抱き心地良しッ

梨花ちゃんの第二弾がやって来ました。待ってましたぽちゃりカワイイ梨花ちゃんって本当に抱き心地良しッって感じですねぇ。。セクシー水着を着た状態での拘束&目隠しでバイブ、指マン、クンニ、マンコを刺激しまくり、大量潮吹き!3Pで2本のチンコをペロペロ舐め回し、ザーメンぶっかけ!いろんな体位でマンコを突きまくり、中出しフィニッシュ!!愛内梨花ちゃんの、顔も身体も、雰囲気も大好きです。きっと、抱き心地も、ぬいぐるみを抱いているみたいに、柔らかくて、気持ちいいのであろう!!
動画:抱き心地良しッ

「ひっ」
合わせて八つの針をつけられました。
泣いているのに、涙も拭ってくれません。
彼らは本当にわたしで釣りをするつもりなのです。
種付け台からおろされました。
体に絵が描かれた上に、乳房と股間に派手な赤や銀色のびらびらと反射する疑似餌がぶらさがっています。
そんな姿を宇沘様は撮影しています。
台にお腹をのせてお尻を突き出すかっこうをさせられました。
足を開かされます。足首に縄をかけられました。
両手を後ろに引っ張られます。
足首のロープで手首も縛ります。
お腹にも別の縄がベルトのように回されます。
なにをするんですか!
「決まってるだろ。
釣りだよ」
宇辻先生は作業を見守っているだけです。
手足と胴からのローブはまとめられて、別のロープにつながれます。
それはすごく長く太いものです。
見ると船員たちが甲板のフックにそれをしっかり巻き付けています。
わたしの後ろ側は凧のように、手首足首、そして胴体からのロープが垂れているのですがそれが束ねられて1本になっているわけです。
「とりあえず、試してみるようだ」
黒人たちに抱えられて、わたしは甲板の手すりを乗り越えさせられます。
「いやー、怖い」
遙か下に海があるのです。
海に落ちれば確実に死ぬことができそうです。
彼らが手を離していきます。
「こわいよー」
すぐ横に手すりがあるからまだいいものの、わたしは吊り下げられていくのです。
肩が外れそうなので、手でロープを握ります。
口にシュノーケルが押し込まれました。ゴーグルをかけられます。
額にロープが巻き付けられて、それで顔を上に向けさせられました。
金属の大きなフックを黒人がわたしに見せつけて笑います。
それをお尻にぐいぐいと押し込んできました。
それもロープにつながれていくのです。
全員が手を離しました。
わたしは宙に浮いています。手足と胴、そしてお尻の穴で吊されているのです。
ゆっくりと体が下がっていきます。船体に当たりながら、ずずっと降ろされます。
下に船員たちが釣りをしているゴムボートが見えほす。ボートは船からのタラップにつなが
れていて、波に揺られています。
上から見ていたら静かな海にしか見えませんでしたが、おろされていくにつれ、船も進んでいるので、かなり荒い波だとわかります。
しぶきが体にかかります。
温い海水です。
ボートの人たちが笑っていますオッパイやあそこから下がっている疑似餌が海中に達しました。

でも体はまだ下がります。
バシャバシャと激しい波を頭からかぶります。
思わず身もだえしますが、手も足もそしてお尻も痛めつけられます。
波に体が翻弄されて突然重くなったり、思わぬ方向に弾き飛ばされたりするのです。
完全に海の中に漬かっていますパニックです。
手も足も動かせずに、ひたすら引きずられているのです。
ゆっくりしているように見えた船ですが、かなりの速度で進んでいるのですボートの人たちが鈎のついた棒でロープを引っ掛け、少しは安定するようにしてくれました。
枷が錘のようなもので、やせ細ったはずのわたしは、浮力も減っているのでしょう。
波に呑まれると、ぐっと深く引き込まれ、頭まで沈んでしまうのです妙な感じがしています。
ロープが伸びているだけではなく、ロープの元が徐々に船尾に移動しているのです。
ボートもそれにつれてタラップから離れていきますどんどん海水が流れていくので、顔を水面にあげているのはかなり大変です。
シュノーケルのおかげでたまに息ができます。
海水を飲むことはほとんどないのですがゴーグルだけなので鼻から海水が入ってきてしまいます。
むせれば口の中のシュノーケルを吐き出してしまうかもしれません。
手が使えないので、自分では戻せないでしょう。
必死でくわえているのです。
船上から男たちの笑い声が聞こえてきます。
背中にチンポの刺青をした女が、釣り道具として海に漬かっているのですから、見ている人たちはおもしろいのでしょう。
ふと見上げると船からけっこう離れているのがわかりました。
近くにボートがいるからまだしも、本当にこのまま魚の餌になってしまうのではないでしょうか。
波と格闘しながらなんとか息をすることに集中していると、しばらくしてコツコツと体になにかが当たってくるのです。
サメがいると宇辻様が言っていたので、そうかもしれないと怖くなります。
下手に暴れたら噛みつかれるかもしれません。
助けを呼んでも、誰の耳にも届かないでしょう。そんなに大きな声は出せません。
引っ張られる…。

女熱大陸 File.019

綺麗なお姉さん系で、正統派美女の小向まな美ちゃんが丸見えまんこを見せつけちゃいますっ!だけどそんな、彼女を見れるのはこの作品だけなんです・・・なぜなら、これが最初で最後の出演だからです!今は、またいつか復帰してくれることをチンポを握って待つしかありません!品性のある顔でで清楚な笑顔といやらしいおっぱいが特徴のまな美ちゃん!女熱大陸で今まで聞けなかった本音の部分をじっくり聞かせてもらいましょう!この業界にいるのがおかしいくらい恥ずかしがりやで、電気がついていたり、バックで突かれたりするのも苦手という彼女!そんなこと言われたら、もう最後ですし初公開のマンコも肛門もしっかり見せてもらいましょうか!濡れてテカるイヤラシイ完熟マンコ。お尻のお肉もがっしり拡げてアナルもじっくり拝見!敏感なアソコをオモチャでねっとりと刺激するとカメラレンズにかかるほどの大量の潮が噴射!最後はまな美さんが日常でしたことない3Pで上から下へのピストンでザーメンを胸に発射!また、会える日を楽しみにしてます(n‘∀‘)η
動画:女熱大陸 File.019

なにかが疑似餌に食いついたみたいなんです。
猛烈な力で小陰唇を伸ばされていくのです。ちぎれちゃいそうです。
「ぐはっ」
海水を飲まないように呼吸をするだけでも大変なのに。
あ、また引っ張った。
オッパイのあたりにもなにかが来ています疑似餌となったわたしに、魚たちがやってきて、からかっているのでしょうか。
もし、巨大な魚が食いついて暴れたら、オッパイも陰唇も、一瞬で千切れてしまうかもしれません。
早く助けてほしい。
そう願っていたのに、一時間近くも釣りは続いたのです。
ぐいっとボートに引っ張られていき、ボートと一緒に少しずつタラップに近づきます。
もどかしいほど遅いのです。その間にも、おっぱいにも股間にも、ツンツンと魚がやってきて、引っかかっていくのです。
彼らが合図をしたらしく、波の間から離れていくときに、体がぐいっと引き上げられました。
ずっしりと重いものに引っ張られて、みもだえします。
もうシュノーケルを口から吐いてしまいました。
ぎゃー、いたい、いたい!
オッパイも乳首も陰唇も、海に引きずられて限界まで引き伸ばされてしまいます。
見ると、疑似餌にくいついた銀色の魚たちが見えます。かなり大きいのです。
あれをわたしごと引き上げるなんてムリです。
ロープは力強くたぐられていきます。
とうとう空中に浮きました。
見れば、何匹もの魚がぶらさがっているのです。ずっしりと重く、暴れているのもいて、激痛に身をよじります。
さきほどの甲板ではなく、もっと下の甲板から人の手が伸びて、ひっぱり込まれました。
がやがやと宇辻様たちがやってきました。
「すごいな、ホントに釣れたじゃないか」
お酒臭いです。
「助けてください。
早くはずして」
手や足の痛み以上に暴れる魚が怖かったのです。
乳房から下がる疑似餌に111匹、股間に四匹。

元気のいいサバぐらいの大きさの魚が食いついていて、甲板を飛び跳ねています
うぎいいい、はずしてー!
叫んでも、彼らは許してくれません。
しばらく眺めて写真を撮ったりしています。こちらの苦しみなどどうでもいいのです。
大勢の船員が集まってきて、中には拍手してくれる人もいます。
お札が飛び交います。
博打の対象にされていたようです。
やがて魚がぐったりしてきたので、男たちは針から魚をはずしてくれました。
なんとか引きちぎれずにすみました。
うまくいったね。もう一度やろうか?
「だめぇぇ、お願い。もうダメ」
「さっき船員に聞いたら、このあたりには人を襲うようなサメはいないそうだよ。
大丈夫だよ」
そういう意味じゃないんです。もちろんサメも怖いですが、あれ以上の魚が釣れたときのほうがもっと怖いのです。確実に肉がちぎられてしまうでしょう。
「もう一回だ」
「いや!」
「今度はケツ穴にも仕掛けをつけてやるよ」
吊り上げるロープからお尻のフックの縄をはずして、そこにも仕掛けをつけたのです。
「じゃ、行ってらっしゃい」
シュノーケルを口に押し込まれます。
「さっきはこれを忘れていた」
シンクロで使うような鼻をおさえるクリップをつけられました。
これで鼻からの海水の浸入は防げるでしょうが…。
泣きわめくわたしは、ふたたび海水に入れられて、一時間ほども流されました。
全身が痛いのです。体がバラバラになってしまいそうです。
ふたたび引き上げられると、今度も乳房11匹、股間に四匹の魚がぶらさがり、お尻の疑似餌にも一匹食いついていました。
お尻をえぐられるような痛みを甲板に戻るまで感じていました。
さきほどよりはあっさりと魚を外してくれました。もう船員たちも飽きたのでしょう。
魚を外したあと、ふたたび空中に押し出されて、最初にいた上の甲板まで引き上げられまし
そこではバーベキューパーティーがはじまっていて、わたしの釣った魚を焼いて、みんなで食べているのです。
しばらく縛られたままで甲板に横にされていました。
「アユ”、、タベテ」
感覚がなくなっているの口に身を押し込まれました。
か、味もわかりません。
アユミ、ツリ、スキネ!
ずっとシュノーケルをくわえていて、釣りのことか、吊り下げることかわかりませんが、どっちも苦手です。
黒人たちがやってきました。
「怖いことしないで…」
脅えてしまいます。
船から投げ落とされたら、もうおしまいなのです。
海に漬けられるのは肉体的にも精神的にもきついことでした。
近くの柱にある足場にロープを通してまた吊り上げられました。
針を外す作業がはじまります疑似餌を引っ張って遊んだり、バーベキューの串で突いてみたり。
焼けた串の先を押しつけこ…

お婆ちゃんの童貞狩り

スカイエンジェル 188
動画:お婆ちゃんの童貞狩り

「ぎや!」
もう声は枯れていますが、泣き叫びます「ひぃぃ、ちぎれるぅぅぅ」
海水が傷口に染みるせいか、ダメージ以上の苦痛です。
オッパイを触ったり、揉んだりしながら、針を引き抜くのですが、みんな酔っていて、いい加減なのです。
引き抜いたあとを宇辻様が消毒してくれます。
お尻に深く食い込んだフックを引っ張られていきます。
がっちり食い込んでいるので、抜けません。
「だめぇぇ」
お尻を引き上げられて逆さまになっていきます。
「あんこうは吊し切りってやるんだよ。
おまえもこうして料理してあげようか」
酔った宇辻様にからかわれはす「小陰唇も大陰唇もびろびろになってしまってるな。
ケツ穴もだらしなく拡がってるぞ」
体に力が入らないのです。
逆さにされたまま、すっかり針を取り除かれ、海水で体を洗われはすようやくおろされて…。
お尻のフックを外すのがかなりの苦痛でした。
もうフラフラなのですが…。
なんだか陽気な船員たちの踊りの相手をさせられたり、みんなの前で、セックスをさせられたり。
おしっこを飲ほされたり。
へとへとになった頃に、やっと夕日が沈んでいきます。
すごくきれいな夕日。
こうしてわたしは、どんどん本当の自分の姿から遠ざかっていくんだなぁと思います。
なぜか種付け台に戻されず、自由にしていいらしく、わたしは夕日をゆっくり眺めていましもっとも必ず誰かがわたしの首のチェーンを手にしているわけですけど。
真っ赤な太陽が地平線に沈みます。
わたしの体がそれを反射してオレンジ色になっています。
陽に焼けたせいで、なんだか妙に皮膚が厚くなったような気がします手でお腹を触ってみます。
妊娠の徴候なんて、まだありません。
ただ、間違いなくしているんだろうと思い込んでいるだけです。

あれだけ男の人たちが、本気で孕ませようと日夜わたしの中に注ぎ込んだんですから。
ふと、手を見ると赤いのです。
血でしょうか。太陽の反射^あれ。
お腹をもう一度見ます。精巧に描かれた女陰の刺青が、薄くなっています。
赤い刺青が、撫ないのです確かめるために擦ってみたら、刺青の一部が完全に消えました。
「そんな…」
刺青が消えるなんてこと、あるでしょうか。
「おっと、気がついたね」
宇辻様がすぐ横に。
「これは?」
刺青といっても、ホンモノじゃないんだよ。
「えー」
下書きみたいなものだね
びっくりしたあまり声を失います。
そして、大声で泣きました。わーわーと泣いたのです。あれはすべて下書きで、本当の刺青じゃなかったんです。
「あの話は半分ホントで、半分ウソだ。パルダ王国でおまえのような立場の者は全身に刺青を入れるきまりだ。これはホントだ。ただし、もう一つ約束事があるんだ」
「なんでしょう」
「自分から刺青を指定して、いれてもらう必要がある。奴隷に許された自由の一つだよ」
「自分から?」
「ああ。パルダ王国の性奴隷は、自らその境遇に入っていく。そして、その自分を飾るため、目立たせて奮い立たせるために刺青を入れる。つまり、強制的に入れられるというよりも、奴隷たちは刺青をする権利があるわけだ」
「だったら、わたし、その権利は保留します」
まあ、そうだろうね。ただし、王国では、いつか、そう遠くない時に、おまえが自分から入れてほしいと願い出るだろうと考えている。そのときのために、トレーニングしておくようにと言われているのさ「そんなことはしません」
「それはどうかな」
自分から望むことなど考えられません。
少なくとも、いまのわたしは…。
明日は港町だということで、わたしは船底の檻に戻されて、ゆっくりすることができました。