カリビアン・ダイヤモンド Vol.1

今時ギャルはエッチな事がだーいすき!得意技はフェラチオです!ヌルヌルでかい舌をチンポに絡みつけねっとりなフェラが得意の、阿利希カレラちゃん!スペシャルフェラチオで男を虜にします!しかも敏感のエッチ娘!キスとおっぱいを弄び、クンニをして膣内検査をしたらマンコからは溢れる、きれいな愛液が・・69でビクビクしながらもチンコの裏筋から玉まで全てを丸呑みのバキュームフェラは見事の一言!ハメどころでは、バック からガンガン突いて、背面騎乗位で下から上にズンズンと、泡立ったマン汁で白くなったチンコで突きまくる!
動画:カリビアン・ダイヤモンド Vol.1

自信がなくなってきました。
かわいそういまそれをつけるの?
ベッチェが日本語で言います。
「亜由美。お尻の中に長いものが入れられるから」
うぎぃぃぃぃ!
彼女が言うよりも何かぐねぐねとしたものが押し込まれる方が早く、お尻の穴を拡げながら腸内にどんどん入ってくるのです。
腸を引っ張るように胃を押し上げるほど中まで入って深いです。お腹の左から入ってきて、きました。
「しっかりお尻を締めて」
「えぇっ」
ゴムのような長く重いものを入れられて、その先に細いワイヤーがついています。
ワイヤは地面にまで達して、先端に鉄の大きな輪が三つついています。
男にうながされて歩くと、お尻でそれを引っ張ることになります。
ます。
「お腹の中のものを出してはだめよ」
云リよ
ガリガリと派手な音がし必死に締めますが、緩んでいるお尻にはつらいのです。
「このまま街中を歩くのだから」
「ええ!」
驚いているわたしの口に、男は固い角材を噛ませて、頭のうしろで、角材を縄で縛るのです。
そして乳房を同じような角材で上と下からはさみ、端を強く縛り付けていきました。
角が肉に食い込んできます。
「あぐぐぐう」
さらに丸太を肩に抱えさせて、重い枷がついている手を、拷問官が、お尻に短い鞭を当てました。
歩き出すしかありません。
そこに鎖でつなぐのです。
王宮へ暑い国だからでしょうか。
真昼を避けて行動する習慣があるようで、午後遅くなってから、人々は活動をはじめるようです。
わたしだけが、丸太を担がされて、ジャラジャラと鉄の輪を引きずりながら、昼下がりの街を歩かされます。
アスファルトの道は焼けるように熱いのですが、裸足ですお尻を一所懸命に締めても、ズルッと太いゴムの部分が出ていく感じがあります。
ベッチェは裸に布をまとっています。頭からすっぽりと拷問官は、鞭をときどき地面に叩きつけて、ものすごい音を出し、行き交う人たちの注目をこちらに向けさせます。
そしてなにかを言っています。
「新しいゲダで、日本人だと言っているのよ」
くらくらします「止まって」
道の真ん中で止められます。
「出てきちやったから、入れ直すそうよ」
「入れ直す?」
拷問官が、わたしの頭を下げさせ、お尻を突きだしたかっこうにします。

重い丸太が下がりそのまま前のめりに倒れてしまいそうになりますが、勢いがつかないようにゆっくりとおろされて、わたしは顔を焼けたアスファルトに押しつけて、肩の丸太で抑え付けられたようなかっこうになってしまいます「足を曲げちゃだめ」
この姿勢で、なおも足を延ばし、お尻を高く上げろというのです。
男たちの手によって支えられながら、恥ずかしい姿勢を取らされます。
「これは日本から来たゲダで、これから宮廷に行くところだと説明しているわ」
ぷあああ男の手が、半分ほども飛び出していた長く太い棒を、いっきに引き抜いたのです。
わたしの周りに人が集まっています。彼らのサンダルが目の前にあります。
一度、引き抜いて、見世物にされながら、また入れられるのです。
「ちゃんと締めていないと、何度でもやらされるわよ」
「あがああ」
角材の猿ぐつわを噛みしめて、叫びます。
笑い声が上がります。
お尻の穴を拡げられ、そこにゴムが入ります。
時間をかけて、遊びながらねじ込んでいきますとても長いので、なかなか終わりません。
ようやくすべてが中に入りきると、男たちは肩の丸太を持って、わたしを起き上がらせます。
「あわあ」
五十人ぐらいの人だかり。
吊り下げられます。
「触られるわよ」
人々が手を出して、角材ではさまれて飛び出しているオッパイを触ってきます。
ます。
初めての純粋な日本人のゲダだから、珍しいのね
「あぐう」
顔も触られ乳首をつねられたり、ひっぱられたりして、もてあそばれます。
いつもこんな目に遭うのでしょうか。
しばらくして、合図があったのか、人々がさっと離れていきます。
そしてまた、歩かされます。
街は、高い建物はなく、アスファルトの道は宮殿方向に向かう一本のほか、少し離れたところに自動車がいきかう立派な道路が見えています。
その間は、ずっと同じ形をした長屋のような建物が続いています。
庭があってヤシの木などが植わっています。
あんまり貧富の差はないようで、それはいいのですが、仕事をしなくてもお金が貰えるからみんな暇なのです。
喉が渇き、とても飢えた感じになってきました。
ケモノにされていくような気分です。
必死に一時間ほど歩いたでしょうか。途中、もう一度、か、お尻のゴムを入れ直されて、人々に触られて、おかしな気分になって。
宮殿はとても大きく、公園のようです。
門をくぐると、南国とは思えない芝生の広場。
噴水がありますが、警備人と庭師しかいません。
見渡す限りの敷地建物は大きく、遠いのですひらすら歩いていると、この中の人たちはゴルフ場のカートのような車で移動しているのがわかります。
セグウェイで移動する警備員もいます。
警備員といっても自動小銃を担いでいるので、軍人なのかもしれません。
ブーンと音がして、虫のようなものが飛んでくると、それはカメラのついた小型の無人ヘリで、わたしたちを上から監視しているのです。
正面に高い塀と木の扉がありますが、そこへは行かず、右に逸れていきます人工の林があり、やっと直射日光を遮ってもらい、ホッとします。
そこには小川が流れ、石作りの太鼓橋などもあり、日本庭園風なところや、中国風の雰囲気もあります。
やっと建物の中に入ることができそうです。
亙ののった壁。両側に開く木の扉。それが男たちによって左右に開きました。
残念ながら、まだ外でした。
そこをくぐっても、あるのは赤っぽい土をならした広場です。建物の中には入れてくれないようです。
その真ん中へ行くと、地面に穴があいていて、鉄でできた丸い管のようなものが埋め込まれています肩の丸太がようやく外され、そこに垂直に立てました。
アダという階級の呼び名は、柱という意味があったのよ
ベッチェが教えてくれますが、わたしは疲れ果て、その場に倒れてしまいました。
「なんていうのかしら。
建物を建てるときにしっかりとさせるための、えーと、基礎ね」
基礎。
それは日本で言えば、人柱でしょうか。
生贄とか人柱。
それがゲダなのです。
いにしえの時代、この国ではなにをするにしても、生贄を捧げ、重要な建物を作るときは人柱を立てたのでしょう。

夏の想い出 Vol.5

たまには性春LOVEストーリーで精子の代わりに涙を拭いたらどうでしょうか?普通のAVに見飽きた人も、見飽きてない人も、姦動(かんどう)のLOVEストーリー!!祭りに来た友達の恋とゆきとゆきの彼氏の勇作。お祭り後、旅館で三人楽しく盛り上がる中、ゆきと勇作から突然の結婚の報告。急なことに戸惑いながらも祝福の言葉をかける恋だった。そして夜、酔いつぶれた恋が同じ部屋にいるにもかかわらず、盛り上がってしまった2人は、恋の真横で大胆生セックス。声を押し殺して悶え果てるゆきと勇作に、起きてしまった恋は涙する。じつは恋は勇作のことがずっと好きだったのだ。エッチのあと湯船につかる勇作を追い、浴衣を脱いで自分の気持ちを告白する恋。恋の情熱的なフェラに勇作は我慢することができず、ゆきに見つからないようお風呂で激しく求め合う・・・。性器の故意の物語に君のチンコは涙する!
動画:夏の想い出 Vol.5

近代になって、ゲダはすぐに殺されることはなくなったものの、人々の娯楽として、そして国の成り立ちを忘れないための一種の文化として、形を変えて残っているのです。
「大昔は誰が柱になるかわからなくて、大変だったらしいけど、何百年か前の王様が、ゲダという人たちを作り、そこからしか生贄を出さないようにしたら、国が栄えたらしいのね」
人身御供というものなら、神様に捧げる命ですから、神聖なもので、その生贄は神に近い存在としてあがめられるはず。
それがなければ、犠牲になる者は浮かばれません。
でも、ゲダを階層として作ったときに、その観念は変わってしまったのです。
人々はゲダでなければ、生贄になることはないと保証されたわけで、それは王様を支持する力になったでしょうし、同時にゲダを特別視しつつも、「自分たちで用意した捧げ物」
に過ぎず崇める必要はなくなったのです。
こうして百年以上も制度が維持されて、その間に世界は変化し、資源国となって豊かになったこともあって、ますますその幸運を維持するために、ゲダも維持すべき存在となってしまっ
たのでしょう。
男たちが、わたしのお尻を持ち上げて、中からゴムを引きずり出しました。
それをわたしに差し出します。
「舐めてきれいにしなさい」
ベッチェが猿ぐつわを外してくれました。
こんなに長く大きなものが入っていたのです。
わたしは自分の汚物のついた柔らかな棒を舐めました少し涙が流れました。
亜由美は、ウンコを食べたことはないの?
ベッチェの言葉に、愕然とします「そう。
食べたことがないなら、ちょっとかわいそうかも」
男たちが見張っているので、気を緩めることなく、舐めていきます
見たでしょ。
わたしたちのものを掃除してくれた妊娠したゲダたちをはつくば這い蹲って、そうでした。あれはショックでした。
物を口にしていた姿。

「あれは特別なことじゃないのよ」
お腹の大きな女性たちが、床の上の汚この南国で、わたしは死ぬんだな、と思いました。
はありますが、そこまでしたことはないのです。
「泣かないで、亜由美」
男の人たちのお尻を舐めさせられたこと優しくされると、さらに泣きたくなってしまいます高い塀に囲まれているからでしょうか。
この庭はすでに日が陰り、涼しい風が吹いています。
拷問官たちが、庭の周りにある松明に火をつけました。
シャベェイを体験したばかりなので、この場が同じような雰囲気になっていくことが恐ろしくてなりません。
しかも、わたし一人だけなのです。
ソファがいくつも並べられ、パラソルが立てられていきます。
氷の入った皿に食べ物が盛り付けられています。焼かれた羊の頭、果物、カレー風のスープなどなど。
リゾートのような雰囲気になっていきます。
照明もついて、低くリズミカルな音楽が流れます。
王室の人たちは、みな柔らかで鮮やかな布をまとい、優雅に支度を進めます「立って。
命令されるまで、正面を見ちゃだめ」
わたしは柱の横に立ち、地面を見ていました。
影に沈む汚れた足を見つめていると、そこに涙が落ちていきました。
絶望的に悲しいのです。
「顔を上げて」
上を向くと、四つのソファには、スーツを着た男たちがそれぞれ二人ずつ座っていました。
二十代ぐらいの若い人もいれば、六十は超えているだろう人もいます全員、世界中のどこででもビジネスのできる雰囲気です。
「王族の方々。紹介はしないわ。彼らはゲダとは直接口を利くことも滅多にないし、もしないの」
名乗ったり四十代ぐらいの男が立ち上がり、なにかを話し始めました。それをベッチェが通訳します。
「今日はわれわれが尊敬する国、日本からわざわざゲダを体験するために留学をしてきた亜由美を歓迎しようと思います」
日本語は少しおかしいですが、意味はわかります。
「亜由美はみなさんもご存知のように、ネット上でさまざまなゲダにふさわしい行為を公開しており、日本にもこうした存在がいるということに、わたしたちは驚きとともに、とても親しみを感じました」
言っていることは、それなりにまともですが…。

可愛いあの娘は超淫乱

【2/2】偽りのクリスマスパーティー
動画:可愛いあの娘は超淫乱

「亜由美がゲダとしてどれだけ務まるかはわかりませんが、できるだけ楽しんでほしいと思います。亜由美のわが国を知りたいという意欲に免じて、われわれは本格的なゲダとして亜由美を迎い入れることにしました。留学期間は未定ですが、ぜひ、有意義に過ごしてほしいと思いますし、われわれも最大の配慮をしたいと思っています」
ぶらぶらと、男が歩いてやってきました。
久しぶりに見る、宇辻先生です。まだいたのです。ニヤニヤしています。
「また、日本の学生たちが主体となった亜由美のサイトでも、この模様は随時、配信される予定となっており、わが国古来の風習をより多くの人たちに理解していただくきっかけになると期待しています」
本気なのでしょうか。
世界中から非難されるかもしれないのに^もっとも、ゲー研が作ったサイトは、フィクションであり、アダルト用のゲームなのですかそれを正面から攻撃してくる人たちはいないでしょう。
この光景をパソコンで見ても、ホンモノだとは思わないかもしれません。
どうせ、ヤラセ、演出だと。
それぐらい、常軌を逸したことなのです。
ら、「ついては、ゲダの名を授けることにします」
男はそこで間をあけたので、わたしも思わず彼を直視しました。
「メスブタ·アユミ·ブゥッフ!
男たちが笑います。
名前にメス豚と入れたのですヲウッフは、ウンコのことよ。
それもすごく侮辱的な言葉なので、通常は使ってはいけない言葉なの」
ベッチェは一生懸命、説明してくれるのですが、いろいろなショックが重なって、反応できません。
「日本語でいえばクソッってあるでしょ。あれほど軽くはないの。もっといけない言葉」
わたしはピンときませんが、男たちや拷問官の反応を見ていると、それがとても屈辱的な意味だとわかります。
「これからは、ただブゥッフと呼ばれるようになるから、気をつけてね」
彼らはそれを口にするたびに、わたしを侮辱して笑うのでしょう。
伝統的な遊びをしたいと思います
男たちは召し使いに飲み物や食べ物を取りにいかせました。
今夜は、ブゥッフを歓迎して、挨拶が終わると、
わたしたちも食べることができるの。
さあ、行きましょう食べ物のところへ行くと、召し使いたちがニコニコして、わたしたちの足元に食べ物を落としていきます。
ベッチェはすぐに四つん這いになって、手を使わずに口にします。
「亜由美も、じゃなかった、ブゥッフも早く。こんなにおいしいもの、よ。ただし、手を使ってはダメだから」
当分、食べられないんだしばらく、わたしたちは地面を這い、召し使いたちが落としていく食べ物を味わいました。
拷問官がやってきて、わたしだけを立たせます。
そして柱に連れていきます。

「いいや」
怖くなります柱に後ろ手で縛り付けられました。
食べ物のついた口を手で拭いながら、拷問官の言葉を説明します。
ベッチェが来ました。
「これからゲームをする。
ブゥッフは自由に声を出していい」
それだけを言うと、ソファにいる男たちのところへ行きました。なにかメモを受け取っています「いい、ブゥッフ。このゲームはちょっとつらいものになるわ。彼らは、あなたに自分が予想し
た声を上げさせようとするの。あなたはなにが正解かわからない。叫び続けることになるのよ」
怖いわ。ねえ、お願いだから彼らに許してほしいと頼めない?
ムリ。こちらから話しかけたら殺されるわ。あなたは日本人だから特別だと思ったらダメよ。
彼らはゲダから声をかけられたら、一族の恥だと思ってるの名誉のためにあなたを殺すしかなくなる…!
「殺してほしいわ」
「そんなこと言ったらだめ」
ベッチェに怒られてしまいました。
でも、怖くてしょうがないのです。
拷問官たちが、あの拷問実験のときのように、さまざまな器具を取り揃えたワゴンを押してきたのです。
もしまた拷問実験がはじまるなら、今度は耐えられないかもしれません。
拷問遊戯最初の男が手にしているのは、大きなペンチです。
拷問官がするのではなく、王族にいる男たちが遊びでやるのです。