激淫巨乳若妻の喰い込み競泳水着遊戯

おお!美人でもやるときはやるのね(笑)制服姿でフェラもしっかり、顔射もたっぷりで見所満載ですよ。もう一人の女は、うーん、どうしても見劣りするけど、やることはしっかりやってるので許してあげよう。美人のフェラを見たいあなたに贈ります。
動画:激淫巨乳若妻の喰い込み競泳水着遊戯

「へえ、健一が言った通り、お姉ちゃんはずいぶん気が強そうっすねぇ」
「だけど、ブスかと思ったら、えらいべっぴんじゃん」
二高の制服っすか、頭いいんすね
私が決死の覚悟で大声を出しても、彼らは平然としたものでした。
「出て行かないと、学校に連絡するわよ!」
「先公にチクる気っすか」
アハハおもしれぇっす
「なあ、お姉ちゃん。これを見るっす」
こ、これは、マジでヤバいわ.中学生には通用した、学校に通報すると言う切り札も通じません。私はここは逃げてしまおうかと、部屋の入口で固まった体を引き返そうとしましたが、ケイタイの画面を開いたシンジが言った言葉に凍り付いてしまいました。
かわいい健一君がどうなってもいいんすか?ホラシンジが立ち上がって私の方に向かい、見せて来たケイタイ画面に、私は強いショックを覚えました。それは健一が恐らく彼らのイジメを受け下半身を露出させられている酷い写真だったのです。
「な、な、何よ…」
「健一君は大人しそうなのに結構デカチンなんすよねえ…」
「それにムッツリスケベで、今日も健一君にAV鑑賞誘われたんっすよ」
「シコシコしちゃうと、すぐにドッピュンって出しちゃうんっすよね」
ちょうど健一が学校のことを話したがらなくなった頃でした。こんな酷い性的なイジメを受けていたなんて夢にも思いませんでしたが、これでは誰にも話したがらないのも当然でしょう。私は思ってもみなかった種類のイジメを受けている健一の写真でパニックに陥ってしまい、逃げようと思っていた脚も止まって立ち竦んでいました。
その時、シンジたちが襲い掛かって来たのです。
「やっちまいな!」
どうやら準備万端だったらしく、悲鳴を上げる暇もなく口に何かを詰め込まれ、床に押し倒された私は男の子3人掛かりであっと言う間に拘束されていました。両手は後ろに回して手錠が掛けられ、口は丸い大きなボール状の物体で塞がれ、あっと思ったら首を強い力で引っ張り上げられまし
んyつつ’.’
さあ、立った立った!
何とまるで犬のような首輪が嵌められてチェーンで引っ張られたのです。
あっと言う間の狼藉で、私は完全に狼狽し涙を流していました。もう気の強さなどどこかに吹き飛んでしまい、何をされるのかと言う恐怖で全身が慄えおののきました。

そして気が付くと私は、部屋の入口の鴨居から首輪を吊られ、ブレザーの制服のまま立ち縛りになっていたのです。
「お姉ちゃん、結構いい体してるじゃねえっすか」
俺、もうヤリてぇ!
「ぼ、ぼ、ぼくも…」
弟の健一をイジメているらしい3人組の男の子たちにスキを突かれあっと言う間に後ろ手錠、口枷、首輪と言うおぞましいSM道具で立ったまま居間の入口に拘束されてしまった私は、彼らの目的が私の体であることを思い知らされ、必死で逃げようともがきました。何しろ私は大人びて見られますが、まだバージンなのです。しかしこんなことに慣れているのか彼らの拘束は簡にして要を得ており、すでにどうにもならない状態でしところがリーダー格のシンジは、ように言ったのです。
興奮してはやる後の2人をたしなめる慌てなくてもお姉ちゃんは「待て待て、そんなにガッツクもんじゃねえ。
ちっとも動けやしねえよ」
健一はどうする?
「仲間に入れちまうか」
「んーっっ!!」
恐らく私にえっちな悪戯を仕掛けようとしているシンジが、弟まで仲間に入れようかととんでもないことを言い出したので、私は言葉にならない呻きを口枷の下から洩らしました。冗談ではありません。そんなことをされるくらいなら、死んだ方がましでした。
へえ、お姉ちゃん、弟とヤリたくねえっすか?
「んんっ!」
当たり前です。私は大きくガクガクとうなづいて見せました。
「けど健一の奴そろそろ帰って来るかも知れないよ」
そんなっ!
それまでにこんな酷いこと、やめて、お願い「お姉ちゃん、ぼろぼろ泣き出しちまったすよ」
いくら気が強くても、女なんか意気地のねえもんさ。
なあ、お姉ちゃん。
弟に会いたくねえんなら、そうしてやるっすけど…私は又ウンウンと大きくうなづいて見せました。
「そのかわり、大人しく言うことを聞きんすよ」
「口が利けねえと、却っておもしろくないっすね」
う、うん、そ、それに、ちんちん、しゃ、しゃぶって、もらいたいどもりのタクロウの言葉は私の胸にグサリと突き刺さりました。
そんなえっちなこと、しなきゃならないの男の人とえっちした経験すらない私なのに、れるのです。それでも口枷を外されてから、他に答える選択肢はありませんでした。
今から3人のなぶり者にさ再度シンジに問われた私には「大人しく俺らの言うことを何でも聞くっすね?」
よし!
マサト、健一に電話して当分帰って来ねえようにしてやりなも掛かる街まで酒を買いに行って来7時までまだ3時間以マサトは電話を掛け、電車でと命令していました.い、7時まで帰って来るな、しあります。

ふたなり

西木美羽ちゃん、森ゆきなちゃんのW美巨乳降臨です。とっても美しい白肌で、かわいい二人、しかも、ゆきなちゃんは、パイパンで綺麗なマンコなんです。美羽ちゃんのおマンコも申し分ないです。2人の絡みはとてもエロエロでベニパンを交互に付けて愛し合います。そこに一人の男優が登場して、チンコが二本に二人は、大喜びでチンコに群がります!!やっぱり本物のチンコは格別に気持ちいいのか、アンアン感じまくります!!二人のレズプレイは必見です!!
動画:ふたなり

「さあ、じっくりえっちして楽しみましょうっす、お姉ちゃん」
「ぼ、僕、もう.。....」
い、イヤッ3人組が立ち上がって、ニヤニヤ笑いながら向かって来ると、私は歯の根も合わない程ガタガタと慄えてそう呟くのがやっとでした。
女の子とヤリたくてたまらないギラギラした目付きの男子高校生たちが体を縛り付けられて身動きの取れない私の方へ向かって来ます。特にマサトは興奮してハアハアと鼻息が荒く、今すぐにも襲い掛かって来そうな迫力を感じました。そして醜く太ったタクロウは、まるで痴呆みたいな顔付
きで舌を出し涎を吹きこぼして見るのも穢らわしく、催してしまいました。
私は凄まじい悪寒をところが最も冷静そうなリーダー格のシンジの言葉はとても意外なものでした
よし、まずはキレイなお姉ちゃんのえっちな撮影会と行くぜ下がんなお前ら「それはないっしょ!お触りくらいしたいっすよ」
治まりが付かないと言う感じでマサトが言います。すぐに襲い掛かられるものだとばかり思っていた私も、初めシンジの意図を測りかねましたがよく考えるとそれは単に襲われるよりもある意味辛いことでした。
--えっちな撮影会って…イヤだ、写真なんか撮らないで!
しょーがねーな。それじゃ皆で一箇所だけお触りすることにしよーぜ「じゃ俺、乳触らしてくれよ」
「ぼ、ぼ、僕は、オシリ」
「よし、じゃ俺はマンコだ。いいか、1分間だけだぞ。それに直に触るのは禁止だ」
「ちぇっ!」
「後からたっぷりヤリまくれるんだから、我慢しな3時間もあるんだから、じっくり楽しまねえと損だろ」
この子、どうしてこんなに落ち着いてるの..私より年下のはずなのに、シンジの態度はとても高校生とは思えないような余裕のあるもので、私は逆にますます恐ろしくなって来ました。
「さすがシンジ君。ダブってる人は違いますねえ」
るっせーよ!
留年してるだなんて、道理で他の子と様子が違うはずです!私はこんな札付きの不良に捕まってしまったことを知り、でしたもう生きた心地もしません1分間でどんだけお姉ちゃんをえっちな気分にしてやれるかってつもりで、お触りしてやりな
さすがエロエロ大魔王のシンジ君っすね!
よーし、俺からいくつ「制服はまだ脱がせるなよ。はだけさせて、ブラの上からお触りだ」
まずマサトが正面に立ち、制服の胸元をはだけカッターシャツの前ボタを全部外してしまいました。とうとう下着が見えてしまいます
カワイイ花柄っすね!
じゃあ今から1分間かわいがってやりな
うひょ1、柔らけえっす!

ハアハアと荒い鼻息を吐き掛けながらも、マサトは言われた通り花柄のブラジャーの上から私の乳房をムギュッとわし掴みにしてモミモミとこね回し始めました。
「ううっ!」
「へへへ、目一杯感じさせてやるぜ」
やめてえっ!
痛いっ!
マサトはそう言って、私が呻き顔をウッとしかめたのを、感じていると勘違いしたようでしたが、ただ痛いだけでした。高校生のえっちなんてこんなものなのでしょうか。あまりに痛くて涙がますますこぼれてしまいま「よし、1分たった、やめろ」
シンジは一級上なので幅を利かせているのでしょう。
サトは大人しく手を離してくれました。
そう彼に言われたマ「そんじゃま、お姉ちゃんに聞いてみようぜ。気持ち良かったすか?」
そんなわけないじゃない!痛かっただけよ!
シンジの問い掛けに正直に答えると、マサトは頭を抱えていました。
おかしいっすねえ…
こんなことしないと女の子を抱けないの!あんたたち、最低よ!
--この子たちはまだ子供で、女に慣れていないんだわマサトの頭を抱えた情けない姿を見て私は強気を取り戻しました。不良だと言っても同級になるシンジ以外は年下だし、と思ってしまった私はすくに自分の見通しの甘さを痛感させられることになるのですがおめえがヘタクソだからお姉ちゃん怒っちまった
おいおいマサト。
じゃねえか
参ったっす…ショボンとなってしまったマサトですが、すぐに私の方を見直すとこんなことを言い出しました。
それにしてもエロエロっすねえ…
だろ?裸になんかいつでも出来るんだから、やっぱチラリズムっつうのがいいのよ
そんなことを言われた私はハッとしました。今私の制服の上着は完全にはだけ、花柄のブラに包まれた、高校生としては大き過ぎてちょっと嫌な乳房の膨らみがモロにのぞけているのです。もちろん裸にされるのもかしいでしょうが、むしろそれ以上に羞恥心をそそる格好と言えないでもありません。
おうタクロウ。お姉ちゃん黒いのはいてるからさ、れよ。キレイなお姉ちゃんのパンチラ、見たいだろ?
おめえが脱がせてや「う、うん、僕、パ、パンチラ、見たいく、黒いの、脱がせる」
肥満体のタクロウがどもりながら、私のはいていた黒いハーフパソツをずり下ろして来ると、私は何とも言えなぃ羞ずかしさで胸をキュンと締め付けられるような気持ちになってしまいました。

萌え系巨乳美少女のアナル調教 One

爆乳でムッチムチな、西木美羽ちゃんと森ゆきなちゃんが交互にチンポを付けて、ハメたり、ハメられたりしちゃう訳のわからない問題作が配信!途中男優が乱入し、サンドイッチ状態でハメ倒し!なんとただの偽チンポかと思いきや、ちゃんとイく瞬間に白いザーメンのような液体がドロっとマンコの中へ!見ているうちにますます訳がわからなくなる、『ふたなり』。それにしても、女同士の絡みはいつ見てもエロいのはなぜだ~!?最後のガチンコファックまでお見逃しなく! (ドリームルーム社提供配信:カリビアンでないと)
動画:萌え系巨乳美少女のアナル調教 One

花柄、でへへへは、お揃いの、お、おばんっ
うっひょ一高のカワイコちゃんのパンチラが拝めるなんて、俺マジで嬉しいっす!
「ははは、少しは羞ずかしくなって来たっすか、お姉ちゃん?」
抱くんなら、早く抱けばいいじゃない!
悔しいけどシンジの言葉は図星でした。「チラリズム」がどんどん羞恥心を煽り立てて来てしまい、私が大きな声でそう叫んだのは、そんな気持ちの動揺を悟られまいとする精一杯の虚勢でした。しかしシンジは憎たらしいくらいに冷静でした。
「そんなこと言わないで、俺らとタップリ時間を掛けて楽しみましょうよお姉ちゃん。ほうら、花柄おパンツが良く見えるようにしてあげるっす」
う!そ、そんなシンジが私のスカートをガッと上げて超ミニの丈にしてしまいました。
立っているだけで花柄のパンツがチラチラ見えてしまい、どんな不良の子でもここまでは無理、と言いそうな過激な短さです。進学校で真面目な子ばかりの私の高校で、こんな丈のスカートをはいてる子は絶対にいません。
しかも下に生パンツだけだなんて、正気の沙汰ではありませんでした。
「じゃタクロウ、1分間お尻ナデナデな」
:い、イヤだ、気持ち悪いあ、あ、あ..タクロウのブヨブヨした肉厚の手がお尻を撫で回して来ると、私は悪寒で全身に鳥肌が立ってしまいそうでした。
そしてあろうことか、妙な性的
興奮が込み上げて来た私は大いにうろたえてしまいました。

よし1分だ。タクロウ、手を離しなおぞましい感触から解放された私はホッとしました。
このまま続けられタクロウの尻撫ではたていたら頭がおかしくなってしまいそうなくらい、まらない恥辱だったのです。
「さて、お姉ちゃん。タクロウのお尻ナデナデは気持ち良かったすか?」
き、気持ち悪いだけよ!
「へえ、それにしては、ずいぶんとお顔が真っ赤なんすけど」
「ああ、も、もう…」
「それじゃ、今度は俺がマンコを弄ってあげるっす」
11ヒィッ
ありい?なーんか、もうビンビンになってるんすけど…おぞましいタクロウの手が引っ込んでくれたかと思う間もなく、替わっう、ウソ.て背後に立ったシソンが片手を無造作に前に回して、スカートの上からアソコを探って来たのですが、あっと言う間に一番感じてしまうしこりを探り当てられて私はビックリしました。そして人指し指の柔らかい腹の部分でスリスリとソコを弄られたのですが、感じ過ぎる部分ですからスカート生地の上からのもどかしいような刺激がちょうど良くて、ズンズンと心地良い快感が突き抜けて来るのです。
さすがシンジ君。お姉ちゃん、もうメロメロみたいっすねぇたった1分、それも着衣の上からの愛撫なのに、私はマサトにからかわれてしまうくらい悩ましく腰をモジつかせてしまっていました。
気持ち良かったすか?
「…いいえ。そんなわけないわ」
そうっすか。えっちなトンガリがヒクヒク歓んでるみたいだったっすけ「き、気のせいよ!」
私は精一杯強がって見せましたが、目がウルウルしてまともに開けていられず、ハアハアと熱く乱れる吐息を悟られないよう押し殺すのに懸命でした。たった1分だったはずなのに、ずいぶん長くスリスリされてたような錯覚を覚え、このまま続けられていたら女の子として最も羞ずかしい反応を示してしまいそうでした。この時私はまだその「イク」と言う感覚は知らなかったのですが。シンジの指テクはそれほどまでに効果的に官能をくすぐって来て、私はもうこの子には敵わない、と白旗を挙げたい気分に
なってしまいました。
「そんじゃ撮影会といきましょつか」
しゃがみながらにじり寄って来た男の子たちがそれぞれに手にしたケイタイで、ローアングルからパシャパシャとシャッター音を響かせると、私は顔から火が噴き出そうなほど猛烈な羞恥に胸をグッと締め付けられました。