ひなたん2 VIP特別動画

超大人気AV女優・橘ひなたちゃんがまたまた皆さんチンコを元気にするためにやって来ました。モミモミしたくなる様な完璧な美しいオッパイ!!こりゃたまりません。小さなお口でデカすぎるチンコを絡みつくような、舌さばきでチュパチュパ、音たて舐めまわします。さらにもう一本、チンコが増え大喜び、チンコをシコシコしごきながら、お口も動かし男優をイカセちゃいます。かわいいお顔に付いた精子がチンコをそそらせます!!
動画:ひなたん2 VIP特別動画

「開いて」
と囁き、そっと右手で顎を開かせます。
もちろん眠っている葵が自分で開くはずもなく、私の手で口を開いたと言う形です。
葵は、私がやろうとしていることをはっきりと悟ったはずです。
陶酔の色が浮かんでいるのがはっきりと分かりました。
「飲むんだよ」
夜目にも、その白い相貌に頷きはしなくても、唇を、さっきよりも少しだけ広げたのは、ハイという返事私はその開いた唇の三寸上から、たらりと唾液を垂らしたのです。
受け止めて、コクリと飲み込むと、もう一度、と言いたげに、ゆっくりと唇は開きます。
そこにチュッと、キスをしてから「葵の匂いはどうかな」と耳元に囁きました。ヒクンと肩をすくめたのは、匂いを嗅がれることに対する本能的な羞恥でしょう。
しかし、どれほど恥ずかしがっても「寝ている」葵は、それを断ることができません。ゆっくりと顔を耳元に移動して「良い匂いだね」と囁くと、まるで夢の中の何かを拒否するように、顔が左右に振られます。
「甘い匂いだ。舶来物のシャンプーなんかじゃ、こんな良い匂いにならない。みんなお前の匂いだよ。ああ、素敵な匂いだ」
首筋に唇を動かして、馥郁たる将の匂いを吸い込みながら、ついばむように、耳の下から鎖骨に掛けての道のりを楽しみます。
くすぐったいのでしょう懸命に首を傾けて、柔らかな首筋に唇を届かせまいとしますが「寝ている」
身では完全に防ぐことなど不可能です。
おまけに、油断している反対の首筋を、右手でツッツツーと撫で上げるのですから、目を閉
じたままの葵はどうして良いのか分からなくなってしまいます。

そこで、さらけだしてしまった首筋を唇でついばみながら、また、耳の下まで辿り上がると葵は、身体にわき起こった、なにがしかの感覚に、ヒクヒクと背中を振るわせてしまうのです。
そこをすかさず、鎖骨にチュッと接吻軽く吸い上げるようにしながら、薄い肩の丸みへとついばんでいくと、小さく「あっ」
という声が漏れてしまいます。
よく見ると、自然な形で体側に伸ばされていたはずの両手は、敷布をギュッと掴み閉めて胎内に呼び覚まされる快楽に耐えようとしていました。
すーっと膨らみかけのそこで、またもや首筋を辿り、胸の谷間へと唇を滑らせながら、です今度は顎の下へと横へ滑らせてから、右手では、相変わらず肩から耳元へと撫で上げ続けていくのまるで、ワルツのステップを踏み換えているときのように、スラリと伸びた細い脚は、耐えず小刻みに震え、動き続けていました。
膝は軽く曲げられ、よく見れば、その根本をこすり合わせているようにも見えました。
葵は、ここを触れて欲しくなっているんだ
乙女のみでありながら、たっぷりと他人にくじられて、女の頂点を味わうことを教え込まれてしまった身です。
たえず、サラサラと身体の表面を、優しく撫で上げられ、焦らされれば、あの強烈な快感の炸裂を欲してしまうのは無理のないことでした。
私は、そういう葵の素直な動きを「淫蕩な」とはとらえず、「素直な」と受け止めます。
未熟な身体に溢れてくる快感は人一倍敏感であるのは、すっかり分かっているのです。
膨らみかけの胸のすそ野を、乳首を中心に円を描くように唇で辿り続けると、もはや堪えることすらできず、耐えず「あっ」と小さな悲鳴が漏れてしまうのも無理からぬことでした。
谷間と言うよりも、盆地、という感じですが、膨らみかけの胸の谷間に顔を埋めるようにして、ペロリとなめ上げました。
耐えきれずに出しかける声を、唇を噛みしめて堪える葵。
その表情を見てしまうと、次第次第に、こちらも堪えるのが大変になってきます。
ついつい、右手で、腰から尻に手を伸ばして、サラッと投げ上げてしまうと、「あん」
という透明な声を上げて仰け反る少女の身体。
その反応に、もう我慢できませんいよいよ、少女の胸を味わうのです。
なぜかミルクの匂いのする胸の表面を、軽く弾力を楽しみながら唇で辿ります。
「あっ」
サラサラと唇が滑っていくのは、膨らみかけの胸に、信じられないほどの効果があるようですゆっくりと左右交互に、唇で乳首に届く直前までをじっくりと辿ります。
すぐそばにだけある乳輪のギリギリまで。

いきなり!ぶっかけ隊。Vol.7

可愛い女に、ぶっかけたい!!それは男の夢であり、いつかは達成したい目標だ。そんな男の夢を叶えてくれる女の子を発見!透き通る真っ白な肌、Gカップの超爆乳に薄ピンクの乳首!訛った可愛いしゃべり方!全てが僕らのチンコセンサーにヒットします!そんな癒し系美女・高城ゆいちゃんをぶっかけ隊が突撃ドッキリ!撮影後シャワーを浴びて帰宅しようとしたゆいちゃんをぶっかけ隊こと汁男優達があっという間に襲い、色白豊満おっぱいは曝け出され、お口にもチンコがいくつもぶちこまれて大乱交の幕開け!びっくりしたけどすぐにマンコは準備OKのゆいちゃん!すごいヌルヌルになってるよ!次から次へと差し出されるチンコにむしゃぶりついてもらったら、ぶっかけ隊、発射準備完了!綺麗なお顔にもぷりんおっぱいにもどぴゅぴゅとぶっかけ!もちろんマンコの中にも忘れずに!綺麗な女の子は汚し甲斐がありますね!
動画:いきなり!ぶっかけ隊。Vol.7

「うう、ああ、あっ」
まだ淡く、乳首の明らかに乳首をついばほれることを女体は期待したのです。
乳首に近づくにつれて、高まる緊張を裏切るようにして、そこまで辿った唇は、また、来た道を引き返していきます。
谷間を通過して、今度は、左の胸。
「んっ、あああ」
高まる期待を十分に意識しながら、明らかにがっくりと肩が落ちてしまいます。
んっ、しかし、またもや乳輪に触れるギリギリで、反転してしまうと、表面を辿る快感を受け入れてはいても、乳首に、それが当てられることを予測した女体は、近づくにつれて緊張し、反転する度に、安堵と寂しさを感じているのです。
期待と安堵、緊張と焦れったさ。
繰り返すこと九つ。
そして、ゆっくりと十回目のすそ野にたどり着いたときに、いきなり左の乳首に吸い付いたのです。
「あああん!」
激烈でした。
されるがままの寝たふりをしなければならない葵の手が、とっさに私の頭を抱きしめてしまったほど。
その手をそのままにして、乳首をペロペロと舌先で舐めながら、唇で挟みます。

あぁああああ2もちろん「寝言」です。寝言をどれだけ言っても、私は気にする必要などないのです。
ペロペロペロペロ小さな乳首を舌先で、ネコがミルクを飲むようにして、連続して舐め続けると、もはや私の頭に回した手をどけることなどできません。
目一杯力を入れていないと、どこかに跳んで行ってしまいそうな、そんな快感の暴風に襲われているのだと、ますます、少女が愛しくなります。

右手は、ゆっくりとすそ野から撫で上げていって、指先で乳首をつまむようにコロコロと転がしてしまうと、もはや、どうして良いのか分からなくなったのか、回していた手は、バッと突然離れて敷布を牛と握りしめて耐えるしかなかったのです。
そんな葵の乳首をキュウッと吸い上げて、ます。
あん!あう!
膨らみかけの胸はそのまま、ゆっくりと揉み上げ取れたての温州ミカンの弾力と実の詰まった充実感は、そのまま、手の中で快感の塊となっているのがよく分かります。
そして、いよいよ、今まで、私の自由にできなかったその場所に取りかかります。
恐らく、乳首への快感のまま、葵は予想する余裕などなかったはず。
あああーあぁぁぁん!
まずは、いきなりクリトリスを直撃。
仰け反らせる背中が、グッと力を入れるところを見ると、それだけでも、小さな絶頂を得ている気がします。
敏感なのでしょう。
その反応に気をよくして、乳首を強めに吸いながら、ゆっくりと一番下から、ビショビショに濡れたその場所を探ります。
わずかにへこんだその場所は、そのまま指が入っていきそうな入り口。
しかし、まだ、それには早すぎますが、ふと、これだけグショグショになっているなら、あの激しくイク姿を見てみたいという気持ちが起きてきます。
となれば、一気に、クリトリスを責め続けるのが早道に決まっていました。
「イケ、葵」
私の言葉の意味は分からなくても、クリトリスに当てた指先を細かく振動させた結果なら、身をもつて体験するのです。
「あ、あう、あ、あん、あ、だ、だめ、あ、そんなに、あう、急に、なんて、ああああーいイキます、あああああああうう!イクッ!」
背中が太鼓橋のように反り返って、全身に力が入ったかと思うと、カクンと力が抜けてしまいます。
足先も、ヒクンヒクンと震えてしまったのは、全身に大きな絶頂の波が駆け抜腿も、けたからです。

ここで着替えるんです!

[個人撮影]超絶オトナの美女によるうぶな優しいふぇらちお。見た目とのギャップが…[素人]
動画:ここで着替えるんです!

ハア、腕も、ハア、ハア。
あえぎが治まらない葵の全身に見とれるしかありません。
細い身体の中に、しっかりと女らしい腰つきになりつつあります。
そして、そこから伸びるのは、あまりにも細い脚でした。
その脚を軽く持ち上げて広げてしまっても、葵は、されるがまま。
身体をそのまま脚の間に置いて、まっすぐ見上げると、全身の細さがさらに際立つ気がします。
そのまま脚をグッと広げようとしました。
ん^今日初めて、葵の身体は私の意図を裏切ります。
グッと力が入って、広がらないのです。
「大丈夫、怖くないよ。
入れるつもりはないからね」
イヤイヤと顔をわずかに振るのは、入れても良いんだと言うつもりなのでしょう。ただ、処女の本能があとホンのちょっとの場所に近づいた怒張を恐れて、身体が言うことを聞かないだけなのです。
私はそのまま横に広げるのをあきらめて、上げてしまいました。
「んっ」
両手を膝の後ろに入れると、ホイッと方まで担ぎ担ぎ上げる形で広がった両脚は、葵のビショビショのオ◯◯コをさらけ出す形です。
そのままゆっくりと近づけていきました。
「あああ」
それは、なんというのでしょうか。
一種、安堵の声というのでしょうか、そのくせ、そこに
は物足りな気な響きが込められている不思議な響き。
硬く張りつめた怒張で、処女の谷間を下からニュルリと撫で上げます。
「はうっ」
処女といえども、谷間を辿るときは、気持ちが良いのだというのは美代ちゃんの時に、経験済みです。
私は、葵が処女のまま、男のチ○ポで、快楽を味わうことを望んだのです。
ニュルリ、ニュルリ、ニュルリ撫で上げる度に、肩に担いだ足から力が抜けていきました。
そっと脚を降ろすと、もはや、私の意のままに、脚を広げてくれます。
グッと、カエルを仰向けにしたように広げてしまいました。
これ以上ないほど露骨に、オ◯◯コを広げると、そこにゆっくりと先端を近づけました。
先端は、確かに入り口をとらえます。
クチュ、ピチャ。
くっつけては離す。
クチュ、ピチャ。
くっつけては離す。
入念に繰り返すうちに、くっつけた瞬間に走る緊張がみるみるほどけていきます。
その瞬間を狙って少しだけ、力を加えると、先端がにゅるっと柔らかい肉に包まれる感触。
ヒクンと緊張が走ったときには、また、ピチャッと音を立てて離れます。

そして、また、ゆっくりとくっつけると、今度は、親指でクリトリスをチョンチョン。
あん!
鋭い快感に跳ねる身体に、またもや、クッと力を加えると、ついさっきよりも少しだけ深く挿入していました。
とはいえ、まだ、亀頭の半分も包まれていません。
クリトリスをコリコリコリと連続して刺激すると、今度は、葵の細い腰がヒクンと動いてしまい、また、少しだけ包まれるのです。
忍耐強く、しかし、葵の快感を下げないように、クリトリスの刺激を続けていくと、次第に私のモノがこすれる快感を、身体は覚え始めてきます。
そっとくっつけただけでも、脚がクッと広がる動きをするのです。
オンナの本能かもしれません。
深くオトコを受け入れようとし始めていました。
そして、その分だけ、私のモノは、深く入り込めるのです。
今や、亀頭は完全に没しています。
カリの部分が辛うじて、美肉の端に引っかかるあたり。その時に、いきなり先端が強いヒダに当たったのです。
これが処女膜だな美代ちゃんの膜を破ったときのことを思うと、間違いなさそうです。
しかし、今は、その時ではありません。
ここまで入れることが分かっただけで十分でした。
ヒクリ、ヒクリ。ヌルヌルのヒダヒダは、怒張を受け入れたがっているかのように反応しますます、ぬかるみが増しています。
葵はしっかりと感じているのです。
よし、このまま、貫かないけど、感じさせてやる私は浅い動きを、繰り返し始めました。
その動きは、処女とは言え、だんだんと深い快楽を呼び起こしたはずです。
脚を広げられるだけ広げてさらけ出した、誰も受け入れたことのない女の部分から、眠っている快楽を掘り当てるのです。
そうだ、こっちもだ体を倒すと、小さな乳首をチュッと吸います。
「あう、ああああうう」
小さくても、硬く尖っていました。
それこそが、葵が全身で女の悦びを受け止めている証拠でもあります。
もはや、乙女の中に快楽が走り始めていました。しかも、全身が震えるように感じる姿は、クリトリスだけの時よりは、断然、太い快感なのだと分からせてくれます。
あ、あ、だ、だめ、ああああ!
その時、葵は、夢中でした。
細い両手は、私の首にしがみつくように回されて、全身に力が入ります。

ああああーあう!
い、いくううう!
ヒクン、ヒクソヒクン。
腰がいきなり突き上げられて、注意していなければ、危うく処女地に侵入してしまうところでした。
葵の全身が震えている間中、怒張の先端は葵の美肉にくっついていたのです。