スタイルいいね!!

マニア垂涎の援交はめ撮りドアップ映像第2弾!99BB.COMだけで独占配信です!今回は19歳の学生の奈美ちゃんがマニアの毒牙にかかります。ローターでもて遊ばれて、膣の奥までパックリ拡げられて、クリのドアップまで撮られちゃいます!さらに今回はロープで手を縛られたままフェラさせられて、生でネッチリとFUCKされ、可愛いお口のまわりにタップリとザーメンを浴びてます。最近の出会い系の女の子つてスゴイっスね!
動画:スタイルいいね!!

「服を全部脱がせて裸にしろ。それから、付けるんだ。机の足を使うといい」
いや…「やめて…」
文江と香奈子がそう口にすると、翔太は怒鳴りつけて天井に発砲した。
「うるさいつつ再び教室中に女子の悲鳴が響き渡り、どうしようもなくなった俺たちは余計なことをしゃべるなっつー!」
異性のクラスメイトの手で生まれたままの姿に衣服を剥ぎ取られてしまい両肢を開いて机の足に手錠を掛けられたのだった。そこへ翔太が拳銃を手にのっそりとやって来る。皆で一斉に飛び掛かれば取り押さえられそうだったが、恐怖で竦み上がった俺たちにそんな蛮勇をふることが出来るはずもなかった。
その時教室の外から拡声器の大きな声が、びかけて来た。
銃を捨てるようにと翔太に呼--警察だだが、助かった、という安堵はヌカ喜びだった。翔太は銃を捨てるどころか、大胆にも声の掛かったドアに向けて発砲して答えたのだ。翔太が自身の将来も捨て犯罪行為に手を染めてまで、クラスのいじめに報復しようと強い覚悟を決めていることがわかり、教室内には崖っぷちに立たされたような絶望感がますます色濃く漂い始めた。
その後も翔太は警察の呼び掛けに一歩も譲らず、人質にとった俺たちの殺傷をほのめかせながら、時折発砲して女生徒たちの恐怖の悲鳴を聞かせたが、人の字に拘束された俺は次第に絶望感に打ちひしがれながらこんな
ことを考えていた。
こいつ、いつからこんなことを計画してやがったんだ..拳銃や大量の手錠、そしてあっと言う間にクラスを制圧し立てこもって、俺たち5人に「制裁」を加える準備を整えてしまった見事な手管。どれをとっても頭の切れる翔太が、時間を掛け万全の計画を練ってから実行に移したとしか考えられなかった。
高校に入学して5月の連休明けくらいから、俺たちのいじめは始まっていた。慣れない人間関係や進学校のプレッシャーで、皆いわゆる5月病に掛かろうとしていた頃だ。そんな時、成績は良いが人付き合いが出来ず、おまけに気弱で何をされても無抵抗な翔太は、俺たちのストレスのはけ口として絶好の獲物だったのだ。何度でも言おう。実際に手を下したのは今床に転がされている俺たち数名のいじめグループだが、無関心を装いシカトを決め込んでいた連中だって、無意識に翔太をスケープゴートにしていじめを楽しんでいたに違いないのだ。だから全員同罪だ。
それから夏休みを挟んで今は9月。休みの間も俺たちは時々翔太を呼び出して

「制裁」と言う名のストレス発散に興じていたのだから、こいつが憎悪を膨らませて、俺たち、いやこの腐ったクラス全体に復讐を企てるには十分な時間があったのだ。
そして思春期の俺たちの「制裁」は暴力的なものよりも、性的な辱めが中心だった。その過程で文江の進学校の女子高生とは思えないえっちな本性に驚かされ、さらには隣ですすり泣いている香奈子まで醜悪な性格の悪さを見せて、俺は密かに女性不信に陥っていたところだや、ヤバイ…一体、何を考えてるんだ、俺両隣でシクシクと泣きじゃくっている美女たちの声に刺激を受け、ついつい横目でそれぞれの魅力的な全裸をチラ見してしまっていた俺は、不謹慎な股間の反応を覚え困ってしまった。これでは恐らく性的な復讐を考えているであろう翔太の「制裁」の、格好の標的にされてしまう。だが、一度ムクムクと頭をもたげ始めた肉塊は、極限状況の中で異様な興奮に襲われていた俺にはもうどうにも鎮めることは出来なそこまで考えた時、香奈子オメエが一番悪いんだぜ俺は自分のことは棚に上げ、隣で全裸の体を人の字に拘束されたクラスのカワイコちゃんに恨み言を述べたい気持ちで視線をやった。翔太に気のありそうな素振りで勘違いさせラブレタ-を書かせた挙げ句、掌を返し
たようにいじめ側に回ってやつの純情を土足で踏みにじったのだ。しかもそのいじめは、下半身を露出させて男性器をなぶるという、男のプライドを粉々に打ち砕く残酷なもので、想い人に裏切られた翔太が地獄の底に突き落とされたような気分を味わったであろうことは想像するにあまりある11意外とデカいな、香奈子かく言う俺も、クラスのアイドル的存在だった彼女を狙っていたクチだが、あの豹変ぶりを見せ付けられてはとても付き合おうなどと言う気は起こらない。だが、そうであるが故に今極限状態で異常な興奮に陥った俺はヤケになった気分で香奈子の惨めに拘束された白い裸身を堂々と見てやっていた。もしも彼女の本性を知る前ならば、翔太の狂気の犠牲者になった彼女の裸を見るなんてかわいそうなことは出来なかっただろう。だが、こうなれば香奈子も同じ穴のムジナだ。こんな冷酷な女に何を遠慮することがある^こうして倒錯した心理状態に陥った俺は、隣で泣きじゃくるばかりの香奈子の裸を見つめ、思ったより豊かな胸の膨らみや先端でツンと形良く尖った乳首の眺めに、どうしようもなく興奮した。彼女が身も世もあらずと言う感じで惨めに嗚咽する姿が不謹慎にも俺の性欲を刺激してやまずペニスがどんどん固く大きくそそり勃っていつた。
警察の説得は根気よく長くと続けられて、時間の経過を知る術のない俺は気が遠くなりそうだった。だが翔太の意志も頑強で、まるで折れるような気配はない。下半身の暴走が高まって、痛いほどの勃起になった俺は今度は反対側ですすり上げているアッコの方が気になって目線を移して先生先生は最も哀れで同情すべき存在だった。察するに、翔太は一縷の望みを持って、頼りない担任の先生にいじめられていることを告発したのではないか。それが、先生のいじめに関する問い掛けに誰1人正直に告白しないと言う、あのていたらくだ。先生が

ハメタク3~特別編集版~

困ったタクシー運転手だ!色気ムンムンでお客を誘惑し、人目の少ないところでSEXするなんて、実にけしけしからん!!でもうらやましい限りである。昼間っから車内でチンコをしゃぶり、マンコをペロペロ舐めさして、ギンギンチンコをマンコに挿入。ガンガン突きまくり、中出しまでされてしまう。目的地は、最高の快楽!このスーパータクシー、一度は是非乗ってみたい。綺麗でいやらしい運転手のチンコさばきに注目です!!
動画:ハメタク3~特別編集版~

「いじめはない」と言った時の、翔太の落胆ぶりはいかばかりのものだったろう。正に神も仏もあるものかと言う心境になったに違いない。そしてついに堪忍袋の緒が切れた翔太はこの恐怖の報復を実行に移したのだ。
先生は良くやったぜこの春俺たちと一緒に教師になったばかりの新米なのだ。彼女なりに!
生懸命努力して、それでもクラスのいじめを見抜けなかったことを責める
のは酷ではないか。そのE、翔太の銃弾に晒される危険を冒してまで説得しようと試みた、あの勇気に俺は素直に頭が下がる思いだ。だが暴走する翔太を抑えることは誰にも出来ないし、やつが先生に制裁を加えるのも無理からぬことではあるのだ。
く、くそっ!
俺ってやつは.歳を重ねるに連れて性欲の高まる女性と違い、男性はハイティーンの頃に性欲のピークを迎えると、聞いたことがある。今こんな状態なのに俺の股間の張り切り具合は爆発しそうなくらいに強烈で、いつも想像して自慰に耽っていた美形でナイスバディ-な先生の全裸が隣に晒されているのに、目線がどうしても行ってしまう。そしてやはり先生の体は意外に豊満と思った香奈子よりずっと迫力があり、その巨乳は先生が選ぶ職業を間違えたのではないかと思ってしまう見事な大きさと美しい形である。絞ったら先端の大きなピンクの実から乳が出てしまいそうだと思った俺も、股間に触れられたらいきなり出してしまいそうな勃起具合になっていた。
うるさいいっつー!
警察とのあてどない交渉に焦れたような翔太が一際大きくそう吠えると同時に銃撃を響かせると、それきり外からの呼びかけは聞かれなくなった。
教室内には結局何の進展もなかったことに落胆ムードが漂う。俺は半年ばかり前に、外国で銃を持って人質をとり建物の中に立てこもる事件があったのを思い出していた。その事件は警官隊が犠牲者を覚悟で突入し、犯人は射殺されたが巻き添えを喰って何人もの死者が出るショッキングな結末を迎えたはずだ。
そんなことはねえよなさすがに日本でそんな手荒な解決は図られないだろうが、ではこれから一体どうなるのか?考えられるのは、翔太が疲れた頃を計算して再度説得に掛かり、それでも駄目なら、慎重に犠牲者を出さぬよう警官隊の突入だろうか。教室の中には食料も水もないのだから、それで恐らく翔太は御用となるのだろう。
だが、翔太が疲れ果てるのはいつになるのか?俺たちに

「制裁」を加えるのに十分な時間はあるだろう。もうどんなに考えても翔太の報復を免れるのは不可能なようだ。そこまで考えた俺は、思い出したように体に力を入れてもがいたが、本格的な金属製の手錠3つの拘束を外すなど無理だと再認識させられるばかりで、裸の全身は後から後から大量に発汗して滴り落ち、狂ったような股間の怒張はズキンズキンと爆ぜんばかりに脈動した。
「待たせたね」
何事もなかったかのような落ち着いた口調で、拳銃を携えた翔太がやって来た。いよいよ「制裁」が始められるのだ。翔太は俺から一番遠い、男子5人に囲まれた文江の所にまず割って入った。すると文江がつんざくような悲鳴をしげる。横目で見ると、何と翔太の拳銃が彼女の割り裂かれた股間の中心部に向けられていた「違います…」
「誰に犯られたんだ?
なかなか口を開こうとしない文江ちゃんに焦れたかのように、正直に言えっ!」
翔太の銃が誰もいない床に発砲すると、とても嘘で取り繕えるような心理状態だとは思われない彼女は、驚くべき告白を口にしていた
…お兄ちゃん!
「やめてくれえー」
11しんごそう呻くように絞り出したのは、隣に寝かされたしんごだ。
だがそれは翔太の機嫌を損ねるだけだった。
しんごは文江が好きなのだ。
余計なことはしゃべるなと言っただろ!
しんごが、ぐわっと言う苦しげな呻きを洩らす。
見ると翔太の拳銃はしんごの股間を強打していた。

栗原 大貴×入江 雅哉 フェラ手コキ動画vol.1

カリビアンコムプレミアム(PPV作品)から、草凪純の『ハメタク3~タダでおチンポをハメタクて運転手になりました~』がストリーミングで閲覧可能に!色気ムンムンのセクシーお姉さまが、タクシー運転手となってお客を誘惑!真昼間っから車内でそのぷにゅぷにゅおっぱいを曝け出し、客の顔に乗っかって腰を振りまくるわ、チンポにむしゃぶりつくわと濃厚すぎる生ハメを展開!こちらは特別編集版なので完全版はカリビアンコムプレミアムをチェックしてね! (ドリームルーム社提供配信:カリビアン嬢)
動画:栗原 大貴×入江 雅哉 フェラ手コキ動画vol.1

しんごは俺と違って萎えさせているペニスを、発砲したばかりで熱いであろう銃に叩かれて苦悶したのだ。
君は童貞か?
「僕をバカにしたくせに!」
再び肉が打たれる音がしてしんごが呻く。
昨日俺たちは、翔太のことを童貞だ、包茎だ、とさんざん罵っていじめたのである。
の隣の香奈子の股間に拳銃を向けていた。
続いて翔太は、俺
香奈子さんは…処女ですか?
コイツ、マジでバカか..こんなひどい悪魔のような女なのに、カ丁寧で、俺は複雑な思いになる。
惚れた弱みなのか翔太の言葉はバ「それなら良かった」
翔太がどういうつもりでそんな言葉を掛けたのか、その時は分からな
かった。俺はただ、こんな純情な男の心を弄んだ香奈子に、と心の中で毒突くばかりだ。
地獄に堕ちろ--テメエが一番サイテーなんだよ。
ホントにバージンなのか間違いなく正直に答えていた文江やしんごと違い、香奈子ならこんな状況でもしゃあしゃあと嘘を付きそうではないか。だが、翔太は一途で純情だが愚かではなかった。そのことを後から俺は思い知らされることになる。
君は童貞か?
「はっ!
おまけに君も包茎じゃないか、よくも僕のことをバカに出来たもんだね」
「グエーツ!」
翔太の手の拳銃がコチコチに勃起して戻らない俺の股間の逸物を殴打すると、その焼けるような熱さと強烈な痛みで俺はそんな情けない呻き声を出していた。そして、いじめの首謀者の俺に対する翔太の制裁は執拗だっ皮を剥いてやるよ…うわ、じゃねえの?
くっせションベンが溜まってるんそれは、昨日俺たちが翔太に行った辱めそのままの報復だ。
それに、どうしてこんなにしてるんだい?いじめられて歓ぶヘンタイなんだろう、はははは…翔太はさらに11度111度と拳銃で勃起ペニスを強打し、覚にも涙がこぼれてしまうほどだった。
俺はその激痛で不
先生は処女ですか?
「…そうよ」
「それなら良かった」
翔太は最後にアッコへの尋問を終えると、回りに群がった
担当の生徒たちにとんでもない命令を下した。
「みんな順番に1人5分ずつ、こいつらのアソコを舐めるんだ!空いてる者は体をイジリ回して、男なら3発ザーメンを搾り取り、女なら3回朝を吹かせろっ!僕がいいと言うまでやめられないぞ…」

完全に常軌を逸した翔太の命令だったが、今や拳銃を振りかざす暴君と貸したやつに刃向かうことの出来る者はいない。俺の担当の8人の女子たちも泣きながらじゃんけんを始め、一番負けた子から股間にしゃがむと羞ずかしいばかりに固く勃起したシンボルを辛そうに口に含んだ。
ううっ今まで口を利いたこともなく、従って女性として意識したこともない大柄で男みたいなその子は嫌悪感も露わに、目に涙を浮かべて仕方なくくわえただけだ。当然出来るだけ口に当たらないようにホンの先端を軽く口に入れているだけだったが、それでも異様な興奮状態にあった俺にはたまらない刺激だ。
ちゃんと喉の奥まで入れてクチュクチュしゃぶるんだっ!男は指でワレメを開きクリトリスをナメるつもりで合わせ目をペロペロしろ!全員しっかり取りかかるまでカウントしないぞっ!
や、やめてくれいやいやながらノドの奥まで口に含んでしまったクラスメイトが、翔太の指示通りクチュクチュとゆっくり口を動かし始めると、俺は予想外の快感にうろたえ尻穴に精一杯力を入れてこらえねば暴発してしまいそうだった。好きでないどころかほとんど関心すらなかった、いやがる女子の口の中にザーメンを出してしまうのは、俺には耐え難いことだった。
ほら、もっと優しくおっぱいを揉むんだ。君は乳首をちゅうちゅう吸ってやれ。君はアソコとオシリの穴に指を入れろ。処女じゃないんだから遠慮なんかいらないさ…翔太は一番端の文江に群がった男子5人に細かく愛撫の指示を出しているようだった。かわいらしい童顔だけどぽっちゃりした巨乳巨尻の持ち主で、えっちなことが三度のメシより好きだとほざいている文江が、こんな状況とは言え5人掛かりで体を弄り回し舐めまくられては、とてもたまるまい。すぐにアンアンと悩ましいよがり声を洩らし始めていた。当然他の4人も余計に刺激を受けてしまう。
「よし5分たったぞ。
助かった交替しろ」
1人目の子でいきなり出してしまいそうになっていた俺は、ホッと一息付いたが現実は甘くなかった。次に普段から割と良くしゃべる麻衣子と言うメガネを掛けた子が怯えて泣きながらたどたどしく奥までくわえて来ると、違う子の口の感触はあまりにも刺激的で、俺はあっと言う間に彼女の口の中に出してしまったのだ。するとしんごの所で、女の子たちに何やら指示を出していた翔太は目敏くそれに気付き、麻衣子に冷酷な言葉を掛け
口を離すな!
一滴残らず舐め取ってゴックンするんだほら、コ
イツのチンコも大きくなって来ただろ、もっとしっかりくわえて!
は首筋、君は脇の下を舐めて…君はオシリの穴を指でほじってナメナメ麻衣子にングングと後始末をされるのも極めて刺激的で何とか気を反らそうと試みた俺が横目でうかがうと、しんごも又遠目にもはっきりわかるほど大きく勃起させてしまって担当の子にくわえ込まれてしまい、文江は最初に絶頂に達してしまったことを告げていた
よし、交替!