受験性へ安奈サンタからのプレゼント

安奈サンタからのプレゼント!!何かな何かな?それはなんと中出しセックスのプレゼント!!スレンダー美形モデル渡瀬安奈ちゃんが淫語責めやフェラ抜きでチンコをギンギンにさせてくれます。サンタの格好でマンコを舐められ気持ち良さそうによがります。3Pでは、寒さを吹き飛ばすほどの、熱い絡みを見せてくれます。そして、中出しのプレゼントを堪能します。安奈ちやん、最高のプレゼントをありがとう!!
動画:受験性へ安奈サンタからのプレゼント

「親父は…奈月のこと-」
問いかけた声が掠れるまさか。親父までまっすぐに見つめたきれいな瞳が、冷たく笑う「俺には、指一本触れなかったよ…」
あいつが抱きに来てたのは、母だ!あの淫乱女、おまえの親父が来るときは、「あれは、ちょっとぐらい惚れてたのかも!一己?」
奈月の答えにホッとしたとたん、衝撃的な告白を聞かされた。
妙にそわそわしてたぞ…平然とどころか、面白がって答える奈月に、オレは声を失った。
肩をつかむ腕にこもった力に、指先が、わなわなと震え出す。
奈月が眉を顰めた。
「だって、親父は…」
言い募る声も掠れた。
いつのことだろう。お袋と別れてからか?
それとも
おまえの母親もそれが原因で出て行ったんだろう。
知らなかったのか?
奈月がちょっと困ったような顔つきになる。
やっぱりショックで、頭の中が真っ白だった。
オレは、何もわかっていなかったんだ。親父のこと、伯父のこと、奈月のことも、そしてお袋のことも.「ごめん,奈月-ちょっと」
無理やり体を離して、ベッドを飛び降りた。
シーツから身を乗り出した奈月が、悲痛な声音で俺を呼ぶ。
俺から逃げるな!
そう叫んでいたのと同じ声だ。
いつもの自信たっぷりな奈月じゃない。
ひどく頼りない。いまにもくずおれてしまいそうなごめん、奈月でもオレには、いまは奈月を気遣う余裕がない。
自分だけの思いにとらわれて、叫び出しそうな感情をギリギリで堪えている。こんな状態じゃ、一人になりたい背後から絡みついてくる視線をあえて無視して、ジーンズに足を通し、シャツをつかんだ。
かえって奈月を傷つける「嫌だっ奈月一己--っ!」
泣いてる--のか?
恐る恐る振り返ったオレの目に、白い頬を濡らす涙の煌きが映った。
なんて…きれいで儚げなんだろう!
こんな奈月の貌を、初めて見る。
焦点を失った漆黒が、妖しく潤んで揺らめいていた。
引き摺り倒して無理やり犯したい!凶暴な欲情を掻き立てる表情だ。
ゴクリと息を呑んだ思わず惑わされそうになって踏み出しかけた足をふいに止めた。
前にもこんなことがあった。確かに…そのときの甘い痛みは覚えているのに、はかなかおそれがいつのことか、相手が誰だったのか、オレには定かに思い出すことができない。
すがりつくように叫ぶ声も、奈月らしくない。
違うっ!だけどいまは奈月に触れられない。触れれば、自分で自分に歯止めが利かなくなる。
何かとんでもないことをしでかしそうで、オレは自分が怖い。

ごめん奈月っ!
微かに囁いたオレに、虚ろな瞳が必死に頭を振った。
銀色の滴が、シーツの上にいくつもこぼれ落ちる子供みたいに手放しで泣く奈月も初めてだった。
これは…まるで別人の貌だ。
なのに、オレは奈月を振り切った。
きびす踵を返して、ドアの外へと夢中で駆け出した。
一人で頭を冷やして、ゆっくり考えなきゃならない。
親父のこと。家を出ていったお袋のこと…オレが、なすべきこと一人になりたくて、闇雲に広い庭を走り抜けた。
青葉の茂った大きな木の幹にたどり着いて、その葉陰に背中を預けて、ようやく詰めていた息を吐いた。
奈月は意地が悪いところはあるけど、オレにあんな嘘をついたりしない。
あれは全部真実なんだろう。
あの親父が、奈月の母親を抱いていたそれだけでもオレにはショックが大きすぎた。
きっとオレには、奈月の気持ちなんてどれほどもわかっていなかったんだろう。とんだ甘ちゃんだ。
だけど、親父だって実の兄の妻。初音伯父も当然それを知っていたんだろう。
オレには、奈月の身に起きたことよりも、そっちの方がずっとおぞましい。
だから、お袋は家を出て行ったんだ。当たり前だ。普通の神経なら、耐えられるはずがない。
不能の夫が、夜ごとに男を求める美しい妻に、血の繋がった弟を与える。

エレベーターガール

最上級のエレベーターガールに扮する、進藤美空ちゃん!スラリと伸びた美脚に、モデル顔負けの長身スレンダー美女です!まずは、カメラ目線で、警備員に悩殺オナニーを見せ付けちゃいます!この前オナニーを目撃した、警備員が乗ってきて、美空ちゃんのスレンダーボディを弄る!クンニでマンコを美味しそうに、じゅぱじゅぱ吸われ、指マンでグチャマンをかき混ぜられると、潮吹いちゃう!後半の中出しSEXも見応え抜群です!客を挑発するHなエレベーターガール美空ちゃんのイケナイ業務内容は必見です!
動画:エレベーターガール

あードクンと、心臓が大きく鼓動を刻む。
じゃあ、奈月の本当の父親が、親父の可能性もあるんじゃ
俺とおまえは、従兄弟なんかじゃないんだ奈月はそう叫んだけど、それは従兄弟じゃなく実の兄弟かもしれないという可能性も含んでいたんだ奈月と初めて出会ったときの、まるで半身を見つけたような懐かしさは、兄弟だったからじゃないだろうか。
考えすぎ…か潤んだ目頭を指で押さえた。
みっともない初音伯父も伯母も、もう三年も前に亡くなっている。お袋が出て行ったのは、十二年も昔だ。いまさら俺がうろたえて、それに、俺なんかよりも奈月の方がずっとつらかったはずだ。
どうなるものでもない。
「奈月..。...」
ぽつりと呟いたとっさに絡みつく熱い腕を振りきって、飛び出してきてしまった。
どう見ても、あの奈月は尋常な様子じゃなかった。
たった一人であの部屋に残されて、どうしているだろう。
それとも!
俺から逃げるな!
くすぶふと、燻り続ける焔のような奈月の言葉が蘇える。
逃げたわけじゃない戻らないと。
奈月が心配だった。
これだから、オレはガキなんだ。一番大切なものを見失いかけていた。
慌てて身を翻そうとして、茂みの向こうに薄紅の影を見つけた。
ひるがえ「なつ…」
声をかけようとして、息を呑んだ。
片手に下げた、漆黒の日本刀。
細い肢体が、ゆらゆらと近づいてくる。
奈月は、桜の花びらが舞う薄物の長襦袢を身に着けていた。
靴も履いていない、素足のままだ。
風に乱れた髪が、ふっと遠い記憶を呼び覚まそうとする。
ながじゅばんまたあの感じだ!何かを思い出しそうな…大切なことを忘れているような!鮮やかな既視感が、瞳を幻惑する
また…俺から逃げ出すのか?
低く問う声が、風に乗って流れてくる奈月のものなのに、誰か別人のようだ。
強い風に翻る紅い袂が、幾重にも舞い散る花弁を思わせる。

思わず振り返って、背後の大木が、初めて奈月と出会ったときのあの桜の古木だと気づいた。
あのときの花の匂いまで、はっきりと思い出す。
その中に微かに混じる血の匂いを感じた。
これは…なんだ?夢か。それとも、オレの記憶-?
「奈月1つ!」
振り下ろされた剣を、間一髪でかわした。
「…どうして、逃げる?
おまえは…俺のものだろう?」
甘やかに掻き口説くような声音が、すぐ耳元で聞こえる。
月光を弾く銀色が、唸りを上げて空を裂く。
右へ跳んで、かろうじてそれをかわす。
へんだ奈月の太刀筋を見きれるほど、オレはまだ腕を上げてはいない。
偶然で何度も逃れられるほど、奈月の剣は甘くはなかった。
勝手に体が反応している。
まるで、奈月の太刀筋を昔から知っているみたいに、その一歩先へと動いている。
もう、置いていかれるのは嫌だ。
独りは、暗くて冷たい。
俺はおまえを迎えにきたんだ。
いっしょに逝こう…またじせいさん呼びかける凄惨な声音は、直接鼓膜に訴えてくるように鮮明に響き渡った。
みたび三度かわした剣が、背中に取った桜の幹へと食い込む。
冴えた金属音が鳴った。
えっ?
なんで桜の木から!?
飛び退りながら振り返ったオレの瞳に、信じられない光景が映った。
こぼれた樹皮の下から朱い光が煌くまるで桜の木が血を流しているみたいに、振り下ろされた銀色の刃の下に、鮮烈な真紅が滴った。
「一己?」
「奈月?....。」
「奈月つ、奈月1つ!」
オレを見上げた漆黒が哀しげに微笑んで、ゆっくりと足元へと崩れ落ちていく。
慌てて駆け寄って、力を失った華奢な肢体を抱き止めた。
大声で呼んで肩を揺すっても目を覚まさない。
なんだか、誰か別の人間が奈月の体を借りてでもいるみたいだった。
オカルトチックな考えに、ブルッと背筋を震わせる。
「それにしても、なんだって桜の木が…」
血を流すなんて、それこそオカルト映画だ。
それに、奈月が剣を振り下ろしたとき、確かに金属音みたいなのが聞こえた。
失神している奈月を腕に支えて、オレは樹皮の傷ついた幹を覗き込んだ。
大きく外側が剥がれ落ちた下に、細長い洞のようなものがあるうろ「あれ…なんか、ある!」
手を突っ込んで、そのずっしりとした重みを持ち上げた。
日本刀…だ!なんで、こんなところにこれも初音伯父のコレクションだろうか。
微かな呻き声を上げて、腕の中で奈月が気づいた。
「奈月?」
蒼白のおもてを覗き込むと、見開かれた闇色の瞳が揺らぐ。
一己っオレの名を叫んで、夢中な仕種で痛いほどしがみついてくる。
さっきいきなり斬りかかってきたときとはまったく別人だ。
可愛くて愛しくて、オレは固く華奢な体を抱きしめた。

競泳水着でムフフ

晴れた春の日。暖かな日差しが市街地を照らし、そんな街の川辺の憩いの場所で、以前、撮影させて貰った娘と待ち合わせ。『今回は変わったHをしましょう。』と、言う事で、彼女に競泳水着を着て貰い、プールか広めの風呂が有る場所でHな撮影をさせて貰う事に。今回はプール付のホテルが空いて無かったので、敢え無く広めの風呂の有るホテルへ連れて行ったのですが、ホテルへ着くと、早速、競泳水着に着替えて貰う事にしました。服を脱いでいくと、スレンダーな身体に可愛らしい小振りな乳首が有ったので、脱いでいる最中にも関わらずに乳首を舐め、キスをしました。着替え終わると彼女を風呂に連れて行き、全身を上から下まで舐めるように見た後は、縁に座らせた状態で開脚させて、水着の上からマンスジを弄ったりしたあとに水着をズラし、マンコを開いてジックリとクンニ。その後、バイブを挿入して彼女の反応を楽しんだあとはフェラをお願いし、ビンビンになった所で彼女の手を風呂の縁に置いて貰い、四つんばいになって貰ってバックから挿入。激しく突いてあげると直ぐにイッてしまったみたいなので、今度は二人で風呂から上がり、彼女には備え付けの椅子に座って貰えるようにお願いをして、再びバイブを挿入。風呂場の中で彼女の喘ぎ声を響かせた後は正常位でチンポ挿入し、更に大きな声で喘がせたので、今度はベットに移動して、本格的に楽しむ事に。ベットでは最初にバイブを使って彼女を喜ばせ、その後、フェラをお願いしたのちに69へ移行。その後、水着をズラしてオッパイをモロ出しにしたあと、背面騎乗位から始まり、色々な体位を彼女とベットで楽しんだあと、正常位で華奢な彼女の腕を掴んだ状態で膣奥を激しく突き、最後は勢い良く彼女の口内目掛けて大量のザーメンを発射して終了。
動画:競泳水着でムフフ

「この中から、刀が…?」
奈月はまだ少しだるそうに、月明かりに透かして深い亀裂の走る桜の洞を覗き込んだ。
オレがあの部屋から飛び出してから、一時的な錯乱状態に陥っていたらしい。斬りつけてきたことも、おち衝動的なものであまりよくわかっていないみたいだ乱れかかる髪を掻き上げる手つきも、ひどくしどけない。
当然だ。ついさっきまで、この体を抱いていたんだから!
そう思うと、肌の下で燻っていたものに火がつくようにカッと熱くなる。
それに、奈月は月明かりに透ける薄物の襦袢一枚という、挑発的な格好だった。
艶やかな薄紅の襦袢は亡くなった義伯母のもので、なめらかな絹の感触が気に入っているのか、奈月は好んで身につけていた。
確かに似合うんだけど、オレは目のやり場に困ってしまう。
特に妖しい月光に、白い肌の微妙な翳りが透けて見えたりすると、ドキドキする。
オレは手にしていた朱色の鞘の刀を、奈月へと差し出した。
オレが見間違えたほど血みたいに鮮やかな赤は、とても長い間木の洞に閉じ込められていたものとは思えない。
手を伸ばしかけた奈月が、小さく指を震わせて目をそらした。
なんだろう。様子がヘンだ。
「抜いてみろよ…」
うなが長い睫に瞳を隠したまま促されて、オレは戸惑いながら刀を鞘から抜き放つた。
奈月の刀を何度か握らせてもらったことはあった。でも初めて握った刀とは思えないほど、まるで自分の刀みたいに、あっさりと鞘から抜ける握った柄も、掌にすっと馴染んだ違和感がまったくない。
ウソ…だろう?状況からして、長い間あの洞の中で雨風に晒されてきたはずだ。
こんなにきれいなはずがない。
なのに、いま研ぎ上げたばかりのような銀色の刀身が青く月の光を弾く「ああ…きれいだな!」
うっとりと呟く奈月の声が聞こえた。
振り返ると、魅入られるみたいに漆黒が銀の抜き身を見つめていた。
「それは、おまえのだ!」
ひっそりと囁く
えっ?
わけがわからずに、とっさに訊き返した。
奈月は、禍々しいほど冴えた光から瞳を離さない。
「もとから、おまえのものなんだ…わからないのか?」
そんなこと、言われたって!
わかるわけない。奈月と違って、オレは真剣なんて見ることも触ることもなかったんだ。
なのにそう訊かれて、「わからない」とは答えられない。
確かに、刀を握った瞬間にそれが自分の一部というほど馴染みのあるものなのはわかったからだ。
だから、よけいに混乱した。

いったいいつから、オレはこの刀を失っていたんだろう。
胸の中にぽっかりと闇が口を開いたような喪失感。失ったときの想いを、こんなにもはっきりと覚えているのに。
「奈月オレ!」
ヘンだ。
さっきからずっとおかしい。
オレに斬りかかった奈月もおかしかったけど、きっとオレにはそのわけもこの刀をなくしたいきさつもわかっている。
ただ思い出せないだけだ気がつくと、頬を暖かな涙が濡らしていた。
この想いは、いったいなんだろう。後悔や痛みやせつなさが胸を締めつける涙が止まらないぼろぼろと雫がこぼれた。
拭うこともできずに佇むオレに、振り向いた奈月がふわりと微笑んだ。
「そうか…おまえは、俺のために泣いてくれたんだな!」
しなやかな指に腕を引かれて、胸の中に抱きしめられた。
薄絹一枚を透かした肌のぬくもりが愛しい。恋しくて堪らない。
奈月の胸で、慟哭した。
もた桜の根元にオレのシャツを敷いて、二人並んで太い幹に凭れた。
奈月の細っそりとした肩に、オレは頭を預けていた。
「初めて、この木の下で奈月に会ったとき、俺はずっと昔から知っていたみたいな懐かしい気がした。
れからも、奈月以外目に入らなくて。いつか、この気持ちが恋だと気づいた」
ひと目で、奈月のことを好きになった…そ告白して、すぐ間近にある白いおもてを見つめた。
「奈月は…俺の知らない何かを知っているんだろう?」
最初から不思議だった。
奈月は、オレが奈月を好きになることを出会ったときから知っていたみたいだ淋しそうなまなざしが、曖昧に笑みを浮べた。