神戸美人、飼ってもいいですか?(生姦・中出し)

今回登場する素人は、清楚系ギャルと矛盾してるような女のコのぞみちゃんです。しかし、性格はエッチな性格で気持ちいいことが大好きな女のコです。足はスラリと美脚で身体は細身のスレンダーでぷっくらとした美乳が美味しそうです!実際におっぱいを舐め回してた男優もおいしいおいしいと連呼!その後は、フェラチオさせて、首輪つけてバイブをまんこに入れられながら、またフェラチオしてもらい、最後は生ハメで正上位で高速ピストンでクリトリスを擦りつけられながら、イキまくって最後は中出しまでされちゃいます。
動画:神戸美人、飼ってもいいですか?(生姦・中出し)

起き上がっているところを見ると、どうやらすっかり元気になったみたいで安心した。
しかし、あの顔に描かれているらくがきは一体「いきなり大きな声を出さないで。耳がちょっと痛い」
「だってあんた死んだって…」
「生きてるわよ、私も七生姉も」
「久しぶりね響ちゃん」
「嘘…」
「嘘でもないし、幽霊でもないわよ。元気そうでよかった」
ドサッ!
「ちょ、ちょっといきなり何よ…」
だって、行方不明って聞いたから私てっきり死んだかと思って…ぐす私、すっごく
泣いたんだから…悲しかったんだからぐす…「恥ずかしいなぁもう…」
そう言う巡と呼ばれた女の子も、文句は言っているが心底嫌がっている感じではなかった。
「泣きんしゃい他人のために流す涙は、男が泣いていい唯一の機会たい」
七生姉!良かった、本当に良かった!
「よしよし。もう大丈夫よ。お姉ちゃんはここにいるから」
こういうの苦手
と言いながらも巡は満更でもなさそうな感じだ。家族の再会はほほえましいが、よそ者の自分はちょっと身の置き場がないな。
でも、生きてるならどうして帰ってこなかったの?一年もこの島でどうしてたのよ?
1年か外じゃそんなに時間が流れてるのね
死…って?
私たちも帰れない理由があったのよ
「なんというか、説明が難しいんだけどね…」
あははははははっ!マジ?マジで言ってるのそれ?この島は、現在神の結界によって出入りを制限されている…とかなんて中二病なの!痛い、痛すぎるってマジで、あははは「だから、本当なんだって」
「はいはい妄想乙」
なんだったんだ、さっきまでのシリアス展開はこいつ、素の状態だとかなり遠慮ないなぁ。
「七生姉、あの時私は油性マジックを選ばなかった。それだけが唯一の心残りよ」
「理性は大事よ、その一線を踏み越えないでね、巡ちゃん」

「あんたって確かにダウナーだし、変な電波受信してそうだし、オタク要素たっぷりよね。でもごめんね、私ってそういうの趣味じゃないの…ぷぷっ」
「七生姉、やっぱ油性マジック貸して」
「落ち着こうね。いつものクールな巡ちゃんのほうがお姉ちゃん好きよ」
で、七生姉、本当のところはどうなのよ?
「信じられないかもしれないけど本当なのよ」
「七生姉までそんな…」
本当よ響ちゃん。私たちは帰らなかったんじゃなくて帰れなかったの帰れないってどういう理由で?乗ってきた船はあるんでしょう?
「エンジンが壊れてしまったの。簡単な修理ならここでもできるけど。エンジン内部だったら素人には手は出せないわ」
「まあ確かに…」
でも、それだったらカヌーみたいに手漕ぎで帰ってくることも出来たのでは?
そ、そうよ、七生姉ならそれくらい出来るでしょう?
それがねえ、潮の流れが不自然なのよ。いつも島のほうに流されていくの「はぁ?」
「この島からは人力では出られない状況なの。だから私たちは救助が来るまで、ここに住んでいるというわけよ」
で、でも、鉄爺も救助の船を出して捜したって言ってたし
本当?来てないわよ?
「私も見てない」
「こちらから合図を送ったりできないんですか?一応視認できる距離なんだし…」
「何度も夜に火をたいて合図送ってるわよ。のろしも何回かあげたけど、気づいて貰えたことはなかったの」
「だからね、やっぱり私たちは人知の及ばない力で、この場所に捉われていると考えるべきじゃないかしら」
言いたくないけど、それって島ぐるみで、七生姉たちをここに閉じ込めたって考えられな、鉄爺もここに捜しに来たんでしょ?
私もそれは考えたわ…でも「あそうか…鉄爺が私たちを見捨てることはないよね」
「それに私の家は中津島神社の宮司よ。それなりに力をもってる。
しまでする?」
いくら疎まれようとも、島流の家ってそうだったわね。久しぶりで忘れてたわ
「忘れないで、あそこは響の家でもあるのよ」
私の実家はもうあの島にはないのにしては険悪な雰囲気だけど…
違います、遠縁の親戚みたいなもの「素直に叔母と姪の関係だっていいなよ」
え叔母と姪って響、お前いくつ^.「変な想像しないでください。父が晩年に作った子どもが私なんです!」
うちのじい様の下半身はラテン系だったからね
そういう風に勘ぐられるから言いたくなかったのに!この歳でほぼ同い年の姪がいる私の苦労はあんたにわからないわよ!

釣られるフリして釣っちゃいました!

今回は絵を売ってる女の子を釣られたふりして、ホテルに連れ込んじゃいます!早速おっぱいを揉み揉みして、乳首を指でコロコロ弄ると甘い吐息を吐きながら感じちゃいます!クリトリスをチェックすると、ビンビンに起ちあがったクリトリスを口に含みコロコロ転がします!もう、中に入れて欲しいみたいで、我慢できず自ら指を突っ込んでオナニーしちゃいます!!かわいそうなのでチンポをぶち込んで中出ししちゃいます!!
動画:釣られるフリして釣っちゃいました!

「その台詞、そっくり返したいわ」
なるほどなあ…この二人相当ややこしい関係のようだ。
「っていうか、うちの家のことは別にいいの!やっぱり私は閉じ込められたなんて話は信じられない!いいから本当のこと言ってよ」
お前さっきから、なんでまたキレてるんだよ。カルシウム足りてないのか?
「怒ってません、ちょっと不機嫌なだけです!」
それは怒っていると言うのだが。
「たぶん、響ちゃんは私たちが本当のところを言ってないと思ってるから怒ってるのよね」
ぐっ!
「寂しがり屋だからね、響ちゃんは仲間はずれになんてしないわよ」
寂しがり屋と言うか、めんどくさいだけだと思う
私のことはどうでもいいのよーいいから本当のこと言って!また二人で勝手に決めて、二人で行動して、私のことは放置するの?私だけ蚊帳の外なの?”島渡り”するんだったら私も誘って欲しかった。私だってこの島のこと考えてるんだから
「ごめんねそういうわけじゃないの…ただ、これ以上私たちの都合に巻き込んじゃ悪いと思って」
「そうよ響。別にあなたをないがしろにしているわけじゃ…」
あなた見つめ合う響と巡考えてみれば幼い頃からずつと一緒だったんだ。
もう逢えないと思っていたのにここで再会した。
それが死に別れして、二人がどんな思いで居るのか、余人には到底窺うことのできない…あれし、失礼ね!なんで人の顔を見て笑いだすのよ!
「響ちゃん、これ一体何が…」
ようやくらくがきに気がついたか。
「巡ううう!!」
「どうして真っ先に私を疑うのよ」
「なわけないでしょ」
あんたねええぇぇ!!
ああ、あっと言う間に二人は険悪な空気へ
あの七生さん。あの二人って仲がいいはずなんですよね?
「喧嘩するほど仲がいいんです」
「はあ…」
言われてもみればそうかもしれないが、これで話がまた途切れてしまうなあ。
あんたってほんと、前から気に食わなかったのよね!大嫌いなブロッコリー食わせようとするし。気を利かせて本の帯を捨ててあげたら怒るし。勝手に部屋に入ったら文句言うし!
いや、それはお前が悪くないか
ちょうどいいわ。あの胡椒爆弾の恨みもあるし。
遠慮なく恨みを晴らさせてもらおうじゃなと響がそこいらに落ちている物を、手当たり次第投げつけていく。
ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!
「そんなの余裕」
「おおっ!」
飛んでいく枕やら、座布団やらを、しかし、たくさん投げているわりには一度も当たらない。
巡は余裕をもってすいすいと避けている。
割れやすい皿やガラスコップを投げないあたり、貧乏性なのか、理性が働いているのか。
「ぜいぜい…な、なんで当たらないのよ」
響は単純だから。先が読めるの
くっ…この超能力者が「外に出て、少しは成長するかと思ったけど。あまり変わらないわね。いや…そう言えば少しは変わったかな」

「何がよ!」
「お腹の肉」
「なっ!」
カ!
「太った?そのせいで動きも鈍い」
そそそ、そんなことないわよ!増量したって言っても、まだ全然スリムだし!
「そうだね、二の腕つまめるくらいにはスリムだよね」
ちょっとだけよ、ちょっとだけ!
「都会暮らしで堕落したか。これだから俗物は…」
あ、あんんたねぇぇぇぇぇぇっ!!
響の手からじゃがいもが解き放たれるスポッ「あれ?」
しかし、それは壁を跳ね返って、響の額へと…「へぶぅ!!」
ドスン
あら…大丈夫響ちゃん?
なんという盛大な墓穴。自業自得の見本みたいだ。
「だから、やめた方がいいって言ってるのに」
「殺す!」
「ああ、また始まったか」
テンションが上がっている響は、そこらにあるものを片っ端から投げつける。
あの少女はまるで先読みするように、そのことごとくを避けて行った。
そろそろ話をしたいんですけど「二人とも、そろそろやめなさい」
こいつを殺したら止まるわよ!
「響が死ねばいいと思う。肥料として人類に貢献できるし」
「絶対に殺す!」
巡ちゃんも煽らないでが、巡というしかし、二人の喧嘩はますますヒートアップしていく。
ことなど出来ない。
七生さん、ちっとも止まりませんけど?
こん馬鹿どもが!!やめりぃっち言うとるやろ!
これではとても落ち着いて話をする
あの七生さん?
なんだこの豹変ぶりはさっきまでいがみ合っていた二人もぴたりと止まる
お客様ん前でなんっちゅう恥ば晒しよるんねー響!
んの言うこときかん子になったとね!

マンコ図鑑 上原亜衣

やっときた!これを待ってた!AV界の女王・上原亜衣ちゃんのマンコ図鑑が遂に公開されちゃいます!しっかりと閉じられたビラビラマンコをゆっくりくぱぁすると、潤いたっぷりの亜衣汁が溢れてるじゃないの!
動画:マンコ図鑑 上原亜衣

「そ、そういうわけじゃ…でも今のは巡が」
せからしか!
あんた、都会に行ってる間にお姉ちゃゴンッ「ぐっな、なんで私が…」
ついでにあんたも!
バキッ!
「巡!あんたもあんたね、久しぶりに会った友達をおちょくるのもたいがいにしときんさい!次やったらお姉ちゃんげんこつくらわすけんね」
「もうくらってますけど…」
なんね!文句あっとか?
「いえないです」
「なあ響、この人って…」
「普段は温厚なんですけど。島の海産物を売るために外面だけは鍛えているんです。でも切れると怖いですよ」
「そうなんだ…」
「ええ、気をつけてください先輩。島では七生姉の前では両手を下げるなという教訓もあるくらいで…」
「ボクシングの試合みたいだな」
どうでもいいけど、こいついつまで落書きを顔につけてるんだ「七生姉、お客さん引いてるよ」
「あ、やだ私ったら」
「いやもう遅いって」
隠津島神社には一つの伝承があった津島海峡に浮かぶ中津島と隠津島。
のって島に漂着したと伝えられている。
そこにはかつて隠津島比売命なる媛神が、うつほ船に人々は神の来臨を喜び、島に社をたて大切にもてなした。
の霊威が行き届き、繁栄と豊穣をもたらした。
それからというもの、島々には神それ以降、隠津島は媛神の住まう島として、女人の立ち入りが許されない禁足地として定められ、普段は島民の立ち入りも禁止されている島への立ち入りが許されるのは年に一回の”島渡り”の儀式の時のみになったという。
んで、祭られている媛神を怒らせないように、いつしか祭事には男が女装して巫女役を務めるようになったと「そういうこと」
なるほど、それが女装する風習が残ったという理由か。
「伝承にはまだ続きがあります。媛神はかつて島にいる一人の男と恋をした。しかし、神と人では結ばれる運命にはありませんでした。”島渡り”の儀式とは媛神の魂を慰めるために、媛神と結ばれなかった男性との故事を再現する儀式なのです」
しかし、我々では完全な再現にいたらなくて…「本来儀式には、男女一組が必要になってるの…私たちじゃ無理よね」
「ふうんなるほど…そこで俺に手伝って欲しいとそういうことか…」
「そういうことです」
一応は理解したけど、まだ疑問が残るなあ。
「手伝うのはいいけど、儀式の再現ってどんなことですか」
で「え?」

なんだこの反応は、二人とも頬を赤くしてうつむいている。
要するにセックスですよ!
はあぁあああっ!?
い、今なんて言ったんだこの人は,「男の人の肉棒を相手の性器に…」
いや、内容じゃなくて!そういう意味じゃなくて本気で言ってるの!?
「いいんですよ。どうせこの島少子化ですし。私たちが出産したほうが村にとっても喜ばしいんです」
「はあ…」
笑顔あっさり出産と言ってのける七生さんに、俺はたじろいだ。確かに昔は外から子種を迎えるという風習はあったみたいだけど…いきなりセックスというのは
しかし七生さん、出会って間もないのに、いきなりそういう段階に入るというのはなんと「気にしないでください。
認知しなくてもこちらで育てます。
一切お手間はかけさせません」
ぐっ..すごい勢いだ…なんだこの人、田舎ってそういうものなのか「無理無理、この先輩は童貞だから」
「あ、童貞なんですか。良かったですね。三人の可愛いヒロインが食べ放題ですよ」
わ、私も入ってるの!?
「こいつ男ですよ?他の二人はともかく」
「はぁ何を言ってるんです先輩?ここに居るのは全員…」
「響ちゃん、口はわざわいの素4」
「それって詐欺じゃない…」
響が急に口をつぐんだ。何を言おうとしたんだろ…「と言う訳で、幸人さんには是非我々を犯していただければ…」
「七生姉、表現が直接すぎ」
精液を流し込んで頂ければ「酷くなってるよ」
ななんなんだこの人たち…あまりの展開にこれは夢かと思ってしまう。
いや、確かにこんな可愛い女の子に言い寄られるというのは悪い気はしないけどもダンツ!
「あら?」
ふと横をみると、響が立ち上がったところだった。
もういい、付き合ってらんない!