天然爆乳黒ギャル 前編

黒いお肌がたまらない、美黒ギャル・武藤クレアちゃんが、エロマシーンになっちゃいます!!シャワーシーンから始まり、クレアちゃんのエロエロボディを余すことなく堪能できます。 いやらしい音たてながら、濃厚なフェラ、Hカップのおっぱいでチンコを挟みこみ、ムニュムニュシコシコ極上のパイズリを披露し、ギンギンになったチンコを使い濃厚な3Pに突入!! 男優の激しい攻めにイキまくり、中出しされちゃいます。黒い肌から、まっ白い精子が流れ出る!!
動画:天然爆乳黒ギャル 前編

「恥ずかしさが衣装を着てる」とでも言いたそうな程でした。
顔も上げられず、顔も見られないほど恥ずかしいクセに、嬉しくて仕方がないのだという悦びは全身に溢れかえっている葵は、まさに、花嫁の初夜、ということを、私以上に意識していたに違いないのですあの、葵太としての日々など遠い過去で、羞恥心は完全に、元の「姫」
に戻っていました。
ですから、一緒に風呂に入るどころではなく、抱きしめることだって、夜まで「オアズケ」
となってしまいます。
とはいえ、風呂から上がった花嫁が、寝室を密やかにノックした時には、全てを覚悟できていたのでしょう。
この日のためにベッドを二人用に買い換え、近頃流行の洋風の電飾を取り入れていますからガス灯の頼りない明るさではなく、それこそ昼のように明るくなっています。
まぶしそうに目を瞬いた後で、明かりはと言いかけて、私に、後々、と言われると、小さな「ハイ」と答えます。
それこそは、肩まで伸ばした黒髪は、「床入り」
自分の妻となったとはいえ、装飾を極限まで省いた、声で花嫁が初夜に身につけるべき白い夜の衣昔風に、結わないまま背中に流しているのが、この後待ち構えているのことを意識させて、胸がドキドキします。
少女の姿は神々しさを感じさせるほどの美しさがありました。
白い衣装と黒髪は、かえって、西洋人形のような葵の美貌を際立たせることになっていたのです。
しかも幼い頃から磨かれた、挙措は「和の美学」の世界です。男の子の衣装の葵にも見応えがありましたが、こうやってきちんと和装をした動きは、見事にピタリと決まっていました。
「これ、八重さんにいただいたんです」
私の視線に落ち着かないのか、そんなことを言い出します。
「そうなんだ。
よかったね。
すっごく綺麗だ」
女を喜ばせるお世辞はいえなくても、つくづく思った実感なら、言葉になるのです。
「ああん、おっしゃらないでくださいませ。
だ…」
同じ、旦那様、と言うのだって、昨日までと今日からでは意味が違います。
特に、嫁入りを強く意識したこの白衣を身につけると、夫を呼ぶのに恥ずかしさを感じるのは、まだ幼いからかもしれません。
「ほら、言って」
ちょっと口を尖らせて、甘える顔になるのは、幼いなりに私に対する信頼と愛情の裏返しです。一瞬、泣きそうな目をした後で「旦那様」と小さな声。
「はい、我が妻よ」
「あん、何だか恥ずかしいです」
ギュッと自分の身体を抱きしめてから、私を上目遣いで見上げながら、小さな声で、もう一
度「旦那様」と言ってきます。
「ああ、で、でも、やっぱり、殿と申し上げるべきでしょうか、いと八重さんはおっしゃって」
「どっちでも良いさ、君の言いやすい方でいいよ」
「はい」
でも、今はそんな言い方をしなとりあえず、二人にはまだまだ無限の時間があるのです。

あの…不安そうな表情を一つ浮かべた後で、ベッドの上に座る私の前に、ツッと端座する葵です。
本当に、私のような者でも、よかったのでしょうか「何を言ってるの。世が世なら、逆だよ。F藩公主様を我が家が嫁に迎えられるなんて」
「だって、そんなの前の時代のことですわ。今は、もう、祖父も、父も、藩も何もなくなってしまって」
「だけど、君がいる」
「でも」
「葵」
「はい?」
「さ、みんなへのお披露目まだだけど、今日からは夫婦だよ。そろそろ寝ようか」
コクリと頷く葵の手を取ってベッドに上げました。
ちょこんと端座した葵は、私の手を優しく振り払ってから、背筋をピンと伸ばして、その白い手をツッとつき、深々と頭を下げます。
その手つきは、あの指をサッと払って小指の方から降ろす独特のやり方です。
やはり、意識して隠さないと、特に緊張したときは、習い覚えたやり方が出てくるのでしょそれは、「幾久しく、それが、葵なりのけじめを付けようとしている証拠のようなものでした。
殿の元に置いてくださいまし。
白き衣を殿の色に染める覚悟で参りました」
白無垢の意味だと言います。

実録!男に潮を吹かせる超テクってる女

男の潮吹きを見たことあります!!!なんと今回は男のチンポから潮を吹くまでを、無修正でお届けしちゃいます!しかし男性が潮がを吹くのは、射精とも放尿とも全く違ったもの。経験者によれば、潮を吹く直前には体に電気が走り頭の中が真っ白になるような、射精時以上の快感が得られるらしいんです!そして最高級のテクを持ちどんな男にでも潮を吹かせられる女がいたら?お待たせしました、それがいるんですよ。どS痴女・沢本レイちゃん!彼女にかかれば貴方も私も潮が吹ける!エロい言葉で責めながらのチンコビンタに菊門パール挿入、電マ睾丸責めと終わらない恥辱!そして「むきむきしてあげるね」と皮を剥いて、ハァハァ狂いそうなほどに亀頭を刺激っ!辛抱できずにザーメンを発射してもレイちゃんはシゴくのをやめません!その直後なんとチンコからザーメンとは違った透明な液体がどぴゅーっ!これはもう自分の目で確かめてください!もちろんどSなレイちゃんを責めてしまう生ハメも見所!
動画:実録!男に潮を吹かせる超テクってる女

おそらく、石川氏の老妻に、言い含められた言葉でしょう。
「幾久しく、あい頼む。
何度も葵をイカせ、また、私のモノを扱いてもらい、精まで飲ませていたけれども、やっぱ
り夫婦の契りを交わした初夜というのは、女にとって特別なのでしょう。
こうやって、世間並みの決まり1”-葉の問答も、時には必要なのです。
それにしても、今日は特別ってことは…なかなか頭を上げない葵に、フッといたずら心。これは初夜にしかできないかもしれないと思ったら、もう、口が先に動いていました。
ね、葵、実は話しておかなければならないことがある。我が家の家訓だ」
え?あ、は、はい!
いきなり家訓だと言われて、背筋を改めてピシッと正します。
凛とした光を目に宿して、私の次の言葉を全身で待とうとしています。
豸meそれは武家にとって、時に命をかけても守るべきものだからです。
あの 維新の「大逆賊」
となった会津藩は、藩祖の家訓「ただ徳川家のためだけに尽くせ」
とある以上、あれ以外の道は取れなかったと言います。
家訓のために郷土が焼き払われる憂き目に遭うとしても、それを守るのが武士という者なのです。
だから、これを言われて逆らえる武士はいないはず。
もちろん、小さい頃から武家の姫として受けてきた教育も、そうなってるはずなのだと知っていました。
私は自分に不似合いなしかめっ面の下で、懸命に笑いを堪えます。あまりにおかしすぎるから、それを我慢する分だけ、余計にしかめっ面に見えたに違いありません。
「今日から近石家に嫁するに当たり、話しておくべき義がある。葵よ、近石家の妻として、あい聞かんや」
「心根、正しく」
これは、きちんと聞きますという意味。
ピンと伸ばした背中、クッと惹いた小さな顎、そして光をたたえて見開いた瞳。
葵の目の中に微塵も揺るぎもない姫としての決意が浮かんでいました。
だけど、ね、葵、ふふふ。
では、葵、夜具に包まれる前に、まずは、御身一つになられよ
「身一つ、でございますか?え?つまりは、これを」
帯の当たりをはたと押さえて、驚きを抑えようとしている。
神聖な婚礼初夜に、夫の言うことに従うのは当然だったが、前で自ら脱ぐことなど、あるえるのだろうか?
葵、我が家訓である分別ある妻女が夜着を夫の目の厳しく問う声に、ヒクンと肩をすくめます。
なんといっても、夫の言うことに従うことこそが妻の役目だと躾けられているはず。
まして、嫁ぎ先の

「家訓」とあらば、どんなにはばかられることであろうとも、従うのは義務だと葵は思い込んでいるに違いないのです。
困惑と羞恥に身を固くした少女を、私は、自分でも信じられないほどの愉悦で見つめていましたホンの少しばかりの沈黙の後で、やはり、幼い頃からの躾は、何よりも勝ったのでしょう。
「も、申し訳ございませぬ。
ただいま、すぐに」
そりゃ、武士の嫁としての初夜は厳粛にあるはず。
布団に入る前に全部脱げと言われたらひっくり返るほど驚いても不思議はないのです。
だけれど、家訓だと、まして「嫁入りの犠だ」
といわれたら何を言われても逆らえないです。
ワザと、しかめっ面をして、大時代な..”D葉にしているのも、家訓の重さを押しつけるためでした「隠してはならぬ。これは、我が家に嫁してくるに当たり、その身体を全て夫のものとするいみがあるのである。何一つ隠してはならぬ。近石家代々の代表として、私がじっくりと見極めねばならぬのだ」
ごく自然に前を覆った手は、羞恥のために、外すことなど普通はできません。
しかし家訓だと言われれば、それがどんな理不尽であろうと、聞かねばならぬというのが身についているどれほどの羞恥の中で、その手をどかすのか。その羞恥を十分に楽しんでから、ゆっくりと手を添えてどかさせます。
申し訳ございません!
「そ、その手はそのまま、腰の高さの後ろで組むのだ、良いと言われるまで動いてはならぬ」
「はい」
酉洋調練で言うところの「休め」の姿勢です。
「おお、この11月で、ずいぶん胸が大きくなったな」
恥ずかしいです。おっしゃらないで
ただでさえ羞恥に満ちた姿勢を強いられています。
しかし、頬をサクランボ色に染めて下を向いても、家訓を持ち出して私に命じられた以上隠すことができません。いくら恥ずかしくても、家訓に逆らうわけには行かないということなのです。
「何を言うか、西洋では、乳がでかいことは、女として喜ばしいことだし、魅力があるのだぞ」
「だ、だけど。この間から、急に大きくなってしまって」
男の子だと無理やり言い張った、あの、かどうかという所まで成長しています。
「動かない」
申し訳ございません!
茶碗を伏せたようなオッパイは、今や、手に収まる顔を背けて羞恥に耐えている葵の前で屈み込むと「ああ」
とため息ともつかない、羞恥に苛まされた声が小さく聞こえます。
顔を近づけると、ヒクヒクと小さく震えているのは、あまりの羞恥にしゃがみ込んでしまいそうなのでしょう。
お腹から下に顔を移動します。

ハタノワールドへようこそ パート1

アジア ユーラシアシリーズvol.05 ロリでかわいいハーフ娘エイプリルが顔に似合わない極太バイブでイキまくり
動画:ハタノワールドへようこそ パート1

「あああ、そ、そこからは…」
ワザと息がかかるようにすぐ近くで視線を移動させ、顔ごと見ている場所を進めていくとその先にある場所を意識して、押し殺した悲鳴のようなモノを喉の奥でならします。
「おや、毛が生えているじゃないか」
「え?そ、そうなのでございますか」
知らなかったの?
「そのような場所は、自分で見たりはしないものなのです」
「そっか、じゃあ、もっとよく調べねばならないな」
「ああ、ま、まだでございますか?葵は恥ずかしゅうございます。も、もう、堪忍を」
「そ、まだだよ。夫の気が済むまで、葵は、全てを広げなくちゃいけないんだ。これからの二人の新生活のためにね」
「あああ、は、恥ずかしいのに。ああ、は、はい、葵は、旦那様の前に、何一つ隠せないのですね。あああーそのように広げるなんて」
「そうだよ。さ、このまま仰向けになって。そ、そうだよ。ほら、脚を持ち上げて、自分で持つ
んだ。
自分でさらけ出すのが花嫁の務めだよ」
そう言われれば、もはや従うしかありません、どれほどの羞恥に胸を焦がしていても、その細い脚はゆっくりと持ち上がってくるのです。
仰向けのはま、大きく広げた形でスラッとした脚をやや曲げた形で持ち上げると、そのまま膝の裏側から自分の手を通して、自分の手でさらに持ち上げさせます。
「あああ、お許しを…」
「葵、我が家訓に従って、このままを保つんだ」
はいううう、そ、それでも、あああああう、だ、旦那様、お慈悲でございます、堪忍「ほら、これでどこも隠せない」
ちょうど、Wの字を逆さまにしたような形で広がった股間は、思った以上にあからさまな形でした。
「お願いでございます、もう、お慈悲を、ああ、ご覧にならいでくださいませ。旦那様ぁ」
なあに言ってるの。もう、何度も見たことあるじゃないの「そんな、あの時は、こんなに明るくなかったし、男の子のふりをしていた葵太でございますか恥ずかしさのあまりかも知れませんが、理屈にもならぬことを口走りながら、真っ赤になった葵が悲痛な声を上げて、恥ずかしがります。
しかし、その声のどこかしらに、羞恥以外の何となくの淫靡な薫りをかぎ取ってしまったのは、最後までとはいかなくても、既に二人が何度も絶頂を与え、与えられていたからかも知れません。
私はわざと、言葉にします。
うん、よく見えるねぇ」
大きく広げた脚のせいで、白い桃割れはパックリと口を開けていました。
「ああ、お許しを!旦那様、堪忍っ」
「動いてはならぬ。こうしてじっくりと見つめるのも、我が家訓なのだ」
「あああ、そ、そうなのでございますか、ああ、恥ずかしゅうございますのに。あああ、を、あああ、旦那さまぁ、ああ、でも、お願いでございます、ああ、お願いい」
お許し脚を広げさせた途端に、狂ったように「お願い」
を繰り返す葵ですが、その姿勢は崩せない
とのが、身体にしみこんだ躾というものでしょう。
武家の長女として育った葵は、家訓だと言われて夫に命じられた以上、そこに逆らってはならないというのが第二の本能のようになっているのです。
広げた細い脚がふるふると震えますが、白い桃割れが足の開きに引っ張られて、明るい光の下でくっくりと見えています。
あまりの羞恥に、閉じることだけはできないのです。

目の前には、さらに口を開けてしまいます。
羞恥の秘裂の中身は、ドキッとするほど赤くなったその場所は、ちょこんと清楚に閉ざされた「入り口」は、まるでそこだけが別の生き物であるかのように、ヒクヒクと動き、その上には、ピンク色の小さなヒダに包まれたクリトリスが、ちょこんと顔を覗かせています。
「ああああ」
入り口のヒクヒクを、さらに良く見ようと、顔をグッと近づけた瞬間、葵のか細い悲鳴がわずかに漏れたのです。同時に、小さな入り口はキュウと収縮してから、あっという間に、透明な蜜をにじませてきたのです。
「あれ?」
「あああ、いやあ、おっしゃらないで!いや、いや、いや、いやああ」
「濡れてるよぉ、葵」
キュウッと強烈な収縮を繰り返し、そのたびに、中から蜜が溢れます。あっという間に、それは白い桃割れの谷間を満たし、下に見える、すみれ色のすぼまりまでトロリと流れます。
「ああああ、違います。違うのでございます、あああ、お、お願い、もう、堪忍して」
濡れてる葵は、恥ずかしい所をじっくり見られて、濡らしてるよ「あああ、お、お許しを、旦那様、お許しを」
「とっても助平な葵が、とっても可愛いよ」
「あん、そ、そんな、あああ、恥ずかしくて。か、堪忍、堪忍してぇ」
ダメぇ、初夜はこうやって妻の全てを見つめることってのが家訓だからね、穴が開くほど見な「そんな、お許しを、も、もう…堪忍を」
「それにね、見てるだけで濡れちゃうんだもん。葵だって、感じちゃってるってことだろ」
「ああん、そんなこと、ないです、ああ、お許しを、旦那様」
顔を両手で押さえながら、いやいや、と取り乱しながらも、私の目の前から逃げられません
でした。
目の前に、ホンのわずか、数本の産毛よりも少しだけ太い毛が見えて、その先にある桃割れから、透明な液体がにじみ出ていたのです。
そこにフッと、ワザと息を吹きかけます。
「ああああん」
甲高い声を一声はなったのと同時に、一気に粘度を増した蜜が、さらにトロッと溢れます。
「わ、一気にドッと出てきた」
出てくる、出てくる、と煽ると、恥ずかしさがさらに募るせいでしょう、みるみる、洪水になってきます。
あんつー私は桃割れの外側に優しく手を置くと、くばーっと白い肉を広げてしまいます。
「あぁあぁぁ!

悲痛かと思うほどの叫びには、思わず、舌先は、陰核をペロペロとなめ上げて、甘やかな香りが隠れています。
私が口を付けると、少しばかりの磯の匂いが残るその場所は、ドッと露が溢れます。
三回ペロペロしたら、グッと下側の入り口当たりまで顔を降ろして、ベーンと、舌全体で舐めてしまいます。
あああー旦那様、そ、そのような、あ、あう、あああああー