タイムファックバンディット 時間よ止まれ 銭湯編 第一部

お待たせしました!好きな時に時間を止めて、可愛い女にメチャクチャな悪戯を仕掛けてやりまくる、男の夢を叶えた作品がこの「タイムファックバンディット 時間よ止まれ 銭湯編 第一部」なのです。しかも、悪戯されちゃう女優は、綺麗な顔立ちで、普通だったら声も掛けれないぐらい美しい瀬奈ジュンちゃん!時間を止めて、マンコを観察しながらベロベロ舐め回したり、ハメてる最中に時間を止めたり、戻したりなどもうメチャクチャ!!挙句の果てには、中出しまでしちゃう悪戯オヤジ!うらやましいぃぃぃーーー
動画:タイムファックバンディット 時間よ止まれ 銭湯編 第一部

宇辻先生になだめられるまで、しばらく時間が必要でした。
彼らはおまえとベッチェの友情を疑っている。
なんの関係もないことを証明しろと言っている「そんなこと、できません」
意味がわからないのです。
もっと殴られたり、叩かれたりするのかと思って、脅えていまし「見ろ」
男たちは、狂暴な動物をとらえる罠のような仕掛けを持っています。
鋭い歯のある円形の鉄の器具です。
虎挟みに似ていますが、ワニの口のように、ギザギザの鋭い歯がついています。
それを、ベッチェの右の乳房に向けました。彼女は泣きわめいています。
ガチャンとバネのはじける音がして、彼女の叫び声がしました。
男たちが離れると、彼女の魅力的だった大きな乳房に、虎挟みががっちりと食い込んでいるのです。そこに長い鎖をつけました。
なにをする気?
「さあ」
宇辻先生はまたテントへ逃げてしまいました。
わたしのところに来た拷問官が首に枷をつけました。
怖くて震え続けているのですが、彼らは笑いもせず、真剣な顔つきです。
日本での拷問実験は彼らにとっては遊びにすぎなかったのです。
王族の前での今日の拷問は彼らの仕事なのです。
しかも、仲間を失っているので、怒りもあるのではないでしょうか。
それをベッチェとわたしにぶつけているのです。
首の枷以外をすべて外されました。
杭から自由になったのです。
ただし、首の枷に、ベッチェの乳房に食い込んだ虎挟みからのチェーンが取り付けられました。
その長さは五メートルぐらいあります。
もり男たちは、さっき私を叩いた棒の先に鋭い矢尻を取り付けました。
銛のようになりました。
そこに布をまきつけていきます。
油が染み込んでいるようです。
布に火がつけられました。
彼らは、その棒、いえ、銛をわたしに向けるのです。
「あ、だめ!」
逃げます。
すると、ベッチェが「ぎゃー」
と泣き叫びます。
わたしが逃げると、鎖が伸びきり、彼女の乳房に食い込んだ凶器が引っ張られるのです。
どう見ても、乳房に深く突き刺さっているのですから、外れることはありません。
もし外れるとしたら、ベッチェの右の乳房がちぎれてしまったときだけでしょう。

「いや!」
ぼんやりしていると、焼けた布と、それがまきついた銛がわたしに突き刺さるのです。
四人が次々と炎の銛を突き出すのです。
なんとか遠くに逃げないようにしながら、それを避けようとしますが…。
「うぐつ」
わたしの首が絞ほるということは、鎖がピンと伸びているという意味なのです。
「亜由美!
いいの。
逃げて!
どんどん逃げて!」
ベッチェの日本語が、悲鳴の間に聞こえました。
「ぎい」
逃げようとしたお尻に突き刺さりました。
肌が焼かれます。
布の油が飛んで、あちこちが燃えています。
動けなくなります。
四つん這いになってしまいました。
逃げることができません。
なんとか、ガマンしたい。
でも、いっまでガマンできるでしょう。
これに終わりはくるのでしょうか。
立ち上がって右に、左にと男たちをかわしてみます「がっ!」
またお尻に刺さりました。
わたしは倒れてしまいました。
そうすると首がぐいっと持っていかれ、勢いよく鎖を引っ張ってしまうことになりました。
ベッチエは悲鳴をあげていません。
おそるおそる彼女を見ると、が明らかに変わっていました。
させないで!
まだ虎挟みは乳房に食いついていました。
でも、その乳房の形ちぎれそうになっているのです。
こんなこと、わたしは泣き叫びました。
倒れたはま、動けないでいるところに、拷問官がやってきました。
逃げないわたしは、突き放題、焼き放題でしょう。
苦痛がやってくるのを待ちました。
ジャラリと音をさせて、男は鎖を手にしました。
「なにをするの」
力のない声男はその鎖を思い切り引っ張ったのです。
わたしの首は絞まりませんでした。
つまり振り返ると、あの虎挟みが、地面に落ちていました。
あああああああ血だらけの胸をしたベッチェが失神していました。
かわいそうに。乳房はちぎれてしまったのです。
男は鎖を手で巻き取っていきます。
地面をずるずると血にまみれた器具が近づいてきます。
「そんな…」
それを手にした男が、どこかを操作してバネを外しました。
鋭い歯の間から、肉片がドサッと落ちました。
彼はそれを足でふみにじりました。
とんでもないことです彼らはベッチェからなにかを聞き出したいのではないのです。
仲間を失ったこともあり、名誉のためか、なにか知りませんが、ベッチェをむごたらしく処刑するつもりなのです。
それをわたしに見せつけることで、ゲダであることを思い知らせようとでもいうのでしょう5王族がなにかを言いました。

肉食美脚女子 三浦加奈

美形の痴女が色んなプレイで、ワガママプレイでイキまくり!これぞ、肉食系女子!!肉食系のエロさを醸し出せる女優は、三浦加奈様しかいないでしょ!?カメラにマンコを擦り付けるような勢いでオナニーをはじめる超ド変態痴女、加奈様!男優をクリンと慣れた手つきでチングリ返し!アナルにもタマにも吸いつきちゅーちゅーしちゃいます!モデル顔負けの美女なのに、チンコを前にしたら、唾液を大量に塗りつけずるっじゅるっとイヤラシイ音でしゃぶりつきます!淫語を発しながら、男の上に跨ったと思ったら男の顔をガッシリつかみ、窒息寸前までマンコに押し付け強制顔騎!本当に変態!自分は我関せずとばかりアンアン叫ぶ。マンコに生のチンコを突っ込まれチンコに食いつき離さない肉付きのいいオマンコに驚愕!!最後には中に出されたザーメンが出てきてそれをすくって舐め回す!必見ですよ!
動画:肉食美脚女子 三浦加奈

拷問官は、血にまみれた虎挟みのついた鎖を引っ張り、わたしを立たせました。
すっかり脅えきったわたしを引っ張ります。
そしてテントの横にある小さな杭にチェーンを巻き付けました。
そこは日陰になっていて、涼しい風を感じます。冷たい飲み物が並び、食べものもあります。
宇辻先生が、水を持ってきてくれました。
飲み干しました。その水にはレモンが入っていました。あまりのおいしさに、激しい怒りを感じました。
この人たちは…。
「ここで見ていろってさ」
「もう、たくさんです」
アダの女が、逃げたらどうなるか、「もう、たくさん!」
見せたいそうだ
少し強く言ったのですが、風にちぎれ飛んで、先生以外には届かなかったようです。
いえ、男たちはベッチェに向かっていき、仕上げにかかろうとしていたのです。
だから、もうわたしのことなんて、どうでもいいのです。
まだ燃えている銛を、ベッチェの腕と足に深々と突き刺しました。
油が飛び散って、その周
囲を含めて燃え上がります。
ベッチェの声は聞こえません。
声が枯れたのか、失神しているのかもわかりません「とても、動画で配信できるような内容じゃないよ」
宇辻先生はため息をつきます「他国の風習に干渉する気はないが、これは、なんだか本当に大変な国だぞ」
ただ野蛮なのではないのです。カネがあり、最先端の頭脳を持ち、あらゆる設備を揃えているのに、いざとなると考えられないほどの残虐さを平気で示すのです。
「かわいそうに。もう助からないな」
手足を焼くというよりも、燃やそうとしているようです。
ベッチェの髪に火がついて燃え上がりました。
すさまじい悲鳴に、拷問官たちの怒号が重なります。死にそうな彼女に、さらに悪態を浴びせているのです「亜由美、生きて。
私の分も、強く生きて」
幻聴かもしれません。
耳を疑いました。
聞こえたのです。
スッチェ!
でも、ベッチェがまるですぐ近くで言うかのように、わたしは叫んでいました。
残った左の乳房を、彼らは小指ほどの小さなナイフで、削り取るようにして、いたぶりながらすっかりダメにしています。
頭と手足を焼かれたからか、杭から解放されても、ベッチェは立つことができません。
バッタリと地面にうつ伏せに倒れてしまいました。
もう死んでいるかもしれません。
わたしは彼女が、なにも感じない状態になっていることを祈りました。
乱暴に仰向けにされて、ベッチェの性器に大根ぐらいの大きさの金属の器具を押し込んでいきます。
裂けてしまっているはずです。
その器具の底は穴が開いていて、そこに熱した油を注ぎ込みました。
風にのって、とても嫌なニオイが漂ってきます。
吐きそうになります。

わたしは思わず目をつぶる回数が増えました。
目を開けたくない。
だけど、風向きが変わったのか、耳元にかすかですが、「死ぬの、ああ、死ぬのよ」という彼女の吐息のような声が聞こえてきたのです。
それはむしろ甘く、喜んでいるように聞こえました。
ごめん、ベッチェ。
わたしはなにもしてあげられなかった…。
顔を男たちにサッカーボールのように蹴られています。
むごすぎますうつ伏せにされて、肛門にトゲトゲのついた棒をねじこまれていきます。
血を吐いているベッチェ。1メートルほどの棒を腹部に突き入れられ、拷問官たちはそれで彼女のお腹の中をかき回しています。
ベッ壊れたお人形のようになっています。
拷問官たちは力ずくで、棒を引き抜きました。
チェは動かなくなりました。
棒にからみついて、彼女の内臓が引きずり出されます。
もう、死んでいるのだ、彼女はなにも感じていないのだ、とわたしは自分に言い聞かせまし彼女のために、ひたすら祈りました。
いくらゲダとして生まれたからといって、このような死に方を強制されるなんて…。
あまりにもショックでした。
王族がわたしの前に立っていました。なにかパルダ王国の言葉で言っています。もう通訳はいないのです。途中から彼は英語をまじえてくれました。
「メスブタ·アユミ·ブウッフ。ゲダは通常、逃げたりはしない。まして拷問官と逃げることなどありえない。今回は特別の措置だ。もちろん、おまえにこのような結末はふさわしくない。
期限がくるまで、日本からやってきたゲダとして、しっかり勤めてほしい」
宇辻先生によると、パルダ王国には、ゲダについての法律があり、それだけは、建国以来、改正されていないのだそうです。
そして、ゲダの命令違反、義務違反などの罰則も、古代から続くままなのだそうです。
比較的新しくできたゲダという階級ですが、それを縛る制度は生贄時代のままなのです。
今回は逃亡し、相手の拷問官を死なせた罰としてあのような処刑になったのでした。
スッチェは知っていたはずなんだ。そそのかした拷問官が悪いんだけどね。ベッチェも自殺したほうがよかったんだ!
宇辻先生はため息をつきます。
そうでしょうか。
わたしにはそうは思いません。
幻聴かもしれないけど、ベッチェの最後の言葉が耳に残っています「亜由美、生きて。
私の分も、強く生きて」
ベッチェはわたしのために生きて戻ってきたのではないでしょうか。
自らゲダの運命を見せるために。
恐ろしい目に遭うことがわかっていながら、彼女はそれこそがゲダらしい最後だと思えたのではないでしょうか。

汗臭い男たちの肉棒処理。

僕の妹の秘密
動画:汗臭い男たちの肉棒処理。

一般的な価値観からすれば、理解を超えた暴虐の中に身を投じていく気持ち。
生贄としてのエクスタシーわたしにはまだ理解のできない、そして理解する必要も本来はないはずの世界を、ベッチェは伝えようとしてくれたのではないでしょうか。
だから、彼女はすごく甘い言葉を最後に呟いたんだろうと思うのです。
自分の体をあそこまで酷い目に合わされていながらも、彼女は特殊な快楽の中で死んでいったのかもしれません。
わたしはそれを味わいたいとは思いませんが、彼女の言うように、あきらめずに生きようと決めていました。
どんなことになっても、自分から死を選ぶことだけはしない。
ベッチェのように…。
なんとか、彼女のために、応えてあげたい。
応えなければならないと、この時、感じたのです
ん誓いの時ベッチェの遺体がどうなったのか、わたしたちには知らされません。
本当に絶命したのか、またはあの研究棟のようなところへ送られて、なにかの実験材料にさ馬木米.れているのか。
間違いなく絶命しているとは思うのですが、心のどこかで生きていてほしいとも思うのです。
わたしは身も心も傷ついて一晩泣き明かしました。
そして、宇辻先生に自分の考えを伝えたのです
そこまでしなくてもいいんじゃないか。おまえは日本人なんだから。日本に戻るんだろう?
「でも、日本に戻るためには、ここで生き延びなくてはいけないんです。生き延びるためには、もっと強くならないと…」
宇辻先生は、迷っていました。
安心してください。先生を悩ませるつもりはありません。

告げますから!
わたし、自分の考えであの人たちにゲダはなにかを命じられているとき以外は比較的、自由にしていられます。
建物の中にいる人とも自由に会うことができます。
いまのわたしもそうですが、傷ついている者が多いので、なにもしないときは体を回復させることを第一にしています。
朝は1階で食事、そして拷問官たちから水をかけられ、すべての穴を水で洗われます妊婦たちはわたしたちの排泄物を処理していきます。
その姿は見たくないので、できるだけ天井とかほかのところを見るようにしています。
見るものなんてなにもないのですが…。
それが終わると部屋に戻って放置されるのですが、しい英語で告げたのです。
「お願いがあります」
わたしは思い切って拷問官へたどたど私は必死に訴えました。
彼らはとまどっているようでした。
あとで話をしょうそう言われただけです通訳であり、わたしと話をしてくれたゲダのベッチェを失い、話し相手もなく、部屋に戻りました。
鞭で切り裂かれ、燃える銛で突かれた体に、もらった軟膏のようなものをつけていきながらベッチェはもう傷を治すこともできないのだと思うと、また悲しくなったのでした。
ですが、わたしは決意したのですから。
もっと強くならなくては。
その日の午後に、拷問官たちがやってきて、わたしを別棟に連れていきました。
病院のような場所で、清潔な白いシーツのベッドがあり、白衣の人がいました。
宇辻先生もいます。
「かなえてくれるそうだ。特別にな」
「ありがとうございます」
でも、いいのか?本当に?そこをちゃんと確認してほしいんだそうだ「大丈夫です」
「いいだろう。もう止めないよ」
それから、その日はずっとそこにいました。
とても辛い時間を過ごしましたが、部屋にいてベッチェの死のことばかりを考えているよりはずっとよかったと思いました。