だんごちゃんが行く!Blond Hunter 本日の獲物 BRITHNEY

温泉旅行に出かけた3人の女達。みんなで温泉に入っていると、4人の男達が脱衣場に入ってくる。女達は気付かない。男達は女の衣類に気付き興奮するものの、別に風呂場へと、入浴しながら後でナンパしようと計画打ち合わせする。室内へと移動、女達は風呂から上がった後、寛ぎながら他愛のない会話をする。なぜか内1人がバイブを持ってきており、成行でオナニー大会をする事になる。オナ二ーが一息ついたところへ先程の男達がやってきて全裸姿を目撃!男達は勢い余って女達へ飛び掛かり乱交へと、、、ヒッチャカメッチャカの9P生ハメ中出し!!
動画:だんごちゃんが行く!Blond Hunter 本日の獲物 BRITHNEY

第一本物の女子中高生とヤッてしまうのはヤバい。
下手すると商売ばかりか俺の人生上がったりだだからその意味でも人凄路線への方針転換は大正解だった。まだハタチそこそこの若妻から老女までターゲットはめちくちゃ広い。老女なんて商売になるのかと思ったが、世の中いろんな趣味の人がいるもので、6◯歳以上の女性限定コーナーが意外な程人気となっているのは実に驚きだ。
さすがの俺もそこまでは無理だが、この人妻ブルセラを始めてから、下着を買い取るついでにちょっとつまみ食いさせてもらう女性の数は一気に増えた。毎週数人とは確実にヤッテると思う。下着などを売りに来るくらいだからそうなのかも知れないが、大人の女性は誘いを掛ければ大抵手をしてくれた。俺は自慢じゃないが、全然ブサイクでかなりの肥満体であるにも関わらず、だ。軽いと思っていたパンツ売りの女子高生達よりさらに尻軽なので、日本はこんなことで大丈夫だろうかと、ガラにもなく心配になるくらいである発覚するとヤバいとビクビクしながら、性経験が乏しくマグロみたいな女子高生とヤるのは、労多くして実りの少ないセックスだった。何すんだこのオッサン、と言いたげな目で見られ、乳を触るだけでギャハハyとバカ笑いされた日には勃つものも勃たない。その上終わった後は小遣いもやらねばならない。大人のパンツ売り女性とのセックスの素晴らしさを知った後では、あんなクソガキどもに惑わされていた自分がアホらしく思えて来るその点、大人の女性、ありていに言えばオバサンとヤルのは、お互い大いに盛り上がって非常に楽しい。比べたわけではないが俺のムスコは人よりサイズが大きめらしい。これはまだアソコの狭い女子高生とヤルには不利だったが、かなり緩くなったオバサンにはとても重宝される。やっぱり
女性に歓んでもらわないと、セックスなど楽しくないから、リータ趣味からも方向転換したのである俺は完全に口そしてオバサン達は、ヤッてしまってもお金をくれ、なんて言わないありがたい人が多い。金を稼ぐために下着を売りに来てるはずなのだが。もしかすると、単にえっちな刺激が欲しくてこの店に来てるのだろうか。ならば俺が食べてあげるのは、彼女達にとっても願ったり叶ったりなわけだ。
さてそんな俺を大いに興奮させている、42歳の人妻である梓さんはこれまで出会ったオバサンの中では最上級の美人と言って良かった。そんなに厚化粧ではないが、やはり女としての年期が違うようでメイクも品良くばっちり決まって、まるで女優みたいだった。実際、名前を思い出せないが、昔アイドル歌手で今は美人女優として有名な芸能人ととても良く似ている。

そんな美女がまるで小娘のように真っ赤になって羞じらいながら今から俺に1週間身に着けている下着を差し出そうと言うのだ。俺のムスコが爆発寸前にドクドクと脈打ってもやむを得まい。
ところで奥さん…えぇっと、奥さんで良かったですか?
「はい。
主人と、子供が2人おります」
しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。だがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる「生セラ」を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。うむ、我ながら完璧な計画だ。
「それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか」
えっ
何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。
じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる「すみません」
Gパンなどと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。
すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに
俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。
て実の所、彼女は正真正銘のお嬢様なのだ。
そし
こ、これはこんな物を着るのですか…!?

カリビアンレディースゴルフカップ 3

野外青姦で恥ずかしい格好でマンコにホールインワン!!遂にレディースゴルフカップ第3戦最終章の登場です!!ゴルフ場での、全裸露出スイングで、おっぱいぷるん、ナイスショット。ゴルフウェアをまくられて、マンコをじゅるりと舐められ、チンポをずるっと銜え、拘束され電マでクリトリスを刺激されて、イっちゃいます!ゴルフに負けた人には、生ハメSEX罰ゲーム!やらしく足を舐めて、じゅるっとふぇらで69!最後は、小さなお口にザーメンをホールインワン!ナイスショット!
動画:カリビアンレディースゴルフカップ 3

「どうしました、奥さん。
それはあなたの母校の制服でしょう」
梓さんは俺に手渡された、昔ながらの古風な濃紺のセーラー服を見て絶句している。1週間前来店した時に見せてもらった履歴替を信用するならば、彼女はお嬢様学校で有名な地元の名門女子高の卒業生であるはずだうちはブルセラショップなので、近隣の主だった学校の女子の制服や体操服などは取りそろえているのだが、間違いなく一番人気の女子高だ。彼女はここを卒業して4年制の女子大にまで進学した、才色兼備を絵に描いたような女性なのである。この制服は下着売りの子たちに着せるためのものだが、今だかつてこの高校の現役生徒が現れたことはない。偽物のおバカギャルどもに着せて、下着を売らせていたわけだ卒業生とは言え、まさかこの高校の本物のお嬢様が下着を売ってくれる日が来ようとは思わなかった。私学なので金持ちの子女ばかりを集めて、高額な学費や寄付金をふんだくると評判の学校だ。そのおかげで本物のお嬢様しか入学出来ない女子高だとプレミアが付き、ブルセラショップではマニアの垂涎の的となっているセーラー服なのである
あ、あの…ここで着替えるのですか「そうです。下着を売りに来られたのですから、そのくらいどうってことないでしょう」
この部屋には俺とアンタしかいないんだからな、イッヒッヒ、と言いそうになった俺は口を控えた。そんな頭がカラッポで体だけ発育した女子高生に掛けるような言葉使いでは、本物のお嬢様には失礼と言うものだろう。
わかりました…余計な物を置いていないこの部屋で、少しでも隠そうと梓さんは後ろを向いたが、俺は許さない。
「こちらを向いて堂々と着替える所を見せるのですよ、てないか、下着のチェックも必要ですから」
奥さん!
ズルしわけのわからない理屈だが、梓さんは俺の言葉に従った
ああは、羞ずかしい…見ないでくださいたかが着替えくらいで、42歳2人の子持ちとは思えない梓さんの、端も行かぬ少女みたいな可憐な羞じらいぶりは、これでこそ大和撫子と言うものではなかろうか。
年俺をますます感激させた。
俺は歳のせいか、そんな
古い言葉が頭に浮かんでいた。

「では商品用の写真を撮りましょう。
い手は横で気をつけの姿勢ですよ」
そこにまっすぐ向いて立ってくださ大人しく従った梓さんの、2◯年以上昔に戻ったセーラー服姿は、お世辞抜きで素晴らしく、俺は思わずゴクリと唾を飲み込んでいた。この人妻ブルセラを始めてから、俺は成人女性のセーラー服姿の方が現役生徒より魅力的なことに気付き、目からウロコが落ちた気がしている。子供が着るものだと言う固定観念を取っ払ってしまえば、成人女性の方が未成年の少女より性的魅力に優れているのは当然だ。それに本来着るべきものではないと思ってしまうためか、フェロモンムンムンの色っぽいオバサンたちが、例外なく少女のように羞ずかしがってくれるのが、男にとっては新鮮で嬉しいものだ今昔の女学生姿に戻って気を付けの姿勢で立っている梓さんは、全く非の打ち所のないセーラー服の着こなしぶりだ。抜けるような白くきめ細かい肌にはシミ1つなく、今の基準ならごく普通の短かいスカートから露出した脚はムッチリと肉が乗って、むしゃぶりつきたくなるほど蠱惑的だ。
そして全体的に太っているわけではないのに、セーラー服の胸元ははち切れそうな膨らみや堂々たる腰回りのまろやかな曲線美は、成人女性ならではの成熟した魅力に溢れている。本物の女子高生だと、ガリガリのやせ過ぎか、ただのおデブちゃんばかりで、こんなナイスバディーになどまずお目に掛かれるものではない。
「それではニッコリ笑ってし正面からセーラー服姿を撮影しながら、俺は改めて真っ赤に火照った梓しかも本当のお楽しみはまだこれからだ。
さんの美貌に見とれてしまった。
では次に胸元を緩めてブラジャーを見せてください」
「そんなっ!」
「商品を見せなきゃ駄目でしょう」
俺は廊下に立たされた小学生みたいに立ち尽くして動こうとしない梓さんに近寄ると、わくわくしながらセーラー服の胸元をガッとはだけ、リクエストした純白のブラがバッチリ見えるようにしてやった。

アニメ声娘は無防備すぎ!

皆さ~ん、お待たせいたしまたっ!!遂にカリビアンレディースゴルフカップ第3戦最終章の登場ですっ!!1、2戦を見て無い方はそちらの方も要チェック!!健康的で清々しい晴天の真下のでのエロ行為っ、このギャップが本当に素晴らしい!!女性とゴルフに行くと男性が抱く夢ではないでしょうか?w  優勝の栄冠を手にするは??そしてもっと気になる激しい拘束され電マ鬼イカセ罰ゲーム、生ハメSEX罰ゲーム、中出しくらってしまうのは誰なのか?抜きところ満載の最終章お見逃しなくっ!!
動画:アニメ声娘は無防備すぎ!

俺がおお!
何て立派なんだ….こぼれそうと言う表現がピッタリの豊満で柔らかそうな胸の谷間に、俺の視線は釘付けになる。1週間着用したと言う純白のブラは心なしか色あせているようで、梓さんの女らしい匂いが辺りに充満してクラクラとなっ

たた俺は、この胸の谷間に顔を埋めたいと言う強い衝動と戦わねばならな待て、早まるんじゃない。
本当のお楽しみはまだこれからじゃない「それでは両手でスカートを持ち上げて」
「ああ…」
ゆっくりとスカートを上げながら、身も世もないと言った含羞の風情で目を閉じ身悶える梓さん。最近の短か過ぎるスカートからパンチラ防止の黒いのをのぞかせやがるクソガキどもに、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいものだ。そして梓さんがついに1週間はき続けた白パンツを見せると俺は堂々とその前にしゃがみ込んでガン見していた。
い、嫌…見ないでくださいまし感激の余り少しどもってしまった俺は、何と先走り液で自分のパンツを少し冷たくしていた。純白だったはずの梓さんのパンツは彼女の体液ではっきりと黄ばんでおり、今見ると盛大なシミがビッショリと浮かんで女性器の形をクッキリ見せているではないか「太股まで汁が垂れて来ましたよ、まの姿勢でニッコリ笑って」
奥さん。
では撮影しますから、そのまそんなひどいからかいを受け、首筋まで深紅に染めて羞じらいながらスカートを上げた両手を下ろすことも出来ず、羞ずかしい股間を晒け出したまま動けない梓さんに、少し下がった俺はカメラのシャッタ-を切る。この四十路美女がブラとパンツをモロに見せながら、引きつった顔を無理矢理笑顔にして見せる様子に、俺はホクホクと胸を躍らせた。どうやら彼女はひどい羞ずかしがり屋のくせに、男に強く出られると抵抗出来ないMっ気の強い女性のようだ。これなら彼女が体を許してくれるのは間違いないだろう
ところで奥さん、少し相談があるのですが
あ、あの、もうスカートを下ろしても…「まあそんなつれないことを言わず、奥さんのすばらしいおパンツを拝ませてくださいよ」
俺がそう言うと、梓さんは諦めたようにスカートを自分でめくってメチャクチャに羞ずかしい状態の汚れパンツを見せてくれている。やはり彼女はどMなのだ。俺は彼女の意志など聞かず、どんどん話を進めてしまう
ことにした「下着の売り方の相談なんですが、奥さんにはお客さんの前で簡単なショーを見せてから、その場で脱いで販売して頂きたいと思います。助手を連れて来ますから、その姿勢を崩さずにしばらくお待ちください」
「えぇっ!?
あ、あの」
何か言いたそうな梓さんを無視して、俺は部屋を出て行った。
彼女はやはり馬鹿正直にスカートをめくった両手を動かそうともせず立ちすくんでいるみたいだった。
「おい、芽衣っ!
仕事だぞ」
俺が暮らしている2階に上がり、同居人であり「ホワイトソックス」専属の女調教師である芽衣を呼びに行くと、芽衣のやつ、片手を枕に横になってテレビを見ながら、もう片手でパンツ一丁になったケツをボリボリ掻いたり、マンコを弄ったりしていた。

「何やってんだ」
オナニー。ああ、「早くしろ!」
もう超ヤバイよ…ちょっと待って俺が怒鳴ると、芽衣はくうん、とさすがにこの時だけは色っぽい声で達したようだ。コイツはオナニーの邪魔でもしようものなら、当分機嫌が悪くて扱いに困るので好きにさせるしかない。この下品で卑猥な女は黒田芽三度のメシよりえっち好きと言う、どこかアブない所にイッチャッてるような小娘だ。もともと高校にも行かずブラブラしていてベンツを売りに来たのだが、何とコイツの方から、おじさん、えっちしよ、と誘って来たのだ。はっきり言ってブスだ。だが、当時はまだ大いに目の曇っていた俺は、1◯台後半のエロ娘にたぶらかされてしまい、抱いてしまったのだ。
するとすっかりなついてしまい、いつの間にか気が付くとここに居候のように居座っていたと言う、困ったやつだ。
家事をするどころか、ご覧の通りごろごろしてしょっちゅうえっちをせがんで来る。俺が相手をしてやらないと、オナニーに耽っていると言う.エロいことしか頭にないバカ娘だ。俺の方も当時は日に何発も出さないとムラムラしてしまう程性欲が強かったので、住まわせてやる代わりに性欲処理の相手にしていたのだ。もちろんただ一緒に暮らしているだけで、結婚しようなどとは毛ほども思ってはいない。芽衣の方もそうだろう。お互今はハタチそこそこだが、パンダみたいなよくわからないどぎついメイ
クをしている。背は低く体は貧相で、抱いてもさほど面白味のない女だがとにかく性欲の塊みたいなやつなので「生セラ」と称したいかがわしいショーで、パンツ売りの女の子とからませてみるとこれがはまった。もともとレズっ気も大いに持ち合わせていたようで、相手の女の子をお客さんの前でいたぶり羞ずかしい目に遭わせるショーを自分で演出するようになったのである。今ではいっぱしの調教師きどりで、人妻ブルセラを始めるとますます張り切って、自分の母親みたいな女性を辱めることに生き甲斐を感じているようだ。
「すぐに支度して、下に下りろ。
今日の相手はお前の倍くらいの歳だがスゲエ美人だぞ」
「ふうん。
じゃあ親子プレイね。
あ、チンポは着けてこっか?」
「お前に任せるから好きにしろ」
すぐに商売道具である薄汚れたセーラー服を着始めた芽衣を見届けると俺は再び梓さんが待つ部屋に戻った。