女按摩師を口説いてみましたvol62 本家整体師が女按摩師に逆マッサージ編

朝比奈ゆい「犯られても、犯られても」です。ゆいちゃん、先ずは、オモチャで遊んでます。バイブ突っ込んでビンビン感じてる。物本の男根をフェラチオ、先っぽをきめ細やかにしゃぶってるいい子。パイズリ、亀を乳首にコリコリあてがって、気持ち良さそうだ!男の上に乗っかったり、バックから正上位からとオマ〇コプレイは続いていくのでした。
動画:女按摩師を口説いてみましたvol62 本家整体師が女按摩師に逆マッサージ編

真っ白な滅菌ガーゼが敷かれたお盆には、膿盆といっしょに綿棒や紙の小箱などが乗せられている。
青いストライプの入った紙箱から取り出された物の正体に気づいた桃子が、胡座の中で身体をゆすりだした。長い嘴管の付いたピンクの容器は、イチジク浣腸そのものなのである。それも、桃子の知っている物より、二回りも大きいサイズだった。
「桃子のお腹が痛くなる前に、お便秘を治してあげようと思ってねぇ。ほうら、お尻を持ち上げてごらん。お洩らししても大丈夫なように、オシメを敷いておこうねぇ」
「あッ、イヤン。そんなこと、していただかなくても結構ですゥ」
膝の裏に老人の手が差し込まれた。再びオシッコスタイルに抱き上げられても、頭を振る以外になすすべがなかった。捕らえられた子ダヌキのように、手首と足首を細紐で結ばれている少女は、赤ちゃんのように無力なのであった。
「ほれ、ほれぇ。いい子にしててごらん。お尻の下にオシメを当てていれば、万が一、粗相をしても安心だからねぇ」
縁にカナリヤの模様を染めたオシメを縦に三枚重ね、菊代がそっと差し込んだ。中央部が白地のままになっているオシメは、便の色を観察しやすいように配慮された新生児用のものである。お洩らしの量が多くても安心なように、ゴム引きのオシメカバーも一緒に敷き込まれてい「お爺ちゃまア、お願いだから、怖いことはしないでぇ」
オシメの横当てが重ねられていないため、オシメカバーに裏打ちしてある飴色のゴムが、大きくのぞいている。オシッコのときでさえ、濡れるとあれほど気持ちが悪いのに、お薬をいれられてしまったら、その後におとずれるものはー….泣き出してしまいたくなるような恐怖が脳裏を駈けめぐるのだった。
「大丈夫だよう、桃子がウンチをしやすいように、ちょっとお手伝いをしてあげるだけだからねぇ。お尻をクチュクチュするだけだから、安心してお爺ちゃんに委せていいんだよう」
老人が、幼児をあやすような口調で、施術の説明を始めた。

だが、桃子は、物事の判別が付かぬ童女などではないのだ。中学二年生になる少女が、素直に浣腸に同意するはずもなかった「だったら、飲み薬にしてエ。あんなお薬は、嫌よう」
菊代が、目の前でイチジクのキャップを外した。
市販の軽便浣腸は、成人用の物でも三十シーシー程度の容量が標準である。それなのに、女中が手にしているイチジク浣腸は、百シーシーもあるのだった。あきらかに医療上の必要性をこえた、特殊な仕様の製品である。
ふぉッ、ふぉッ、ふぉう、うちの桃子は、十三歳にもなってお浣腸が怖いのかぇ。お注射とちがって、ちっとも痛くないんだよ.効能を知り尽くしている老サディストが、何でもないことのような口調で言った。
「痛くなくても、嫌なのウお願いだから、恥ずかしいことは、ゆるして14チ、よチ、桃子がそんなに嫌がるんだったら、イチジクは止めにしようねぇ。でもこのままお便秘が続いたら、ポンポンが痛くなってお医者に行かなければならなくなるよう。看護婦さんや、よその患者がいっぱい見ている診察室でお浣腸をされたら、その方がずっと恥ずかしいと思うけどねぇ」
イチジク浣腸の先端部をつまんで振り子のように揺らしながら、る「あのゥ、飲み薬を下さい」
少女の反応をうかがってい大勢の人に注視されながらの浣腸という脅しに負けて、今にも消え入りそうな声で哀願した。
誘拐して間もない今、通院をさせるなど自ら破滅を招く行為である。落ち着いて考えればそんなことをするはずもないことは直ぐに判るのだったが、言葉責めの得意な老サディストのペースに填りこんでしまっているのだった。
「ダメッ、ダメッ。飲み薬なんかに頼ったら、クセになって、かえってお便秘になりやすい体質になってしまうんだよう、ねえ、菊代やぁ」
笑いを噛み殺しながら、思わせぶりに言った。
「旦那様のおっしゃるとおりでござましてよう。それより、てみてはいかがでしょうかぁ」
綿棒で肛門を刺激して、排泄を促し老人の強い感化を受けている女中が、あらかじめ打ち合わせてある台詞を口にした。菊代が持参したお盆の上には、すでに綿棒が用意されている。それも、育児やお化粧用に用いる市販品ではない。耳かき棒のように細長い竹軸に脱脂綿を巻いた、アヌス責め用の淫具である。
「嫌ツ、怖いことはしないでェ」
医療用の手袋を着けた女中が、トロリとした潤滑剤をからめる様子を目にして怯えの声を上げた。綿棒が、異様な形をしていることに初めて気が付いたようである。白い脱脂綿がピッチリと巻かれた細棒が医療器具を連想させ、何をされるのか知れぬ不安が怖さを増幅させるので

最後の大絶叫!

元AV女優の芸能人!結城リナちゃんの作品!!最初の電マでダメダメいいながらイキまくり、おもらし、しちゃいます。男のチンコを奥まで咥えこみ濃厚フェラ、嫌がるリナちゃんお顔に顔射連発!!おっぱいもみもみされて、感じまくり、生ハメ3Pでまんこをズコズコ、バコバコ突きまくられ時の悶え顔がそそります!現在は現役芸能人の結城リナちゃん!そんな、リナちゃんのAVは見なきゃ損します。そしてこれからもリナちゃんを応援していいきましょう!!
動画:最後の大絶叫!

「ほうら、いい子にしててごらん。お尻をホジホジして、ねぇ、ちっとも怖いことなんかないんだよう」
ウンチを出やすくするだけなんだから小柄な身体をしっかりと抱えたまま、菊代の仕事が進めやすいように、お尻を前に突き出す姿勢を取らせた。淫らな施術を拒もうと思春期のお尻がくねるたびに、粗相防止のために強いてあるオシメに新たなシワが増えた
さッ、お嬢様ぁ。ウンチが出やすいように、おまじないをいたしますよ.2しなやかな指が、双丘の亀裂を割り可憐な小菊を露出させた。
器官が、呼吸をするようにヒクヒクと震えている小豆色とも薄桃色ともつかぬネットリと潤滑剤をしたたらせた綿棒で、閉じた花びらの周囲を湿らせると、愛くるしい悲鳴が上がった。だが、どんなに嫌がっても桃子には拒むすべが無いのである。綿棒の先で敏感
な器官をヌ殳ルと撫で回されるたびに、「はい、入りますよう」
「ダメッ、あッ、あああ老サディストの興奮を煽る歌声が響き渡った綿棒の先端を閉じた襞の中央に当てて軽く押し込むと、肛門括約筋があっさりと割れた。
ツーツと奥まで押し込み、耳かきのように曲がった先端で腸壁を擦るようにクルッ、クルッと回しながら引き上げるのであるわぁ。
赤ちゃんの方法だけで、うまくお通じがつきますでしょうかぁ…」
淡黄色に汚れた綿棒を見せながらお腹の状態を報告すると、

「嫌ツ、嫌ツ、もうやめてエ」
新しい綿棒を手に取っ綿棒の先から、トロリとした液状ワセリンがしたたり落ちて、最奥の器官を濡らした。おぞましい侵入を拒もうと懸命に括約筋を収縮させているため、陰会の周囲ががヒクヒクと痙攣している
ウフフ、いくらお尻をすぼめてもダメよッ、ほうら桃子お嬢様のお尻は、もう菊代の言うことだけを聞くようになってしまっているのよう出任せでないことを証明するように、新しい綿棒が挿入されていく。異常なヌメリを与えられてしまった器官は、もう何の抵抗を示さない。粘膜の窄まりにブスリと押し込まれるとツーツと受け入れてしまうのだった。
いつのの間にか老人の指が、「うウウ嫌ぁ…」
少女の性器に伸び、一番弱い箇所をクチクチと揉みたてている。
手首と足首をつながれ、無防備にさらけだされた女の子の弱点が、性技を知り尽くした大人の手によって弄ばれていた。閉じ合わされていた粘膜の襞をくつ広げられ、恥じらうように隠れていた器官を揉みしだいていくのである。未熟なだけに、刺激を逸らすことも抗うことも知らない弱い性である「まあツ、お嬢様ったらぁ、またおネバを」
主人の指の動きに合わせて綿棒を往復させている女中が、意げに報告した。
女の子の哀しい変化を見つけて得桃子は、股間を無防備な状態に広げられ、少女の一番弱い部分を刺激され続けているのだ。
最初から、アヌス感覚の手ほどきが目的の行為なのであるから、年頃の娘なら身体が潤んでくるのも無理からぬことである
おや、おや、これは大変だぁ。うちの大事な一人孫が、発情し始めている3初々しい反応を見つめながら、うれしそうに目を細めた。姫糊の湧出は、この子がいつか迎える破瓜の日のための、記念すべき第一歩なのである。
旦那様あ、このまま続けて、お嬢様が肛門オナニィの味を覚えてしまわれてはぁ…菊代が、さも心配そうな声色で告げた。
「そうだねぇ、中学生のうちから悪癖に染まったら、大変なことになってしまうものねぇ。
や、お尻の刺激は止めにして、代わりに漢方のお薬を持ってきておくれぇ」
菊代恥ずかしい反応を導き出しておきながら、その原因が桃子自身にあるかのように決めつけた。
だが、口では非難しながら、しわがれた指はクチクチと陰核を刺激し続けて放さない。敏感な若い肉体が、愛しくてたまらないのだった。
かしこまりましたぁ主人の命を受けて、新たな責めの仕度にとりかかった。
とが、なんとも淫靡に見えるアヌスに綿棒を残したままであるこ
「ほうら、おネバなんかこぼしたら、しててごらん」
いけないよぅ…変な気持ちなんかおこさないで、じっと可憐な小菊に通されている綿棒を揺すり立てながら、頭をもたげはじめた器官をやさしく愛撫していく。女の子の二箇所の弱点を同時に責めたてる手法は、桃菊責めとよばれる、愛児に睦の手ほどきをするための秘法である。熟練者の手に掛かれば、初潮前の子ですら哭きだすといわれている幼女姦のための古典的な前戯だけに、老人の添い寝で一晩も過ごしている桃子の身体にも、はっきりと兆候が現れていた。

万引き妻を脅して全裸にして身体検査と偽り身体中隅々まで調べた変態店長の記録

現在は現役芸能人の結城リナちゃん!今テレビで見てる女の子が、昔AVに出ていたってきくと、なんだかムラムラしてくるのは私だけでしょうか?そんな彼女の正真正銘引退作品が遂に登場!こんなに可愛いリナちゃんを五人で囲んで、緊縛・目隠し電マ攻撃!気持ちよすぎてその肉厚な美マンからお潮を大量に噴射!そして本気で嫌がる彼女にべっちょべちょザーメンの嵐、顔面ぶっかけ5連発!衝撃のラストファックは3Pで!一人が前からリナちゃんの顔をがっちり掴んでナニを咥えさせ、喉の奥までグイグイ押し入れれば、後ろからも負けじとばかり、その美尻を掴んで生チンコをバッコバコぶち込みます!ザーメンが逆流するリナちゃんの美マン、これで見納めですよ! (ドリームルーム社提供配信:カリビアンでないと)
動画:万引き妻を脅して全裸にして身体検査と偽り身体中隅々まで調べた変態店長の記録

「お待たせいたしましたア」
まもなく手の込んだブナコ細工のお盆をかかえて、菊代が戻ってきた。
老人愛用のキセルと刻み煙草の包みが乗せられている。
「ほうら、菊代のお膝にネンネしてごらん」
渋茶色のお盆には、アヌス責めの綿棒を引き抜いた老人が、させた。
止めてぇ、嫌がる少女をうつ伏せにし、女中の股間に顔を埋めちょうど、桃子の両頬を菊代が大腿で挟み込むような姿勢である。
こんなの嫌ぁ。
嫌ッ、嫌ぁぁ背後に陣取った老人に足首をつかまれ、大きく左右に割りひろげられると羞恥の悲鳴がぁカ-·六細紐で自分の手首と足首を連結され、お尻を上に突き出すようにして押さえ込まれている桃子にとっては、女の子の何もかもが、さらけ出されてしまう無防備な姿勢である。
「おう、おう、可愛いのう、ほんとうに桃のように可愛いお尻だねぇ」
ひろげた股間に陣取った老人が、襦袢ごと朱色の着物をたくし上げた。まだ全身に脂肪が乗り切っていなかったが、腰からお尻にかけての丸みに年頃の娘らしい匂いをそこはかとなく漂わせているのだった大人でも子供でもない端境期の儚さが、
ヒッ、イヤああ!
幼女趣味者の情欲をかき立てるスリスリと手の平で包み込むように撫でていた手が、お尻が、ナヨナヨと誘うようにゆれた谷間に沿ってすべり降りると、桃子のふっくりとした双丘の下で震えている、餅菓子のように柔らかな合わせ目を指の腹で逆なでしたのである。少し力を込めると、秘裂が誘うように割れ、指先が膣口に達した。まだ大人の愛を知らない、未開の地である。指先にまといつく熱い粘膜に誘われ、このまま何もかも奪ってしまいたいような衝動に駆られた。快楽のツボが、目の前で無防備に開いているのだった。
さあ、お尻をひろげるようウンチの出る可愛いおちょぼ口を、お爺ちゃんに見せておく結合の欲望を老人らしい自制力で押し込めながら、双丘をそっとくつひろげた。
見ないでェ、嫌ツ、見ちゃイヤあ吸い付くような肌のあわいに指を入れ,”口葉責めの得意なサディストの罠にはまりこんだ少女が、羞恥の声を上げた。
菊代の膝に頭を挟み込まれていても、老人の視線を痛いほど感じるのだ。普段、閉じ合わされている部分を広げられて外気に晒される感覚までもが、純真な心を苛むのだった。排泄の意識とつながっているために、女の子にとっては性器以上に羞恥を感じる部分である
さあ、お薬をしようねぇ。

フーッて、お薬を吹き込めば、すぐにウンチをしたくなるから炉淵に置いていたキセルを取り上げた老人が、火鋏でコウコウと燃える囲炉裏の炭を摘むと慣れた手つきで刻みタバコに火を付けた。頬をすぼめるようにして吸い込むと、漢方薬の刻み
タバコが紅く輝いた。
あッ、あッ、あああ最奥の器官に指が集まり広げられていく初めての感覚に、十三歳の少女が可愛い悲鳴をあげた。口腔に煙をためた老人が、両手で小菊の花びらを引き延ばしたである。粘膜の襞が、恥ずかしそうに開口し、ピンク色をした直腸壁が見えたフーッ、フーッ口をすぼめた老人が、紫煙を細く吹き出し、少女の体内へと吹き込んでいく。口腔いっぱいの煙薬を吹き終えると、残煙が散って効果が逃げないように手早く着物の裾をおろして桃子のお尻を包み隠した。
彎、彎、お尻がへん、お尻が変なの2腸の蠕動運動を促す煙の効能に、高々と突き上げているお尻が逃げるように揺れた。
「もう一度、フーッてしょうねぇ。ほうら、いくよう」
キセルを咥えて紫煙を補充した老人が、
うウウ嫌ソ、イヤあ
フーッ、フゥーううう!
裾をたくし上げ、もう一度、粘膜の襞を指で広げた。
鹿の子模様の着物の裾が、お尻を包み隠した着物の裾から、紫煙が曇のようにたなびいた。
キセルでコンコンと,淵をたたいて刻みを取り替えた老人が、もう一度吸うと、るようにそっと吹き込んだ。
「お爺ちゃまア、お願い放してェ。お手洗いに、いかせてェ」
「どうやら、お薬が効いてきたようだねぇ。ほうら、もう少しお薬を入れようねぇ」
煙を濃くす老人が、追い打ちをかけるように煙を吹き込んでいく。
憐な小菊めがけてゆっくりと吹きかけていくのだった。
「放してェ、もう、出ちゃいそうなのう」
逃げようとする臀部を割り広げ、可じっとしていられないほど高まった直腸の蠕動運動に、泣き出しそうな声があがった。グリセリン系の浣腸液を使ったときのような強い腹痛こそ起こらないものの、お尻が頼りなくなり、油断すると粗相をしそうな状態なのである羞恥の器官をひろげられ、紫煙を吹き込まれる初めての経験に、中学二年生の少女が幼児退行を引き起こしたように泣き出した。