岡田の性癖シリーズ4人目 アナル調教

美少女、ロリ、美乳、と3拍子揃ったバツグンの女の子!しかもナマ挿入です!中学生ぐらいにしか見えない美少女のエロ搾り映像!抜き過ぎご注意!
動画:岡田の性癖シリーズ4人目 アナル調教

脱脂綿で体温計を押さえている婦人も寝かせた少女に膝枕をかしている老人も、ニコニコと笑みを浮かべていた。唯一、赤ちゃんと違うのは、検温を嫌がる少女をあやす手段として、頭をなでる代わりに無毛の性器を愛撫していることだった。画像を限界にまで拡大すると、薄皮を被った器官をむき出しにされ、痛いほどに勃起していることがはっきりと見て取れた。
女中のそばに、病院で点滴に使うようなスタンドが用意され、乳白色をしたボトルが吊り下げられていた。後で知ったことだが、イルリガートルと呼ばれる浣腸器である。
検温の後で、浣腸をほどこそうとしているようだった。
次の写真では、のどかな光景が一変して、少女の必死の形相が映っていた。
老人の腕を振り切り、逃げだそうとしていたのだ。マシュマロのような思春期のお尻でシッポのように揺れている赤いゴム管は、ネラトンカテーテルと呼ばれる医療器具である。病院で使用するような本格的な浣腸器が用意されているということは、少女に対する施術が日常的に行われているのであろう。静止を振り切り逃げ出そうとする、浣腸直前の痛々しい姿であるだが、両手の自由を奪われていては、必死の抵抗も赤ん坊のおむずかりに等しい。
二人の大
人に押さえ込まれ、今度は両脚も座禅の形に縛られてしまっダルマのように押さえ込まれてしまっては、まったく為すすべがない。唯一の抵抗は、顔をクシャクシャにして泣きながら、お仕置きを怖がる幼児のように赦しを乞うことだけであるしかし、どんなに哀願しようと、リガートルからのびる飴色の管が、保護者が必要と考える育児が中断されるはずもない。
お尻のカテーテルに接続されていくのだった。
イル白い割烹着をまとっているためであろうか。慣れた手つきで滴下する薬液量を調整する女中の姿が看護師と重なって見え、縁側にサナトリウムのような雰囲気をただよわせている。
一連の写真を見比べているうちに、少女が泣き出すほど浣腸を嫌がるわけが知れた。薬液が注入された後で厳格な排泄管理がなされ、便意がどんなに高まっても通常の排泄をさせてもらえないのだ。

異性の目にトイレの出入りを見られただけでも羞恥心を覚える年頃の少女がオシメを当てられ、老人の膝にダッコされたまま崩壊の時を迎えなければならないのだっ少女を抱いた老人が、愛しそうに目を細めながら腹痛をやわらげるようにお腹を撫でているだが、どんなに辛くなってもトイレに行かせてもらえない浣腸は、拷問にも等しい苦痛を覚えるに違いない。最後の写真では、聴診器を取り出した女中が乳母のようにやさしい笑みを浮かべながら少女の腹部を聴音し、崩壊の時が近いことを主人に報告していた盗撮の画面でしか逢うことのできない少女に、ひそかに結花という名前を付けた一月ほど前に、中部地方で行方不明になった鮎川結花という中学二年生に、どことなく似ているからだ。いや、似ているどころか、童女のような御河童にされている頭を中学生らしい髪型にもどせば、新聞の写真とうり二つなのである。
もちろん、ずっと遠い場所でおきた事件が、屋敷の中の少女と関係があるとは思ってもいないが、名前を付けることによって身近に感じ、親近感が増してくるから不思議である。
パソコン画面に映る結花は、食事の時も両手の自由を奪われたままである。正面にテーブルを取り付けたベビーチェアーそっくりの椅子に座らされ、立ち上がることができないようにベルトで手も足も拘束されているのだった。
乳児のように涎掛けを付けた結花に用意されたものは、歯の生えそろわない乳児に与えるようなトロトロの離乳食である。食器も、原色の絵の具で動物や花を描いた幼児用のものが使われているのだった。
柄に動物のフィギュアを取り付けたスプーンを握っているのは、幼児をあやすような笑みを浮かべた老人である。スプーンですくった離乳食にフーフーと息を吹きかけ、冷ましてから与える様子は、本物の赤ん坊に食事の世話をする仕草そのままである。一さじ食べさすごとに上手にできたといって誉めたり、こぼすとタオルで口元をぬぐってやったりしながら時間をかけて介助を続けていくのだった。
あまりの屈辱に、駄々つ子のようにおムズカリを始めた結花を待っていたのは、口移しによる食事である。離乳食を口に含んでクチャクチャと咀嚼をした老人が、キスをするときのように覆い被さっていく様子をカメラが克明に捉えていた。
だが、思春期の少女にとって一番恥ずかしいのは、やはりほ乳ビンによる授乳のようである白いミルクの入った容器を目の前にして、どうしてもゴムの乳首を含もうとしないのだ。

美乳レフリーに反則技

超美肌に綺麗なおっぱい、吸い付きたくなる様なおっぱいです。さらにはモデルの様なスーパーボディーこりゃたまりません!!レフリー姿のかわいい結衣ちゃんを拘束しおまんこグジュグジュになるまで責めまくる!!極上クビレをくねらして感じまくりのイキまくり!3Pでは2本のチンコを咥え込み、ジュポジュポ音をたて丁寧に舐めてくれます、ギンギンになった、チンコをドーンと入れられ、突かれまくり、マジ最高の肉体です!!
動画:美乳レフリーに反則技

すると、拒み続ける結花の前に、イチジク浣腸が用意された。どうやら、浣腸をすると脅しているようだった。イチジクの細長い嘴管をつまんだ老人が、目の前で振り子のように揺すりながら、ミルクを飲むように諭している。
浣腸のあとに待ち受けている辛い排泄管理のことを思うと、れても抗い続けることはできまい。
どんなに理不尽な行為を強いらやがて、何もかもあきらめたようにほ乳ビンを吸い始めたのだった。
中庭ゆえ外から覗かれる心配はないと、安心しきっているのであろう。薄暮の時間帯に撮影を試みたとき、まだ遮光カーテンは引かれておらず、レースのカーテンのみであった。
ガラス戸と薄いカーテンを通しての画像であるため、影絵のようなシルエットになりがちではあったが、明るい室内の様子があるていど見て取れる縁側に坐った老人は、少女と夜の庭を見つめているのであろうか。老人の膝に、向き合うようにして抱かれた少女が坐っているのだった。少女の背中に見える不思議な盛り上がり…どの写真にも写っている。やはり少女は、一日中縛られたまま監禁されているのだった。
十二枚の写真は、どれも似たような映像ばかりである。撮影時間は、の間に二人は、ほとんど身動きもせずに抱き合っていたことになる。
十分ほどだったが、そパソコンの画面に、サムネイル風に縮小して並べてみると、いる少女の脚が上下していることに気づいた。
老人の胴を挟み込むようにしてまるで、老人が、腰を揺すり立て、同士のような行為である。
小柄な少女の身体を上下させているのだ。
睦み合う恋人もしかして…描画ソフトを使って、シルエットのように写る画像に老人と少女の骨盤の位置を描いてみると、腰の動きがはっきりと浮かび上がった。向き合う姿勢で抱き合う男女が股間を微妙に押しつけたり離したりを繰り返しているのだ。まさか、この老人がいたいけな少写真の姿勢を見れば見るほど、茶臼の体位を連想させる。

少女は、両手の自由を奪われ、男に何をされても抗うことができないのだ。心も身体も捧げ尽くし、若い命を老醜にむさぼられているに違いない。
やはり、思ったとおりのことが、屋敷の中で行われているようだった。
すぐ、警察に…いや、それは拙い。白分のしている行為も、処罰の対象にされてしまう虞れがある決定的な写真が手に入った。
白昼の縁側で、二人が睦み合っている様子を撮ることができたのだ。
渋茶色の和服を着た老人が足を前に投げ出すようにして座り、その膝を跨ぐようにして向き合っているのだった。愛らしい花柄の着物をきせられた結花は、両手を後ろ手に縛られていた。
足も、正座をするときのように腿と脛を細紐で結びあわされている。俗に云う理非知らずという体位である。
理非知らずは、もともと縄で縛った女性を強姦するために考案されたものだという。両脚を縛られた状態で抱かれると、それだけで立つことはおろか老人の膝から滑りおりることすらできなくなってしまう。しかも膝を跨ぐようにして坐らされているため、ポッカリと股間が開き、何をされても拒む術がないのだった。そればかりか、男女の部分がピタリと一致する角度でもあるため、どんなに抗っても挿入を拒むことができない無防備な姿勢である
家宅捜索が行われ、この写真なら、乱暴の事実が明白だ。これを警察に提出すれば、を助け出すことができる。匿名で、警察に送りつければ…。
あの子だが、パソコン画面にずらりと並んだサムネイル画像を一覧しているうちに、する正義感が薄れ、逆に強い嫉妬心を覚えた。
助けだそうともう手遅れなのだ老人の胴を太股ではさむようにして抱かれている少女は、肩にアゴを乗せたまま辛そうに小じわを寄せていた。初めは、挿入時の疼痛にじっと耐えているものとばかり思っていた。
ろが、画像を切り替えていくうちに、少女の身体に微妙な変化が現れたのである。
とこ身体を揺すられているうちに、愛くるしい顔がみるみる恥じらいの色を深めていくのだ。操られるままに高ぶりを見せる姿からは、老人の手によって大人の愛を仕込まれ、悦びを受け止めることができる身体にされてしまっていることが、はっきりと見て取れた。
唇を吸われ、されるがままを睦まじそうに受け止めている痴態。舌を絡めとられ、たっぷりと与えられる老人の粘液をコクリと喉を鳴らして飲み込むいじらしさ。ときおり見せる、堪えきれなくなったように腰をゆする妖艶な動きは、男の手によって教え込まれ、覚え込まされたことを如実に表しているのだった。
初めのうちは、湧きあがる感覚をけんめいに押さえ込もうとしているようだった。しかし、狼狽の色を隠せずにいる姿は、崩壊の時が近い付いていることをはっきりと告げていた。
二人が、呼吸を合わせるようにして高見に昇っていく様子が、痛いほど伝わってきた。頂上に上りつめた二人が一つになったように身体を硬直させた。その刹那、大人の愛情をたっぷりと注がれ、無意識のうちにすべてを受け止めていたのだった。
あの子が、決して望んだことでないのは、痛いほどわかる。手も足も縛られたまま、一日中イヤらしい刺激を受け続けていれば、身体がひとりでに反応を示してしまうことも想像に難だが、それでもあの子には、清純なままでいて欲しかったの。

親友の彼女2

芸能人みたいに可愛くて、超美肌に綺麗なおっぱい、そして最高のクビレの極上ボディ!そんな波多野結衣ちゃんが、今度は手錠で拘束されお股をおっぴろげてのマンコ責められ地獄と、美巨乳が揺れるチンコ串刺し3Pを魅せてくれます!奥までしっかり見えてしまういやらしいマンコを、指で、ローターで、お父さんバイブで、結衣ちゃんが悲鳴をあげ悶絶するまで何度も気持ちよくしてあげます!そのあとは2本の肉棒を上下からブチこんでヌルヌル生ファック!レロレロと動きチンコを艶かしく這う舌と、チンコに吸い付きしっかり咥える美マンコ!見た目が極上でセックスも極エロなこんな子が存在するなんて、世も捨てたモンじゃないです! (ドリームルーム社提供配信:カリビアンでないと)
動画:親友の彼女2

どうしようもないことは、解りすぎるほどわかるのだったが、なぜか裏切られたような思いを打ち消すことができなかった。
脳裏に焼き付いた姿態がいっまでも消えず、あの子に裏切られたような思いで胸がいっぱいになった。もう、屋敷から救い出そうという考えは、どこかに消えてしまった。煉獄のような場所に監禁されたまま幼女趣味者の赤ちゃんでいることが、あの子の定められた運命というものである加齢臭を感じさせるようなあの不潔な老人の手にかかって、て欲しかった。
心も身体もメチャメチャにされひそやかな楽しみは、十一月下旬で終わった。
雪の季節の到来である。突然、天候が急変し、無理に飛ばして、吹雪の吹き荒れることが多い北国にあって庭に墜落をさせては飛行船の運航は不可能に近い。
元も子もなくなってし雪の閉ざしの中で、ひたすら春の訪れを待つしかなかった。
四月中旬、ようやく空撮のできる天候がもどってきた当地では、これから桜の季節を迎えるのだ。
今度は、デジタルカメラの代わりに、ビデオカメラを積んだ。
これで、連続画像が得られれ距離がありすぎて音声をば、もっと詳しい情報を得ることができる。
拾うことができなかったことである唯一、残念だったのは、眠気を催すような日だまりのできた午後、いつもの撮影ポイントに飛行船を下ろした五ヶ月ぶりに逢う結花は、何かおイタをしたのであろうか。縁側で、老人からお仕置きを受けている真っ最中だった。
板張りの床から六十センチほどの高さにロープが張られ、後ろ手に縛られた結花がそれを跨がされているのだ。縁側の柱に結ばれた白い綿ローブには、三十センチほどの間隔で、大小様々なコブが作られていた。
背後から、肩を抱きかかえるようにして付き添う老人が、撫でたりあやしたりしながら、歩行をうながしていた。だが、結花は、駄々つ子のように頭を振って、いうことを聞こうとしな無理もあるまい、女の子の間隔をえぐり出すコブ縄による折檻は、苦痛の代わりに恥ずかしい感覚を醸し出させ、羞恥と屈辱を与えるための責めである。年頃の娘なら、だれもが泣き出してしまうに違いない。黒曜石のような瞳が涙に濡れ光り、けんめいに赦しを乞うていただが、老人は、ゆるさない。

股間に食い込んだロープを慣れた手つきで揺すり、微妙な振動を与えるのである。
感覚の高まりに負けて、歩き出そうとしたが、数歩で動きが止まった。すると再び、ローブをゆすられる…これが、何度も何度も執拗に繰り返されるのである。
老人が指さす方向に縄を結んだ柱が見えた。ゴールまでたどり着けば、いっているようだった。あと少し、唇を噛みしめ必死の思いで歩みだした。
許してあげると今にも倒れそうになりながらやっとの思い遅にたどり着くと、老人がようやく抱き上げてくれた。だが、ローブから開放してくれるのではなかった。小柄な身体を宙に浮かせたままくるりと方向転換させると、もう一度、こぶ縄を跨がせたのである。一瞬のうちに、スタートとゴールが入れ替わってしまった。頭をふりながら赦しをこう少女をあやしながら、向こう端まで再度、辛い歩行を強いようとしているのだった。
泣き騒ぐ結花を待っていたのは、意地悪なロープの振動である。どんなに辛くても、拒むことも逃げ出すこともできない。恥ずかしい刺激に負けて、ヨチヨチと歩みを進める姿は、浄瑠璃人形を連想させる。黒子のような老人に背後から操られ、女の子だけの感覚を高ぶらされていくのだった。倒れそうになると、抱きしめ、濃厚な口吻で励ます老人。終わりのない快楽の泥沼である汗だくになった浴衣が、ずり上がり結花の白いお腹がのぞいたと、そのお腹が異様な膨らみを見せていることに気づいた。
間違いない、少女は妊娠しているのだ。乳房も大きくなり、乳暈が黒ずんでいる。
妊娠五ヶ月くらいであろうか、すでに安定期に達し、中絶可能な期間を逸してしまっている様子である縁側の中程まで歩んできた結花が、とうとう堪えきれなくなったようだ。はげしく身体をケイレンさせながら果てた。失神したまま、オシッコを洩らしてしまい、床に大きな水溜まりをこさえているのが、オシメの取れないこの子らしい。
もう、すっかり世話の焼ける赤ちゃんになっているようだった。
可愛い赤ちゃん衣装に替わって、マタニティドレスを着用している写真が多くなってきた身重の体では、日常の立ち居振る舞いさえ、辛いに違いない。だが、それでも少女は、縛られ続けているのだった。老人の膝に抱かれ、の幼児になったようにすら感じられる。
甘え続ける姿は、知能までも退行させられ、本当週に一度、夜間に車が出掛けていく。後席の窓にフィルムを貼ってあるため、乗っている姿を確認することができなかったが、行き先は、某産婦人科である。少女の年頃から推測して辛い若年齢出産になることは間違いない。
パソコンの中に、少女の大きくなったお腹を自慢げに撫でている写真がそれを眺めているうちに、あらたな事実に気がついた。
何枚も記録された二月ほど前から、カメラの方向に向かって行為を続けている写真ばかりなのである。
とすれば、盗撮に気づいているのでは…。
ひょっ飛行船に向かって、女の子の秘密の部分を指で開陳している写真や、りながら微笑んでいるものまである中には、老人が手を振やはり、この老人は、空からの盗撮に気づいていたのだ。