着ハメキャンディ File.019

着ハメって普通のSEXより気持ちいらしいですね!そんな、着衣SEXが堪能できる作品がこちらの「着ハメキャンディ File.019」です。強調されるからエロいんです!局部だけ切り取られてるエロい、格好が抜群に似合うのが、愛乃ひかるちゃんです。白い肌がとピンクのマンコが切られた部分から見えて相当エロい!乳首の部分も切り裂かれ、可愛い乳首がポロンと出てくる!着衣SEXの最高峰の「着ハメキャンディ」あなたのマニア動画の仲間入り間違いなし!!
動画:着ハメキャンディ File.019

幸い、芳恵は系列を、俳句を通じ懇親を深めるものにとどめているが、なかには系列内に師弟関係を作り、主宰よりも系列のリーダーが存在感を増す場合もあるY医療センターはJR北陸線の加賀温泉駅からタクシーで二十分ほどの川沿いの小高い雑木林の一角にあった雄三は、出張先の広島から朝一番の新幹線で米原駅はで出て、そこで特急サンダーバードに乗り換え、加賀温泉駅に着いた。十時前だったが、すでに真夏の日差しが照りつけていた。雄三は駅前で客待ちしていたタクシーに乗った。山代温泉街を抜け、川沿いの舗装された山道をうねうねと走ると、川にせり出す木々の青葉から瀟洒なホテルが左手に見え隠れした。そのホテルの向かいに急な傾斜の上り道があり、タクシーは右に折れてその道を少し上って止まった。
一部11階建ての年代を経た建物があった。Y医療センターだった。中央の正面玄関の左右に平屋造りの建物がのびていた。平等院の鳳凰堂を髣髴とさせる外観だったが、戦前に建てられた
物をそのまま使いつづけているようだ。
察したもとはサナトリウムか何かだったのだろうと、雄三は病院の受付で用向きを言おうとすると、白髪まじりの警察官と疲れた表情の紀代子が待合室の椅子から立ち上がった。

警察官が雄三のそばに来た。
警察官との電話のやりとりの中で、雄三は駅に着くだいたいの時間を言っていた。紀代子は待合室で立ち上がったままうなだれていた。警察官と看護師に案内され、寒々とした霊安室で小夜子の顔を見た。蝋人形のようだった。小夜子の顔だったが、小夜子とは思えなかった夜子の脱け殻が横たわっているようだった。間違いありませんねと言う警察官の声に「…ええ」
と小声でうなずき、雄三は室を出た。
警察官はテーブルとパイプ椅子のある小部屋に雄三と紀代子を連れて行き「先生を呼んできますから」
と出て行った紀代子がそう言いかけたところへさきほどの警察官と四十前後の医者が入ってきた。医者はゆっくりとした口調で、病名は虚血性心不全と告げた。
「胸のあたりが痛いとか何か、普段から言っておられませんでしたか」
「半年ほど前から心臓の動きがコトンとおかしくなると言うてました。自分の手首を親指で測っては、ときどき脈拍が飛ぶみたいと言うてましたが、それほど気にしてるようには見えませんでしたので…」
「やはり兆候があったんですね」
医者は冠動脈の狭窄部分が閉塞したのが原因であろうと言う。心臓には動脈が冠状に取り巻いていて、これを冠動脈といっているが、その冠動脈の内壁にプラークというコレステロールの塊が付着して血流障害を起こすことがある。コレステロールの付着は加齢現象であり、年がいけば誰でも大なり小なり冠動脈の狭窄は見られるものだが、その狭窄部分が閉塞し、心筋が壊死することで突然死にいたる。医者はそう説明した。
死ね直前に温泉に入っておられたということですから、血管の収縮等によって心臓に負担がかかったこともあるでしょうが、鶴仙溪を歩かれて異常に汗をかかれ、頻繁に水分を取っておられたということを考えれば、脱水症状も加わっての事でしょう雄三が到着するまでに、急死する前後の小夜子の様子を紀代子が一通り医者と警察官に話しているようだった。警察官は確認のために小夜子の氏名と住所、それに雄三が出かけるときの小夜子の状態などを形どおり聞き、メモしていた。

A型・O型 セックス説明書

芸能人より芸能人らしい、メチャカワ美女で大きな瞳にハートもザーメンも吸い込まれそう!しかもムニュムニュの美乳ちゃん!神が作った最高傑作!瀬尾えみり様!最初はナース姿で血液型別診断!アナタの血液型に因ってえみりちゃんとのどんなエッチが向いてるかを伝授してくれます!今回はA型とO型のアナタえみりちゃんと妄想SEXができますよ!どんなプレイかは見てのお楽しみ!でも自分の血液型に関係なく、えみりちゃんがパーフェクトなボディを、すみからすみまで熱く愛撫されて、マンコから、ネットリ愛液、かき混ぜれば潮がビューと飛び出ます!!見所は見て決めて下さい!いっぱいありすぎて迷うはず!
動画:A型・O型 セックス説明書

小夜子の遺体は大阪に運び、大阪で荼毘に付すことにした雄三はタクシーを呼んでもらい、紀代子と宿泊先のホテルに行った。紀代子は藍色のシャツと黒のスカートを身に付け、ほつれた髪をそのままに座席の隅で身をすぼめるように座ったが、雄三の膝へそうっと手を伸ばしてきた。雄三はその手をいさめるように紀代子の膝にもどした。ホテルは山中温泉の中心街を抜け、左手の橋を渡ったところにあった。病院から五分とかかっていない。入り口に四十前後の女性と初老の男性が立っていた。病院から連絡を受けたのであろう。雄三がタクシーから降りると丁寧に頭を下げた。小夜子の室に付いていた客室係と支配人だった。小夜子の泊まった三階の室に入ると「このたびは大変なことに…。私どもといたしましてもできる限りのことはさせていただいたのですが…」
支配人と客室係が畳に額を擦り付けんばかりにして言う。
健康な中年女性の泊り客がホテル
で急死したという噂が立つのを恐れているのだろう。ホテルの落ち度で死んだのではなく、心臓麻痺で急死したのだから寿命と思って諦めている、むしろホテルに迷惑をかけたのではないかと、雄三は支配人と客室係をねぎらった。雄三は医者から聞いた虚血性心不全と言わず、分かりやすく心臓麻痺と言った。
「そのように仰っていただきますと、私どもはそれはもう…支配人は顔を上げ、ホッとした面持ちになった。
のちほど女将と社長が参りますが、私どものホテルに入られてからのご様子につきましてはここにおります喜多春子にお聞きください」
客室係の女性の名前が喜多春子だと知った。支配人も客室係も胸に小さな名札を付けていたが、文字が小さくてよく分からなかった。それに入り口で顔を合わせた折りに乗ったようだったが、早口で言われたこともあって、雄三の耳に残っていなかった。支配人が室から出て行くと、雄三の横でうつむき加減で座っている紀代子に目を走らせながら、喜多春子が口をひらいた。
「奥さまが、そちらの奥さまとご一緒にお着きになりましたのは午後三時ごろでございました。
駅にお迎えに行っておりました私どもの送迎バスで他のお客さまとご一緒に来られました。室にご案内しましたら、奥さまは荷物を置かれ、淹れましたお茶もそこそこをお聞きになり、そちらさまとご一緒に出掛けられました。フロントに鶴仙溪の簡単な地図を置いているものですから、そのことを申し上げますと、地図はこちらに来るときに駅の観光案内所でいただいたのがあるのと言っておられました」
二人とも名鶴仙渓への道筋午後五時過ぎに、小夜子と紀代子はタクシーで戻ってきた。そのときの様子を喜多春子は「鶴仙溪いかがでしたかとお聞きしましたところ、あんなにきついところだとは思わなかったと仰っていました。それから汗をかいたままクーラーの効いたタクシーに乗ったので、下着の汗が急に冷たくなって気持ちが悪いと、それで急いで浴衣に着替えられてお風呂に行かれました。
夕食は、ご都合をお聞きしたうえで六時半にご用意させていただきました」

と紀代子の顔に目を走らせて、言葉を継いだ。
「それから奥さまのご様子がおかしい、救急車を呼ぶようにとフロントに電話が入ったのが午前一時過ぎでございました。私はホテルに隣接する寮におりましたが、フロントからの連絡で部屋着を引っ掛けて室に駆けつけますと、そちらの奥さまが小夜子さん、小夜子さんとしきりに名前を呼んで体を揺すっておられました。そのとき、奥さまは息をなさっておらず、顔から血の気が引いておりましたが、女将さんも駆けつけてきて、人工呼吸をしなさいと言われるものですから、講習会で習ったばかりの人工呼吸をいたしました。胸を手で圧迫しました折り奥さまの口から何かと言葉のような息が漏れまして、もしやと思って救急車が来るまで圧しつづけましたが、救急隊の方はひと目見るなり、心肺停止、これは駄目だと言いつつ、担架にのせられました。救急車にはそちらの奥さまが付き添われました」
喜多春子は言葉遣いがよく、説明が過不足なく行きとどいていた。聞くと、の教師をしていて、二人の子供がいたが、事情があって教師を辞めて離婚し、け、仕送りしているということだった。
若い頃、小学校親許に子供を預春子は一通り話し終えると室から出て行った。鶴仙渓に面し、室から少し突きだした板敷にテーブルを挟んで椅子が向き合って置かれていた。雄三は立ち上がって板敷きのガラス窓からドの鶴仙渓をのぞいた。木々の緑の合間から鶴仙渓の川音がのぼってくる。窓から川まで二十は優にありそうだ。川から木々を抜けてくる風が吹きあがってきた。紀代子も立ち上がり雄三と向かい合った椅子に座った。
扇風機の風よりここのほうが涼しいわね。…疲れたでしょう。わたし、一睡もしてないのよ。
やつれた顔をしてるでしょ
と紀代子はテーブルの下に足をのばし、雄三の足を足先でつつくよ。小夜子さんがあんなにあっけなく死ぬとは思いもしなかった。ほんとうよ。わたしもショックやったの。…ずいぶんと気をつけていたつもりやけど、私たちのこと感づいたのではないかと。あなた、小夜子さんに随分気をつかっていたでしょう。でも、私に対する小夜子さんの態度は別に変わっていなかったし、そんなに気にすることもないと思っていたんやけど昨日、鶴仙渓で小夜子さんが爪先に蜥蜴走りし渓の径と詠んだとき、ハッとしたの。

渋沢 芳佳

澤口 美央奈
動画:渋沢 芳佳

小夜子さんは蜥蜴が足先を走った実景を詠んだのと言っていたけど、私を蜥蜴に見立てて詠んだのゃないかと、そんな気がしたの「心臓がコトンと急におかしくなるのよと、小夜子さんが言っていたのでてくれたら助かるのにと思ったけど、まさかそんなに都合よく物事が運ぶとは思いもしなかったの私と距離をとろうとしていたでしょう。デートの回数が11週間に1度と極端に少なくなってそれにあのほうも淡白になって」
コトンに逝っだって、小夜子さんに感づかれたようだと言ってからあなた、用心のためやからとと紀代子はふたたび雄三の足をツンツンとつつく。
切り分けた西瓜を盆にのせて喜田春子が入ってきた。どこかでノック音がし、声がしたがドからのぼってくる川音にまじって隣室のように聞こえた。なれなれしく雄三の足をつついているところを見られたのではないかと、紀代子は春子の顔を見た。春子は表情を変えず、座卓に西瓜を置いて出て行く。
嫌やわ、西瓜を手にすーっと風のように入ってきて。なんだか私たちを瀬踏みしているみた紀代子の瀬踏みという言葉で雄三は思い出した。紀代子は探られたり調べられたりすることを瀬踏みされるという癖があって、愛媛県警の刑事がふらりと訪ねてきたときも、「瀬踏みされているみたい」と眉を寄せた11年前、熊野古道の中辺路ルート、滝尻王子と不寝王子の間の山道でなかば白骨化した死体が見つかったというニュースが新聞、テレビで報じられた。六十から七十代の男性で、死後約11週間経過していた。三十度を超す真夏日がつづいていたため、白骨化の進行が早く、身元の特定に手こずるだろうとみられていたが、家族から捜索願が出されていたため、案外早く身元が知れた。愛媛県の松山市に住む飾磨邦夫だった。蛆がわき顔や身体特徴では判別できなかったが、歯科医のカルテとDNAが決め手になった。古道の山道で腐臭がするという声が、観光協会や地元の茶店に寄せられ、それで野良犬の死骸でもあるのではと観光協会の職員とボランティアが山道から下の樹林に降りて、腐乱死体を発見した。警察が調べたところ、背後から首と心臓を先の尖った鋭利なもので突き刺されていた。死体のまわりには血痕がほとんど落ちてなかった。当初、別の場所で殺害し、現場に遺棄したのではないかといった見方があったが凶器を突き刺したまま絶命するのを待って引き抜いたようだ。検死官は「腹の据わった殺し方やな」
付近から凶器らしき物は出てこなかったが、とつぶやいた。
ろうとみていたアイスピックのようなものであ飾磨は五年前に警察を定年退職し、地元の警備会社に勤めていた。

立ち寄っていたが、酒好きというのではなく、店の若い娘の手や腕、マ肌に触るのを愉しみとしていた。
「急に触ったらびっくりするやない」
月に二、三度スナックに首といった剥き出しのナ若い娘が飾磨の手から逃れようとすると
「柔肌の熱き血汐や蛞蝓」
と飾磨は与謝野晶子の歌を得意の俳句にもじって煙にまく。
うにナマ腕を這う。
しーさんの性感帯は指先にあるやないの
実際、飾磨の手はナメクジのよと、うとましがられていたが、飾磨は臆することなくナマ腕に手をのばした。
飾磨がなぜ熊野古道に行ったのか1つ下の六十三歳の妻は警察官の問い熊野古道を歩くと告げて出かけたと述べた。吟行だと言ってふらりと出かけることが多く、たいして気にもしていなかったが、帰ると言っていた日になっても帰らず、携帯電話に掛けても電源が切れたままつながらなかったため、捜索願を出した。他人さまから恨みをかうような人ではないが、永年の警察勤めで、逆恨みされることがあったのかもしれないと言葉をにごしていた。若い頃、飾磨は万引犯の女性に電話番号を聞き出して、説諭しただけの寛大な処分で帰宅させ、後日自宅に電話して誘い出すということをやっていた。相手の女性の夫が警察署に怒鳴り込んできて署内に知れわたったが、当時の署長が自分の監督責任に波及することを恐れ飾磨の行為は親切心ゆえのこととして、副署長に頭を下げさせて事なきを得た。以後、飾磨は目に立つような問題行動を起こすことはなかったが、それだけ慎重に事を運んでいた。妻が逆恨みを口にしたのは、そのへんの事情がからんでいた俳句の友人とその白骨死体と紀代子がどういう係わりがあるのか分からなかったが、雄三は、愛媛県警の刑事、宍戸広宣に会い、紀代子のアリバイを証言した。証言したといっても大層なものではなかった。紀代子があらかじめ宍戸刑事に、雄三との仲を話していたらしく、シティホテルの喫茶店で問われるままに話しただけであった。
宍戸は、お二人の立場をよく承知していますからと訳知り顔で、飾磨邦夫の推定死亡日の八月十八日の行動を端的に訊いた。その日、雄111は出張を利用し、淡路島の洲本温泉の旅館に紀代子と泊まった。四国地方の仕事を手早く片づけ、高松から神戸行の高速バスで高速洲本バスセンターのバス停に出、そこで紀代子と落ち合った。