小西 真理子

女子大生を弄る!茶髪の優嬢、おじさんと絡む、オマ〇コツルツルで中々よろしい!お口でしっとりとフェラチオ。その他別の男優達とのコーマンプレイや手コキでザーメンブッカケだ!
動画:小西 真理子

全く嫌らしい奥さんだ…!
ああサヨさんの声が艶めかしくし擦り、歳でやや反応の鈍い俺のムスコをい
たく刺激した。口では嫌がっても、アナルがこの上品な人妻にとってクリトリスに匹敵するくらい強烈な性感帯である事は、これまでの調教で良くわかっている。おかしなもので、一見慎ましくお堅そうな女性や勝ち気で男勝りな女性に限って尻穴の性感帯が発達している事が多く、そこをじっくりと刺激し感じさせてやると見違えるほど色っぽく変貌してくれるものだ。サヨさんも例外ではなかった。
抱く度に舌や指を挿入して性感を目覚めさせてやったサヨさんのアナルは、初めは固く閉ざしていた入口が今ではふっくらと膨らんでいた。俺が唇をピタリと吸い寄せつぼめた舌を挿入して行くと簡単に受け入れてしまい、スルスルと滑らかに出し入れしてやると彼女の熟れ切った体から次第に力が抜けアブない快感に冒され始めたようだ。俺が執拗に尻穴を舐めながら、指を2本ダラダラと花蜜を吹きこぼしつつヒクヒクおののく花唇に埋めて行くと、サヨさんは女の部分を焼けるように熱く疼かせていて、俺の指に羞ずかしい粘膜がキュウッと絡み付き、まるで食い千切られそうだ。
さらに余った指で、淫豆の包皮を完全にどけて露頭をクリクリと弄ってやると、サヨさんは感極まったような悩ましいよがり声を昂ぶらせながら失禁したかと見紛うような大量の淫液をビュービューと噴出し始めた。いわゆる「潮吹き」である。それから舌を余っていた手の人差し指に替えてもサヨさんのアナルはスムーズにくわえ込んでしまい、もう片手の2本指と薄い粘膜越しに触れ合わせながらスルスルと出し入れする強烈な快感を味わわせ、今度は舌で剥け豆を舐め唇で吸ってやると、サヨさんはとうとう思いを遂げていた。
ああっつついきますうっっっ!!
その瞬間ますます大量の潮吹きで俺の顔をベトベトに汚してしまったサヨさんは少女のように羞じらいを見せて俺のムスコをさらに固くさせ、俺はそのまま愛撫を継続してもう1回思いを遂げさせてやった。ぐしょくしょになった顔を上げた俺は、サヨさんの紅生姜のようになって伏せた顔を覗き込み顎をしゃくって目を開けさせてから話し掛ける。
「奥さん、正直にいいな。
旦那はこんなに気持ちの良いことをしてくれなかっただろう?」
ああ…はい立て続けに気をやったサヨさんの言葉に嘘はないだろう。
旦那は普段構ってくれるのか?抱いてくれるのは、どのくらいだ?
そんなこと…

「正直に言え。次はコイツをやるから」
俺はようやくイチモツを取り出すと、それでサヨさんの頬をピシャピシャと叩きながら聞いた。
「あ、あの…ほとんどありません」
そうか、じゃアンタも寂しかっただろう。1人えっちでもして慰めてたのか?
「そんなこと…したことありません」
俺は1人の女性の人生を狂わせることに対する良心の呵責がふっと軽くなるのを感じていた。子供はもう成人して家を離れていると聞いている。
借金のかたに女房を売るようなろくでなしに操を立てて苦労するより、己の体の欲望に忠実に春を売って生活する人生でも送った方が幸せなのではないか?全く勝手な理屈だが、「イカせ屋」にも情がある。ワケありの女性だからこそ、こんな商売をやっていられるのだ。そんなに簡単に冷酷な鬼畜になどなれないし、1人1人の女をその場限りでも愛情を込めてかわいがってやるから、凄腕の「イカせ屋」としてやって来られたのだ。
「アンタの旦那も罪作りな野郎だ。
くとはな」
こんないい体をした奥さんを放っておうーん、これは身につまされる話だ。人ごとではない。この齢になって最近健康診断の数値がヤバくなって来てるのだ。血圧は高いし、糖尿に掛かるのも時間の問題なのだ。医者からはいつも、長生きしたいなら生活を改善するように言われている。長生きしたいとは思わないが、こんないい女と出来なくなるのでは、生きている価値がないではないか。俺は酒や煙草を控え、食事も菜食中心にしようかと、本気で考えてしまった
奥さん、旦那のナニと、どちらがいい?
俺がさらにペニスで頬を叩きながら質問すると、サヨさんはとても羞ずかしそうに答えた。
主人の方が大きいです
大きいのがいいとは限らないんだぜ、奥さん。
一つ試してみようじゃないか。
奥さんの口で元気にしてやってくれ実際には俺のナニは、十分使用可能な勃起を示していたのだが、これは試合前の挨拶みたいなものだ。俺が差し出す、旦那より小振りだという俺のペニスを、サヨさんはためらいも見せずにパクリとくわえ込むと、たどたどしく口を使い始めた。こんな四十路の美熟女には失礼だが、彼女は口
使いに全然なれてないようで、俺はちっとも気持ち良く感じなかった。が、もともとフェラチオと言うのはさほど強い快感を得られるものではなく女性に奉仕させているという精神的な満足感が大きいものだ。そのためのたどたどしい口使いは、旦那に構ってもらえないかわいそうな人妻の性的経験の乏しさを物語るようで、そんな女性にしゃぶらせているといえ服感で、俺のムスコはますます勃起を確かなものにした。

新入社員のお仕事 Vol.14

こんな、世間知らずなHな新入社員が入って来ら、上司として色々調教してあげなくてはいけません!!超人気シリーズ新入社員のお仕事に鈴木さとみちゃんが登場です。清楚な顔立ちで、素朴な表情がばっちりはまってます。町で歩いてるOLでリアルに居そうな感じがまたそそる!そんな素朴そうな、彼女の体が超ダイナマイトでギャップに萌える!!綺麗なくびれに大迫力の美巨乳、そんなさとみちゃんの初仕事はフェラ、イマラチオでヨダレをだらだらこぼしまくる!可愛い顔して一生懸命おしゃぶりする姿は間違いなしで抜き所!!電話対応中のバイブ攻めとフェラでもごもご電話営業で取引成立!営業中でもハメまくる!だいぶいい顔になって成長してく新入社員の鈴木さとみちゃんを見守ろう!!
動画:新入社員のお仕事 Vol.14

若い頃なら暴発してしまったかも知れないが、今の俺はむしろ射精する方が一苦労だ。サヨさんがいい加減疲れた頃を見計らうと、俺は彼女の唾でヌラヌラと濡れ光るムスコを引き抜き、それを愛おしげに見つめるぱっちり眼のサヨさんの色っぽさにクラクラした。全くこんな美人を放っておくなんて、旦那のボンクラぶりには呆れたものだ。さすがの俺もこれ以上は我慢出来ない。すぐにサヨさんに覆い被さり正常位で一気に貫いて行くと、たちまち、あくっつー!という大声が彼女の口から迸る。が、つんざくようなその悲鳴は、決して苦痛を訴えるものではない。大量の汗をかきワナワナと慄えるサヨさんの全身は、早くも歓喜に熱くざわめかせているのだ。俺のナニを歓待し、軟体動物のようにきつく絡み付いて来るサヨさんの女の部分が何よりの証拠だ。
満を持した俺がゆっくりと律動を開始すると、サヨさんははっきりと悩ましいよがり声を張り上げながら、俺のムスコを万力のような力で締め上げて来た。ストロークさせるのに力むのが必要な程の締め付けは、サヨさんにも相応の刺激を与えるに違いない。出産を経験した中年女性とは信じられない素晴らしい締まり具合は、彼女がほとんど旦那と性生活を持っていないのが1つの理由だろう。
奥さん、どうだ?旦那のと、どっちがいい?
そんなこと…「言わなきゃ抜くぞ」
俺が腰を引き上げようとすると、サヨさんはムチムチの太股で俺をきっく挟み付け行っちゃイヤと言う体の動きを見せる。もちろん俺のイチモツは餅のように粘り付く彼女の羞恥の襞が締め付けているし、手が使えたらきっとしがみつかれていたに違いない。
正直に言いな。
旦那より俺の方がずっといいだろう?

全く浮気性の奥さんには困ったもんだ。
ソレ、ソレ!
あああくっつつす、すごいいっっっ!
こんな美女に素直に「すごい」などとホメられた俺は、いつになくペニスに力が漲るのを感じていた。いい女にムスコは正直だ。もうサヨさんは半狂乱で悶え狂い雪白の肢体をのたうち回らせているが、俺はまだ冷静でゆっくりとペースを守った律動を繰り返しながら、部屋の隅で「せんずり」に精を出しているユウイチを意識していた。いいかユウイチ。チンポってのはデカけりゃいいってもんじゃねえ。そんなことを信じてるのは本当の女を知らないお子様だけだ。サイズは小さくても、いや小さい方が良い。それより固さと持続力が大切なんだ。
俺に見習いとして付くようになったユウイチが、やっぱり真珠でも入れた方がいいんでしょうか、と真顔で聞いて来た時には、大笑いしてしまったものだ。お前、女を知らねえな。そんな馬鹿なまねをしたら、一生女をイカせることなど出来ない体になるぞ。

「イカせ屋」じゃなくて「壊し屋」になりたいんなら、話は別だが。
「ちと疲れたな。
奥さん、上になりな」
後少しで完全にサヨさんがイッテしまう気配を感じた俺は、彼女に己の体の淫らさを自覚させるべく、体の上下を入れ替えてやった。それに実際ちょっと動いただけでも体力の消耗の激しい、蒸し風呂状態のこの部屋では、息が切れてしまって動くのがしんどかったのだ。ちと情けないが、背に腹は替えられない。サヨさんはここで休憩を入れられて不満そうに鼻を鳴らしていたが、繋がったままでクルリとお互いの体を入れ替えると、正に淫魔に乗り移られたかのような積極さを見せ、大声でよがり声を吹きこぼしながらグイグイとダイナミックに腰を動かして来た。
あああくっつつイキますうっっっ!!
程なく極めてしまったサヨさんは、しかし俺をくわえ込んで放してくれず、すぐに2回戦を挑んで来た。彼女が部屋の外まで聞こえそうな大声でわめき散らすよがり声は聞いている方が羞ずかしくなってしまう奔放さでギュウギュウと素晴らしい収縮力で俺のナニを締め上げながら激しく腰を振り、大きな乳房をぶるんぶるんと揺さぶって悶え狂うサヨさんは、あの上品な人妻とは信じられない乱れぶりだった。
こりゃスゲぇや俺の執拗な調教が実を結び、サヨさんが隠していた淫乱な素質を完全に目覚めさせたのだ。俺は大きな達成感を味わうと同時に、にわかに先程ま
で持っていた余裕をなくすのを感じていた。さしもの俺も、こんな美女に素晴らしい「女」を発揮されてはたまらない。ムクムクと尻の方から猛烈な射精欲求が込み上げて来たのだ。うおつ!俺としたことが…サヨさんが激しく2度目の絶頂を迎えると同時に、俺も彼女の中にドッと熱い飛沫をぶちまけてしまった。

淑女の淫らな娯楽 前編

カリビアンコム超人気シリーズ新入社員のお仕事に鈴木さとみちゃんが登場です。けして派手な顔立ちではないのですが、素朴な表情がなぜかこのシリーズにはばっちりはまってしまいましたね。現実のOLぽさ満点、そしてそんな素朴そうな初々しい彼女の体が超ダイナマイト!!綺麗なくびれに大きい弾力のありそうな美巨乳、そんなさとみちゃんへの初仕事はフェラ・イマラチオ連続抜き可愛い顔して一生懸命おしゃぶりは胸キュン間違いなしっ!さらに電話対応中のバイブ攻めフェラ、そして本番のご奉仕営業生ハメ中出しもさとみちゃんのダイナマイトなボディーをお楽しみください!!(ドリームルーム社提供配信:チョリス)
動画:淑女の淫らな娯楽 前編

さすがに中出しされたのがショックだったのかサヨさんは腰の動きを止めていたが、俺を締め付ける素晴らしい女の道具の具合はそのままだった。
心配するな。
俺はパイプカットしてあるから、子供が出来ることはなその点に抜かりはない。「イカせ屋」には「イカせ屋」の仁義と言うものがあり、いくら組の資金源として貢がせる女性だと言っても、はらませてしまうような事は絶対にしない。商品価値が下がるという現実的な問題もあるし、堕ろさせるにしたって大金が掛かるのだ。
実は俺には2◯年くらい前に失敗をやらかした前科がある。当時俺は3◯代で精力も十分だし、射精コントロールを身に着けてめったな事では暴発しない自信があったのだ。それでも「仕事」の時には避妊具のコンドームを必ず装着し万一の事態に備えていたのだが、ある時あまりにも俺好みのまだ若い女性に対して禁を破り、生で楽しんでしまったのだ。結果は彼女の魅力に我を見失った俺が暴発してしまった精子が何と命中。性風俗で働かせていた彼女が妊娠した事を知らされた時、俺以上に仁義を重んじるケンジ親分が激怒して、責任を取った俺は彼女と結婚したのだ。
が、いくら何でも毎日さまざまな女と行為を重ねる「イカせ屋」がまともな結婚生活を送れるわけがない。一応義理を果たすため彼女が出産し子供がある程度の年齢になるまで養ってやるように言われていた俺だったが、彼女の方が愛想をつかす形で2歳になっていた子供を連れて家を出て行き、不自然な結婚生活は3年足らずで幕を下ろしたのだ。毎日男と寝る生活から救われた彼女と、一目で彼女にゾッコン惚れ込んでいた俺とはそんな不自然な形でも同棲生活が成立し、無事にかわいい女児も生まれて表面上は幸せな結婚生活だった。少なくとも俺は彼女を愛していたし、不十分ながら良き夫であり父親として振る舞おうと努力したつもりだった。
が、毎日他の女性と情を交わしている夫を、彼女がどんな気持ちで見ていたことか、俺には想像がつかない。ある日突然別れを切り出した彼女は何の未練も見せず子供を連れて俺の前から消えて行った。俺の方も彼女を引き留める言葉が見つからず、ただ呆然と見送るだけだった。以来、彼女
からは全く音沙汰がなく、本気で惚れていた彼女と実の娘を一気に失った俺は、「イカせ屋」の仁義を破り報いを受けた自分を激しく悔いる事になった。俺は彼女と娘がその後どこで何をして暮らしているのか知らないし、会った事もない。今でも思い出す度、罪悪感で猛烈に胸が痛む。二度と過ちを起こさぬよう、パイプカット手術を受けたのはこういう事情だ。
さてそんな俺の事情など知る由もないサヨさんは、でもないことを言い始めた。
安心した様子でとん「悪いが奥さん。アンタのような淫乱さんは俺1人じゃ役不足のようだ」
イヤッ!
サヨさんはよほど良かったと見えて、俺のムスコをギュッと万力のような力で締め付けて硬度を保たせている。が、をさらに歓ばせる力は、俺にはもうない。
それは一時的なもので、彼女

「おい、ユウイチ、後は頼んだぞ」
「わかりやした!」
俺はこの飢えた人妻を、精力があり余り、俺よりサイズのデカいチンポを持つユウイチに回してやることにしたのだ。嫌がるサヨさんを無理矢理引き離すと、喜色満面であっと言う間に服を脱ぎ、仰向けで若い力の漲るペニスを勢い良くそそり勃たせたユウイチの方へ向かわせる「ユウイチ、ゴムを付けるのを忘れるな」
へい、承知しやしたユウイチに俺の失敗を話した事はないが、「イカせ屋」の仁義については、いつも口うるさく言い聞かせてある。素直にサックを勃起ペニスに被せるユウイチを見た俺は安心し、同時に自分のムスコが急速にしぼんで行くのを感じていた。サヨさんは現金なもので、自分よりはるかに若い、息子と言ってもおかしくない年齢のユウイチが、俺よりたくましいペニスをギンギンに勃起させているのを、ウットリと艶めかしい視線で見やるとよろしくお願いします、とペコリとお辞儀していた。今度ケンジ親分に抱かせる時には、三つ指を付いて挨拶するように言っておかねばなるまい。
ケンジには調教が終わった女を回す事になっている。ケンジは俺に輪を掛けた女好きなのだ。ケンジの気に入るような女に仕上げると言う目標がぁるので、俺の仕事も熱が入ると言うものだ。
人妻としての慎みをかなぐり捨てたサヨさんは、もう本能のままに淫らに振る舞い、ユウイチに覆い被さってそそり勃つペニスをくわえ込むと、
はしたない声を上げながら激しく腰を振り始めていた。
スゲエや!
奥さん、僕のチンポが食い千切られそうですよ
ろくでなしの夫の呪縛から解放されたサヨさんは、テクニックはなくてもサイズが大きく、何よりイキの良いユウイチのナニに、すぐ夢中になったようで、息子のような若い青年を相手に大声でよがりまくりながら大きな乳房とお尻を揺さぶり上げ、見ている方が羞ずかしくなるような派手な乱れようだ。これならケソン親分に献上しても大丈夫だろう。
「健闘を祈るぞ」
その言葉は、全身汗みずくで激しく一戦を交えている親子のような年齢差の2人の耳には届いていないようだ。俺は体中に心地良い疲労を覚えながら、昼食をとって昼寝でもするかと、服を着て「仕置き部屋を後にしたのだった。
マサキチさん!起きて下さい、マサキチさーん!」
どんどんと遠慮のないノックと、そんな俺の名を呼ぶ声でハッと目覚めると、山田組事務所内の仮眠室ですっかり眠りこけてしまっていた。どうやら俺はサヨさんの最後の調教で中出し射精に疲れ果て、昼飯も食わずここで意識を失っていたようだ。
「何でえうるせーな!」
寝起きで不機嫌な俺が中から開けてやると、息せき切ってユウイチが入って来た。
「俺に何か月か?」
はい!ぜひともマサキチさんに助けて頂きたいことがありまして俺は「イカせ屋」だ。仕事の性質上、そんなに一刻を争うような急用があるはずはないのだが、何をわざわざユウイチは俺を起こしにやって来たのだろう。