と海船の後ろにはこれから隠津島での生活に必要な物資が山と積まれている。
しかし、凄い量だな、こんなに荷物がいるとは思わなかったな…予備を含めて1週間分の食料と水と日常品、それに燃料もある。まさにいたせりつくせり。
「向こうはコンビニもスーパーもないし、島についてアレがないじゃ死活問題ですから」
「そうだな…確かに助かるんだけど、今回の予算に収まるかなあ、この量」
生活に必要な量のためしょうがないが、あとで研究室の教授に叱られるかもしれない。
大丈夫ですよ先輩。”島渡り”の儀式のために島に上陸する名目になってるから、島の町内会から出させました!

都合悪いですか?
「いや、そんなことないよ。むしろ大助かり」
「お前が用意してくれるって言うから、こっちは準備してこなかったけど…でも、まさかここまでしてくれるとは思わなかったよ…」
自発的に島との交渉役になってくれたり、必要な物資を手配してくれたり、明らかに手伝いの領域を超えている。
「なあ…どうしてここまでしてくれるんだ?単にバイト代だけが目当てじゃないだろ」
しばしの沈黙。なにか口を開きがたい雰囲気だ。
「鉄爺から聞きました?私の友達の話」
「ああ、お前の友人行方不明になったんだってな」
生と巡って言うんだけど、私の友達だったんですよ。
最ももうこの世にはいないみたいですけど…

えーっと!
「その二人は島の中でも立場が微妙なんですよね。特に七生姉は島を復興させようって、色々がんばってたから…そのせいで年寄りから睨まれちゃつて」
睨まれるって、なんで?
「ここじゃ、新しい事を始める人間は煙たがられるものなんです。それがどんなに利益をもたらすのだとしても、現状を変えるということは悪としかみなされません」
「おいおいそこまで言うことは…」
先輩はこの島のことを何もわかっていません。この島は死にかけの病人なんです。七生姉たちはそれを立て直そうと思って必死にがんばってたのに、役所の連中や島の皆はそれを見捨てた。
でも、それは島を捨てた私も同じなんです!だから、ここで何もしなかったら私もあいつらと同じになっちやう!
「本当は行方不明の連絡があってから、今すぐにでも駆けつけたかった。でも、島に立ち入る許可はもらえなかったし…本当に大事なら、そんなこと無視してでも入るべきだったんだわあの二人は私の友達なんだから…だから、これは私の償いなんです。先輩が気にする必要はありません」

三発目はどこで出しちゃう?

お姉さん系の綺麗なお顔にスレンダーなボディーを兼ね備える、ほのかちゃんの登場です!!いきなりいやらしいオナニーを始めおまんこをグチョグチョに濡らしちゃいます。さらには、男優さんが、バイブと電マでオナニーのお手伝い、何度も、ほのかちゃんをイカせちゃいます。イキまくり、チンコを求める、ほのかちゃんにフェラチオしてもらいギンギンになったチンコをおまんこに挿入して、次々に体位を変えながら激しく突きまくちゃいます。上のお口と下のお口でたっぷり精子を受け止めて、三発目はどこで受け止めるのかぁ?気になるそこのあなた!今すぐご覧になって確かめてください!!
動画:三発目はどこで出しちゃう?

「そうか…、お前そういう理由で…」
せめて、船の残骸とか、遺品とか見つかればいいんですけどだから、積極的にこの調査に関わってくれたのか…
なるほど、よくわかった…ところで、もう一つ質問があるのだけど
下着は女物はいてますけど?
違うよ馬鹿!ってパンツはいてるのぉ!?
なんてね、気になります?
油断した、あまり相手のペースに乗せられないようにしよう。
ランブオイルや、薬はわかるのだが…なんだこの銃って?しかも何でトカレフ?
「それは護身用です」
「だから、なんで護身用に銃が必要なんだよ。島に獣がいるなんて聞いてないぞ」
「獣じゃなくて対人用ですから」
「対人?」
「どっかの国のせいで、急に人がいなくなる事件ってありましたよね。特に日本海側とか」
なるほど…対人用か「だから、きたちょう…」
言わなくていい!分かってるよ、全部言わなくていいから!
「可能性は少ないけど、半島には近いし一応用意しときました」
「俺はこれの入手経路のほうが疑問だよ」
鉄爺が取引してる、知り合いの中国人と交換したらしいです。ああ見えても顔広いんでどういう知り合いで、何と交換したのだろう?
疑問は募るが、それを尋ねる勇気はなかっ中津島か…ここは俺の想像している以上に、ディープスポットだったらしい。
それからおよそ11時間後…そろそろ、「先輩、見えてきましたよ」
隠津島の島影が見えてくると思うんだけど青の線上にぽつんと浮かぶ黒点が見る見る大きくなって、それはやがて島の緑を反映させて「あれか…」
神の住む伝説の島が目の前に現れた。
ようやくだなあ…思ったより遠かったぜ。
しかし…ふと見ると、響が空を見て厳しい顔をしている。

「どうした響?」
「空の様子が変です」
「雨か?」
いえ雨どころか、もしかして時化になるかも…
そんなこと解るのか?あまり変わらないように見えるけどしかし、海も空も今はとても穏やかで崩れるような気配すら窺うことが出来ない。
「思ったよりも、雲の流れが速いこの分じゃすぐに崩れます。先輩、上陸を急ぎましょう」
そう言って、ブシュー響が急いでエンジンを回そうとした。
あれブシュー「ひょっとしてトラブル?
エンジンをさらに急がそうとしたのだが、プスンと言って動かなくなってしまった。
そうみたいですね」
嘘だろ、なんでこんな場所で!
ブシュ必死にエンジンをかけようとしているのだが、さきほどからうんともすんとも動かない。
ゴロゴロッ!!
なんだ、いきなり雷が!!
「おいおい、マジで雲行きが怪しくなってきたぞ」
もう、しょうがないですね!はいこれ!
「オール渡してどうするつもりだよ」
急いで漕いで!島までもうすぐだから!
「マジで?」
だから急いで!こんな小さい船はひとたまりも無いですよ!
おいおいまじかよ…
うおおおおおおっ!!
急に天気が荒れて嵐に遭遇する。海は大いに時化って、
先輩、しっかり掴まってて!
そう言われても、この揺れでは…!
船は木っ端のように左右に揺れる。
とか言っている間に、船は大きな横波を被り大きく揺れる。
「もうだめだ!!死ぬ!!」
ごちゃごちゃ言う前にしっかり漕ぐ!このままじゃ本当に死にますよ!
こんなに揺れてる中で、漕げるかよ!
わにあ
こんなの前哨戦に過ぎません。
本格的に荒れだしたら立つこともできなくなるんだから!
くそっ!島を目前にしてどうしてこんなことに!急いであの島に船を着かせないと…このままじゃ俺たちも響の友人のように海の藻屑と消えてしまう!
ゴゴゴゴ
あー、言っている間に横波が!
もうダメだ!!
パニくらない!
映画じゃそうです!
「だと言ってもどうするんだよ、この状況。エンジンも壊れてるし、オールで漕いでも全然進まないし!あんな波避けられるわけがねー!」
だったらエンジンをかければいいんです!
どうやって?修理してる時間なんてないぞ!
こういう場合は、チョップで治るって相場が決まってるんですよ!
なっ…それは諸刃の剣では!?
一か八かはああっ!
こういう時は焦った奴から死ぬって決まってます!
少なくともハリウッドドンッ!ブロロロロロ
おおおっ!
エンジンが回り始めた奇跡だ!
プシューあれボンッ!!

美神あやがぼくのお嫁さん

ハミ尻ホットパンツで掃除機をかけるあや。そうだ、美神あやと結婚したんだ!ダ○ソンも真っ青な吸引力のあやの尻に吸い寄せられて近づくと、白いホットパンツの向こう側にTバックのシルエットが透けて見える。たまらず掃除機を止めさせてさっそくギャン起ちのチンポをあやに差し出した。キッチンではいつも裸エプロンで立つように言ってあるから、食器洗いが全然片付かずにいつも子作りに発展してしまいます。完全主観でお贈りする、美神あやとのバーチャル新婚生活!可愛い顔してエッチなことが大好きな、アナタのことを世界で一番愛している最高のお嫁さんです。ことあるごとにエッチなことをしようとするちょっぴり疲れるけど最高に気持ちいい結婚生活を体験してください。
動画:美神あやがぼくのお嫁さん

「なあ、響」
「神に祈りましょう」
!もうダメだ!
ゴゴゴゴ..海の中は暗かった。
その暗闇をどんどん沈んでいく感覚…ああ…こんな目に遭うのなら、もっと人生楽しんで置けば良かったしかし、もう何を考えても遅い。
だんだんと手足の感覚がなくなってきた…はあ…そろそろ俺は死んでしまうのか次、生まれ変わるとしたら、もっとマシな人生に…せめて女の子と縁のある一生を過ごしたかった..な…なんだ、これ^光るものがドンドン迫ってきて…あれはいや、これは違う。
敵意とか、禍々しい感じはしない。
これはこの風景は…俺は知っているこの風景を…そしてこの人を誰なのか思い出せなぃ。
あなたは一体そうして正体不明の光に包まれたまま…俺は遠くのほうで誰かに抱きしめられるような、そんな感覚を抱きながら意識を失っていっ「はあ…こりゃすごいわ…」
台風一過したあとの砂浜は、外海からの漂着物などでごった返している。
「いろんなものが、漂着してきちやったんだね」
「これ全部掃除するんだめんど…」
見て見て巡ちゃん、ワカメがたくさん。しばらくお味噌汁の具に困らないわね
七生姉はやる気だ。
しょうがないなあ、七生姉一人だけ働かせるわけにはい自分とは違い、かないし掃除をしていると、外海からのいろんな漂着物に行き当たる。使えるものは拾っておいて、使えないものは燃やせるものなら炊きつけへと分類していく。
流木、ワカメ、天草、ザクマドロップの缶ラッキー、未開封ねこれ「七生姉、こっちに電池みつけた」
「液洩れしてないから十分使えそうね」
漂着物なんてたいていはごみばかりだけど、されてくるからあなどれない。
この浜はたまに防水パックされた食料とかが流漂流した私たちには都合が良すぎる。それもこれも、例の神様のご加護なのだろうか…?
「ここに閉じ込められて二週間ほど経つけど、あんまり不便を感じないよね」
「そうね。必要なものは、浜辺になんでも打ち上げられるから。防水パックされた洗剤とか、薬とか食料品とか都合よすぎ。これも媛神様のご加護かしら」

本当に神様がいるなら。そろそろ私たちを帰して欲しいんだけど…外に出ようにも不自然な潮流に阻まれて、島から出られないしこの状況は、私たちがこの島に着いてから、「はあいつ帰れるのかな」
”島渡り”の儀式を始めてからずっと続いている。
島での漂流生活は思ったよりも快適だったが、そろそろ同じ風景に見飽きてきた。
そうだね。お養父さんたち心配しているんだろうなあ…七生姉もそっと同意する。
ここに来てからというもの、努めて明るく振舞っていたが、やはり私を慮ってのことだったらしい
お父さんたちは心配しているだろうけど、島の連中はややこしい奴がいなくなったって、胸をなでおろしているかもよ!
あ、それありそ
自分の故郷ではあるが、末期的だったからな、あの島は。
あの古臭い価値観をもった連中に苦しめられずに済んでいる分、いたほうがいいのかもしれない。
七生姉にとってはこの島にそんなことすら思えてくる「ねえ巡ちゃん」
「何?」
私たち、どうして閉じ込められちゃつたんだろうね?
「それは多分ね…中途半端だったのよ、あの儀式が」
伝承にある媛神様を、島に渡らせる故事を再現するのがその本来の姿だ。
神が降臨した以後、島はその神威により、繁栄を極めた。
伝承の中では、媛その伝承に倣おうとしている七生姉の気持ちは良く理解できるのだが…肝心の儀式が完全に再現されたかどうかは難しいところだ。
「せっかく詳しい人に聞いたりして、いろいろ調べたのよ」
聞いだって誰に?
「隠津島神社と同系統の神様を祭っている神社の巫女さんにメールして尋ねたの」
ああ、私たちの島と同じように女装習慣があるっていう村の
そうそう。うちの神社って、一度伝承が途絶えているじゃない?巡ちゃんも口伝しか伝わってないって言ってたし。そこの神社は途絶えることなく祭事が伝わっているらしいから、参考に聞いてみたの。その通りに儀式を行なったのがまずかったのかな?
「それは違うと思う。たぶん私たちの手順は正しかった」
そうなの?
「うん、私の勘」
「巡ちゃんの勘なら信用できるかもね」
少し苦笑してはいるが、七生姉も私の勘を無下にはできない。なにしろ私自身、から。儀式の最中、私の身体に降り立ってくる神聖な何を。
伝承の中では男と媛神が島で出会うとあるから、間違ったのはそれ
それじゃ伝承にあるとおり、巡ちゃんと私がエッチしないとダメだったの?
感じたのだあんまり素で言わないで欲しいな、そういうの。
あ、でもこういう場合も百合って言うのかしら?