オナニーみせっこ変態プレー

小桜沙樹ちゃんと超変態プレーを楽しい見ます。くさーいチンコが大好きなん沙樹ちゃんは、チンコの汚れをキレイに舐めとってくれます。そんな変態ガールとオナニーの見せあい、センズリを見せつけられた彼女の顔は、輝きに満ちて大興奮!!今度はお返しに自分のオマンコに手を伸ばし猛烈オナニー!!アンアン感じまくります。さらにメイド服で登場し、主人のチンコで、バック、 騎乗位、 正常位、ガンガン突きまくりの中出しフィニッシュ!!
動画:オナニーみせっこ変態プレー

そして昨日の分の日記を書かされます。
宇辻様がそれをチェックして、日本語を少し手直しし、どこかへメールしますその間に朝食をいただきます。
質素です。
肉まんのようなものを11個。
味は甘辛くて悪くはないのですが、なにが入っているのかよくわかりません。
子どもの頃に動物園でみた飼育さんが動物にあげている餌を思い出します。
それが終わると、また種付け台に固定されます。
わかっていても怖いのです。
「先生。
お願いです。
少し休ませてください」
返事はありません。
黙って手足を拘束していくだけです。
「今日は、いいものを用意させたから」
彼はしばらくどこかに消えると、別のバケツを持ってあらわれました。
「これはヤシ油だ。
食用にもなるものだから、安全だよ」
だからって…。
スポンジを油に浸して、
ケツ穴もやってやろう。
「どうか許してください」
中に押し込むのです。
海水のようにしみないのはいいのですけど。
いや、浣腸のあとだな。
そうだ。
海水とヤシ油の浣腸ってどうかね
剛介の言いなりになってから、自然な排便をしたことがありません。毎日毎日、浣腸と洗腸をされていて、腸がぶよぶよになっている感じです。そのうち溶けてなくなってしまうんじゃないかとか、大出血して腸そのものを排泄してしまうんじゃないか。
そんな悪夢ばかり見るのです。
「大丈夫だよ、心配ない」
プラスチックの浣腸器を使って、ヤシ油を1リットル入れてから、海水も1リットル入れました
お腹がぷっくりしているね。
妊娠したかな?
腹部をこねくり回されます。
「出ます。出ちゃいます」
「いいんだよ。そのまましていいんだから」
「そんな…」
せめて拘束を外してくれると期待したのに。
したくないなら、こうしてあげるよ
油を含んだスポンジをお尻に詰め込まれます。
「ひい、だめ、壊れる」
「この栓は、自力じゃ出ないかもなあ。お尻が裂けちゃうかな。裂けちゃったらつらいね。
から五日間。裂けたお尻をあのでっかいチンポで犯され続けたらねえ」
「先生、お願いです。出させて。お願い…」
「いいだろう」
これ彼がスポンジを捻りながら、抜いてくれます。
完全に抜けるより早く、大きくなっているお尻から、どっと排泄が始まります。
甲板の上に大量の汚物を噴き出します。
昨夜からの男たちの精液もあるでしょう。

「君には残念なおしらせがあるよ」
排泄物は、船員さんたちが、海水で洗い流していきます。彼らは勤務が終わったら、わたしを犯しにくるのです。
ズルダ王国の決まりがあるんだが、おまえのような女性はいくつか守らなければならないことがあるんだそうだ。その一つが、刺青だ
「えっ」
宇辻様は、わたしの体を撫で回します。
たくさんの傷があります。
治りかけたもの。
同じところを何度も傷つけて治らないもの。
新たについたもの。
彼の指は忘れかけていた痛みを思い出させるのです。
「もったいないけど、しょうがないね。一生消せない刺青をしなくちゃいけない乳房、陰部以外、全身にすることになっている」
「そんな…」
決まりでは、
なんとかこっちで事前に交渉をして、顔、肘から先、膝から下はとりあえず免除してもらっ「それ以外は?」
「入国前に完成させておかないといけないそうだ」
二度と消せない墨を入れる......。
ファッションとして、または志としての刺青には、多くの国で伝統的な意味もありますし、日本にも極彩色の刺青の文化があります。
だけど、わたしに限って言えば、この肌に入れる絵柄は、まともではないはずです。
顔、乳房、陰部、上腕、下肢以外。
「絵柄なんだけど、ここの船員たちが好きなものを入れていいことになっている」
わたしは思わず泣き出していました。
子どものように。
とにかく悲しくて泣いてしまっています正直、種付けは厳しいものですが、剛介たちから受けた日々に比べると、休日のような穏やかなものでした。
パルダ王国の国民性でしょうか。
みんな親切でやさしいのです。
これならやっていけるかもしれないと思った自分が甘かったのです。
「万国共通のシンボルになるだろう」
そして朝から、さっそくそれは始まったのです。
午前中に犯しに来る人たちで、船員のほぼ全員が一巡したことになるらしく、彼らの精液をたっぷり体内に注いでもらったあと、裏返しにされました。
背中からお尻にかけて、全面的に刺青されるのです。
電動ドリルのような機械。なぜか赤い色だけを使うというのです。
左右のお尻に、

女体観察9 富永ひろ美

女性の体は神秘の泉。それは淫口、刺激を与えると中からネットリ。ひとによっては、その形は、様々で神の器と言われる名器などもあります。そんな、女性の神秘的なオマンコをじーっと見つめて観察してみたいと思ったことは無いですか?あの人気シリーズ「女体観察」が戻ってきました!大人の色気ムンムンの富永ひろ美さん32歳が今回の女体提供者!マンコはパイパンなので毛に邪魔されることもなし!四つんばいにさせたり、クスコで膣内をがっちり開けることで、中の粘膜部分までしっかり観察!実験的試みですからね、色々やりますよ!泡立ち白濁液が溢れ出すマンコに、にんじんや茄子まで入れてしまいましょう!もちろん見てるだけじゃ満足できない!ズルッジュルッと卑猥な音で吸い付くフェラテクはさすがのお姉さま!ナマチンもしっかり挟み込みザーメンをくぱーっと搾り取るマンコは極上物!!
動画:女体観察9 富永ひろ美

「AYUMI」と文字を刻まれます。肩胛骨のあたりにも「AYUMI」
と刻まれました。
痛みはそれほどでもありません。
そのあとも、犯されては刺青をされていくのです。
名前が三か所に入ったときは鏡で見せてくれましたが、あとは見せてくれません。
うつ伏せになって、ひたすら泣き続けていました。
海水で洗われて、刺青されて。
また海水で洗われます。
皮膚が細く剥がされていくような苦痛。
だけど、上手な人もいて、慣れてきたのか、むしろ眠気を誘うときさえあります。
午後にはスコールがやってきて、一時間ほど、雨の中、放っておかれました。
そして肉まんを食べされられ、海水浣腸。黒人船医の指導で、船員たちがお尻に浣腸しては排泄させて、おもしろがっています。
ヤシ油をたっぷり注入され、男たちは腕を突っ込んで遊びます。
た油を体にまぶしてエステのようなマッサージをしてくれる人もいます。
うっとりしているとまた、機械で皮膚を削られます夜が来て、朝が来て。
二日目はゆっくりと、だけどわたしの感覚としてはものすごく短時間の間に過ぎて行きまし
全身に五月九日月曜日朝がきて、宇辻様がやってきます。
「ほう、すごいことになったな」
背中を撫で回します。
「来なさい」
拘束を解かれ、医務室へ。
どんな絵か、見たいか?
「はい」
船医もわたしを見てニヤニヤと笑います。
姿見を用意してくれました。
自分を見るのさえ嫌になっている自分がいました。
もう、わたしは自分自身でさえないのです。
遠い国に売られた女子大生。
妊娠させられる女。
奴隷として責めさいなまれる玩具。
そんなわたしを見てもしょうがないと思うのです。
宇辻様はビデオカメラを回しています。
わたしが自分で自分を見る様子を撮影しているのです。
正面明らかに陽に焼けています。ずっと外にいましたし、南下しているので日差しは強くなるばかり。
体中にヤシ油をかけられたのですから、たまりません。
別人のようです。
痩せて、目がギョロッとしています。
「先生、歯を磨かせてください」
「あとでね」
唇が荒れています。
幸い、傷はあまり目立ちません。
背中を見る気力がありません。
乳房は少し垂れているように見えます。
あれだけあった針や鞭の痕はかなり薄れていますすごいもんだな、人間の体って、と不思議に思うほどです。
焼けた鉄棒の跡はまだ残っていて、これはもう消えないかもしれません。
日焼けとはまったく違う黒さがあります。
剃られていないので、陰毛が昔のように生えてきています淫らで、崩れた陰部。陰毛よりも目立ってしまっています。
全体に、華奢になったような気がします。鎖骨は浮き出て、あばらの一番下のほうなどは、浮き上がって見えます。
ただ、驚いたことに、生まれてこのかた、こんなにウエストが絞られたことはなくて、そのくびれに少し感動してしまいました。
お尻が大きくなっていることもあるかもしれません。
そしてつい、振り向いてしまったのです。

赤いなにかが背中にあって、直視できず、向き直ります。
ちゃんと見たらどうだ!
泣きそう。
ゼッタイに、泣いてしまう。
ゆっくりと振り返ります背骨に沿って、首の付け根に向かって屹立した赤い男根がそびえていました。
肩胛骨には天使の羽の中に「AYUMI」の文字が左右に。でも、それは全体からはすごく小さいのです。
その周辺に、昨日、船員たちが熱心に入れていたのは、大小、さまざほな男性肩から背中一面に、二十以上の男性器が描かれています。
それも、大して上手ではなく…。
センターの上を向いた一番大きなものだけが、真っ赤な濃淡で立体的に描かれていて、遠くから見てもすごく目立っています。
こんなものを背負うなんて…。
お尻の左右に小さく入れられた「AYUMI」。その周辺は真っ白です。
今日はそこにも刻まれるのです。
もし無事に日本に戻れたとしても、水着はムリですし、背中のあいた服は着ることができないでしょう。
ショックでなにも考えられません。
この日のあとのことはあまり覚えていないのです。
船員たちも二巡目になると、最初の夜のようにやさしく扱ってくれませんし、ただ欲望を吐き出すだけになっていきます。
それよりも、みんなが刺青に夢中になっていきました。
お尻には、肛門を示すマーク。肛門に刺さった男性器、浣腸器などが描かれていきました。
夜には腹部に移り、そこには女性器が描かれていくのです。おへそを膣口に見たてて、ものすごくリアルに描かれました。
わたしの実際のあそこを見ながら、少し実物より大きめにデフォルメされて描かれたのです。
その周辺には、潮を吹く様子や、腕を突っ込まれている様子などが、マンガみたいに描かれました。
こうした絵柄は、言葉以上に強いメッセージを持っています。
わたしは、こういう存在だとアピールしているのです。
それ以外の生き方はムリだと船員たちは、こんな体になってしまった亜由美のほうが、やりやすいのでしょうか。
「亜由美はみなさまのチンポ奴隷です。
好きなだけ種付けしてください」
アユミ、スケベ
興奮して再び、次々と犯してくれます。
懐中電灯で照らして、体に彫り込まれた淫らな絵を楽しみながら、犯されていくと、間違いなく妊娠しているような気になりました。

熟女の火遊び飛びっ子装着 〜 開放的セックスに快感!〜

激エロ悶絶女神イキ地獄_Two
動画:熟女の火遊び飛びっ子装着 〜 開放的セックスに快感!〜

吊りと釣り五月十日火曜日自分が生まれ育った場所、知っている人たちがいる慣れ親しんだ空間から完全に切り離されました。
いまはこの体さえ、自分のものではなくなりました。
全身に落書きのような刺青。
とくに腹部に描かれた女性器の絵は、少し目を下に向けるだけいやでも目に入るのです。
これはもう、わたしではない…。
診察室で全身を見せられて、何度も気を失いそうになりました。
点滴をされ、水分や食事も採らされました。
二人の医師は形だけの診察と治療をして、また、わたしを甲板につなぐのです。
すっかり船員たちは、船の備品かのようにわたしがいることに慣れ、使う人も減っていきまで、した宇辻様が退屈そうに、浣腸をして、数人の船員も加わったのですが、昨日ほどの盛り上がり。
もありませんわたしがこれ以上、なにか別のものに変わるわけでもないし。
「釣りでもするらしいぞ」
船長の決断でしょうか。
あれだけ急いでいた船旅も、今日はしだいに速度を落としています。
明日には途中で寄る国の港につくそうで、船員たちは楽しそうです。
小舟が降ろされていきました。
暇な船員たちが、釣りをしているのです。
午後になると、さらにわたしはほったらかし。
どうだ、おまえも釣りがしたいか?
宇辻様に水と食べ物をいただきます。
そうだ。
おまえを餌にしてトローリングでもするか。
このあたりにはサメもいっぱいいるからなにもしゃべる気にならないのです。
男たちがやってきました。
あの黒人たちです。

「アユミ」
名前ぐらいは覚えてくれたようですが、あとはなにを言っているのか、わかりませんでも、彼らが手にしているものはわかります。
釣り針。
それをわたしに取り付けるというのです
いやーやだーやめて!
泣き叫んでもしょうがないのですが、だからこそ叫びたいんです。
その声を聞いて暇な船員たちが見に来ます乳房をつかまれます。毎日、彼らに揉みしだかれて、やわらかく、少し大きくなったような気さえします笑いながらその感触を楽しみ、そして下側をつまみ上げました。
やっと傷が癒えてきたのに。
指先でその感触をしばらく楽しんでいます。
ガツンとした衝撃。あっという間に釣り針が皮膚を突き抜けて肉をえぐって、また先端を飛び出させています。
「ひぎいい、許して。
お願い」
乳房まわりだけは刺青もないのです。
そこに彼らは、釣り針をグサグサと刺していくのです。
わたしは泣きわめき続けます
なにするの。
もう痛いことしないで。
お願いだから…。
ほかのことならなんでもするか左右ともに十本以上の釣り針がつけられ、そこから二十センチほどの釣り糸が垂れ、その先には疑似餌のついた別の釣り針が取り付けられていきます乳首をつまんで引っ張ります。
そこも許してはくれないのです。
「お願い、ちぎれちゃうから。
すごく痛いんですぅぅ」
わめいている間に針の先端がブツッと乳首に食い込みました。
「やめてぇぇぇ」
泣いているのに、両方の乳首に釣り針が突き通り、仕掛けがつけられました。
乳房の仕掛けが終わったら、男たちの関心は下半身に移ります。
笑いながらびらびらを引っ張ります。さまざまな経験をしてきたのに、こうしていたぶられることは、いつも新たな痛みとつらさで、慣れることはないのです。
ぎひいいい、そこはやめて!
叫ぶのも限界です。
外側の大陰唇にぐさりと四つ、そして引っ張り出された小陰唇にも釣り針が突き通ります。