極上泡姫物語 Vol.14

可愛い系の巨乳エロ美熟女の、沢村麻耶さんが、高級ソープで超絶テクをアナタにおもてなしします!!極上の泡姫の官能マッサージでチンポもギンギンニなった所で、フェラをする!さすがいいタイミング!射精をしてさらに興奮した客はクンニを楽しみ、爆乳の乳でチンポを包み込むようなパイズリ、正常位でも 騎乗位でも バックでも自らスゴイ腰を振る!! 最後は気持ちよくマンコに中出しです!このシリーズをみた後はソープに行きたくなりますね笑
動画:極上泡姫物語 Vol.14

十二の柱の間に、ベッチエを含め十一人の女が並びました。
「あとは、ひたすらやるだけだよ。
やられるだけかしら」
群衆たちが立ち上がり、舞台の回りを回るのです。
それはわたしたちを品定めしているのです。
舞台の上には拷問官たちが鞭を手にして立っています。
群衆に声をかけていますわたしの前に男が立ちます。
彼らはみな、儀式のものらしい頭からかぶるだけのポンチョのような布をまとっているだけで、その下は裸なのです股間に手をやって長いものをもてあましています。
ベッチェの前にも男が立っています。
それが、徐々に列になっていくのです。
群衆の移動が落ち着くと、音楽が変化しました。
リズミカルですが、やや落ち着いた民族音楽です背後にいた拷問官がわたしの首輪の鎖を引っ張り、台の上に上げさせます。
足は枷と錘があって持ち上がりません。
台を背中にして足を開くようなかっこうになります。
アナウンスがあり、群衆は「わー」と呼応しますはじまったようです。目の前の男がのしかかってきました。
顔を舐められ、キスをされ、舌を入れられ、乳房をつかまれます。
珍しいからでしょうか。
何度もわたしを見て笑いながら、なにかを言い、股間のものを突き上げてきました。
「あううつ」
これを十日ごとにやるというのでしょうか。
しかも月末と月初は実質、11回分を連続で。それは二昼夜ぶっ通しということでしょうか。
ひどい拷問ショーを見せられていたのに、わたしは濡れていたらしく、その長いペニスを受け入れていました。

男は一方的にわたしの中に放出し、名残おしそうに乳房をバシンと叩いて次の男と交代です。
そのとき、わたしは絶望的な気分になりました。わたしの前だけ、ものすごい列なのです。
ベッチェも人気ですが、男たちはまっすぐ一列に並んでいて、おそらく十五人ぐらいでしょだけど、わたしの前には列の途中から11列になって、しかも横に折れているのです。
数えられませんが、三十人以上でしょう。
亜由美。
あなたのおかげで、みんなが楽できるわ。
ありがとう!
あえぎながらベッチェが叫びました。
彼女の中で果てた男が、わたしを見てなにかを言い、列のうしろに並ぶのが見えます。
「夜が明けるまでよ。
途中でお水とかくれるから、がんばって」
男たちは、その気になれば、とっかえ引っ替え、何度でもできるのです。
女性も並んでいます。
女性はわたしの顔の上にまたがって、股間を押しつけてきますから舌と唇で満足させなくてはなりません。
顔がずるっと剥けてしまうのではないかと思うほど、体重をかけてくる女性もいます。
その間も、男たちは股間を責めてきます。
お尻を選ぶ人もいます。
拷問官が油を男たちに塗ってくれていますが、ときどき、思わぬ巨根を埋め込まれて、泣き叫ぶことになります。
「あうう、だめ-、痛い!」
日本語で叫ぶとどよめきが起きます。
おもしろいらしいのです水をくれるといっても、ひしゃくの水を舞台の上からかけてくるだけなので、うまく飲めないこともあります。
夜でも空気は熱く、燃える炎がさらにヒートアップさせていますそしてわたしは、見知らぬ人たちに、激しく犯されながら、涙を流して悦んでいるのです。
亜由美を存分に犯して。
突き殺してくださいいい。
ああ、またイク3拷問官たちは手持ちのビデオカメラでわたしを撮影しています。
日本語で叫びました。
「みなさん、亜由美を犯して。
もっと狂わせて。
すべてを忘れさせて。
中にたっぷり出して。
妊娠させて孕ませてください」
妊娠すれば、おそろしいシャベェイを逃れられるから。
もしかしたら、生きて日本に帰ることができるかもしれないから…。
ゲダの仕事五月十五日日曜日朝まで犯されて、わたしにとって初めてのシャベエイが終了しました。
何回か、穴の奥まで水を入れて洗われて、油のようなものを塗られたりしたのですが、体はガクガクです。
洗濯板のようなものにくくりつけられていたこともあって、背中も腰も痛くてしょうがありません明るくなってきたら、暑さも夜の比ではなく、人々は建物の中に入って、ほとんど出てこなくなるようです。
黒人たちに鎖を解かれ、わたしたちは鞭で追われるようにして建物に入れられます。
一瞬、真っ暗になってしまいます。

にこにこ。 青空小夏

最近いい事ないなぁ~なんて考えてるそこの君!この娘の笑顔を見て、ハートとちんこを癒したまえ!幼ない体型にそのおっぱいは、反則でしょ!!!!エッチなことをするのが、大好きな青空小夏ちゃん。すごく恥ずかしがり屋で、ちょっと責められたりすると真っ赤になって、「ダメー!」ってなっちゃう女の子。それが究極の癒し系GIRL小夏ちゃん!!小柄でロリ顔スマイルなのに、Gカップの超ふわでかパイを隠し持つ!もうカウパー出ちゃうだろ!無邪気にチンコを舐めたりおっぱいで挟んだりして、ザーメンがどぴゅんと出たら本当に嬉しそう!照れまくりなのに「まんこ・・・」とおねだりして、糸をひくマンちゃんを舐めてもらう小夏っちゃん!びっくんと腰砕け、昇天する姿、もう食べちゃいたい!っていうか好きです!!
動画:にこにこ。 青空小夏

小さな窓からの明かりしかないのです。
入れられた建物は殺風景な駐車場のようなところで、下はざらざらのコンクリート敷き。
わたしたち十一人全員が壁に手をあげたかっこうで拘束されます黒人たちはホースを手にして、高圧の水をわたしたちにかけました。
「うあー」
きゃー!
悲鳴はどの国も同じです。
ゲダたちは、泣き叫びながら、体を洗われます。
男たちは笑いながらみんなを踊らせるのです。もうクタクタなのに。
ちょっとでもにらまれると、六人の放水が一人のゲダに集中します。
そうなると悲惨です。
口、鼻に浴びせられて息ができない上に、乳房や性器、お尻を強烈な水流でなぶられるのです。
彼らの一人が、「亜由美」
と言うのが聞こえました。
いや、お願い、やめて!
彼らは至近距離まできて、水を顔にかけてきます。
「がふっ」
気管に入ってむせてしまいます。彼らは笑っています。
一晩中、責められ続けたというのに、なおも笑い物にされるのです。
膣の中に直接水流を入れられ、お尻も洗われます。
みんながこれをやられて、足元には糞尿が垂れ流しになっていきます。
お腹の大きなゲダが四人やってきました。
全裸なので、妊娠していることがはっきりしています。全員、陰部を描いた腹部の刺青だけは完成しています。
それが上下左右に引き延ばされて、奇妙な絵柄になっています。
腰に布を巻いていて、ホンモノの陰部は隠しています。
鎖枷をすっかりとられて自由になったわたしたちに、タオルを渡してくれます。
ベッチェも幼く見えるのですが、四人とも若く見えて、小柄で、大きなお腹がアンバランスです。
「彼女たちは、妊娠しているから、シャベェイに出されないけど、身の回りのことはいろいろやらされるの」
ベッチェがいつのまにかわたしの横に来ています。
「見てて」
ああ、そんなこと。
彼女たちは、床に四つん這いになると、わたしたちの汚物を処理しはじめたのです。
「すごいでしょ」
全身に震えがきます。
恐ろしい祭りへの参加や生贄からは逃れても、ゲダとして最下等の生き物であることからは逃れられない…。
「妊娠したのだから、もっと優遇されてもいいはずなのに」
「そうしたら、バランスが取れないでしょ。同じゲダなんだもの。妊娠したからって階級が上がるわけじゃないんだから」
それによって猶予されるのは、シャベェイと新たな刺青だけ苦痛の中の生活は変わらないのです。
ああやって、常に自分たちがゲダであることを叩き込まれるの。肉体的な苦痛は少ないけ
じゃあ、もし妊娠できたとしても、ずっと?
「亜由美。
あまり先のことを考えてはダメ。
つらいだけだから」
遠くに来てしまったのです。
なにもかも置いて自分の大事なこともすべて。
泣き叫びたい衝動にかられます。
「ここはゲダだけが住む建物なので、自由だけど、ほかのところには行けないのよ」
黒人たちが、入り口を閉じて厳重にロックしていました。
どの窓も小さく、体も通らないほどです。
熱い地域なので窓は最小限なのです。

「案内するわ」
中庭を囲む四角い建物の、一辺だけが、ゲダに許された場所でした。
四階には比較的若い者たち。三階には中堅。二階には妊娠した者が住んでいます。
1階はいま水をかけられた広場と、なにかいけないことをした者や病人が閉じ込められる牢屋があります「食べ物は毎日、1階に運ばれてくるので、みんなで分け合って食べます。
妊婦が仕切ります。
トイレは各階に1つずつあって、部屋の掃除やトイレ掃除も妊婦の仕事です」
牢屋のような細長いベッドだけの部屋がいくつもあるのです。
「ここに、最大で四十五人住めると思うけど、いまは二十人ぐらいしかいないから、多いわね」
空き部屋がどこも薄暗いのです。一緒に水を浴びたシャベエイ仲間たちも部屋へ引き上げてきます。
全員がシャベェイに参加するわけじゃないのね?
「ふふふ。休めると思ったの?甘いわ」
ベッチェは意地悪な言い方をします。
「わたしたちゲダは、シャベエイのために生かされているのは事実。だけどほかにもいろいろとやらされているわ」
「どんなこと?」
「不安にさせて悪いけど、たとえば拷問ね。あなたも拷問官たちを知っていると思うけど、彼らが最初からいまみたいな一人前ではなかったの。訓練を受けてああなったわけ。わたしたちはその練習台」
どよんと重い気分になります。あの末土教授たちによる拷問実験。わたしは殺されるはずがないと信じていたのですが、いま思えば、殺されていてもおかしくはありませんでした。そして、夕べのシャベェイでの柱刑。
お尻を焼かれたあのゲダはどうなったのでしょう…。

美白天使、初中出し! 前編

不貞の季節 真緒 31歳 partⅡ
動画:美白天使、初中出し! 前編

この国では、さらに厳しいことが日常的に行われているのです。
耐えられないかもしれません。
それから、王室関係からの呼び出しもあるの「呼び出し?」
「遊びよ。慰み物として使われるだけでも、甘く見ないほうがいい。
いわ」
たぶん思った以上に厳し聞きたくない。
「休もうと思うなら、大けがをすることよ。お尻を丸焼きにされた彼女みたいにね」
「死んでしまう…」
そうそう。そのほかにも、実験材料にされることもあるの。あなたが留学していることになっている大学には医学部や生物学部もあるけど、そこでは先進国ではできないような人体実験が密かに行われてるから。わたしはまだそこに行ったことはないけど…。なにをされたのかしらないけど、お腹が真っ二つに裂けてしまった子がいたの「えっ」
「最後まで苦しんでいたけど、二週間ぐらい生かしていたわ」
死にたくても死なせてくれないのです。
「注意すべきは、大学の研究棟に行かされたときね。だけど、拒否できないからどうにもならないけど」
妊娠さえすれば、そういうことは免除なのよね?
「シャベェイと拷問の練習台は免除されるけど、王室関係に呼ばれたり、実験材料になることはあるわ。妊婦じゃないとできない実験があるから」
厳しいのです。
思った以上に。
デダは絶滅危惧種なのよ
「無理もないわんていないし…」
と彼女は笑います。
よね。
増えるはずがないし…。
あなたみたいにわざわざゲダになりに来る人なもしかすると、剛介たちはゲダの供給源としてパルダ王国に見込まれてしまったのではわたしが無事に日本へ戻るどころか、このあとも、次々と剛介たちは誰かをゲダとしてここへ送り込んでくるのでは、そんな想像をしてしまいます。
もっとも、いまのわたしには自分のことだけで精一杯です。
どれだけチャンスが少なくても生きて日本に戻りたいのです。
部屋をあてがわれました。ベッドといっても固い木の台のようなもので、うな編み込まれたクッションがついています。
「これだけ?」
「これだけ」
そこにムシロのよいたたまれない部屋です。
「トイレはこっち」
床に穴があいているだけで、トイレットぺーパーはありません。
「どうするの?」
「わたしを呼んで。舐めてあげるから」
「え?」
「ウソよ。そこから水が出るから洗って」

ベッチェの冗談は冗談に聞こえません。
「言っておくけど、ゲダ同士でなにか肉体的なことをしたときは厳しく罰せられるから注意してね。ここには古い決まりがあるから、腕を切り落とされた子とかもいるのよ」
ベッチェとは、心でつながるような関係でありたいのです。
お互いに肉体的な接触は必要ありません。
部屋に入ります。
廊下とは鉄格子の扉があるだけ。
壁にイモリが這っています。
薄暗い廊下の明かりだけで、昼でも暗い部屋。
蒸し暑いので、けっこう寝苦しいのですが、くたくただっ
たので、眠ってしまったようです。
ゴンゴンと鉄格子を棒で叩く音で目覚めます。
亜由美!
拷問官の野太い声。夢ならいいのに。
現実でした。
ベッチェがもう一人の拷問官に引き立てられています。
「王室の呼び出しよ。
わたしは通訳で一緒に行くことになったわ」
一晩、責め立てられて、休みはわずか四、五時間ではないでしょうか。
ぼんやりした頭で、トイレに行き、水であそこを洗って、濡れたままですが、彼らについて一階へ行きますそこで首、手、足に枷をつけられます。
毎日、こうして脅えながら過ごすことに、耐えられるかどうか、男が乱暴にわたしの体を抱え、お尻を突き出させます。