素人AV面接 〜面談からいきなりアナル開発〜

旅行帰り!?のなつちゃん。家に帰ってきて早速オナニーを始める。その後、男がやって来てベットの上でまた身体を弄り始める。男に指マン、クンニされ一しきり感じた後でフェラチオ、挿入とシーンは流れていきます。ラストは、顔射!
動画:素人AV面接 〜面談からいきなりアナル開発〜

太腿も無駄な皮下脂肪がなく、色っぽくムッチリと実ったお肉である。ストッキングで表面がととのえられた綺麗な脚とお尻だった。
「根本さん、いやらしい肉付きね…。
ティとエッチな身体見せつけられたらどうなるかしら…」
貢クン、白衣を着た女子学生のパン優子と万里が挑発的なスカート捲りをしてみせると、志摩子が貢の眼を見て煽ってきた。
「別に私たち、悩殺するつもりじゃなくて、ただ検査としてほら、ムチムチしたお尻を…」
優子もお尻を見せながら、志摩子と同じように貢を視線で嬲ろうとする。
パンストのお尻の部分は色が濃くなっていた。中心にシームの濃いすじが入って尻たぶを分割しているのが妙に卑猥に見えた。下着は白い普通のパンティだが、貢にはパンストに透けた白パンティの尻はやはり女の猥褻な丸みだった。
「ああ、いやぁ、あ、あう…」
下着やセクシーなボディを見せつけられて、言葉と視線で煽られると気弱になってはいくが、貢は見られる興奮で溜め息を漏らした。
志摩子はそんな貢の亀頭を指でつぶして、放し、またつぶす。それをくり返した。
えっ、そんな…ああっし
ペニスの根元の括約筋が収縮して、海綿体に充満した血液がそのまま戻らなくなると、ほら、この通り。貢クンのペニスが硬ぁーく勃起しちやうというわけ志摩子が言うように、貢は否応なくさらに硬く勃起させられた。
「十七歳の男の子のペニスが勃起したところ、正直言って刺激的です」
佐々木万里は身動きもせず瑞々しい直立棒を凝視している。
過敏な亀頭のみ、志摩子の指で素早く摩擦され始めた「そ、そんなこと…あぁーっし貢はお姉さんのような女子学生の前でペニスを手コキされて、もう何をどう言って抵抗すればいいかさえ分からなくなった。
貢は権威主義的な美人女医に包皮が剥けたペニスを触診され、すでに調教のための検査であることを把握している女子医学生に見られながら、完全に勃起してしまった。学生の実習に教材として使われる立場で勃起の仕組みを猥褻に説明されると、羞恥部分を支配されるM的な心理に陥っていってくると、陰嚢内の睾丸がせり上がってくるのよ。
もっと快感を与えてみましょう」
志摩子の言葉で、診察台に寝かされている貢はペニスへの卑猥な責めがさらにエスカレートしそうで恐くなった。
沙貴が医療用のゴム手袋を渡した。志摩子が両手に手袋を嵌めていく。
貢は飴色のゴム手袋が密着した志摩子の美しい手に、冷酷そうな、そして卑猥なイメージを増幅させる。
志摩子は手袋をつけた指に潤滑剤のジェルを塗ってヌルヌルさせると
貢の直立したペニスを握った。
つ、冷たい。ゴ、ゴムの手袋つけてされたら…ああ

「文句言わないの。言ってるでしょ、検査だって」
亀頭のあたりからペニスの胴の部分を強く握られている。ゴム手袋を嵌めて扱かれたら刺激がより強く、深くなりそうで、貢は思わず顔を起こして扱かれる自分のペニスを見た。
志摩子は狼狽える貢の顔をちらっと見て、始めた生棒を握った手をし下動させぐちゅ、ぐちゃっ。にちゅジェルの音がする。
「うつ、くぅ、くはぁぁぁぁぁーっ」
ナースと女子学生の眼に晒されている貢は、思い余って診察台から身体を起こし、志摩子に首を振って嫌だと意思表示した。
貢は沙貴に胸を押されて寝かされた。
「精液の検査は必要よ。それに学生に勃起から射精までの仕組みの教育をしなきゃいけないわ。恥ずかしくても手で摩擦して、いっぱい射精させますよ」
志摩子は中指から小指まで三本の指で、き、片足を膝を立てて開いた。
ペニスの胴をしっかり握ってお股間を隠していた白衣のすそをパッと広げ、シースルーボディスーツの股間が貢から見えるようにして亀頭部を中心にペニスを無造作に掴んだ。
「うふふ、こうやって風俗店でやるように手で扱くわよ。でも、ここは泌尿器科の診察室。あくまでも精液検査のため」
「くうっ、で、でも、先生はスケスケの下着で、ま、股のところ僕に見せて擦ってる!」
「あはは、それはあなたが覗いてるだけ。ペニスを吐精に導く手による摩擦は、こうやって診察台に上がってやるのが一番やりやすいだけよ」
志摩子は白い歯を覗かせて笑った。さらに脚を開いてお尻の位置を貢の顔の方に近づける。しばらく口元に笑みをつくっただけの無表情で貢のペニスを見下ろした。
貢はもう抵抗しない。志摩子はそれを静かに見定めて、までを握った手を上下にせわしなく動かした。
「あっ、う、ぐっ、はあう…」
亀頭から少し下貢は小さいが苦しいような快感の声を小刻みに上げ続けた。
一方学生たちもじっとはしていなかった。佐々木万里の少し陰険そうな顔が横から迫ると、s女のいやらしい圧迫感を受けた。
ハッ、ハッと吐息を耳にかけられた。肩をすくめる貢である。横目で見るとニタリといかにもいやらしそうに笑っているではないか。

女熱大陸 File.016

今回の「女熱大陸」は大塚咲ちゃんの本当の素顔に迫ります!!この女優を知らない人がいるなら、今回知ってほしい!!知る人ぞ知る潮吹き女王!最初のインタビューでは自らの過去、現在、そして将来への考えを語る大塚咲。そして絡みのシーンでまさしく女王の貫禄というものを見せ付けてくれます!咲ちゃんの潮はぷぴゅ一って感じでは無く、ドッパーンと鉄砲のようにまんこから勢い良く、飛び出します!どこまで飛ぶんだというくらいの飛距離の潮飛ばし!呼吸でもしているかのようにビクビク動き、ローターをごっくん飲み込む糸引きマンコ!そして唾液がダラダラ出ようとも、自ら喉の奥へチンポを突き刺し飲み込む豪快フェラ!もう我慢できない、早く挿れてと催促するかのように下半身を動かしてチンコを求める!その姿はまさに圧巻!!この機会に是非知ってほしい女優です!
動画:女熱大陸 File.016

何をする気だろうと警戒していると、うなじにゾクッとする冷たい刺激を受けた。万里は何と舌を伸ばして舐めてきたのだった。
そ、そんなところ舐めないでぇ…あっ、ひぃぃ女の舌のぬめりに快感にも似た怖気がふるう。
たまらずし体をよじらせじっとしてなさいよ!
低い小さな声で囁く。万里の眼差しには、ためらいとか自分がやっていることへの羞恥心が見えない。まだ若いのにエッチな行為をやり慣れたナースの沙貴のような感じ。皆でやっている集団心理からか、それとも女は男が弱気で抵抗できないと分かるとすぐ調子に乗る生き物なのか、何の緊張感も抵抗もなく十七歳の少年のうなじをペロペロと舐めてきた。
貢の乳首は今、両方とも根本優子がいじっている。
は腋の下に指を差し入れてきた。
あっ、そこは!腋の下も感じるうだからなのか、万里指三本で掻くようにして刺激してくる。
を通り越した快感に見舞われた。
貢は腋の下でも、くすぐったさ貢は万里の腋の下をいじるやり方に男をからかう悪意のようなものを感じた。うなじを舐めるのとその腋の下への悪戯は、むしろ虫酸が走るような強い快感をともなう愛撫だった。
「もうすぐオーガズムに達するわ。
精液が飛び出してきます!」
脊髄の射精中枢が反応して、ペニスからまだ志摩子が言ったように睾丸はせり上がってはいない。その段階になったら、射精の一歩手前である「さっきから、どうして、そんなふうにばかり言うんですかぁ?こんな状態で射精するなんて、やだぁー」
貢はついに忍耐の限界に達した。ペニスを痛いほど勃起させられて、感情が昂ってくる。だが、貢の抵抗に対して、志摩子は目つきが鋭くなった。
「何を駄々こねてるのかしら。検査には必要なのよ。こんな状態って、女子の学生にオチ。チソ見られてること?医大では患者の治療は研究や教育にも使われるのよ。覚えておくことね」
ピシャリと言って、ゴム手袋をはめた両手の指先で、ペニスの根元と亀頭をつまんで同時に摩擦した。指先で圧を加えた状態で強く摩擦されて、ペニスの快感が研ぎすまされていく。
「精子が一時溜まっている上体尾部が収縮を起こし、精子は精管に入ってきます。精管からやや膨らんだ精管膨大部に移動して、射精の準備完了です」
また貢にとって理解不能なことを言う。
「ああ、もう、説明なんていらない!」
貢は辱めのための意図的な説明で悶々としてしまう。志摩子は目元に細い皺をつくって顔をほころばせた。貢のペニスは充血しきって、指で擦り
上げられるたび、ピクピクと脈打つ反応を見せている。それを沙貴や学生たちがいかにも楽しそうな顔をして見ていた。
わたしたちの前でオチ〇チン立てちゃって、恥ずかしくないの?
「あ優子が眼を合わせて聞く。貢はそんなふうに聞かれたくなかった。
あー」と口が半開きになって声が漏れただけだった。
優子は万里と顔を見合わせて、ニヤリと無言で笑った。
このまま射精までじっくり見せてもらうわ、実習だから。
ね、佐々木さ

「ええ、実習とちょっとだけお楽しみも交えて」
また無気味に笑う。優子も万里の言葉を聞いて、ふふんと鼻で笑った。
それが貢は辛くもあるが、彼女たちが言うように射精まで見られながら性の嬲りを受ける切ない期待感に浸るのだった。
「さあ、射精の段階に入っていくわよ」
志摩子が一気に射精へ持っていこうとすると、女子学生の一人はその瞬間を見逃すまいと、遠慮なく貢のペニスの前に顔を突き出してきた。
「ああーう!」
貢は悪女医の手コキだけでなく、陰険さを増した女子学生やナースの沙貫の視線のせいもあって、被虐の官能が高まってしまった。
精嚢からは精囊分泌液が、前立腺からは精液の白い色である前立腺液が出ます。女の子が好きな栗の花のような匂いも、この液の匂いです志摩子が言うと、優子と万里は顔を見合わせて、また臆面もなく淫らな笑みを披露した。
「精子と、精嚢分泌液、前立腺液が混ざっていわゆる精液になります。それが逆流しないように、内尿道括約筋が締まります。尿道が精液で膨らんで、このときイキそうになるんです。射精までまだいろいろ説明が必要だけど今日はこのくらいで。さあ、それでは、精液検査のため、この場で射精させます!!」
志摩子は貢の亀頭を、人差し指と親指でかなりひしゃげるまでつまんだ。
「いやぁ。せ、精液は、前に検診台で取られました!」
貢は泣き出しそうな抗いの声を上げた。前もって今日は通常の吐精を行うと予告されてはいたが、女子学生までいる中での射精を思うと、ついに感情がほとばしり出た。
「やだ、可愛い!うふふふふ」
貢が泣きごとを言うと、優子が明るい声を上げて、ときめくように顔を
ほころばせた。
年下の男の羞恥と快感を楽しむ二人に対して、マゾっぽい官能を刺激されて鼓動が高鳴る。潤んだ瞳で彼女たちを見ていると、二人とも興味本意の眼を向けて、貢の眼を見返した。志摩子の真の目的である性的玩弄を悟って、犯す視線で責めてくる眼で殺す意志に気付きながらも貢は、ハッと息を呑んでかえって眼を合わせてしまった。二人はまだ初々しい学生なのに好色そうな面持ちを見せてきた「駄々をこねる男の子は、学生のお姉さんに笑われるわよ。前回やったのは前立腺液の採取よ。精子が入っていないわ。今から精子入りのまったりした熱うーい精液を出してもらうわ」
「ああ!」
貢は反抗心が高まったり、弱まったりをくり返していたが、な嗜虐欲に屈服して、抵抗する意志が急速に萎えていった。

パイパンロリ美少女に中出し_One

第一線で活躍する女優の素顔に迫る、エロドキュメンタリー女熱大陸!この人を語らずにいてはAVは語れない、知る人ぞ知る潮吹き女王・大塚咲が遂に登場!最初のインタビューでは自らの過去、現在、そして将来への考えを淡淡と語る大塚咲。そして絡みのシーンでまさしく女王の貫禄というものを見せ付けてくれます!一体どこまで飛ぶんだというくらいの飛距離の潮飛ばし!呼吸でもしているかのようにビクビク動き、ローターをごっくん飲み込む糸引きマンコ!そして唾液がダラダラ出ようとも、自ら喉の奥へチンポを突き刺し飲み込む豪快フェラ!もう我慢できない、早く挿れてと催促するかのように下半身を動かしてチンコを求め、挿入後も自分から腰をグラインドさせ悶え感じまくります!その姿はまさに圧巻の二文字! (ドリームルーム社提供配信:カリビアンでないと)
動画:パイパンロリ美少女に中出し_One

S女の淫乱沙貴がシャーレを持って貢の前に立った。
志摩子は怜悧で支配的な眼差しで見ながら、ペニスを扱き立てた。
あはっ、あああうううううう1つし貢は志摩子にもう何も言えない。
「ほら、さっき言ったように睾丸がせり上がって、わ。こうなるともうじき、ドビュッと射精よ」
陰嚢が平たくなってきた「うん?
どうしたのぉ…」
志摩子はペニス海綿体の中で最も鋭敏に感じる場所が亀頭の両サイドだと知って、そこを親指と人差し指で挟んで擦っていく盛んに上下に細かく擦り続けた。
性感の泣き所を泌尿器科のプロの女医に発見されて、責められていく。
両手ともぐっと力が入って強張り、腰がくねり、身体がのけ反ってくる。
ヒクヒクッと、刹那、細身の白い身体が震えた。
貢はペニスの根元を押さえられて、亀頭を徹底的に摩擦されていく。
はうっ、うっ、はうああああーっし貢は苦しいほどの快感で、恥ずかしい喘ぎ声を上げてしまった。
志摩子は沙貴や学生たちと顔を見合わせ我が意を得たりとばかり相好を崩し、額に汗を滲ませながら、きを披露した。
細かく素早いプロフェッショナルな手の動
手コキの速度が、「で、出るぅ」
射精へ向けて勢いをつけてきた。
ドピュルツ11貢の尿道口が開いて、ひと塊の精液が飛び出した。
その液弾を·沙貴がシャーレで追って受け止めた。
「いやぁっ、ああン、出るう!
ああああーっ、イ·イク、イクイクウイクウウーッ!
あぁ??????つーつー」
貢は言い訳できない恥ずかしいイキ声を上げ、跳ね起きた。

腰をビクンと痙攣させ液弾は痴女たちの眼前でくり返し飛び出していく。
腰がまたビクン、ビクンと11回痙攣して跳ね、ヘアーが総毛立つ。
下腹に力が入って凹み、また出てきた。
ねっとりした液は多少は貢の下腹に落ちたが、がシャーレに納められた。
沙貴によってかなりの量貢はオナニーで今ほど感じたことはなかった。それは志摩子という悪女医の手技がすぐれていたからだが、ペニスマッサージに至るまでの卑猥な言葉責めと触診によって、被虐快感が積み重なっていたからでもあった。
「ほーら、駄々をこねて、手をやかせたけど、うふふ、十七歳の可愛い貢ク思いきり射精したじゃない」
志摩子はプリプリ張った亀頭の下を、指で輪をつくって首を絞めるように握った。
戻りかけていた包皮をもう一度しっかりと剥き上げていく。
優子がお尻を貢の鼻先にくっつくまで突き出した。パンティストッキングのお尻の真ん中のすじ目は、股ぐらのところで二方向に分かれて股間を囲んでいる。そのクロッチの濃い部分に透けて見えるフリル付きの白いパンティが卑猥だった。まだ視覚で興奮する勃起現象の勉強のためだというのか、これ見よがしにお尻で挑発してきた。
そのエロアピールをする女子学生を横目に見て、ルをねっとりと塗り付けた。
志摩子はペニスにジェジェルの冷たさと49る感触が異様に心地良い。
「まだするのぉ?やだぁ、もう精液は採られました」
貢は精液の採取で終わったと思っていた。なのに新たなペニスの責めが始まったのである。情けないような表情になって、涙で濡れた睫を瞬かせ
志摩子は貢の亀頭をビンの栓でも回すように指でいじり始めた。
あああああああっ…だめぇ、出たあとだからあし射精直後で充血し、熱を持った亀頭を責められてはたまらない。白い華奢な身体が弓なりにのけ反ってくる。万里がそれを見てここぞとばかりまた貢に眼を合わせてきた。貢に対して効果があると思ってそうしたことは明らかだった。貢は乙女っぽい潤んだ瞳を支配的に覗き込まれた。
「視覚から泌尿器への影響を実験ですね?」
眼で殺す万里の側で、優子はパンストを下げ、お尻を貢の顔に向けて突き出してきた。大きな扇型になって見える股布の境目が鼻に当たって、ちょうど口のあたりに肉唇の膨らみがふにゅっと押しつけられた。その柔らかみを味わわされる貢に対して、志摩子によるとどめとも言うべき亀頭摩擦が開始された。
志摩子は小指をピンと立てて、続けた。
射精直後で性感が鋭くなった亀頭を擦りキュッ、キュッ、グチュッ、キュッ、グチュグチュ、グチュッ......。