にこにこ+ぷるぷるボディ

けしからんおっぱいだ、しかも、そのおっぱいが性感帯の葵ぶるまちゃん。こんなかわいい子が引退してしまいます。みなさん、引退前の貴重なぶるまちゃんの映像です。絶対にお見逃しなく!!まずは、よだれをダラダラ垂らしながらチンコを咥え、ギンギンになったチンコを、あのけしからんおっぱいでパイズリ、この柔らかいおっぱいに挟まれたチンコは我慢出来ずに大量の精子をドピュー!!さらに大勢の男たちに体をいじくられ、ぶるまちゃんのおまんこは洪水状態!激しい絡みも健在!!こんなエロすぎるぶるまちゃんが、見れなくなるなんて、泣けてきます。
動画:にこにこ+ぷるぷるボディ

「女の子の場所」に届いているのです。
「よく言ったね、おや、ちゃんと立ってるよ。うん、ちゃんと立ってる、立ってる。若い子だから仕方方ない。いいんだよ」
「ああああ、あん、や、八重さん、あん」
男がこのような声を漏らしたりしないことなど、頭に浮かばないのか、それとも、声を堪えることすら頭に浮かばないのか。
ヒクンと腰を引きつらせて、上半身裸の少女が震えます。
ああああ仰け反る葵に見えない角度で、サッと抜き出した指先が、私の視線を受け止めます。
糸を引いてる
人差し指の濡れ方を誇示するように、濡れ方を伝えてきたのです。
「あん!」
八重さんは、親指をくっつけては糸を引かせて、葵のその、何とも淫猥な糸をたっぷりと見せつけてから、またもやサッと裾をかき分けて、少女の淫裂を、とらえたのです。
おそらくは、ずっとくすぐられ続けた少女の身体には、ドロドロと噴き上げたくても噴き上げられないマグマが爆発寸前にまで押し込められていたはず。その身体に、八重さんの指が使われているのです。
私は、のぞき穴越しに見た、クリトリスを器用にコリコリと高速で転がし続ける動きを思い出していました。
それを浮かべてしまうほど、仰け反りっぱなしの葵の顔には、痛いのかと見まごうばかりの陶酔が浮かんでいたのです。
しゃがみ込んだまま、肘から先を、少女の裾に割り入て、八重さんは、ねっとりした目線で見上げます。
「さ、旦那様。仕置きも、してやってください。ここを乗り越えさせてホンモノですからね、さ私が良いというまで、胸を触ってやってくださいな」
まるで自動人形のように、私の両手は膨らみかけの乳房を覆います。
掌は、吸い付くように、温州ミカンを一回りほど大きくした弾力を覆います。
さっきのようなお囃子は一切入れず、ただ、葵の様子をうかがうだけ。
「旦那様、あくまでもくすぐるのですよ。
ギュッとヤルと、ひどく痛むはずですからね、ああ先っぽくらいなら、強くつまんでやっても良いかしら。
ま、ほどほどに」
慌てて手から力を抜いて、その表面を撫でるようにスリスリとさすり、掌全体で包むように触ると、途端に、葵の口から、うつという呻きがこぼれてきます。

それに調子づいて、掌と指の腹の部分を使って、茶碗を伏せた程の形と大きさの膨らみを、その弾力ごと楽しみながら、先端へと撫で上げるのです。
らせんを描くように撫で上げると、瘧おこりにでもかかったように、上を向いた口から淫靡な嗚咽が止まらなくなるのです。
八重さんはいつの間にか、そんな動きを見つめるだけで、裾から手を抜いています。
つまりは、葵の官能は、私の両手だけに操られていると言うこと。
しかし、腰をカクカクと遣いながらも、その官能は引く気配は全くありません。
かえって身体に横溢してしまった官能のマグマが見えるように、その表情が淫靡に歪みます。
今こそ、さんざん、焦らしてから、一撃を見舞うべきだと、本能が訴えます。
よし、ここで乳首をジリジリとすそ野から撫で上げた手は、焦らすフリをしていったん手を離した直後、系色の乳首を、両方、一気につまんでしまいます。
「あううう!」
サクラ吊られたままの身体が一瞬浮き上がるかと思ったほど、その反応は過敏でした。
さんざんに焦らされた官能が一瞬にして爆ぜたのかもしれません。
その反応に気をよくした私は、膨らみをキュッと掌に握りつつも、乳首の先端を指先でコロコロと転がします。

ローションチョリース 桜あい

綺麗な巨乳でおっぱいの感覚が少し離れてて、モデル体型のおっとり系女優、桜あいちゃん!!ぷっくーと膨らんだ肉厚マンコに、火照った顔と悩ましげな喘ぎ声!男が夢見る極上なセックスを見せてくれる!!巨乳なのにスタイル抜群のそのボディを艶かしく、ローションをヌルヌル塗りたくる!テカテカ状態で、「すんごい入ってるよ」と自分の指2本をずっぽり入れての激淫オナニー!そしてタマにズズズーッと吸い付きお口に丸ごとすべてを含む極上フェラチオ!まだイっちゃだめだよ~とパイズリしながらも我慢させ、チングリ返しでアナルまでチロチロで男優も悶絶!最後には竿をシゴいてお口でザーメンをしっかり受け止めるこのごっくん痴女!ナマで突かれても「気持ちいいよ~…」と反応抜群!この超スケベ娘のエロさは天下一品!!
動画:ローションチョリース 桜あい

左手は、乳首だけをつまんで、指の腹で小さな乳首を何度も撫で上げるように押しつぶすともはや、身体に弾ける官能は止まらなかったのです。
あ、だ、だめ、だ、だめえーあううー白い身体が弓なりに仰け反ったまま、ヒクソヒクンと全身を震わせました。
乳を責めただけでイケルのか?

その豊かな官能のおかげでしょうか。
少女は、見事なまでの激しさで、オルガスムスに弾けてしまったのです。
体中にケイレンが走った後、ガクッといきなり全身の力が抜けてしまう少女。
私は慌てて、葵を片手で支えながら、赤い腰紐をほどかねばなりませんでした。
少女の重みが、クタッと左手にかかります。
手ひどい責めにあったはずなのに、顔に汗を浮かべている、その表情にはなぜか満足感が浮かんでいました。
しかし、葵に休息を与える気はないようです。
私が紐を降ろして、手首の縛り後を優しく撫でているうちに、動けるようになった葵は、微妙な動きで胸を覆おうとします。
その仕草をしっかりと見ていた八重さんは、のです。
「さあ、葵太、落ち着いた頃だね」
優しい声ではあっても、残酷に「次」
を始めた
まだ、腰紐の跡がついたままの手首を私に優しくさすられている少女に、何事かを囁きます。
え?
驚いた表情を浮かべるところへ分かってるね?覚悟するんだったろ?
を押されると、大きく一つ呼吸をしてから、少女はコクリと頷いたのです。
「よおし。さすがだよ、うん」

ともう一度念にんまり笑います。
「旦那様、いくら男のモノであっても、存じております」
柔らかい胸をあれだけ触れば、どうなるかくらい八重もグッと、ズボンの上から押さえられてしまえば、もはや言い逃れもできませんもちろん、葵のあれだけ美しくも淫らな姿を見れば、勃起しないわけがないのです

「そこで、旦那様が衆道に落ちては困るんでございますが」
クニクニと柔らかな手が、
あ、「男同士快感の期待を膨らませます。
衆道って言うのはね、男と女がやることを、男と男でやるのをいうんだよ」
葵は今ひとつピンとこないようで、潤んだ目のまま、少し顔が横にかしぎます。
しかし、八重さんは、そんなことはどうでも良いようです。
巧みな指使いが、私のモノを軽く扱きます。
「旦那様のこいつが」
見上げます。
しなやかな指使いでカリをくすぐりながら、いたずらな目をした八重が、「こうなったのも葵太のせいでございますから、葵太に、やらせましょう」
え?
その声は、私のモノか、葵のモノか分からないほど同時でした。
しかし、その二人の驚きを無視して、葵の後ろから励ますように優しく囁くのです。
ほら、教えたとおりにやるんだよ。
できるね?
コクリと、頷いてから、その頬を紅花のように色づかせながら、八重さんに背中を支えられ私の前に跪きます。
さっきまでの乳房責めの名残のまま、仁丹ほどしかない乳首は、ピンと硬く立ったまま上半身裸の美少女は、膝立ちになって私を見上げています。
桃色に上気した頬とまだ快感の抜けきれない、潤みを帯びた綺麗な目。
て、
細くしなやかな身体には、掌にすっぽりと包まれてしまう乳房が、私のすぐ目の前です。
しかし、それに見とれるいとまもなく、さっと、後ろに回り込んだ八重さんの手は、あっという間に、ズボンのボタンを外しています。
次の瞬間、下履きごと降ろされると、反射的に、葵は目を閉じます。
それを見とがめた八重さんは、ほら、目をお開け、と厳しい声で叱るのです。
あんたにも、小さいけどついてるんだろ?
目をお背けじゃないよ。
あんたのせいで、こんなに苦しそうになったんだ。
ほら、お願いしますだろ健気に目を開けても、いかにも怖いモノを見る勇気がないかのように視線は、すが、次第にチラチラと視線に入れる少女の目。

看護師パンティー仰天逆さ撮り盗撮2

木村 寿子
動画:看護師パンティー仰天逆さ撮り盗撮2

「ほら、手を出して、捧げ持つんだよ。そう、ほら、お願いしなさい」
怒張を避けまその瞬間、葵の中にどのような葛藤があったのか分かりません。しかし、一度、チラッと後ろの八重さんを見てから、コクッと頷くと、意外にしっかりした声を出したのです。
旦那様、お、お願い致します。ご奉仕させてくださいませ真っ赤になって私のモノを捧げ持つ上半身裸の美少女不似合いな、赤黒い怒張を持つ白い手の向こうには、さっき撫で回した膨らみかけの胸が見えています。
そのさらに下には、男の子の衣装が腰に巻き付いている倒錯。
頭がクラクラするような、退廃の香りが、私の心を包み込んでいました。
この手を味わったのが、つい一昨日のことなのに、ひんやりした感触は、まるで初めての快感の気がします。
「そうだよ、そのまま根本から、右手で握って。
ほら、顔をもっと前だよ」
クッと握られた快感を味わういとまもなく、八重さんは「ほら口を開けて」
と言ったが早いが、少女の卵のように丸い頭をクッと押したのです。
それは指先を付けただけの、それなのに、いきなり少女の顔はグッと近づいて、形だけの押し方のようなもの。
そのままパクリと私のモノを飲み込んだのです。
「歯を立てないように、まま浅く」
もっと口を開けて、そう、唇で挟み込む。
そう、奥まで入れたら、そのジュルっと音を立てて、あの美形の唇が、私のモノを扱き立ててきます。
「そうだよ。オンナのホトで包むのと同じように、げなさい、ほら、喉の奥に入れるんだよ」
「んぐっ、ぐっ」
口の中のヌルヌルを全部集めて、旦那様に捧ジュブ、ジュブ、ジュブっと音を立てながら、先端を喉に当てても、葵は私を飲み込んでいました。
喉の一番の国当たって、ウグッとえずきながらも、一心不乱に、八重に言われるがまま、唇を締め付け、やわらかな喉の奥のヌルヌルを怒張に捧げていました。
しかも、それだけではありません。
ただ言われただけのことをやっているわけではないのです。
その口の中では、言われもしないのに、ヌルヌルと舌を絡みつかせてきます。
凛とした少女の高貴な気配とは裏腹に、男に尽くす天分が備わっているとしか思えない動きでした。
つまりは、絶妙の快楽が、そこにあったのです。

ジュブ、ジュブ、ジュブ次第に調子が整って、そのヌルヌルの腔内は、八重さんのオ◯◯コの中を彷彿させるというか、舌がカリに絡んで、唇がそこを扱き上げる瞬間など、それ以上かもしれません。
そうだよ。調子が出てきた。ほら、もっと早く。そうだ。あお、ちゃんと目を開けて、の様子を見ながらやるんだよ、ほら、あお旦那様パッチリした目が怖ず怖ずと開くと、その黒い瞳がまっすぐに見上げてくるのです。
奥まで入れる瞬間は時にえづきながらも、さらに奥の喉のヒダヒダに押し当てて、私を見上げていました。
ほら、あお、よかったね、旦那様、喜んでくれてる、ほら、もっと早く、そうだよ、もうすぐその瞳には、嫌悪ではなく、私への愛情と呼ぶべきものが溢れていて、けっして、言われて仕方なくやっていることには見えないのです。
「気持ち良いよ、あお」
あお「た」
と呼ぶのはためらわれたのです。
この奉仕は間違いなく、少女の愛情がさせているからです。
八重さんがいつの間にか呼んでいるように、小さな「い」を飲み込んで、あお、と呼ぶしかありませんでした。
気持ち良いと言うと、なおさら嬉しそうな顔をした葵は、突然、表情をゆがめます。
「ほら、あお、気持ち良いってさ、旦那様が、喜んでらっしゃる。
さ、頑張りなさい」
頑張れと言いながら、八重さんの手は、淫らがましく帯の下から差し入れられていました。
おそらくは、その手は、葵のその場所をこすり始めているはずでした。
しかし、その行方を眺める余裕はなさそうです。
軟口蓋のヌルヌルに亀頭がこすれ、そのまま喉の奥にクチュリとぶつかり、引き抜く動きで唇はカリをキュッと締め付けるのです。
急速に高まる射精感を、懸命に押さえている目の前で、八重さんの左手が、ハラリと帯をほどくのが見えました。
「ほら、旦那様の最高潮だ。ここでやめたら、苦しいよあと一息、ここからは、子種を吸うまでやめたらダメだよ。男の地獄だからね。何があっても離しちゃならない」
そう囁きながら、葵の前をふわっと広げてしまいます。
少女の部分が見えてしまう!
ドキンとした次の瞬間、左手が神業の早さで裾をさばくと、あっというまに、目の前の少女は全裸になっています。
目が丸くなった葵。
しかし、怒張に吸い付いている葵自身の身体の影になって、少女の部分は見えません。
それが分かっているのかどうか。
ただ、今もし、葵が己の裸を庇えば、射精直前の怒張を離すことになる。
まだ男を知らぬ少女にとってお「男の地獄だよ」と吹き込まれれば。もはや我が身などかまっていられないと考えたのかもしれません「大丈夫。
お前のチンチンは、この、八重さんがしっかり隠してやるから、安心をし」
確かに、右手は少女の大切な部分を覆っています。
それは隠すためと言うよりも、敏感な場所を猛烈にこすり上げているだけのようにも見えます葵もまた、敏感な場所をこすり上げられ、脚を閉じていることもできないのです。