希、がんばります! 羽月希

初めて希ちゃんを見たときに、こんな可愛い清純そうな女優さんがいるんだなぁー、とか思ってこの「希、がんばります!」をみたんですが、とにかく可愛い!AK●の中にいても不思議ではないぐらい可愛い、羽月希ちゃん。しかし、作品内容はメチャクチャハードでついつい希ちゃん頑張れー、と応援したくなっちゃいます!まずは大人数の男優に囲まれ、全身愛撫され、指マンでマンコをクチュクチュされれば、昇天して潮吹き!思わずこっちもザーメンを飛ばして、連続顔謝!!美人が精子で汚さられる姿は超興奮!!そして感度抜群の敏感マンコを激しく、ピストンファックで喘ぎまくります。フェラチオで飛び出した濃厚ザーメンも残さずぺロリと舐めてくれます!希ちゃんSugeeeeee!ってなる動画はこれです!!
動画:希、がんばります! 羽月希

美緒は幸い夫の名前のおかげでそこそこ知られていた。地方の俳句大会の選者として招かれたり、俳句連盟の地域大会に選者として引っ張り出され、求められるままに選者としての挨拶と講評を行うが、美緒は主催者の思惑におかまいなく淡々と感じた事や思い出話しを述べる。痩身で存在そのものが海藻のように飄々としていたこともあって、美緒が多少辻褄の合わないことを言っても、その体躯から受ける印象によって靄の中で言葉が揺らめいているように聞こえた。差しさわりのある事でも「美緒さんの言うことやから」と受け流されていたが、時折、竹光が氷の剣に変身するような冴えたところがあって、何が見えるのか見えないのか分からん人やと陰で言われていた縞の古参同人は、谷尾茂雄の後を継いで十六年にもなる美緒を、いまだにお守りしている気分でいた。目を光らせていないと、何をしでかすか知れたものではないという思いがあった。
主宰が選する結社誌の雑詠の巻頭を飾るということは同人にとっても生涯の夢であり、結社誌の歴史に俳人として名を刻むことになる。その巻頭に、美緒は入ったばかりの会員の句を持つてきた。編集会議の席上、古参1人のみならず美緒に近い同人も唖然とした。美緒は、結社運営や対外的な付き合いには、同人の格といったものが物を言うが、俳句の評価に格はないと言い張って譲らなかった。古参同人は物をいうのも馬鹿らしいといった態度で話し半ばで席を立ったが、美緒は主宰の権限だからとそれを押し通した。結果的には主宰としての美緒の力を見せつけたが、腹の虫のおさまらない古参同人は「お嬢さん育ちやから」と陰で揶揄した。
美緒は米屋の三姉妹の三女として生まれた。当時、美緒の父は手広く米穀店を営み、地域の名士となっていた。第二次世界大戦後も米屋として安定した生活を送り、長女に婿を取って跡を継がせた。父の死後、遺産相続の話し合いがあったが、美緒は父から結婚の支度をしてもらっていたし、生活に困っていなかったので長女に任せた。次女も結局は長女に任せた。しばらくして長女から美緒の預金口座にまとまったおカネが振り込まれた。俳句の合評の席で、思いだして詠んだ句の背景を問われて美緒が説明するうちに、古参同人たちは意図せぬままに美緒の生家の事情や姉妹の付き合いの濃淡まで知ることとなった。おカネの苦労を知らず人情の機微もわきまえない美緒の性格を

「お嬢さん育ち」と言い捨てることで、古参同人はいくらかの鬱憤を晴らした志田紀代子に連れられて行ったなごみの会で小夜子は、谷尾美緒に初めて会った。下町の商店街で見かけるような貧相な「おばちゃん」だった。草木染の七分袖のシャツに藍染のブラウスを羽織っていたが、雑に着ているために安売り店で間に合わせに買ったもののように見える。上品なイメージのある俳句結社の主宰にはとても見えない。紀代子は美緒の席に歩み寄り小夜子を紹介した「あ、そう。俳句は初めて?誰でも最初はなにも知らないんやから気にすることはない。自分のペースで楽しくやればいい。紀代子さん、あとで皆さんに紹介して」
美緒は小夜子を見ながら普段の顔で言う。枯枝を折るようなポキポキとした素っ気ない物言いで、機嫌がいいのか悪いのか、小夜子には見当がつかなかったが、なんとなく威厳があった。
美緒の隣にはこのなごみの会のリーダー、作田辰夫がでんと構えていた。世話役の奥脇芳恵が立ち上がって、美緒主宰を迎えての句会の意味を説き、日ごろの研鑽の成果を見ていただくために、力を出して句を詠んでいただきたいと挨拶をした。本来ならリーダーの辰夫がするべき
挨拶だったが、美緒の風下に立つのを嫌い、芳恵に押し付けた。辰夫は谷尾茂雄亡き後、古参同人の自分たちが何も知らない美緒を導いてきたという自負があった。俳人としてのキャリアからしても自分の方が上だとの思いが、辰夫の態度に現れていた席題は主宰の美緒が出した。だいたいその時期の季語や言葉を出すことになっていたが、初参加の小夜子がいたためか、美緒は作りやすい「浴衣」と「滝の水」を出した。二十分で浴衣と滝の水を一句ずつ作らなければならない。キャリアを積めば頭の中の引出しから適当にフレーズをつまみ出し、時間がない中でも取り繕うことができるが、初心者の小夜子にはそんな芸当はできない。小夜子はとりあえず沖を見る浴衣の女の下駄寂し滝の水龍の顔して落ちにけりの11句を出した。「沖を見る浴衣の女の下駄寂し」
に辰夫と紀代子の二点が入り、「滝の水龍の顔して落ちにけり」
には美緒と芳恵、それに同人11人が点を入れた「沖を見る」句に辰夫が点を入れたのが分かると、美緒は唇の左端をうすく歪めた。不愉快な時の美穂の癖だ。句会のメンバーの句風と明らかに異なり、のびたゴム紐のようにたるみ、言い過ぎている。余韻余情がなく、俳句になっていない。紀代子が点を入れたのは初手から小夜子に無点句の憂き目を見させないための気づかいなのは、美緒にも分かった。しかし、俳句にうるさい辰夫が間違っても点を入れるような句ではない点を入れた底意が透けて見えた辰夫は案の定、句にたるみがあるが、こじつけて評価した。
それが下駄裸足の浴衣の風合いをかもし出していると美緒はまず、小夜子の「滝の水龍の顔して落ちにけり」を取り上げ、滝から落ちる水の表情を龍の顔と捉えた感覚を評価した。
「よほど良く対象の滝の水を見ないと、龍の顔して落ちにけりとは詠めない。滝の水の流れ落ちる勢い、水の量、水の質感までが龍の顔してで伝わってくる。

ローションエロダンス 未公開シーン

超爆乳のGカップで黒ギャルダンサーのモカちゃんのローションテカテカエロダンスの未公開シーン!実際にモカちゃんがローションたっぷりヌルヌル状態で艶かしく踊って貴方の股間を誘います!ポールを使い踊る姿はさすが!完璧なセクシーストリッパー!でもそのGカップおっぱいやプリプリのお尻でポールを挟んでいるうちにムラムラ来てしまったようで、ヌルヌルオマンコを触りだしポールオナニー!オナニーしてても全身で感じまくって腰を激しくふりビクつかせながら感じちゃうモカちゃん!エロエロダンスで魅了されたい!!
動画:ローションエロダンス 未公開シーン

また、滝の水の落ちる表情を龍の顔と見立てた俳句を、私は知らない。類句類想のない小夜子さん独自の句だと思う。席題だから、観察がゆきとどいたというのではなく、これまでに目にした情景を呼び起こしつつ詠ほれたものと思う。もう一句の沖を見る浴衣の女の下駄寂しは私は評価しない。沖を見るが説明であり、下駄寂しの寂しが言い過ぎていて、作者の感傷を言っているに過ぎない。
初心者の句に厳しすぎるもの言いなのは分かっているが、滝の水を龍の顔と詠むほど力のある方ゆえに、あえて辛口で言わせてもらった。句のたるみについては、辰夫さんの見方、評価のしかたもありますが、それはかなり高度な句作であって、初心のうちはたるみのない一瞬の景を詠むほうがいい。この句は海べりに立ちし浴衣の女下駄としたほうが、作者の意図する景色がよく見えるのではないですか」
小夜子さん、よかったわね。美緒先生から懇切丁寧な講評と添削をいただいて。下駄寂しと言わなくても、女下駄と言いとどめたほうが句が生きるし、寂寥感が伝わってくるものと芳恵が言い添えた。
借りて着る浴衣のなまじ似合いけりという久保田万太郎の句がある。これも説明でありたるみと言われればたるんでいるが、そこにゆったりとした浴衣の質感が出ているように思う主宰の言われることももっともだが、私は私の俳句観に基づいて評価した辰夫は句会リーダーの立場があり、恰好をつけるためにひと言反論しておいた。久保田万太郎は作家、劇作家として知られているが、俳人としての知名度も高く、俳誌「春燈」を主宰し多くの門弟を擁した。『万太郎俳句といえば、《湯豆腐やいのちの果てのうすあかり》はいいけど、借りて着るは単なる説明じゃないの。それになまじ似合いけりのなまじが嫌味になっている。万太郎の句は名句秀句ばかりじゃないのよ』と芳恵は言い返したいところだが、辰夫の機
嫌を損じると句会運営がぎくしゃくするので、ぐっと言葉を呑み込んだ。
句会の後、芳恵は、美緒と小夜子を通りに面した山小屋風の喫茶店に案内した。紀代子と他のメンバーも一緒に入った。美緒は他人の話によく耳を傾ける。随分前のことだが、エピソドとして伝わっている句がある。
「雨上がりのベランダの物干し竿に雨の滴が連なっていて、その滴に雲が映っていたの」と言った話を聞きとめ、ほんとにその景色、私が貰ってもいいのと美緒はその場で雨粒の底にまるまる夏の雲と詠んだ。美緒にも似た経験があり、話を聞いてイメージがくっきりとした。

「原石鼎の蔓踏んで一山の露動きけりあって、それで直ぐに作れたのよ」
と、飯田蛇笏の
芋の露連山影を正しうすが頭にと美緒は謙遜したが、このことが縞の内外に伝わり、俳人としての美緒の直観力が見直され「雨粒の底にまるまる夏の雲」は美緒の代表句の一つとされた。
美緒を中心に大きな檜のテーブルに座った。アイス珈琲を飲み、サービスの小皿の落花生をつまみながら句会のおさらいのような話になった。
滝の水を龍の顔と把握したのは本当に手柄よ、小夜子さん。まさか小夜子さんの句だとは思わなかった。美緒先生の句かと思ったの芳恵が小夜子の句を話題にした。
あの句を目にした瞬間、やられたと思ったの。滝の水で句を詠もうとしてもなかなかこれといった言葉が思いつかずにいたの。龍の顔にうっと息を呑んで、私の求めていた言葉がこれだったんだと納得しつつ点を入れたの「なにも分からず思いつくままに作った句ですのに、そんなふうに褒められますとどうしていいて、その映像を思い出しながら作ったものです。テレビカメラが滝の斜め横に接近し、アップで滝の水を撮った映像だと思いますが、水がつぎつぎに弾けるように落ちていき、ふと、龍の顔のように見えたものですから」
「それ、それよ。その一瞬の把握、見立てが生きたのよ」
小夜子さん、凄いじゃない。芳恵さんが美緒先生の句と間違うほどなんだから。私は、龍の顔という見立ての凄さをうっかり見逃して点を入れなかったのやけど、美緒先生と芳恵さんの解釈を聞いて、龍の顔のイメージが立ち上がったきたわ。感覚を磨いて句の奥行きがパッと見えるようにしないと!
紀代子は、小夜子を連れてきた先輩俳人としての立場から小夜子をもり立てなければならない役回りだが、龍の顔の一句によって紀代子の影が薄くなった。間の悪いことに点を入れていなかった。紀代子はその自身の不明を俎上にのせるように言った。

人妻マンコ図鑑 5

団地妻 〜鈴木○理奈似の巨乳熟女〜
動画:人妻マンコ図鑑 5

謙遜したり卑下したりするのは俳句の世界では何ら珍しいことではなく、主宰や先輩俳人を立てるテクニックの一つなっているが、小夜子の句によってその状況に追い込まれていることに、紀代子はなんとなくきまりの悪い思いをした。
紀代子さん、そんなこと気にすることない。俳句は感性のふれあいやから、類似体験や疑似体験があれば見えてくる。私や芳恵さんは滝を観察していて、小夜子さんの句の世界、龍の顔して落ちてくる滝の水を知っていただけ。俳句を長くしていると写生眼が生きてくるというのはそういうことを言うの。紀代子さんの句にも写生の利いた良い句があるでしょ。
早春の海に影なす観覧車夕暮の灯のたまる桜鯛
身のうちに余韻のありし寺清水と。身のうちに余韻のありし寺清水は心象が入っているけど、清水が身体に収まっていくありさまをよく捉えている。紀代子さんのいいところは、大きな景色であろうと小さな景色であろうと写生がゆき届いているところ。小夜子さんは感覚的な把握に面白いところがあって、一句にぴたりと収まればとても生きるけど、外れれば陳腐になる。なんと言っても写生が基本やなことを口にするらしくて、古株から主宰はいい加減すぎると叱られるけど、芳恵さん、どう思う!

「その通りやと思います。でも、美緒先生はときどき巻頭句の抜擢のように皆をアッと言わせる思い切ったことをなさったり、それからたまになんですが、お話の途中で違う方向にそのお話が展開したりするものですから…」
「やはり、あんたもそう思う。古株の言う事をまともに聞いていると神経が疲れるだけやから自分勝手に話題を変えたりするの。その癖が他でも出ているのかも。紀代子さん、小夜子さんを本部句会にもお連れして。本部句会には古株のうるさ型が多いけど、新人にはあまり厳しいことは言わないと思う。言われたところで勉強やと思っていればいいんやから」
句会に初参加した新人を本部句会に誘うのは異例だった。芳恵と紀代子は顔を見合わせた。
美緒のことだから何か考えがあってのことに違いないが、古参同人が顔を揃える本部句会はレベルが高く、小夜子には荷が重いのではないかと芳恵は案じた。しかし、会員の投句をいきなり巻頭句に掲げたと同様の手法で小夜子を本部句会に抜擢参加させ、古参同人の力を削ごうとしているのだろうか。それに、美緒と小夜子の感性は案外、ひびき合うものがあり、句会での相性の良さを見抜いての抜擢のようにも思えた紀代子が本部句会に参加するまでには丸二年、なごみの会で俳句の基礎を学んだ。早いほうだった。五年十年句会で励んでいても声のかからないことが多く、本部句会への参加は同人への試金石とみられていた。結社の運営上のことから同人が増えていて、ひところほどの重みはなくなっているが、それでも俳句をしている限り同人になるのは目標に違いなかった。俳人として対外的な評価の一つの目安になっていた
小夜子さん、美緒先生にすっかり気に入られたわね。小夜子さんを連れてきたあなたの手柄芳恵は、小夜子を入会させた紀代子の能力を称えた。小夜子が頭角を現せば、紀代子の立場が強まり、芳恵の立場もよくなる。芳恵-紀代子-小夜子と系列によるグループができ、小夜子、紀代子が評価されれば芳恵の手柄となる。