巨乳で痴女で絶品ボディの女たち

超・超・超大人気シリーズ!「巨乳で痴女で絶品ボディの女たち」の第5弾の登場!今回この人気シリーズに参加してくれたのは愛あいりちゃん!あすかちゃん!相原未来ちゃんでーすっ!!3人とも可愛くてヤラシイ巨乳美女が見せる巨乳、大活躍の痴女プレイは圧巻!!パイズリはもちろんのこと一本のチンコに絡みつく6つの巨乳のトリプルパイズリ、そして男の夢でもあるオッパイビンタは窒息必死!!本番も3人まとめて生姦ではめられ、突かれまくり、さらに自ら腰を振りまくり喘ぎまくる痴女たちをご堪能下さい!
動画:巨乳で痴女で絶品ボディの女たち

「ジャズクラブかぁ大人だなぁ…」
二人だけの。
真美子がうっとりと言った。
「何か、貴城先生にびったり…」
「亜矢ちゃん、いいなぁ…」
楓が言った。本当にうらやましそうな口調だ。運ばれてきたアイスミルクにストローをさして、こくりと飲む。
ておいしい「きっと、貴城先生私のことなんか覚えていないわ。亜矢ちゃん、美人だから、覚えてもらっていたんだわ」
「そんなこと…」
このミルクも農場直送だ。
濃く容姿なら、お嬢様然とした楓やチャーミングな真美子の方が上だと、亜矢は思っている。楓や真美子だけじゃない。大学にはきれいな子や可愛い子がいっぱいいる。田舎の小さなエスカレーター校で純粋培養で育った亜矢には、東京の大学はまぶしいことが多すぎた。せいいっぱい虚勢を張って、大人なふりをして、平気なふりをしていても、まぶしいことや気圧されることが多すぎて、亜矢は少し疲れていただからピアノの音色に引きつけられたのかな…”亜矢にとって、生まれた時から聞き続けたピアノの音色は、懐かしく優しい空気を思い出させてくれる。
「…たまたまだよ。ちょうど、私たちと会ってから、あまり時間が経っていなかったから」
ま、そうか
べ、別に結ばれてなんか2「でも、さっき、約束してたじゃん。デートの約束」
私が亜矢と貴城先生の結びの神ってこと?

なぁんだぁ、じゃあ、楓が目をまん丸くしている。
「先生とデートの約束…?」
「そんなことしてないよっ」
亜矢は大急ぎでアイスコーヒーを飲み終えて、立ち上がった。
「とにかく、私と貴城先生は何もないんだから…っ」
小銭入れから三百円を出して、テーブルに置く
私、軽音部の部室に用があるから?
あ、亜矢2今度こそ、亜矢は後も見ずに、カフェから駆け出していた荒い息をついて、バッグの中から電子キーを取り出す息が切れるまで走って、「早かったね」
亜矢はクラブ棟に行った。
バッグの中を慌ててかき回していると、「先生…」
ドアが向こうから開いた顔を出したのは、貴城だった。にこっと微笑む「亜矢ちゃん、貴城先生と知り合いだったんだって?」
部室の中から声をかけたのは、白坂だった。
「いやあ、びっくりした。貴城先生は理系学部の隠し球だったんだけどなぁ」
隠し球?
バッグのふたを閉めて、亜矢は部室に入った。ピアノのふたが開いていて、セッションをしていたらしいことがわかった。
置いていた。ゆっくりとつま弾いていて、音の粒がころころとこぼれ落ちている。
「こんにちは」
白坂はギターを膝に頷いたりしてくれる。
亜矢はバッグを置き、少し考えてから、ピアノではなくキーボードの挨拶をすると、中にいた部員たちが手を振ったり、前に座った。
「新崎さん、ピアノいいよ?」
貫城が微笑んだ。
僕、新崎さんのピアノ、「え」
聞いてみたいな
亜矢はびっくりしたように声をあげた。
わ、私のピアノなんて…

「あ、亜矢ちゃん、うまいですよ」
白坂が言った。
「リズム感がすごくいいんですよ。
まいかも」
そんなことないです2クラシックやってただけあって、テクニックはちゃんとしてるし。
今までのキーボード奏者の中で、いちばんう亜矢は首を横に振った。
中学の頃からちゃんと習っていないから全然うまく弾けなくて…「テクニックは音楽を伝えるひとつの手段でしかないよ」
貫城がさらりと言った。
テクニックももちろん大事だけど、「出たー。貴城先生の音楽論」
もっと大事なのは音を楽しむこと。
それが音楽
部員たちが笑いさざめく「これ聞くために、部室に来ている子もいるからねぇ」
「いや、貴城先生見たいだけじゃない?」
「だから、貴城先生は隠し球なんだって」
白坂が言う「理系学部と軽音部に、可愛い女の子を迎えるための隠し球」
「ずいぶんとしょぼい隠し球だね」
貫城がピアノの前に座りながら笑った。
白坂、もう一度ざっと合わせてみようか。
「あ、はい」
新崎さん、楽譜そこにあるから、一緒にやってみて
キーボードの前に置かれていた楽譜は、ジャズのスタンダードナンバーであるディクファイブだ。
貫城のリードで曲が始まった。
柔らかなドラムのリズムに乗って、軽快な貴城のピアノを聞く。亜矢もコードを追いながら、五拍子が特徴的なポピュラーである。
「じゃ、箭野が吹くはずのメロディを僕が弾くから、あとよろしくね」
軽快なメロディが部室に響く。
亜矢は楽譜にあるコード進行を見ながら、リズムに乗った。
”気持ちいい音楽の中に溶けていく。
身体の中を音楽がいっぱいに満たしていく。
”音を楽しむリズムを刻む貴城の広い背中亜矢はその背中を見つめる“軽やかに跳ねるピアノ。
きらきらと輝くような音のしずくに、亜矢は思わず微笑んでいた。
ほこりっぽいロールカーテンを下ろすと西日が遮られて、「やっぱり五拍子って難しいな…」
床の上にストライプが描かれた。
同じフレーズを何度も繰り返してみる最低限のテクニックは必要だと思う。
リズムはとれるが、とろりとした空気がかき混ぜられて、コードに指がついていかない。
やっぱり、エアコンが微かな音を立てる
少し設定温度が低くない?
足下に冷えた風が吹いた。
窓側にあるドアが開いた。中庭に向いたドアが開くと、「貴城先生…」
「まだ練習してたの?暗くなっちやうよ」
百合と暖まった緑の香りがした。
貴城がいつものバッグを持って、入ってきた。帰る途中だったらしく、「マンション近いから、大丈夫です。工学部側の門のすぐ外ですから」
「ああ、そうなの。お姉さんと暮らしているんだっけ」
車のキーも手にしている。

完全となる飼育2~さよならあなたとの40日間~ 後編

完全となる飼育2 ~さよならあなたとの40日間~ 後編の登場!!前作に負けない仕上がりとなってます。男に自分の思いのままに飼育されて来た、渚ちゃん今回もメチャクチャに責めらちゃいます。しかも、喘ぎ声を出しちゃダメと調教されてしまい、声を我慢する渚ちゃんの表情がなんとも言えず、たまらない。制服姿のまま、身体を責められちゃいます。そして、フェラチオさせて、ギンギンになったチンコ挿入し、ガンガンついた後、胸射してしまいます。あなたなら、こんなかわいい子、どう飼育しますか?
動画:完全となる飼育2~さよならあなたとの40日間~ 後編

バッグを置いて、貴城がピアノの傍に立つ。
ええ。姉がいるから、この大学に入ることを許してもらえたんです。
「信用がない?
私、親にはあまり信用がないから」
ポンと貴城の長い指がキーを叩く。
「…私、いい子じゃなかったから」
いい子じゃなかったから?
子供の頃から、迷子になったり、ストレスで暴れたり…
新崎さんが?
貫城がくすっと笑った。
暴れたの?
自分の部屋で、ですけど。
「そうだね」
小さい頃の話です。
でも、その印象が強烈だったらしくて、いつまでも…手首もほっそりとしてはいるが、やはり男性の手だ。
貫城がそっと亜矢の肩に手を置いた。
小さな頃の印象は残るね。ずっと「でしょう?」
温かな、大きな手だ。
指がすらりと長く、亜矢は貴城を見上げた。栗色の瞳に夕暮れの光が射し込んで、の頭に手を置いた。優しくそっと髪を撫でられた。
「先生…」
わずかにグリーンがかって見える不思議に揺らめく瞳。
貴城の手がそっと亜矢亜矢の髪には少しカールがかかっているが染められてはいない艶のある黒髪が貴城の白い指の間を滑っていく。
でも、今の君はとてもいい子だね
「え…」
「素直で可愛らしくて…そう…とても女性らしい。暴れてた頃にも会ってみたかったな」
さらさらと髪を撫でられるのは好きだと思った。年の離れた姉を持つ亜矢は、ほとんど扱いが長女だった。年の近い弟たちがいたせいだ。
ら、あまり親に甘えずに育った。こんな風に髪を撫でられたのは、いったいいつのことだっただろう。
そんな時に会っていたら、きっと先生私のこと嫌いになっていたと思い未す。ううん、呆れてたかもしれない…「そうかな」
だか貫城の手がぽんぽんと亜矢の髪を軽く叩く。とても優しい仕草だ。
「君はいつ会っても君だったと思うよ。君は…とても心の強い女性だという気がする」
「女性…ですか?」
女の子といわれることはあっても十八歳である亜矢は女性として扱われることなどなかった。
とは思っていない。
「そうでしょう?君は立派なレディだよ」
お酒もまだ飲めない年だ。
自分でも大人の女性貫城の手が亜矢の肩をポンと叩いた。
「さあ、遅くなるよ。送っていくから」
「え、でも…すぐ近くですし」
なぜか貴城の瞳から目が離せなくて、亜矢は上を向いたまま立ち上がった。
視界がふらりと揺れて、倒れそうになってしまう。

「危ないよ」
貫城の腕がすっと支えてくれた。柔らかい香りが亜矢を包む。白いシャツが頬に触れた。
む黄昏の光床に落ちた彼のシルエットに、亜矢は包み込まれていた。
「…すみません」
少し低めの体温が頬に伝わってくる。
斜めから射し込亜矢は微かな声で言った。
甘い香りが鼻先をくすぐる。
彼の胸に顔を埋めるようにして、
転ばなくてよかったどうしていいのかわからなくなって、彼のシャツの胸元をきっ彼の低いささやきが耳元で聞こえた。
く掴んでしまう。
…まだふらふらする3思わず、ぎゅっと身体を固くしてしまう。
亜矢は首を横に振った。
優しく聞かれて、「大丈夫」
「そう…」
空は深い黄昏の色から夜の色に染め変えられようとしていた。
「少し涼しすぎるかな」
低い位置で星がいくつか瞬き始めている。
思わず身を固くした亜矢を震えていると思ったのかもしれない。貴城はすっと腕を回して、亜矢を深く抱きしめた。髪に触れるのは彼の唇。
しく肩を抱かれ、背中を撫でられる。まるでなだめるような、優しく柔らかい仕草だ。大人の男性らしい、余裕のある仕草「寒くはありません」
優でも、もう少しこのままでいられたらと思った。
このまま、彼の柔らかな体温を感じていられたら。
亜矢は小さな声で言った。
でも、肩が冷えているよ
霧が降るような部屋の中で、亜矢は貴城に抱古いクーラーはデリケートなコントロールができなくて、きしめられていた。
「…顔あげて?」
かなり低い温度の風が吹き出してくる耳元にそっと唇を寄せて、彼が囁いた。
「新崎さん…顔あげて」
「でも…」
恥ずかしくて、顔を上げられない。
自分の耳も頬も桜色に上気しているのがわかった。
彼に抱きしめられている身体はクーラーの霧に包まれて冷たいのに、顔と指先は熱くてしかたがない。
「僕に、君の顔を見せて」
「あ…」
「君の瞳は真っ直ぐすぎて、少しまぶしすぎる」
「前言撤回。少しだけ、目を閉じていて」
「ありがとう」
あらがえない優しい命令。亜矢はこくりと小さくのどを鳴らして、そうっと顔を上げた。
見下ろす宝石のように透き通る栗色の瞳。その不思議な色に亜矢はとらえられてしまう。甘い香りと蠱惑の瞳。ゆらりと揺らぐ足下瞳を合わせて、彼は少し微笑むくすりと小さな笑いをもらして、彼は亜矢のまぶたにそっと唇を寄せた。ふわりと閉じるまぶた。長いまつげが震える。
囁きと共に、唇に触れる彼の吐息。そして、柔らかく重ねられる唇彼とキスをしている。彼にキスをされている。頭の中が真っ白になって、そして、何かが弾けたように、パステルカラーのカレイドスコープが彼の指が亜矢の髪を撫で、耳たぶを軽くくすぐる微笑む唇が少しずつキスを深くしていく。

あややと呼んでください。

あややと呼んでください。本家より可愛いかも?まだ硬そうなオッパイもgood〜。バックで見せるお尻がハート型だし〜。黒目がちな目をうるうるさせてスーさんの愛撫に感じております。制服を着せて「先生と呼びなさい。」・・・そんなフェラシーンなんかは犯罪の匂いすら漂っておりますね。ワタクシの〜かなりお気に入りのモデルさんです〜。◎二重丸◎ ★画像一括ダウンロード有り
動画:あややと呼んでください。

回り始めるふわふわと足下が揺らぐ。
こんなこと…いけないのにこの腕から逃れなければならない。
”まだ会ったばかりの人とこんなことをしてはいけない。
亜矢の倫理感はそう言っているのに、亜矢の心の声は首を横に振るこの彼の優しい腕の中で、甘い口づけを受けていたい夢のような時間をずっとずっと過ごしていたい。
ままずっと一緒にいたい。亜矢はそっと両手を彼の背中に回す。そっと抱きしめる。
”大好き…だからこのまま、時間を止めてしまいたい。
唇を触れ合わせ、「…驚かせたね」
軽く唇を吸い、「ごめんね…」
「謝らないで」
重ねるだけの甘すぎるキス。
小さな音を立てて、彼はそっと唇を離した。
亜矢は彼の胸に顔を埋めて言った。
謝るくらいならキスなんて…「…そうだね」
彼は再び、亜矢の髪にキスをする
君は…やっぱり、大人の女性だよ。
「先生…」
僕のレディだ
亜矢の唇に軽く指を当てて、彼は微笑んだ。
「君の前にいる時は、僕は先生じゃないよ」
「え…」
「君は…僕を先生でいられなくしてしまった」
彼がとても困ったように微笑む
困ったね…「困ることはないわ…」
亜矢は少し背伸びをして、「彼の耳元で囁く最初から…ずっと…好きだったから」
初めての愛の告白。
背伸びをして、密やかに囁く
…大好き「ありがとう」

甘く優しい感触額にキスは少し子供っぽいと思ったけれど、「亜矢は…」
その優しさは好きだと思った。
自分の名前がいつもと違う響きを持つように思った。
生まれて初めて呼ばれたようにさえ感じる新鮮な響きの新彼のまろやかな声に乗ると、しい名前。
「可愛い」
亜矢は自分がもう一度生まれた気がした。
愛しくてしかたないと語る栗色の瞳。
「亜矢」
「はい…」
その視線に包まれて、抱擁を解いて、貴城は亜矢の手をとった。
「今を夢と思わなくていいね?」
え?
まるで、姫君の手をとるように。
指先に唇を触れて、彼は言った。

「今のことを…夢だと思わなくていいね」
「はい」
きっと、この関係は密やかなものになる。
学部が違うといっても、教官と学生だ。
表だった関係にはきっとできない。
それでも、亜矢は頷いた。
送ってください手を少し恥ずかしくなって、亜矢はくるりと背を向けた。

その背中を優しく抱いて、彼が言う。
「ありがとう」
亜矢は小さく頷いた。
聞き慣れた言葉がとてつもなく甘い愛の言葉に聞こえた。
真理の大好きな「愛の夢」。
聞き慣れた曲が、今日はいつもよりマンションのドアを開けると、甘く聞こえた「おかえりなさい」
やはりいつものようにピアノの音色が聞こえた。
こ。
気がついた真理が手を止めた。
「ただいま。お姉ちゃん、それ、最後まで弾いて」
「え、ええ」
豊かな音色が響く。
愛を歌う美しい曲に、亜矢はソファに静かにもたれて聞き入った。
真理が再びピアノを弾き出した。
「きれいな曲ね」
華やかに弾き納めて、真理は顔を上げる
亜矢ちゃん、どうしたの?今日は
え?
閉じていた目を開けて、亜矢は真理を見つめたこ。
いつもなら、「愛の夢」
聞くと、そればっかりって笑ってたじゃない
私のピアノなんて、
え…そうだっけ聞き飽きてるでしょ?
忘れっぽいのねと笑って、真理はキッチンに向かった。